明るい乳がん生活(の、予定)

~~2006年11月告知、12月手術、明るい生活を送っていこうと決めました!愛猫たちと頑張る!~~

雪もちらつく冬に突入しましたねぇ。

2018-01-28 20:31:15 | 12年目の雑感
さて、私は指輪も無事に抜け、個人の確定申告もそこそこ準備しました。
あとは、入院に向けて、書類をそろそろ見ようかな(11月に全て貰ってます)と思い始めています。
そろそろ、準備もしなくちゃね。
持って行くものなんかはまだいいけれど、私が抜けるところの穴埋めをバイトさんたちで埋めていかねばなりません。
まずはそれが先決。
これがまたいろいろとあってねぇ。本当に悩みは尽きないわ。

入院日は、確か午後だったと記憶するので、ギリギリまで働けるはず。(当然働きます)
それから一人でカートを引っ張りながら歩いて病院へ、のコース。
さすがに入院も三回目となれば、割と要領を得てるかも。
もちろん、お茶漬けの素も忘れずに。
ただねぇ、いまだ腸炎が治ってないので、そこのところだけが心配。
ずーっとお腹が痛かったりしたら、嫌だなぁ。

当日があまり寒くなってませんように。
結構あっという間に入れ替えになったなぁ、去年の二月に入れたんだものね。

で、さすがに530ccは結構いつまで経ってもあまり余裕がなく凹みません。パンパン度がそこそこ感じられます。
何より、腕側にできた粉瘤が少し大きくなって痛いやらつれるやら。早くこれを取ってもらいたい。
そこからのツレがあるせいか、エキスパンダーも少しツレてる感じがします。

術後にすっきりするんだかどうなんだか。
未知数しか残ってないところが不安ですが、まぁ何とかなるでしょ。
あ、それよりバイトさんたちがしっかり穴埋めしてくれるかどうかが心配。
27日に朝帰ってこれたら、すぐに働いてやろうと思ってるんだけどねー。

風邪だけはひかないように、毎日マスクはしています。
当日にインフルエンザになったりなんかしたら、目も当てられないもん。(笑)
コメント

抜けた!! (トリニティリングの取り方)

2018-01-21 19:45:17 | 12年目の雑感
取れないと言っていた左の中指の指輪ですが、実は大変焦っておりました。
日に日に手術日は近づいてくるし、その前に診察日がやってくるし、診察日に無理やり検査すると言ってCT検査を入れさせた私なのに、もしこの状態のまま行ったら、診察室で主治医に鼻で笑われるに違いない。
それがまた、目に見えるようで、くやしい。(笑)その状態で診察を受けたら、きっと、もう指輪を切ってもらうしかないよね、とか言い放ちそう。くやしい。(どんだけくやしいんだ、私、笑)

で、グーグル先生にいろいろと相談したんだけど(ネット検索)、言われることをやればやるほどドツボにはまる。
まるで泥沼にはまっていく気分。
「・・・もう最後は切るしかないよね・・・」相方に指を見せながら言ってみました。
「えっ・・・・オマエ・・・まだ取れてなかったの??」
取れてたらよかったのにねぇ。(もはや他人事)

テグスとかオイルとかいろいろやってみたんだけどねぇ。

でもやる度に、指の節とその下がはれ上がってくる。痛い。
薬を塗る。温めた方がいいのか、冷やした方がいいのか。
それさえも難題に思える。途方に暮れる。
とまぁ、これを数回繰り返しました。

相方がかかりつけ医(私と同じかかりつけ)に、その話をしたらしい。
帰ってきて、「あのな、まずはそのうっ血を温めて血行をよくしろって。マッサージもしろって。それから、手のひら側を出来るだけ平らにして、手は心臓より上にあげて洗剤塗って取れって」
そっかー。マッサージしてこのうっ血を取るのかー。
接骨院の先生はロキソニンテープ貼ったら、と言ってたけど、マッサージの方が理にかなってる気がする。

マッサージ作戦を始めて3日後の本日、休憩時間中に、一時間所要覚悟で指輪抜き取り大作戦を決行。
紐ぐるぐる巻きだの消防署でカットだの、購入店でプロに診てもらう方法があるかもだの、いろんな説が散乱していたネットの中で、
一番参考にした、たどり着いたのがここ。
 救急治療室ホームページ
 ここの、小救急医療プロトコールこれ、結構便利です。
 教えてgooでも、良い回答がありました。このNO8の方の回答が参考になります。

「指輪は動かさずに指の肉を下に下ろしていく」
出来たら油分はつけるな、という話でしたが、それはせっかく下ろした肉をすべらないようにすべきだとの配慮だと思われます。

「浮腫みをとって、油分何もつけず地道に少しづつ手の甲側の肉を降ろす、肉を引っ張る。
太っちゃうと油分、糸巻きはダメ。
指むらさきになるけど少しの時間なら大丈夫!
浮腫みをとるの重要!」

そうなのです、指輪は関節の肉に はばまれて取れなくなっているので、その皮肉をゆっくり指輪から下へ下げるのです。

もう無茶をしたので指輪は入りません。(取り出し後)

一人で頑張るつもりだったので(相方に協力させると正直、邪魔)
手助けになるものを(肉を下に下げやすくするもの)と思ったとき、これだ、と思ったのが歯間ブラシの枝があるやつ。

こんな風に、上から肉を指輪の下に持って行き

肉を下に引っ張る。地道なわずかずつのやり方です。
しかも三連なので、指輪がみっつある。それも一つずつ、この歯間ブラシの枝部分でゆずらせながら上に持って行きます。

格闘、約30分。関節まで来れた時には、イケル!!と確信。痛いのでオイルも何度か塗りました。

途中で紫色になってきたし痛かったけど、頑張った。
抜けた時は、思わず横で昼寝していた相方を「抜けたー」と起こしました。
もうしばらくこの指輪はしません。中指はめちゃくちゃまた腫れてます。てへっ。

でもこれで、安心して手術日を迎えられますわー。

コメント

えべっさんに行ってきましたよ。

2018-01-14 13:20:39 | 12年目の雑感
時々、忘れちゃうんですが、丸11年経っていると、去年の12月から、12年目に入っておりました。
うーん、実感がわかないわけですが、主治医にもう来なくてもいいんじゃないかと言われても仕方がないほど時間は過ぎて行ってるということか。

でも、元主治医にあんなに脅されて(?)寛解状態なわけなので、時々は やはりチェックして安心もしたいし、まだホルモン剤は飲んでいたい。
フルツロンに関しては、元主治医はあと数年飲まそうとしていたものね。

さて、話は変わりますが、お商売繁盛の京都のえぺっさん、残り福にお参りしてきました。
舞妓さんが福笹を授与されてましたよ。こういうところが京都らしいです。


実は、私、最近直した(三連リングの一本が切れていた)指輪が戻ってきたのがうれしくて、中指にはめたら抜けなくなっちゃった。
どうしよう。
二月に手術が待っているのに。
切るのはさすがに嫌だしさー。
無理やり抜こうとして、指がはれ上がって、どうにもこうにも抜けない状態になっております。
自業自得とはいえ、取りあえず、指のハレを待って、頑張って抜こうと思ってます。
糸かなんかをぐるぐる巻きにして、クルクル回しながら上に持って行く方法がよさげなので、ハレが引くまで我慢我慢。
なんだかんだとやっちゃうわー。
前途多難。(笑)
コメント

あけましておめでとうございます。

2018-01-07 08:48:48 | 退院11年目の雑感
本年もよろしくお願いいたします。
かなり遅いご挨拶になってしまいました。
ま、日曜更新と一応決めているので、こんな形になってます。

私と言えば、元旦から働いてはいるのですが、三が日の間は仕事が少しばかり遅く始まり早く終わります。
で、二日の日に、相方と遅めの初もうで。終わってからのお参りなので、ほとんど夕方・・・というより夜?(笑)
でも、多くのお参りの人たちに混ざって、お願い事をしてきました。
行った先は、毎年同じ。
ただ今、京都で大人気の「伏見稲荷大社」です。

皆さんの病気も良い方向に向かうよう、よぅくお願いしてきました。
うちの店の商売繁盛もついでにね。(笑)

毎年、初もうでに来ると、母の好きな狐のおせんべいを買います。
昨日施設に行って、一枚食べてもらいました。残りは私が処理しました。(笑)


相方は、お参りするとかかさず、おみくじを引きます。
今年は大当たり。
二人とも「大吉」でした。


私は気になる病気のご神託をチェック。

「養生を第一とする時は、なおる」
はい、二月の入院は、無理せず、ゆっくり過ごすことにします。
(本当は途中で外出して昼間働こうかともくろんでいた。笑)
コメント