清水エスパルスとラーメンと私。

大好きな地元クラブチーム『清水エスパルス』のお話、静岡県内の『ラーメン』情報、私の生態(笑)  地域密着系ブログ♪

いつも、ブログを見てくれて、ありがとうございます

為せば成る、為 さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり

平松康平、前十字靭帯断裂・・・。

2005年05月31日 | 清水エスパルス
全治6ヶ月・・・
 チームがやっと軌道に乗ってきたのに、残念。康平自身も、好調になったのに、怪我だけは、勘弁して欲しい。しっかり、治して欲しいけど、治ってからも、ウォーミングアップは、入念にやって欲しい・・。
 神戸にいるキングカズが良い例なんだけど、あの年でも現役でいれるのは、テクニックやスピードではなく、自己のコンディショニング管理がしっかり、している事だろう彼は、ものすごく、入念にウォーミングアップをする。ブラジルでの修行で、一番、驚いた事が、向こうの人は、時間をかけて、ウォーミングを行う事だったらしいです。
 年齢とともに、体も変わっていく。特に20代前半から後半に移り変わる時に、言葉で表現が難しい、何かを体は、感じる。怪我をするのは、ある意味、わかりやすい
 別に、康平君が、しっかり、ウォーミングアップをしないという訳ではないが、怪我をするのは、自己責任に値する。自分の為、チームの為にも、無理の無い、早い復帰を祈っています
コメント

清水区 幻?の名店『北京屋』

2005年05月31日 | 静岡(中部)のラーメン屋
清水の中年の人に、美味しいラーメン屋を聞くと『北京屋』と答える人が多いです。
 名前と場所を教えてもらい、3回ほど探しに行きましたが、見つけられませんでした。そこで、自転車に乗って、探しに行きました。
 場所は、桜橋を岡町へ下り、岡小学校の隣です。場所は、わかりやすいのに、車で確認ができませんでした
 そして・・、発見しましたしかし、夕飯時なのに、閉まっていますこの店は、昼から営業して、きっと、スープが終わったら、そこで、終了の店なんでしょう私は、夜に探すから、見つからない・・・わけだ・・。
 今回は、午後2時半頃に行きました。2時で休憩に入ってしまう店が多いので、こういう時は、役立ちます。駐車場も、少し離れた店の反対側にあります。
 今回は、チャーシュー麺の大盛りを注文しました。過去に2回行きましたが、チャーシューは売り切れでした。夕方には、閉店の店ですから、そんなに作らないのでしょう・・。でも、今回は、食べる事ができました。
 『北京屋』のラーメンは、昔ながらの中華そばという感じです。どことなく、静岡の『清美そば』と似た味がします。麺は、細麺です。レンゲが無いのが、猫舌の私には、難です今回は、チャーシュー麺だったせいか、いつもより味が濃く感じます。濃いといっても、元がスッキリ系の味なんで、普通のラーメンには無い、コクが深まる感じですなんか、上品な感覚があります?
 私より、後に入ってきた人が、『大、大盛りラーメン』なるモノを注文していました。裏メニュー?出てきたラーメンは、器が違いました。今度は、私も挑戦したいです
コメント

駅麺通り 尾道ラーメン 『さいごく路』

2005年05月30日 | 静岡(中部)のラーメン屋
静岡で、唯一あるラーメン施設という感じの『駅麺通り』。ラーメン鎖国状態の静岡にとって、まさに文明開化の足音を感じます。
 久しぶりに、駅麺通りへ行きました。一時のオープン時の混雑はなく、16時頃という時間帯もあり、空いていました。今回、来たのは、情報集めです。今、駅麺通りは、3店舗なんですが、ただ今、増設しています。また、新しい味が増えるのですもっと、静岡の人達に、ラーメンの固定概念を広げて欲しいですしかし、工事現場には、コレという情報は無しでした。何のラーメンが増えるんだろう??
 とりあえず、『さいごく路』に行きました。尾道ラーメンを食べました。初めて、ここのラーメンを食べた時に、角のある背脂?に驚いたんですが、今回は、あまり背脂が入っていませんでした。そして、テーブルの薬味の所に、だしの素みたいな、魚系の粉がありました。前回の時は、気が付かなかったので、入れてみたら、なんか複雑な味なんですが、美味しいです
 飽くなき研究をしているのでしょうか、面白いです
 駅麺通りの増設店に楽しみにしてます。最初は、また、メチャ混みだろうなぁ・・・
コメント

清水区鳥坂 『一元』

2005年05月29日 | 静岡(中部)のラーメン屋
過去に、静岡第一テレビが、『静岡ラーメン』というブランドラーメンを作ろうとやっていましたしかし、根付いてもいないラーメンを『静岡ラーメン』と呼ぶのは、いかがなものか・・
そこで、もともと店があり、静岡ラーメンに値する店は、どこか?私は、『一元』だと思います
 久しぶりに鳥坂の『一元』に行きました。前は、パチンコのマルハン鳥坂店に入り浸っていたので、よく行きました。ここは、休憩時間がないので、少し、遅めの昼飯でも大丈夫です不定休ですが、あんまり、休みに当たった事はありません。
 鳥坂の『一元』で有名なのは、札幌味噌ラーメン!味噌をとかしながら、食べます。食べるスタイルに独創性もあり、味もうまいです。
 でも、私は、ここの普通のラーメンが好きで、いつも、大盛りラーメンを注文します。ちなみに、普通のラーメンには、レンゲが付きません大盛りには、付いています。店主は、ちょっと、掴みどころがない人ですので、あしからず
 ここの大盛りラーメンは、とても、ボリュームがあります。麺は、独特の細麺です。具は、チャーシュー、しなちく、ネギなんですが、その中でも、しなちくが独特の甘い味で好きなんですこの味が、ラーメンの汁と混ざって、いい味になります。
 お腹いっぱいに満足する時には、お勧めです
コメント

清水、C大阪に逆転勝ち~!!

2005年05月29日 | 清水エスパルス
これは、本物なのか?皆さん、疑問だと思いますが、私は、本物だと思います産業大での練習試合でも、選手に自信を感じます。小さい結果ながらも、やはり、勝利というのが、選手の迷いを払拭したようです
 今回の勝ちは、本当に大きいです。C大阪は、ナビスコD組のライバル。ここで負けたら、順位が入れ替わります。しかし、それ以上に大きいのは、失点してから、すぐに点を取り返しているところです。今までなら、ズルズル行っちゃうところでも、踏ん張り、逆転する。まさに、魅力あるサッカーともいえます。
 しかも、決勝点を決めたのが、下手クソの和道健太監督にとっての、サプライズが和道のボランチ起用。和道は、身体能力に恵まれているが、足元は、ちょっと・・。サイドチェンジは、できるものの、それ以外の選択肢を求めた場合、判断能力がありません。まあ、試合の中で経験し、覚えていき、たまに、良い動きをするのに、最後の詰めが甘い鶴見をC大阪へ出した時は、なんで、健太は、鶴見<和道なの?と疑問を抱きました。しかし、健太監督は、和道を使い続けます。こうなってくると、我々も心中覚悟です和道は、不慣れなポジションなので、プレーに自信が感じられない・・、こういう選手は点を決めれば、変わると思っていました。CKの時は、和道しか見ていません・・、半分は睨んでますその和道が、足で得点!しかも、勝利に導くゴール。これは、本当に大きいです
 優等生よりも、和道のような選手は、敵を作りません。それが、得点後の祝福風景に出ていました。底辺が底上げしている今のエスパルスは、強いです
コメント

日本ダービー、完敗です。参りました・・。

2005年05月29日 | 競馬
まさか、あそこまで力の差を見せられると、もう無理です勝てませんディープインパクトは、強すぎ・・
 私は、こういう気持ちを持った事は、初めてではありません。過去に、『こいつには、勝てない』と平伏した馬がいます。それは、サイレンススズカです私は、グラスワンダー大好き人間で、故障明けの毎日王冠を見に、東京競馬場へ行きました。この後、この毎日王冠は、伝説になります・・。でも、この時に、圧倒的な力を見せ付けられたショックは、今でも忘れられません。競馬は、ギャンブルだけではないと、こういう時に感じます。
 でも、その後、サイレンススズカは、レース中に故障を発生して、・・・
 だから、ディープには、自分の能力に耐えられる体を作って欲しい。もう、敵は、自分自身。陣営には、この後、何も無く、菊へ駒を進めてほしいです
 ディープインパクト、2冠、おめでとう
コメント

ここも、静岡市?秘湯の『白樺荘』&プチ遭難・・・。

2005年05月28日 | 温泉
一度は、行ってみたい温泉があります。それは、静岡市がやっている温泉施設『白樺荘』http://www.ja-shizuoka.or.jp/shizuoka/topics/onsen/onsen9.htm
 井川ダムの上の方にあり、こんな山奥でも、静岡市です。施設としては、古く、最近の入浴施設とは、違います。ただ、お湯が源泉掛け流しというやつで、すごくいいらしいのです。しかも、風呂代は無料です。台帳に記帳するだけです
 前に、静岡から山奥の峠道は通った事があり、舗装はされているのですが、途中に細い道があり、運転慣れしていないと、対向車が来たらヤバイです
 なので、今回は、ナビの案内を無視して、金谷から大井川沿いに上っていく道へ決めました。こっちの方が、道が広くて、運転しやすいです。やはり、ダム用に大きく道を作ったのでしょう私の勘は、合っていた!すごく山奥で、人気が無いのですが、でかい道に、でかいトンネル。
 すると、長島ダムへ出てきました。先へ行こうとすると、広い道は「この先は関係者のみ通行可」・・。ここから、大変でした。一応、道は、あるのですが、細い落石注意の看板が、あんなにリアルに感じる場所は無いでしょう緊迫感いっぱいです。しかも、クネクネと曲がっていて、左は、崩れそうな崖、右は、深い谷・・・。帰りたい・・・緊張感に押しつぶされそうになっていると、少し大きい道に抜けました
 で、ここから、さらに上に行きます。看板や案内表示が全然無いので、心配になりましたが、やっと、それらしい案内表示が見えました。すでに到着でした
 こんな山奥ですが、先客はチラホラいました。早速、お風呂へ行きました。風呂は、内風呂だけで、シャワーも一つだけまあ、ここは、泉質が売りの施設ですし・・。軽く汗を流してから、風呂に入ると、すごいんですヌメ~って感じです。内風呂は、二つに仕切られていて、ぬるいのと熱いので分かれています。ただ、源泉ですので、浸かりすぎると、疲れそうですでも、十分に堪能して、風呂を出ました。
 入り口の所にソファーがあり、壁には、南アルプスの紅葉の写真などが飾られています。しばし、ここで休憩。居合わせた人たちと、お話をしていました。白樺荘は、16時までです。すでに時間が迫っていたので、帰ろうとすると・・・、なんと、車のタイヤがパンクしかも、工具が見当たらない・・、携帯は電波が届いていない・・・。周りの人に助けられながらも、交換ができずに、白樺荘の公衆電話でJAFへ電話なんとか、来てもらう事をOKもらいました。本当にいろんな人にお世話になりました
 みんなが下山し、JAFを待っている間、自販機があるので、飲み物を買おうと、財布の中を見ると、一万円札しかありません・・。あきらめて、シートを倒して、寝ていると、足音がします?ふと見ると、白い犬がいます。首輪は、あるのですが、野良のようです。帰りがけに、おばあさんから、いただいたパンケーキがあったので、犬にあげると、私の寂しさを紛らわせてくれましたすると、エンジン音がしました!タンクを積んだトラックでした?温泉を汲みに来たようです・・。
 その後は、だんだん、暗くなってきて、霧も出てきました。孤独に耐え切れなくなってきた頃、JAFの車が猛スピードで到着。私は、申し訳ない気持ちでいっぱいだったのですが、JAFの人は、「すみません、お待たせしました」が最初の一言でした。こんな山奥に呼んで、こんな低姿勢で、テキパキと作業終了!皆さん、JAFの会員になりましょう帰り道も、静岡まで同じ道を後方からサポートしてくれました。本当に助かりました。
 温泉で癒される為に行きましたが、疲れました・・。でも、いろんな人に助けられて、人の暖かみを知りましたでも、やっぱり、疲れた・・
コメント (2)

明日は、第72回 日本ダービーです!!スポニチの万券の小田、邪魔するな(笑)

2005年05月28日 | 競馬
すでに前日発売の人気が、1.0倍。皐月賞馬⑤ディープインパクト・・。まさに、ギャンブル的にもディープインパクトそんな、アホな~
 確かに、ディープインパクトは、強いです。しかし、あんなに人気を背負ったら、賭けても、しょうがない。そこで、昨日、報知新聞の競馬欄と、にらめっこ穴馬を探します。過去にも、菊花賞で、配当の低さにあきらめて、長距離血統だけを探し、ファストタテヤマで大儲けさせて頂きました
 そこで、出てくるのが、穴馬②ニシノドコマデモ母の父がサッカーボーイ!父もキングヘイローなら、素質は、ある!??はずで、レース実績を見ると青葉で着差無しの2着。しかも、一着の馬よりも、上がり3Fの成績が上!これは、面白い。唯一の心配は、騎乗がカッチー・・・。どうも、彼は、大きな舞台に弱い気がする・・。でも、スタミナ勝負になれば、可能性はあるしかし、今日のスポニチを見て、ガッカリ・・。スポニチの万券の小田こと小田哲也さんと予想がかぶってる!過去にも、春天で自信たっぷりにイングランディーレで大儲けできた筈なのに、彼と予想がかぶると、配当が下がる・・。結局、10万に届かなかった・・悔しい過去です。
 あと穴は、スペシャルウィークの仔⑦インティライミ。長距離の実績がいいんだけど、レベルが低い所を勝った気がする。
 やはり、勝機を見出すとしたら、他の馬より、ディープ自身に見つけなくては、ならない。もし、ディープが負けた時には、『疲労』だけだと思う。4戦して、当初よりも上がりの時計が、増えている。って言っても34秒台。だから、33秒の脚をもっている馬。過去に2度、33秒台が出ているのが③ローゼンクロイツ、⑮シックスセンス。この2頭は、まぐれではなく、使える脚を持っている。もしがあるとしたら、この2頭かな
 でも、一番、賭けやすいのが、⑤ディープインパクトの馬単2着流しで、遊び感覚でやる方が気楽かなさあ、どうなることやら・・。楽しみです
コメント

三島 『麺まるい』

2005年05月28日 | 静岡(東部)のラーメン屋
三島といえば、『鈴福』です。これは、超有名です。その隣にあるのが、『麺まるい』です
 情報では、元家系の店主がやっているらしく、『鈴福』の隣に出店するぐらいだから、どうなんだろうと思い、来店しました。
 店に入ると、女性客が4人ほどいました。他にも男性とカップル。注文は、オーソドックスに「醤油ラーメン」+「中盛り」にしました。「中盛り」があるあたりは、元家系の感じがあります。私は、好きです
 しかし、ラーメンがくるのに待ちました。噂では、ここは「つけ麺」が人気らしく、女性陣の注文は、きっと、つけ麺でしょう。つけ麺は、麺が多いので、かなり、私は、待ちました・・。
 で、やっと、私のラーメンがきました。これが、待ったかいがありました濃厚な節系です。汁の舌触りが、マッタリしています。和歌山ラーメン?なんだろうか?・・、なんか、高田馬場の『渡なべ』見たいな感じです。マジでうまいです
 三島の『鈴福』の横に出店するだけの事はあります
 元家系の店主という肩書きが、いい感じで味に反映しているのでしょうか。あんなにうまい濃厚は、すごいです
 これからは、三島に『鈴福』あり!そして、その価値よりも、全国に通じる、静岡県に『麺まるい』ありです
 静岡県1うまいと言っても、過言ではないかもしれません。
コメント (2)

静岡産業大との練習試合。謎のレフティーモンスター!清水に誕生?

2005年05月27日 | 清水エスパルス
清水エスパルスの公式ホームページの月間スケジュールを確認すると、たまに練習試合があります。非公開の時もありますが、間近で見れて、無料です。駐車場が500円とられます・・。でも、お得です
 今回は、静岡産業大との試合です。
 産業大も一時はJFLにも、いましたが、少し戦力ダウンしたような感じでした。試合も、一方的な清水の勝ちになりました。相手は、大学生で、しかも、5月ですので、まだ、チームとして出来上がってないのでしょう。でも、産業大の78番?背は、ちっこいですが、今後が面白そうな選手で印象に残りました。
 清水の得点ですが、1点目は、斉藤。平松のコーナーキックで、斉藤のヘッドに合い、ゴール。斉藤は、『点の取れるDF』ヘッドは、清水の日本人では一番でしょう。
 この前のコーナーでも惜しいシーンがありました。平松の右足のコーナーは、チャンスが生まれます。左は、ちょっと期待薄・・。両サイドとも、コーナーは、右足のため、ゴールへ向かって蹴る時は、期待できますが、ゴールから離れるボールの時は、ちょっと・・。左足でゴールにむかって蹴れるレフティーが欲しい・・。
 2点目は、ジェジンのPK。久保山がナイスタイミングで飛び出して、相手の反則を受け、PKになりました。蹴ったのはジェジンですが、大半は、久保山の得点です。久保山は、絶好調な感じです。
 3点目は、ジェジンのスーパーゴール!!これは、練習試合では、もったいないぐらいの、ワールドクラスのゴールです。角度がちょっとキツイとこから、左でボレー!キーパーも、一瞬の事で反応ができませんでした。
 4点目は、西野。やっと、決まった感がありました。身体的にも恵まれているので、チャンスは、あるんですが・・。やっと、決めたって感じです・・。
 5点目は、純平。これも・・。決定機を作って、簡単に決まるシーンだったのに、時間がかかりました。結局は、純平までボールが回ってきて、決めただけです。
 6点目は、財津。これは、よかった見事なカウンターで、時間をかけずにゴールを奪いました。財津は、いいです!新人離れした冷静さが好きです。早く、トップチームで使って欲しい
 7点目は、岡崎。8点目と9点目は、前田です。ここでのゴールは、決めた選手よりも、アシスト役が別格でした。
 佐藤由紀彦は、怪我さえなければ、3本目には、出てくる選手じゃありません。足元の技術は、最高です。スピードが無いのが難ですが、それをカバーできるだけのテクニックがあります。ちょうど、私から見て、逆だったのですが、何度も軽いステップで相手を抜いていました。まさに、格の違いを見せつけていました。
 そして、もう一人。謎の42番見た事も無い、重い背番号で、CBの青山君にいろいろ指示を受けています。最初は、ユースから、誰か上がってきたかな?と、レベルを下げて見ていました。しかし、良い意味で裏切られました・・まさに、インパクト大!攻撃センスバリバリですドリブル突破の際、スピードに乗りながら、左足のかかとで、相手選手の裏を抜いて、突破します。これは、小倉がよくやった抜き方です!目の前で、見て、興奮しました。
 そして、名前を調べると、彼は、堂柿龍一君です。名前が、わかり、良かったんですが・・。残念な事に堂柿君は、強化指定選手としてC大阪へ行ってしまいましたあ~、帰ってきてくれ~。
 でも、彼を生かすも殺すも、堂柿君が上がって空いたポジションをカバーできる選手も必要です。そこで、押したいのが兵働君。彼は、2本目に左サイドバックで不慣れなポジションをプレーしていましたが、3本目は、ボランチに入りました。まさに、水を得た魚ですやはり、兵働君は、ボランチがいいです彼の実績を踏まえれば、起用すべきです。鳥栖へ行った同じ筑波出身の鈴木孝明が試合に出て、結果を残しているのは、兵働君にとっては、悔しいんじゃないかな~。
 あと、CBの青山君、彼は名古屋の強化指定選手だった事もあり、経験は、豊富です。新人らしくない落ち着きを持っています。それに、熱いハートもあります。ラインアウトした時に、産業大の選手が邪魔をしたので、怒突いていました。あーいうのは、個人的に好きです
 今回の練習試合は、レベルの差がありましたが、久しぶりにスッキリする試合を見させていただきました
コメント