清水エスパルスとラーメンと私。

大好きな地元クラブチーム『清水エスパルス』のお話、静岡県内の『ラーメン』情報、私の生態(笑)  地域密着系ブログ♪

いつも、ブログを見てくれて、ありがとうございます

為せば成る、為 さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり

村松大輔 徳島へ期限付き移籍

2014年06月30日 | 清水エスパルス

村松の徳島ヴォルティスへの期限付き移籍が発表されました。御殿場キャンプの慶應戦で久しぶりにCBをやっているなぁと思ったら、移籍ですか・・・守備のスペシャリストとして、CBやったり、SBで起用されたり、ボランチやったり、今季はトップ下?ポジションも変則的だし、出場も変則的・・・。日本代表に選出された逸材だけど、出場機会は少なかった。

徳島の小林監督は守備には定評があるんで、オファーをいただいたという事は、村松の守備力を評価してくれているという事なんでしょう。村松にとっては、チャンスなんだと思います。見返す為にも頑張って欲しいです

徳島ヴォルティスのサポーター様へ

村松大輔を、よろしくお願いしますちなみに、「むらまつ たいすけ」です「だいすけ」では、ありません。お間違いなきよう、お願いします

コメント (4)

清水エスパルスユース、流経大柏に逆転負け・・・。

2014年06月29日 | 清水エスパルス

今日は、絶好調の清水エスパルスユースが流通経済大学付属柏高校と対戦する『高松宮杯U-18サッカーリーグ2014 プレミアリーグ』の第6節を見に行ってきました会場は、Jステップの予定でしたがJステップは、浦和レッズとヴィッセル神戸の練習試合。今日は、三保グランドになりました。天気は良く、日差しが厳しいんだけど、風が気持ちよかったです

三保グランドに到着したのは、エスパルスユースの2点目が前半16分からですすでに2点のリード前半は、水谷君を中心にしたワイドな展開力でエスパルスユースペースです。3-1で前半を終了。決定機がたくさんあり、5点入っていても、おかしくなかったです11番の動きは、キレがありますね

後半も、このままの勢いでと思っていたんですが、後半は徐々に流経大柏のペース前半飛ばしたせいか、暑さと共に足が止まってきました流経大柏は制空権が強く、セットプレーに自信を感じます。CKは同じ形でファーの大きい選手の頭に合わせて、中央へ折り返すパターンなんですが、エスパルスユースは、混乱していましたあちらが制空権が強いというよりは、こちらが弱いかもしれません。

3-3の同点の終盤にエスパルスユースに大チャンス!柴田君の打ったシュートは、劇的決勝点だと思ったら、サイドネットでしたそして、今度は流経大柏のラストプレー。ベンチからはシュートで終われの指示が出ていたら、劇的逆転ゴールが生まれてしまいましたエスパルスユースの連勝は、5連勝でストップです。

でも、審判にも壊された印象が残りました。審判も暑さで混乱しちゃったのかな流経大柏は、アフターチャージが多いんだけど、見逃す事が多く、大榎監督が審判のジャッジにエキサイトするシーンもありました逆転ゴールが決まってからも、イエローカードの数を間違えるし、レッドカードが遅れるなど後味が悪かったです

試合後、水谷君が悔し泣きしてました3-4で逆転負けだもんね・・・。でも、前半に、決定機が多く、5点は決まっていても、おかしくなかった。あそこで、しっかりゴールを決めていれば、5-4で勝てていたかもしれません。連勝はストップしてしまったけど、次が大事です。頑張って欲しいです

コメント (2)

2014年 練習試合 慶応義塾大学戦

2014年06月27日 | 清水エスパルス

今日は、清水エスパルスが慶応義塾大学と練習試合をやるので夏季キャンプをやっている御殿場の時之栖まで行ってきました

前半は、GK櫛引、DFヤコ、平岡、浩太、吉田、MF本拓、竹内、六平、FW大前、ノヴァ、トシ。キャラは、別メニューのようで、CBには浩太が入っていましたが、現時点では、ベストメンバーでしょうか

一昨日、ホンダFCとの練習試合は、5-2と大勝。今回は大学生相手なんで期待してましたが前半は、1-0でした。一応、エスパルスのリードなんですが、試合のペースは慶應が握っている感じでした先日、浦和レッズと静岡産業大の練習試合を見たんですが、慶應の選手の体つきが産業大よりも、たくましい。胸板厚く、鍛えられている印象です。良く走れるし、カウンター攻撃で裏を狙い、エスパルスゴールに迫ります。決定力に課題がありますが、判断力が早く、やりたい事をやっていました。逆にエスパルスは判断力が遅く、なかなか、ノヴァまで繋げない。御殿場キャンプ最終日という事で疲れが出たのかもしれないけど、大学生相手だし、もう少し、見せ場を造って欲しかった。本拓がアンカーに入り、展開力が増したんだけど、ヤコが右SBでは、本拓の展開力が半減してしまう。もう少し、上がれる選手を入れたほうが本拓が活きると思います。

後半は、GK高木和、DF吉田、村松、六平、亜人夢、MF純平、石毛、ヨシ、FW村田、樋口、金子。六平がSB。左SBには亜人夢。

裏に抜ける樋口に純平が合わせて、樋口君が泥臭くゴールその後、村田が高い位置でボールをカットして、ドリブル突破。クロスボールに柏瀬が合わせて、3点目のゴール。3-0で清水エスパルスの勝利と喜びたいけど、まだ、喜べない?石毛は、裏を狙って良い動きをしていたけど、パスが出なかった。でも、それで終わらずに、何度も出ては入ってを繰り返して欲しかった。無駄走りな様で無駄にはならないと思う。

慶應の18番は、そんなに大きい訳じゃないんだけど、体が強く、スピードもある良い選手でした。フィジカルを鍛える鳥栖でエース豊田と組んだら、強敵になりそう

試合後は、たくさんのサポーターがファンサービスを受けていましたこれで御殿場キャンプは終了。二日間オフになるので疲労回復に努めて欲しいです。リーグ戦再開に向けて頑張って欲しいです。

コメント

本日!!『静岡ルール』発売!!

2014年06月26日 | ひとりごと

本日2014年6月26日(木)静岡の新ご当地本『静岡ルールが発売になります

すでに、『埼玉ルール』や『仙台ルール』などが発売されていて、各地のルール本シリーズに『静岡ルール』が新登場ですルールといっても、かたっくるしい内容ではなく、静岡県の楽しいあるある本みたいな感じです

実は、この『静岡ルール』の取材を若輩者ではありますが、おいらが受けまして、愛する静岡県愛する清水をアピールすべく、協力させていただきましたICレコーダーに、おいらの声が録音されるなんて、不思議な体験でしたでも、それが本の内容に反映されているのは、嬉しいような恥ずかしいようなでも、面白くなっています

静岡県民だったら当たり前の情報だけど、他県民からは意外性があったりとか横に長い静岡県には、県民でも知らない?実は知っているけど、知らないふりしている情報もあります

静岡県民でも他県民でも楽しめるどこか懐かしい一冊になってます。是非、読んでみてください

コメント (4)

W杯ブラジル大会 日本代表 終戦・・・。

2014年06月25日 | サッカー全般

W杯ブラジル大会の日本代表は、コロンビア代表に負けてしまい、一次リーグ敗退が決定してしまいましたクイアバの奇跡を期待していたんですが、クイアバの悲劇になってしまったでも、1-4というスコアは実力差をまざまざと感じさせてくれて、W杯敗退を認めざるを得ない・・・。

やっと、天候に認められたコロンビア戦は、ザックジャパンらしいサッカーが少し戻った。過去二戦よりも、裏を狙う縦の動きがあって、岡ちゃんがらしさを発揮した前半終了間際のダイビングヘッドは、お見事!!あれが清水エスパルスの最高傑作の岡崎慎司ですたい青山も良かったけど、遠藤→岡ちゃんラインを見たかった

香川の動きは悪くなかったです。良い意味でもがいてくれていた。最後まで不調ながらも諦めない姿勢を感じました。途中でベンチに下がっちゃったけど、交代させるなら、本田を下げて欲しかったです。今日の本田は、動けてなかったし、相手のマークに消されているようでした

短い時間だったけど、柿谷が良かった。やってやる感が出ていました。最後の最後にゴールに仕掛けたのは、柿谷のプライドを感じました。柿谷、香川、本田と良い形が作れていたと思っていたのに、この大会では、役者が揃わなかったですね

大久保の評価が、おいらは低いんです。確かに、目立つ存在だったんだけど、連携面では不足を感じてました。ザックジャパンって、ファミリーのようなチームだったのに、ザック家の隣の家のお兄ちゃんが入ってきて、なんか、ぎこちなくなった様に見えました。真田幸村は西軍にいたから歴史に名を残せたんじゃないかと思う時があるんです。それと大久保がかぶるんです。代表チームというのは、寄せ集めに終わるか、チームとして組織立つか、難しいですね。

日本代表は、1分2敗で未勝利。他のアジア勢のオーストラリア、韓国、イランも未勝利なんですよね。アジア枠が不安です。減らなければいいのですが・・・。

今日で、日本のW杯ブラジル大会は終わってしまったけど、次のW杯へは、ここからがスタートです。未来の日本代表をJリーグで応援していきましょうとりあえず、ザックジャパンの選手、スタッフの皆様、お疲れ様でした

コメント

明日は、コロンビア戦!!!

2014年06月24日 | サッカー全般

明日は、絶対勝利のコロンビア戦です。絶対に負けられない戦いじゃなくて、絶対に勝たなくてはならない戦いです。

絶好調のコロンビア、そして、完全アウェーと厳しい戦いになると思います。でも、ザックジャパンとしての集大成で戦って欲しいです。コロンビアは攻めてくるんでガチンコ勝負です。クイアバの奇跡を信じています!コロンビアをぶっ潰せ!

コメント

静岡市清水区 『麺や厨』 追加情報

2014年06月23日 | 静岡(中部)のラーメン屋

今、サッカー王国清水で最も話題になっている新しいラーメン屋さんの『麺や厨』

昨日、ブログにアップしたのですが、定休日が第4月曜日も追加されてあるそうですまだ開店したばかりなんで店舗情報は変更があるかもしれないので、注意してください

国一の大曲から桜橋方面に行くと、『麺や厨』の店舗は目立つだけど、駐車場は、どこ?って感じでしょ運転しながらじゃ、地図が見れないそこで、ちょっと紹介まず、先の交差点を、ちびまるこちゃんの実家方面に曲がります

ちょい先の左側に、「シミズ新聞店 入江店」の前に駐車場があります。ちなみに、シミズ新聞店が発行している《シミズ毎日》は、おいらが一番!リスペクトしているローカル情報誌です

手前から4台分と、ちょっと奥に、隠れた1台分の駐車場があります    合計5台。運転には注意して、おこしやす

駐車場と店の間に魚屋さんがあるんで、天日干した魚が買えますよ。ランチにラーメン食べて、夕飯は、さんまの開きというのもあり?美味しかったですよ入江の商店街に活気が戻ると良いですね

『麺や厨』の最新情報は、店のブログ『Japanese modern noodles 麺や厨(くりや)のブログ』で、ご確認ください

コメント

静岡市清水区 『麺や厨』

2014年06月22日 | 静岡(中部)のラーメン屋

静岡市清水区入江に、新しくラーメン屋さんがオープンしました名前は、『麺や厨』『厨』は【クリヤ】と読みます。難しい名前ですが、昔、横浜Fマリノスに御厨【ミクリヤ】という選手がいたんで、おいらは読めましたカターレ富山にも御厨という選手がいますよ

 

11時オープンという事で、11時20分ぐらいに行ったら、駐車場は運良く置けましたが、店内は満席でした『麺や厨』のオープン前に、静岡第一テレビの人気ローカル番組「〇ごとワイド」で、静岡のスーパー人気アイドル久保ちゃんが訪れて、プロモーションしてくれたおかげで、オープン前から知名度は抜群です次から次に、お客さんが来ていました

15分ほど待って、カウンター席に案内されました。

メニューは、こんな感じですまだ、オープンしたばかりなんでメニューは限定されていますが、基本は、「うっ鶏そば(うっとりそば)」「しっ鶏そば(しっとりそば)」の2種類のラーメンかな「うっけいそば」じゃなくて、「うっとりそば」ですよ洒落のきいたメニューですね

ランチセットメニュー、サイドメニューなどもあります。修行先の京都の有名ラーメン店は唐揚げも有名なんで唐揚げメニューが充実しています

おいらが食べたのは、一日限定10食濃厚マニア必食の「ねっ鶏そば」 800円を食べましたスープは、白濁とした鶏白湯スープで、濃度がありますよポタポタしています天下一品の「こってりラーメン」みたいです。でも「ねっ鶏そば」のほうが上品な濃厚さがあります。麺は、全粒粉入りで拘っているらしいんだけど、今回はスープの主張が強過ぎて、麺の個性は感じられませんでした

具は、メンマ、鶏チャーシューと豚チャーシュー、ネギ、タマネギ。豚のチャーシューがローストビーフみたいな味わいで肉の風味、旨味を感じれて、とても美味しかったですフランス料理の技法で作っているらしいですネギは九条ネギを使っていて、無料で増量できるようです「ねっ鶏そば」の濃厚なスープに、シャキシャキとしたタマネギがサッパリさせてくれます卓上には、ラーメン用の一般的な胡椒ではなく、洋食屋さんの様な黒胡椒がありました。黒胡椒と濃厚スープは、カルボナーラのように合いました。お好みでどうぞ

「くりやセット」 200円も付けました唐揚げは1個だけど、でかい外は、カリカリ、中は肉汁ジューシーで旨い!旨いんだけど、肉汁の熱さはハンパないやけどに注意してくださいこの唐揚げと、ビールがあれば最高ですねこれから、エスパルスの試合の後に行く店候補になりました

店は落ち着いた雰囲気だし、たくさんのお客さんで混んでいるので、時間に余裕を持っていくことをオススメしますよ

コメント (2)

はじめての浦和レッズの練習見学

2014年06月21日 | サッカー全般

静岡市清水区山切の『清水ナショナルトレーニングセンター (Jステップ)』に、J1の浦和レッズが、6月17日~6月29日の予定でキャンプをやっていますトレーニングマッチも予定されていますが、非公開のようです。残念・・・

現在、首位の浦和レッズ。どんな練習をやっているのか興味深いので、はじめての浦和レッズ練習見学に行ってきました

木曜日の午後の練習を見学してきました。Jステップは、デンソーの女子バスケが泊まっているので、20日までは?他の宿泊施設にいるようで、バスで移動してきましたグランド入口には、ちびっ子たちが集まっていて、ギャラリーの多さに驚きましたエスパルスより多いです・・・冷静に見ると、浦和は、やっぱりタレント豊富有名な選手が多いですよねそして、チームの雰囲気が、とても良い。なんか、夏休みの宿題を先にやった子供のようです。Jリーグ再開に向けて、自信に満ち溢れているようです。

練習の始まりに、代表者に挨拶をさせているようでした。笑い声がこぼれて、良い雰囲気で練習スタート。20分ほど、輪になってパス練習。その後、10分ほど3人で動きながらのパス回し。合間にストレッチを入れて、ウォーミングアップ完了でしょうか。その後、5対5のパス回し。メンバー構成を見ていて、ドイツに移籍した原口の代わりは、阪野になりそうな予感がします

それから、ミニゲーム。ミニゲーム中、ペトロヴィッチ監督から細かい指導が入ります。好守の切り替え、GKからの組み立てには、熱血指導。徹底していますそして、どちらかというと、控え組に対しての指導が多かったです。トップチームは、すでに仕上がっているのか、指導は少なかったです。確かに控え組みの底上げがあれば、チーム全体のレベルが上がります。内田さん任せのゴトビ監督とは違う印象です監督から直接指導してもらえれば、控え組みのモチベーションも上がるし、さすがだと思いましたトップチームは10分ごとに給水しているようだったけど、あれも何か関係があるのかな。単なる給水?

マルシオ・リシャルデスが途中で合流。別メニューでランニングしてました。リシャルデスは、新潟時代にJステップには何度か来ているので、ここは慣れっこですね新潟では、トレーニングマッチ中に、2階のレストランの窓際で試合をチェックしているのが印象的でした。

2時間ほどで練習終了。選手の会話からは、疲労感が出ていましたが、待っていたファンには、疲れを見せずに、ファンサービスしていました清商出身の平川にとっては地元なんで、和気藹々とした雰囲気でしたエスパルスジュニアユース出身の加藤順大、東海大翔洋出身の鈴木啓太、静岡学園出身の永田と、静岡と縁のある選手が意外と多い浦和レッズでした

コメント

ギリシャ戦はドロー・・・・・。

2014年06月20日 | サッカー全般

W杯ブラジル大会日本の第2戦は、運命のギリシャ戦でした。絶対に負けられない戦いだったんですが、負けなかったけど、勝てなかった。0-0のドロドロドローです・・・

まだ、予選突破の可能性は消えていないけど、重たい雰囲気・・・。ドローはドローでも無得点というところが重くさせている今まであったザックジャパンの連動した動き、パス回しが見れない。また、天気に恵まれずに、雨だったせいかなあと、裏を狙う動きが少な過ぎる。連携でショートパスを繋ぎながら、裏へ一発という形も見られない。終盤に吉田麻也を前線に上げて、パワープレーをやるなら、鳥栖の豊田やオランダでプレーするマイクを選出しとけば良かったのに

大迫は、コートジボワール戦よりも良かった。シュートへの積極性を感じられて、惜しいシーンもあった。先発起用された大久保は、動きにキレがあり、ミドルシュートも枠に飛んでいたし、決定的なシーンにも顔を出した。二人とも良かったけど、他の選手との連携面においては、他の選手に比べて熟成されていない印象が残る。大迫のポストプレーでは、微妙なズレを感じるし、大久保の決定機は、中央へ折り返していけば、万全なポジションに岡ちゃんがいた。ギリシャ戦での活躍は目立っていたけど、今のチームでは寄せ集め感が強い。

次のコロンビア戦はザックジャパンの最後の試合になるかもしれない。予選突破の可能性は消えていないとはいえ、他力本願に頼る部分が大きい。ザックジャパンの集大成して、ボランチは遠藤、長谷部。香川は先発起用。FWは迷うなら本田で、0トップでもありだと思う。ザックジャパンらしさを見たいです

手にしたものを失う怖さに 縛られるぐらいなら勲章などいらない

何が起こっても変じゃない。そんな時代さ 覚悟は出来てる 

よろこびに触れたくて 明日へ 僕を走らせる 【es】

前回王者のスペインが予選敗退する時代、何が起こっても変じゃない

コメント