清水エスパルスとラーメンと私。

大好きな地元クラブチーム『清水エスパルス』のお話、静岡県内の『ラーメン』情報、私の生態(笑)  地域密着系ブログ♪

いつも、ブログを見てくれて、ありがとうございます

為せば成る、為 さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり

無観客試合じゃないスタジアム

2014年03月31日 | 清水エスパルス

青空の下、緑のピッチの上には選手の姿。そして、客席には、大勢のサポーター。やっぱり、この雰囲気は、いいですね~

そして、相手チームのサポーター。しゃらくせー分、試合も盛り上がるこの日の観客数は、14420人。いつも、たくさんのお客さんが入るといいですね

試合後、日本平に、コパルちゃんが生息している事が確認できました。実は、噂で今年から、コパルちゃんが戦力外になったと聞いて心配していたんですよFC東京のサポーターからも人気があるようでした

コメント

金子がJ3初ゴール!

2014年03月30日 | 清水エスパルス

J3の「Jリーグ U-22選抜」に、清水エスパルスから、加賀美、金子、弦太が選出されていました

そして、今日のブラウブリッツ秋田戦で金子が先発出場し、先制ゴールを決めました弦太も先発出場し、加賀美も途中から出場し、チームの勝利に貢献しました

最初のU-22選抜の登録メンバーに加賀美が無かったので、なんでだろうと思っていましたが、今回は、選出されましたねちょっと、選出方法がいまいち、わからんです。

石毛も、U-22選抜に登録されていたと思うんで、一度、J3で攻撃的なポジションでプレーして欲しいです

コメント

FC東京に逆転負け・・・。

2014年03月29日 | 清水エスパルス

前半は、悪くなかった。先制点を決めて、エスパルスのペースだった。しかし、その後のチャンスに決められなかったことが悔やまれる・・・

立ち上がりからエスパルスがペースを握っていたけど、それ以上にFC東京が悪かった。パスミスが多く、攻撃は、ちぐはぐ。浮き足立つFC東京にエスパルスは効果的に攻めていたと思います。FC東京は新監督になり、未勝利。まだ組織としての骨格を模索しているようでしたこれならイケると思っていたのに、前半終了間際の失点で、逆にエスパルスが浮き足立ち始めました

櫛引は、最初のシュートはよく止めたんだけど、河野のゴールは、平岡がブラインドになって、ボールが見えなかったのかな?でも、それでも、ボールの勢いも無かったんで、あれは、止めて欲しかった前半をリードして折り返したかった。あの時間帯の失点は、もったいない

攻撃陣は、機能していたけど、河野のパス&ゴーで、エスパルスの守備陣は、混乱していたので、後半の頭から、六平に代えて、村松を投入して、火を消して欲しかったけど、動き無し。

そして、後半早々にラッキーなPK獲得!ビックチャンスだったけど、大前が決められないなんか、蹴るまで長い時間が空いたんで、なんか、嫌な予感があったんだよ運良く、再びエスパルスのペースに戻せるチャンスを失いました・・・

荒れ模様になった展開に飲み込まれたのか?セットプレーで失点FC東京に逆転されてしまいました日差しが眩しくて、平岡がマークを外してしまったように見えたけど、本来であれば、森重はオフサイドポジション。オフサイドにならなかったのは、キャラが早く下がり過ぎた。エドゥーとのマッチアップでいつも以上に興奮状態だったのが裏目に出たかな

この混乱を落ち着けたいんだけど、リードされた事もあり、交代カードは、攻撃的なカード。そして、六平のワンボランチという奇策に出て、さらに守備は、不安定になり、そして、再び失点を重ねてしまった火消しに失敗して火事になっちゃいました

ヨシが出てきたけど、トップ下じゃなく、サイド。村田じゃないんだから、別の使い道があるんだと思うんだけど・・・キジェが入って、再び陣形が変わる。石毛が入るが、またSB起用。良い形で試合には入れていたのに、失点を重ねて大慌てになり、自ら陣を崩して負けた。4年目になってもゴトビエスパルスは、迷走しているのか・・・

トシと、河井は良かったですよ。トシは、シュートまで行けないシーンもあったけど、縦への動きと絶妙なトラップと、復調してきました。練習試合でFKを決めていたんで、1本ぐらい打って欲しかったです。そして、河井のトラップもお見事。巧みなボールコントロールはさすがです。後半に、スクランブルでトップ下に入ったけど、存在感がありました。やっぱり、河井は、本職のトップ下で見たいです。

六平、大前も調子が良かったんだけど、調子が良いと、やり過ぎる。無駄に力が入っているようでした。屈辱の無観客試合明けで、たくさんのエスパルスサポーターの前で何とかしたいという気持ちが空回りになっていたかな

4年目のゴトビエスパルスは、1年目のイタリア人監督に、1-3の逆転負け。FC東京は、リーグ戦初勝利。今年のFC東京は、いまひとつだったんです。でも、太田宏介は、アフシン・ゴトビに勝ったという事ですねそして、現在の順位は16位。危機感は募るいっぽうです。次の試合は、是非、勝利をお願いしたいです

コメント

明日は、ホームでFC東京戦。

2014年03月28日 | 清水エスパルス

明日は、清水エスパルスの聖地・日本平で、FC東京戦ですこの試合は、無観客試合ではありません。チケットは、有効でございます

前節は、屈辱の無観客試合だったので今節のFC東京戦は、お客さんが、たくさ~ん入ったアイスタ日本平は、全国的に注目されるでしょう

注目されている時こそ、勝って、勝ちロコを踊りたいですね

コメント

3月23日の静岡新聞

2014年03月27日 | ひとりごと

また、新聞に写りこんでいましたローソンマートが開店の日に立ち寄ったんですよ。そしたら、ポンタがいたんで、写真を撮ったんですその時に、新聞の写真に写っている子供の姿が入ったんで、削除したんです。それを覚えていたんで、もしかしてと思い、よ~く写真を見たら、店内に、おいらの姿がありました偶然だけど、連続するのは珍しいです

コメント

辻尾は金沢。永井は、和歌山。

2014年03月26日 | 清水エスパルス

大分トリニータを退団した辻尾真二は、J3・ツエーゲン金沢に移籍が決まりましたJ2・長崎に練習参加していると聞きましたが、なかなか、その後が発表されず心配していましたが、ツエーゲン金沢に決まり、一安心です辻尾も信長の親衛隊【赤母衣衆】のように頑張らないと

移籍が決まったと思ったら、入籍まで発表昨年10月に入籍していたなんて、ビックリです「利家とまつ」の様に幸せな家庭を築いて欲しいです

 

横浜FCを退団した永井雄一郎は、関西リーグ1部のアルテリーヴォ和歌山への移籍が発表されました新春ドリームマッチ群馬で現役続行を宣言していたんで、流行のタイ移籍かなと思っていたら、意外にも和歌山でした。カテゴリー的には、5部リーグに相当するようだけど、藤枝MYFCだって、下から上がってきたし、和歌山だって、高い志を待ち続ければ、上がって来れますよ。経験値が高い永井は、高待遇で迎えられたようだし、結果に拘って頑張って欲しいです

コメント

今週のサッカーダイジェストは清水エスパルス特集♪

2014年03月25日 | 清水エスパルス

今週のサッカーダイジェストは、清水エスパルスの特集がありますよ村田&弦太の選手紹介は、興味深い内容です

他にも、「なでしこリーグ選手名鑑」も付いていて、お買い得ですよINAC神戸の写真が輝いて見えるカメラマンの腕?フォトスタジオの設備の賜物かな

コメント (2)

2014年 練習試合 FC町田ゼルビア戦

2014年03月24日 | 清水エスパルス

今日は、三保グランドで清水エスパルス・サテライトがJ3・FC町田ゼルビアと練習試合をやるので見に行ってきましたこの試合は、無観客試合じゃないので、いつも通りに客席に入れました

前半は、GKミウラー、DF息吹、ヤコヴィッチ、廣井、キジェ、MF本田、村松、ヨシ、純平、トシ、FW樋口。

サテライトの試合で、本田と村松のWボランチって、豪華過ぎそして、攻撃的な中盤が全員『高木』です新しい高木三兄弟?

そして、兄ちゃんが久しぶりにやってくれましたよ先制点は、トシのFKです壁の上を抜けて、ゴールネットに綺麗に決まりました。東京V時代はFKをよく決めていたけど、エスパルスに来てからは、蹴る機会も減ったせいか?枠を捉えられなくなってきていたけど、今日は、完璧です。この感覚を忘れずに、FKの精度を高めて欲しいです。

2点目は、キジェ左SBのキジェがタイミングよく駆け上がり、大きな声で本田にパスを呼び込み、本田も応えて、ピンポイントのサイドチェンジパスを通します。そして、積極的に上がったキジェが中央に切れ込み、タイミングをずらして右足でシュートして、ゴールを決めましたキジェもピンポイントのサイドチェンジを通したり、存在感は抜群でした。長沢、ノヴァと前線に長身選手を揃えているので、キジェのクロスボールは、活きるはず。復活したキジェは、とても楽しみです

3点目は、相手のハンドによるPKをトシがキッチリ、決めてくれました。

後半は、GK相澤、DF息吹、廣井、48番、キジェ、MF49番、村松、加賀美、純平、亜人夢、FW樋口。相澤が頭を打ったと聞いていましたが、今日は元気にプレーしていました。

後半は、練習生が入ったこともあり、全体的にチグハグ・・・。前半は圧倒していましたが、後半は、どっこいどっこい。レベルが下がった印象で、試合中なのに居眠りしてしまいました

後半に、失点して、3-1で試合終了しました。

キジェの復活と本田の復調が収穫かな。ただ、村松は、まだ時間が掛かりそうです

試合後は、選手が客席に挨拶。そして、拍手するサポーターの姿やっぱり、ピッチには選手がいて、客席にはサポーターがいる。これで良いんですよ普段の変わらない風景でしたが、いつも以上に喜びを感じましたさあ、次の東京戦に向けて、前を向いて、応援を頑張りましょう

今日は、富士山が綺麗に見えましたよ目指せ!日本一!

コメント

屈辱の無観客試合は、ドロー・・・。

2014年03月23日 | 清水エスパルス

浦和レッズの処分に巻き込まれた清水エスパルスは、屈辱の無観客試合を迎えました。絶対に負けられない戦いでしたが、1-1のドロー・・・。なんか、スッキリしない結果です

無観客試合がどうのこうのじゃなくて、勝てたんじゃないかなぁシュート数では圧倒されているけど、決定的なチャンスは、作れていました

先制点は、ショートコーナーからでしたエスパルスって、トリックプレーがへたくそで、ショートコーナーという奇襲に出ながら、クロスボールを上げられないという事がしばしば・・・でも、今回は、ショートコーナーで浦和守備陣を混乱させて、逆サイドに揺さぶっての長沢のゴールJ1リーグ初ゴール前半早々にも石毛のクロスから長沢が頭で決めたと思ったら、オフサイドリプレイを見ると、大前の頭には、当たっていないように見えるんだけど・・・

その後も、右サイドの吉田を起点にダイレクトパスの連続で崩して、起点になった吉田が中央に切れ込んでシュート!しかし、枠に飛ばない素晴らしい決定機でしたこの決定機の前、左サイドで、六平がボールを捌いて、さらに前進し、積極的に石毛にスルーを出したのも評価できるし、その後、河井が大きなサイドチェンジしたのも吉田の決定機に繋がる大きなポイントでした長沢が納めて、ノヴァが落として、六平が捌いて、河井がサイドチェンジ、こんだけ、ベストなプレーが続いたら、吉田よ~決めてくれ~

後半には、大前のボール奪取からカウンターで、長沢、ノヴァコ、石毛とパスが繋がり、再び、長沢がゴール前でターンして、シュートを打てず

試合終了間際には、大前のスルーを受けた六平が突破して、GKと一対一の大チャンス!しかし、決められないあと少し、あとちょっとでと決められたシーンが多かったです

今日の試合で良かったのは、やっぱり、六平。積極的にボールに絡み、前への姿勢がエスパルスの攻撃にリズムを生みました。最後の大チャンスも長い距離を走ってたし、最後まで頑張ってくれました。

そして、長沢。明らかに相手DF陣は、長身の長沢に手こずっていました。ポストプレーも足元で納まっていたし、交代させずに、最後までプレーして欲しかったです。

大前の存在も大きかったです。好守に献身的に動いてくれました。今日は特に守備での貢献が大きかったです。元紀が奪うと、そこから攻撃の起点に成れるのがいいですね。

久しぶりに石毛が前で使ってもらいました。まだ本調子じゃないけど、感が戻れば、もっとやれるはず。ただ、今日は、2度ほどチャンスを逸してしまいました。キジェがベンチにいるんで、キジェを入れて、浦和の関根のカバーも出来ると思ったんだけど、出てきたのは、本田でした。六平をそのまま、ボランチで見たかったなぁ。

浦和の関根、原口にサイドを突破されるシーンが増えた時、新婚の息吹がベンチいればなぁと思いました。ヤコヴィッチより息吹のほうがベンチでは、使い勝手が良いと思います。

最後のカードでトシが出てきたけど、なんか、不完全燃焼・・・。時間も短いんで最後まで全力で走って欲しいんだけど、なんか、試合の中に入っていけてない感じでした。途中出場では、やっぱり、村田のほうが向いているのかな。村田は、なんでベンチにいなかったんだろう?

無観客試合は、観客収入とかよりも試合のホームアドバンテージを消すのが制裁だと思う。しかし、浦和のゴールは、チュンソンの本田へのタックルがノーファールになった。審判には、しっかり見て欲しいです。完全に抱きかかえて、最初のディフェンスであった本田を押し倒している。あんなプレーをするチュンソンは、今後のブーイング対象です。残念です。なんか、エスパルスは損してばかり・・・。

無観客試合の被害者は、清水エスパルスで最後にしてほしいです。

コメント

明日は、無観客試合・・・。

2014年03月22日 | 清水エスパルス

明日は、浦和レッズの不祥事による制裁に巻き込まれた屈辱の無観客試合です

明日の試合会場には、エスパルスサポーターも入れません・・・

そこで、明日、清水エスパルスの聖地・アイスタ日本平でパブリックビューイングが開催されます試合は15時からで開場は14時からだそうです。駐車場も開放されて、無料で清水エスパルスを応援できます

みんなで清水エスパルスを応援しよう

そして、このタイミングで息吹が結婚発表

息吹おめでとう~

コメント (2)