清水エスパルスとラーメンと私。

大好きな地元クラブチーム『清水エスパルス』のお話、静岡県内の『ラーメン』情報、私の生態(笑)  地域密着系ブログ♪

いつも、ブログを見てくれて、ありがとうございます

為せば成る、為 さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり

ディープインパクトに脱帽、降参、白旗です・・。

2006年04月30日 | 競馬
ディープインパクトが強いのは、わかっている

でも、ディープに賭けても、馬券にならない
正直、あれだけの単勝人気を見ると、他の馬で、ローコストハイリターンで、遊ぶしかない
それか、2着3着のワイドを狙う
それか、ディープの馬単2着で、総流し?

結果は、無駄な足掻きだった

しかし、しかし
ディープインパクトの『飛んだ』姿を見て、次元の違いを見せつけられました
降参です・・

スタートで、飛び上がった時は、もしかして
と、思ったけど、残り3ハロンで、先頭に出たら、ロングスパートで突き抜けちゃったよ~~~~~

マヤノトップガンの持っていたレコードを1秒も更新するレコードは、凄過ぎる
でも、ちょっと、心配だよ・・・
早く、ラストスパートしたせいか、珍しくディープにムチが入った
結果、レコード勝ちだけど、走り過ぎなんじゃないかな
数日後、屈腱炎・・、なんて、なければいいけど・・

次は、海外挑戦
グリーンチャンネルなら、テレビで見れそうだな~
期待していますよディープ師匠
コメント (2)   トラックバック (1)

川崎F相手に、価値あるドロー・・・。

2006年04月30日 | 清水エスパルス
成長株のDF青山欠場の中で、超攻撃力のある川崎相手にドローで、勝ち点1は、評価できるんじゃないかな・・・

久しぶりの先発だった斉藤さんは、輝いたね
斉藤さんのいい所は、的確な守備もいいんだけど、なんてったって『点のとれるDF』
先制点の、豪快ヘッドのゴールは、さすがです

先制するものの、逆転され、反撃の為に、テルをバックラインに下げる健太監督の采配は、監督としての成長を感じさせてくれます
結果、終盤にジェジンのゴールで追いついた

引き分けという結果だけど、厳しいスケジュールの中で、上位チーム相手に勝ち点を奪えた事は、大きいと思う
川崎が得た勝ち点1と、清水が得た勝ち点1は、同じ勝ち点1だけど、清水のほうが価値ある勝ち点1だよ

でも、次節は、和道が出場停止
青山、和道と開幕からいたCBがいないセレッソ戦は、どうなるかな???
斉藤とコンビを組むのは、森岡?平岡?岩下?誰になるんだろう~
コメント (2)

街道てくてく旅、岩本輝雄選手♪発見!!

2006年04月27日 | サッカー全般
NHKの番組『街道てくてく旅』で、東海道五十三次を歩いて、旅をしている元日本代表の10番岩本輝雄選手
今日は、江尻宿の『魚町稲荷神社』で、中継があり、次の府中宿を目指して、出発した

昼頃、友人から「草薙の南幹線で、元ベルマーレの岩本君に会いました」というメールをもらい、急いで、自転車で家を出ました

蒲原、由比、興津、江尻と、探したのに、発見できず・・
他の宿場の区間に比べれば、静岡県内の宿場は、間隔が短いから簡単に発見ができると思ったのに・・・

友人の発見の一報より、草薙よりは、進んでいるはず
先に、府中へ、先回りをし、東海道を逆に進み、岩本選手を探してみた

すると

国一のコジマの辺りで、反対側の歩道を歩く岩本選手を発見
撮影のスタッフも一緒でした
すぐに、ヤマダ電機の交差点で、反対側へ行き、撮影の邪魔にならない形で、声をかけようと近づくと、なぜかスタッフだけが先へ行き、岩本選手だけになりました
ラッキーっ
携帯で写真を撮らせて欲しいとお願いし、快く、撮らせていただけました
撮影のスタッフの人が先に行ったのは、歩道橋の上から、歩いている姿を撮りたかったみたいです

周りに誰もいなかったので、ついつい岩本選手とお喋りしちゃいました
その内容は・・・、
昨日、清水に着いて、日本平で『清水エスパルスアルビレックス新潟』の試合があったんで、見に行く予定もあったらしいのですが、見に行けなかったらしいです・・
新潟のシルビーニョ選手を気にしていましたが、あの日の試合は、出てなかったんですよね
仙台時代のチームメートに会いたかったんでしょうね

そして、最近の清水エスパルスが好調という話題になり、
偉大なる左利きの岩本さんから『藤本はいい選手』とありがたい太鼓判の言葉をいただきました

でも、私は「岩本さんに比べたら、まだまだですよ」と言うと、
再度、藤本の動きなどを褒めてくれました

でも、「FKは、岩本さんのほうが上ですよ」と言うと、
ここは、得意満面な顔でFKは、譲れないらしく、自信がある事を言ってました

そして、本人の口から、『現役復帰』という話も聞けて、嬉しかったし、頑張ってほしいです

「府中まで何分?」と聞かれて、「30分ぐらいかな」と適当に言ってしまいましたが歩いてでは、30分は、無理っすね
一時間ぐらいかかったんじゃないかな~、ごめんなさい

でも、話をしたら、岩本選手のイメージが変わりました
もっと、気取った感じのクールな人かと思ったら、意外にも、気さくな良い人でした
無事に旅を終えるのを祈ってます
コメント (4)

浦和に勝って、新潟に負ける?

2006年04月26日 | 清水エスパルス
4月の後半なのに、まだ、ナイトゲームは、寒い・・
リーグ戦の前節は、無敗だった浦和に勝利し、意気揚々とホームに、新潟を迎えたナビスコカップ
新潟は、メンバーを入れ替えて、控え的構成?
清水は、ベストメンバーで、勝ちに来た
その意気込みは、前半早々の枝村の先制ゴールで、表れていた
その後も、浮き足だつ新潟を裏目に、清水は、何度もチャンスを演出する
しかし、そのチャンスで追加点を奪えない・・・
決める時に決めないと・・・こうなってしまう・・・
カウンター一発で、新潟の矢野に同点ゴールを決められてしまう
前半を同点で折り返すも・・・、
後半早々、今度は、新潟の中原に追加点を奪われ、逆転されてしまう
またも、カウンター一発・・
新潟は、清水の左サイドに綻びを見つけて、徹底して攻撃してくる
山西の動きが重く、精彩を欠いていたのを見抜かれた感じだった
すかさず、健太監督は、選手交代で、修正に出る
山西→平松、ジェジン→矢島と交代し、山西のポジションに兵働を下げて、新潟の攻撃をケアした
そして、平松は、市川と抜群のコンビネーションで、右サイドを支配し、チャンスを演出する
しかし、ヤル気が空回りしたのか?平松にミスもあった・・空振ったような・・。
兵働、藤本のコンビを意識しているのか?終盤は、新潟に2人のコンビネーションが読まれていた感じもあった?かな

脱臼から復帰した矢島君は、スピードのある力強いドリブル突破や、センターリングで、ニアに飛び込むセンスは、光った

健太采配のサプライズが、藤本→斉藤と交代し、斉藤をFWとして最前線に配した1点差で負けている中、パワープレーで打開に出た
最初は、斉藤は機能してなかったが、徐々に機能し始めてきたと思ったら、トラブル発生
交代枠をすべて使い切ったのに、青山が故障発生・・・痛いっ
そこで、斉藤がバックラインに入り、青山が前に出た
しかし、青山は、片足しか使えていない
怪我をしながらも、最後まで戦った気持ちは、買いたいが、正直、自分の気持ちとしては、フィールドから出て欲しかった
この一戦で、すべてが終わりではないし、怪我人は、戦場では、邪魔になってしまう
サッカーは、人数が減ったとしても、結果がすべて悪い方向にならない事もあるのに
青山君の怪我の具合が心配です

藤本君が精彩を欠いていた感もあった・・。
動きが悪く、判断が遅い・・プレーに迷いを感じられたが、まだまだルーキーなんだから、攻める時は、ガンガンやって欲しい
まだ体調が万全ではないのかな?

あと、審判・・・
後半、エスパルスのサポーター席の目の前で、マルキが引っ張られて、ペナルティーエリア内で倒されたのに、笛は吹かれなかった
審判の立ち位置が、邪魔になる事も多々あり、今回は、審判に足をすくわれた感じもあった

良かった事は、変な話だけど、今日の試合は、ナビスコカップであって、リーグ戦じゃなかった事かな
次節のリーグの試合は、兜の緒を締めなおして、挑んでいただきたいです
コメント (6)

街道てくてく旅

2006年04月26日 | ひとりごと
今、NHKでやっている『街道てくてく旅』
東海道五十三次を、元日本代表のレフティー岩本輝雄が、日本橋から京都まで、歩いています
現在、岩本は、静岡県内におり、今日の放送は、興津宿で「清見寺」からになります
そして、明日は、江尻宿なり、「魚町稲荷神社」からの放送です
生中継をやってから、次の場所まで、歩くので、今日は、東海道周辺では、岩本君を見れるかもしれません
ちなみに、過去の放送で、この旅が終わってから、右足を手術して、現役復帰を目指すと言っていました
この旅の中でも、たまに気分転換で、サッカーをやるんですが、まだまだ、やれる感じです
頑張ってほしいです
街道てくてく旅
コメント (6)

Zガンダム 星を継ぐ者

2006年04月24日 | 映画
Zガンダムは、一応、ストーリーは、知っていたので、映画になっても、あまり魅力を感じなかったんですが、微妙にストーリーが変わっていますね
テレビ版よりも、最初から、クワトロ大尉=シャアが、鮮明な感じがします
ただ、カミーユの両親が、目の前で殺されて、ショックを受けている時に、カミーユに例え話として、シャアの話をするシーンは、この映画では、エマ中尉になっていた
でも、あそこは、クワトロ大尉が話したテレビ版のほうが、ドキドキする期待感があった

あと、ダイジェストという事もあり、ホワイトベースのクルーの存在が大きい
カイとハヤトが直接接触して、シャアの話をするシーンは、いい
テレビ版では、確か、カイは手紙だけを残して、博物館でハヤトが内容を見ていたような・・

あと、アムロが映画版は、大人すぎる・・。
ガンダムマークⅡを見て、「マークⅡ・・」と呟くよりも、自分以外の人間がガンダムを操縦している事に、ふてくさる感じが、当時のアムロだと思う・・
そして、百式に乗るシャアとの久しぶりの対面で、おもいっきり「シャア!!」と呼んじゃってるよ
おもいっきり、カミーユに聞こえちゃってるし
あそこは、テレビ版のほうが、絶対にいいと思う

でも、微妙な違いで、ダイジェスト版にしては、楽しめました

今の新しいテレビのガンダムのブームに乗っかる感じで、Zガンダムの映画が公開された感じだけど、劇場に、子供と父親が見に行ったら、興奮して出てくるのは、父親じゃないかな~と思いました
コメント

静岡市 『清見本店』

2006年04月24日 | 静岡(中部)のラーメン屋
静岡市を代表するラーメン屋さんです
と、言いたいのですが、本当はお蕎麦屋さんです

静岡の駅南にあり、南口から歩き、ステーションホテルのほうへ右に行き、遠目に『清見』を見ると、暖簾が出ている
と、安心して歩いていくと、休憩中の時があります・・
駅前だから通しでやっているって事はないようです・・

ラーメンは、450円
前は、400円でした
清見のラーメンは、中華そばと言う方が合います
和風のダシがいい感じで、飽きのこない味です
アッサリしているけど、コクがある
麺は、細麺で、具にナルト、チャーシュー、メンマと昔ながらの中華そばです
ずっと、変わらない味で営業を続けて欲しい名店です
コメント (2)

静岡市 『北一条』

2006年04月23日 | 静岡(中部)のラーメン屋
静岡駅の駅ビル?パルシェの6階にある『北一条』に行ってきました
久しぶりに、パルシェへ行きましたよ
昔、ジャンジャンサタデーを見に行き、階段の上で見学していると、下のステージにいた芸能人が、階段を上がってきます
そして、目の前に
もう、ドキドキです
すると、その芸能人は、
「どちらから来たんですか?」と話しかけられ、
焦った僕は、
「しっ清水です」と答えたら、
続けて、
「遠いんですか?」と聞かれて、
僕は、
「近いです、静岡で草薙で清水です」
と答えた記憶があります・・・
そのとてつもなく綺麗な女性芸能人は、
藤谷美紀さんです
国民的美少女を、生で見て、会話もすると、僕のハートは、あっという間に、奪われました
今は、その階段もエスカレーターになっていて、驚きました
『北一条』は、北海道ラーメンが売りで、一応、メインが味噌ラーメンのようです
でも、私は、食券機に「旭川醤油ラーメン」を見つけたので、「旭川醤油ラーメン」を食べました
しかし・・・
従業員が足りないのか?
従業員が新人なのか?
急に混みだしたのか?
なかなか、ラーメンが出てきません・・・
私より先のお客さんもみんな待ちくたびれています
そして、なぜか、私のラーメンが先客よりも先に出てきたのです
味噌ラーメンよりも、醤油ラーメンのほうが簡単なのかもしれないけど、周りの視線が痛い
でも、その後、すぐに他のお客さんのラーメンも運ばれてきたけど・・・
『旭川醤油ラーメン』は、豚骨醤油で、まろやかな醤油味でした
もう少し、コクがほしいかな・・
でも、この味なら、駅麺通りの店のほうがいいかも
まあ、ここは、きっと、味噌やね
コメント

フローラステークス

2006年04月23日 | 競馬
牝馬三冠のオークスへの道フローラステークス
レベルが上と下がありすぎるような気がするけど・・
牝馬だから、何があるか、わからないと期待して

◎テイエムプリキュア
○マイネサンサン
△アクロスザヘイブン
▲ホウショウルビー
本命のテイエムプリキュアは、格が違いすぎる
対抗のマイネサンサンは、ミモザで勝ったのを評価します
昔、私の愛馬シルキーブーケがミモザに出走した時は、牝馬クラシックの夢を描いたけど・・9着。次走でレース中に心不全を起こして、天国に行っちゃった・・
アクロスヘイブン、ホウショウルビーは、調教を評価しました

でも、ステップレースなんで、ここは、100円で、遊びます
コメント (1)

MJ砲が、レッズの牙城を崩す!!v(^o^)v

2006年04月22日 | 清水エスパルス
エコパで、迎えたレッズ戦
今年の最初の戦い『天皇杯決勝』の悔しさは、忘れません
ここで、浦和を止めねば、独走に拍車をかけてしまう大事な一戦
青山、市川が復帰し、浦和の8番対策も万全
ベンチには、矢島も戻ってきた
前節の鹿島戦で、悔しい負け方をしたので、清水のモチベーションは高かった感じがした
レッズは、長谷部、8番を起点に攻撃を組み立てる
ワシントンの存在も大きい・・
しかし、清水も、集中した守備で防ぐ
そして、
FKをもらい、早いリスタートから、浦和の隙を狙い、マルキのゴールで先制
猛攻に出るレッズをあざ笑うかのように、今度は、兵働のクロスから、ジェジンのゴールが生まれた
前半に2点のリードしかも、MJ砲が炸裂した
その後、不快なジャッジでPKを与えてしまう
あれで、山西のファールをとったら、守備で体に触れないよ
ワシントンの演技と誤審の為に、1失点・・・

後半は、浦和が猛攻に出たので、ず~と守りっぱなし
胃が痛くなる・・
耐える・・
耐えて耐えて、カウンターして、耐えて、耐える・・・
杉山、斉藤、和田と守備的な選手を投入して、必死に守る・・
田中マルクスが前目にでてきたら、斉藤がマークに付き
岡野が出てくれば、和田でスピードに対応した
今回は、健太監督の貪欲に勝つ為の采配が良かった
それと、浦和は、決定機を外すし、最後は自滅した感じだった

今日の試合は、藤本が病み上がりのせいか、精彩を欠いた感じだったが、それを補うかのように、兵働が攻守に頑張った
点を入れたMJ砲も見事だったが、兵働の攻守での活躍は、大きかったです
今日は、祝杯だ~勝利の美酒を~
コメント (11)   トラックバック (1)