明るい乳がん生活(の、予定)

~~2006年11月告知、12月手術、明るい生活を送っていこうと決めました!愛猫たちと頑張る!~~

形成外科に行ってきました。

2016-04-24 23:50:00 | 再建への道のり2016
バタバタとしながら行ってきました、形成外科。
二回目の受診でしたが
「どうですか、再建したい決心は変わりないですか」
んんっ?
このゆるぎない決心を、変わるとでも思っていたの?んっ?

それで、現在の主治医が二転三転しての、今の現状を話してみた。
ただ、その主治医はインプラントのみで、私としては悩んでいることも。
自家再建するにしてもエキスパンダーを入れた方がいいと主治医から提案されたけどそうなの?
「それは、その方がいいとも言える」
んんっ?
何か、前回お会いした時のイメージと違うなぁ。
先生、転勤はどうなった?
「それは微妙なんだよね・・・」
私の方が微妙だわっ!!

どうも自家再建するとなると十数時間かかるし、そのためにマンパワーをどうするかの問題点もあるし、決定してから半年ぐらいの準備期間が必要、とのこと。
まぁ、それは新々主治医もかなり言ってて「タイムイズマネーだよ」と言われたわ。(笑)

「今さら急ぐこともないし、じっくり考えたら」
だって、先生に手術してもらいたいと思ってたんだよ?
んんっ?何かイメージが・・・。 

まぁ、迷ってしまっている私の気持ちも伝わっちゃったんだな。
新々主治医はその後もメールをくれて、金額のことも患者さんに寄り添って出来るだけ負担を減らすように努力するよと言ってきてくれてたしね。ま、自分で『こういうことまで考える僕ってすごくいい医者でしょ(笑)』みたいなよけいな一言もあったんだけどさ。(笑)

いずれにしても、今すぐに入院ということも出来ない状況(人手がまた減って仕事が増えちゃった)なので、もうしばらく考えてみようかと思ってます。
何より、熱望している相方の希望もよくよく聞いてみて、あとは私が人工物(インプラント)を入れる覚悟とそれと付き合う覚悟が出来るかどうかかなと思ってます。

形成外科で聞いたら、やはり人工物なので10年持つかどうか、のようなの。
ということは、またその時に手術を受けないとダメなことになるし、そのリスクを今度は主治医とよく話し合ってこよう(三か月後だけど)と思ったのでした。

コメント (2)

九州のみなさんにお見舞い申し上げます

2016-04-17 09:32:06 | 退院10年目の雑感
まさかの、連日の、ビックリな報道。
九州の方たちこそが、本当に信じられない思いだと思います。
最初の報道の時、「明かりもついてます、停電してません、大丈夫なようです」と映し出された映像にアナウンスが入って、震度7なのにそんなことがあるんだーと軽い気持ちでした。
それが、どんどん変わっていって、とんでもないことに。

九州にいるお友達とはツイッターなんかでタイムリーにお話ししたので安心していたのもつかの間。
そういえばこちらでの震災の時も、すっごく揺れたけどこんなものかなと思ってその日に働いていたのですが、テレビで長田がとんでもないことになっていると刻一刻報告されていったことは、信じられなくて、信じたくなくて、今でもその映像を思い出すと涙が出てきます。
東北の津波の時もそうでした。いまだに涙が出てきます。

ましてや、今現在、体験しておられる九州の方の悲しみ、不安、恐れを思うと、察するどころではありません。
きっと、何か力になれると信じて、寄り添えていけたらなぁと思います。





私の方と言えば、取りあえずは仕事をしつつ、再建のめどを何とか見出せたらなと思ってます。
20日に日赤の先生との対峙なので、新々主治医に(質問があったら三か月後の診察だけじゃなくて病院に来てもいいし、僕のホームページからメールしてくれてもいいと言われていたので)気になることをメールしてみました。
日赤の先生にしていただくにしても、新々主治医にしていただくにしても、疑問を持ったままではダメだなと思って。

でも、なんと、先生のブログを後から見たら、学会で九州に行っておられたの!
福岡だから無事に帰ってきてるだろうなとは思ったけど、ちょっと観光、なんてしていたら・・・そういうこともありうるかも・・・と心配してました。
でも、今日メールチェックしてたらちゃんと返事が返っていたので安心。

脂肪注入(もちろん保険外で自費)の話を聞いたんだけど、一回30-40万だって!!
しかも、生着率を高めるなら(脂肪なので流れてなくなってしまう危険あり)小分けして入れた方がいいらしい。
一体、何回入れるのっ?!しかもおいくらになっちゃうのっ?!

そう思った次第ですが、先生からのメールで
「人生は中道が大切、ぼちぼちが肝要です。脂肪注入も後から考えてみては」と言われました。
早急に何もかも一気に、と焦ってたかも。(笑)

コメント

またまた急展開。

2016-04-10 10:11:30 | 再建への道のり2016
先日、ボトックス治療に行ってきました。
なんと、その先生は京都の果てに異動になったとかで・・・

悲しいことにその病院で治療してもらうのはこれが最後。

でも、他の先生に打ってもらうのもなんだし(笑)
結構親身になってくれた先生が、治療続行したそうだったし
「ボクは水曜日は必ず京大病院にいるから」という言葉に食いついて
「じゃ、何かあったら水曜日に京大病院に行きます!」と約束しました。
医学生で今回が8回生らしいので、若手中の若手だったんだな。

「少し多めに打てるよ」の言葉にも食いついて
「お願いしまーす」ってやってもらったら
翌日からとんでもないことに。
眼が腫れぼったくて、いうことをききません。
仕事で忙しいこともあいあまって、疲れがさらにドドッと来てる感じ。

ここ数日でだんだん落ち着いてきた感じ。
もうしばらく、目の方は様子見です。



そうして、この間の金曜日が診察日だったんです。乳がんの。
なななななななな~んと、予約受付のお姉さんが書類を打ち出しながら
「申し訳ないですけど、また先生が変わりました」
えーっ、また違う先生?
まぁ、前回のやる気ナッシングの先生を適当にあしらおうと思っていた矢先なので
微妙ではありましたが、お会いしました。

なんと、今回の先生は、油がまさに今乗ってるって感じの熱血漢。
お会いした途端に、手ぐすねを引くかのように
「何か聞きたいことはありますか」とまず言われ
戸惑う私に
「僕からはお話しすることがたくさんあります」と言われた。

更に戸惑う私に
・自分は形成外科医と乳腺外科医のダブルライセンスを持っていること
・前回、日赤に行かれたようだが、インプラントなら僕が手術できること
・タイムイズマネーなので、強要はできないけど、インプラントはいいよー
な~んてことを、マシンガントークで語ってくださいました。
術例を見せるってUSBをパソコンに挿されたんだけど調子が悪くて読み込まなくて残念そうでした。(笑)

「ネットで、『ドクター松』って検索して」と言われたのでじっくり先生のホームページを読みましたよ。
実際、私の希望は自己再建であって、出来ればそうしたいんだけど
ちょっと気持ちが揺らいでます。

だって、すぐ近くで手術出来るんだよ?(まぁ、インプラントなんだけど)
でもって、早くて二泊三日って言われたんだよ?(自己再建は一か月)
あーっ、悩む。

そうしてフルツロンのことも言われました。
なんでこんなに長く飲んでるの、意味ないよって。 
あっちゃー。
実は、フルツロンをやめるって言おうとしてたんだけど、よくよく考えると再建後にやっぱ飲んでおきたいやと思ったら後の祭りなので
しばらくストックしておこうと思ってたんだよね。
「お守り的に飲みたいのはわかるんだけど、日赤の先生に叱られたって言うのはさすがだなー」なんて
ドクター松はおっしゃるの。
ずっと抗ガン治療してる身体になっちゃってるじゃん、という意味がいまいちストンと落ちてこなかったので
次回は先生とその話をしてこよう。
「取りあえずは、前回通りお薬は出すよ。でも、出来るだけ少なくしていく方向でやっていこうね」みたいに言われました。

「自己再建でするにしても、エキスパンダーを入れて皮膚を伸ばしたら切り取る皮膚が少なくなるから
そういう意味でもお手伝いするよ」と優しい先生。
ね、ちょっと悩むでしょ。

「今まではガン治療を頑張ってきたけれど、これからは再建のことを考えて頑張ろう」って
熱く語ってくれた先生。
前の(一回しかお会いしてないけど)先生よりうんと頼もしい。

仲良くなって、いろいろと勉強できればいいな。
取りあえずは今月の20日に日赤に行ってくるので、鬼が出るか蛇が出るかみたいな気持ちになってます。(笑)
はたして、自己再建になるのか(日赤の先生が残留してるかどうか)、逆転ホームラン的にインプラントになるのか、
まだ謎です。
ちなみに、先生のホームページには幹細胞を取り出した脂肪のことも書いてあってインプラントプラス脂肪なんて方法もあるみたい、じっくり話し合わねば・・・と
思った私です。 
コメント