清水エスパルスとラーメンと私。

大好きな地元クラブチーム『清水エスパルス』のお話、静岡県内の『ラーメン』情報、私の生態(笑)  地域密着系ブログ♪

いつも、ブログを見てくれて、ありがとうございます

為せば成る、為 さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり

2014年 練習試合 ハイドロ・ニュークリアパワーFC戦

2014年01月31日 | 清水エスパルス

今日は、三保グランドで、韓国ナショナルリーグのハイドロ・ニュークリアパワーFCと練習試合をやるので、見に行ってきました平日なんで、ギャラリーは少ないと思いきや、今日もギャラリーは多かったです。おいらは、高校の同級生に偶然会って、ビックリです

韓国ナショナルリーグって、なんだろう?Kリーグとは違うのかな?と調べると、Kリーグと違って、セミプロサッカーリーグのNリーグなんだそうです。日本でいうと、J3、JFLという辺りなのかな日本のトップリーグのチームからすると格下になりますね

エスパルスのユニは白。大田韓国水力原子力のユニホームは、白地に蛍光イエローなんて、珍しいユニホームだなぁと思ったら、ビブスでしたユニホームは??しかも、両チーム白地で、わかりにくい

前半は、GK相澤、DF吉田、ヤコヴィッチ、キャラ、河井、MF本拓、村松、大前、ヨシ、トシ、FW長沢。

東京V戦で浩太が負傷交代したので、今日のCBは、ヤコヴィッチとキャラです。試合後の挨拶で浩太が普通に歩いていたので、試合には出なかったですが、大丈夫そうです

格下韓国チーム相手に、やってくれると思ったら、やられちゃいました・・・先制点は、大田韓国水力原子力でした序盤は、相手に激しい当たりもあったけど、ミスが多かったです。ヤコヴィッチとキャラの守備連携も悪かったです

先制はされたけど、エスパルスのペース。相手の左サイドを崩して、長沢が足で同点ゴール!さらに、頭で逆転ゴール!やってくれましたよ!東京V戦で好印象だった長沢が2ゴールと活躍。特に、2点目の高いクロスボールに合わせたのは、良かったです

そして、前半終了前に、なんとヨシに代わって、ノヴァコヴィッチが出場スポーツ報知には出場しないと書いてあったけど、ノヴァコヴィッチが清水エスパルスでの実戦デビューですよトップに、ノヴァコヴィッチ。トップ下に長沢。右に大前。左に、トシと超攻撃的な布陣です大前と、トシが低いせいか?ノヴァコヴィッチと長沢がすげー!巨人に見える清水エスパルスの進撃の巨人です迫力がありますよ~

味方として、ノヴァコヴィッチを初めて見ましたが、献身的にチームのために動きますね特に、落とす球は正確です。シュートは強烈なんですが、基本に忠実過ぎて、シュートのタイミングが相手GKに読まれてしまいそうです。大宮時代も思ったんですが、前線に張り付くタイプではないですね中盤に下がってきて、ボールをもらいます。サイドに長身のノヴァコヴィッチがボールをキープしても怖くないんですが、そんな時は、長沢が中に入れるんでこの起用は有りかもです。ノヴァコヴィッチの動きは高原に似ているんだけど、大丈夫なのかな

後半は、GK櫛引、DF吉田、ヤコヴィッチ、キャラ、MF竹内、村松、村田、大前、FW長沢、ノヴァコヴィッチ。

スピードスター村田が出てきましたが、対峙した19番の左SBが曲者で、村田は仕事が出来ませんでした大田韓国水力原子力の選手で一番、好印象だったのは、19番でした。

途中から六平がボランチで出たんだけど、大胆なパスを出すんだけど、カットされるシーンが多かったです。もう一人のボランチ竹内は、低い弾道のミドルシュートを決めて、試合を決めました

後半、吉田がキャラに守備ラインの事で、ブチ切れるキャラも言い返したけど、口喧嘩的には吉田の軍配萎縮したキャラは、あまり、見たくないですねその後、吉田はベンチに下げられて、ゴトビに、なんか言われている。さらに、その後、キャラもベンチに下がるが、ここは、お咎めなし??なんか、不公平感があるわだかまりだけ残すのかと心配になったけど、試合後、吉田、キャラに、ゴトビ監督が話していたから、一安心その後、吉田がキャラの尻を触ったんで、一安心

3-1で、清水エスパルスが勝った事よりも、この試合は、怪我人が出なくて良かったですとにかく、韓国のチームと試合をすると一方的に荒れる後半途中から、怪我したくないから、接触プレーでは、とにかく相手のボールにならないような動きをしているようでした。マイボールにするよりも怪我しない事が優先です昨シーズンも鹿児島キャンプで韓国の城南一和と練習試合をやり、ラフプレーが原因で練習試合が中止になりました。今年は、FCソウルと練習試合が予定されています。今日の内容も踏まえて、試合が荒れないように、前日に両チームの選手、スタッフで食事会でもやって、交流を深めてから、試合をすれば良いんじゃないでしょうか無駄な争いは避けたいです。

今日も富士山が綺麗に見えました雨が降った翌日の富士山は、最高です

コメント

『モテキ』 再放送中

2014年01月30日 | ひとりごと

今、SBSで、23時58分から、TVドラマの『モテキ』が再放送されてますよ

このドラマは、エロくて面白いんだけどドラマの中で使われている曲が90年代の曲だったりして、新しくも懐かしい選曲が素晴らしいんですよ30代、40代の男性には、オススメのドラマですよ

コメント

2014年 (初) 練習試合  東京V戦

2014年01月29日 | 清水エスパルス

今日は、三保グランドで、清水エスパルスと東京Vが練習試合をやるので見に行ってきました東京Vとの練習試合って、珍しいですよね

平日の練習試合でしたが、ギャラリーは多かったです2014年、初の練習試合ですし、対戦相手の東京Vには、高木三兄弟の三男もいるので三兄弟勢揃いが三保で見れるのは貴重だし、元エスパルスの高原もいるし、監督は、初代エスパルス主将のヤスさんだし、とても、興味深い

45分を2本、30分を1本やり、結果は、0-2で、清水エスパルスの負けです東京Vの勝利・・・

J2のチームに負けてしまうと悲観してしまいそうだけど、内容は、そんなに悲観しなくてもいいですよ1本目は、エスパルスがボールを支配していたし、ボールも効果的に繋がり、シュートチャンスを作れていました

特に良かったのが松本山雅から帰還した長沢駿!体の大きさを利用して、前線でボールをキープ出来ていたし、空中戦でも強さを見せました。一瞬、ノヴァコヴィッチが出場していると思いましたよもともと長沢は、大きな選手だったんですが、その恵まれた体を上手に使いきれてなかったんですが、体の入れ方など、粘り強くなりました。J2武者修行の成果を感じます。積極的に空中戦を競る姿は伊藤翔には少なかったので、いいですよそして、競り勝つしね今回、ゴールは奪えなかったけど、この感じでいけば、近いうちにゴールは決められるでしょうただ、東京VのDF陣は、そんなに大きくなかったのでリーチ差で優位に立っていたのもあります

みんなが注目していた高木善朗は、トップ下で、まずまずの動き。チャンスを作っていたけど、まだ、連携部分では課題が残りました。気持ちが先行しているようでした。彼が演出するのは、ラストパスになると思うので、精度を高めれば、それだけゴール数にも繋がります。焦らずに頑張って欲しいです

新外国人のヤコヴィッチは、CBとして先発出場。前半の最終ラインは、右から、河井、ヤコヴィッチ、浩太、キャラ・・・んっ河井?浩太??懸案だったDFをヤコヴィッチ加入で補ったはずなのに、浩太がCB?村松、本拓とボランチがいると出場機会を考えるとCB浩太は、ありかもしれないけど・・・。平岡の復帰が、まだだから、その穴を浩太で埋められるという練習なんだろうね?そして、河井は、やっぱり、SB・・・。背番号が変わっても、起用されるポジションは変わりませんヤコヴィッチは無難な動き。日本のスピードには対応していました。そんなに攻め込まれなかったので、見せ場がなかったです。

開始早々に、アクシデント発生浩太が負傷交代・・・東京Vは荒い?熱い?三保で怪我するのは勘弁して欲しいそして、交代で吉田が入りました。最終ラインは、右から吉田、ヤコヴィッチ、 キャラ、河井・・・。河井は、ポジションが変わっても、SBSBとしての評価は絶大なんですね。キャラは、CBが合いますよSBでは、あの強靭な肉体は、もったいない。グラディエイターは、舞台の袖よりも、闘技場の真ん中が良く似合う東京Vの金髪とのバトルは、見応えありましたよ

そして、驚いたのが先発GKが相澤だった事第3、第4GKだと思ってましたが第1正GKです。そして、無難すぎるぐらいの働きでした良い形で驚かされました。今年のエスパルスのGKに求められるのは、語学力だと思います。エスパルスの最終ラインは、多国籍軍になりかねない。右から、日本の吉田、カナダのヤコヴィッチ、オランダのヨンアピン、韓国のキジェみんなに日本語を覚えろ!と言いたいけど、きっと、守備陣の公用語は英語かな?もしかして、相澤は、英語が喋れる?でも、キャラが日本語を、たくさん覚えてくれて、キャラが日本語で発破をかけるのが、とても頼もしい

二本目の途中で、トップチームからサテライトチームに交代。ここから、2失点して、0-2という結果になりましたでも、東京Vの2点目のアシストは、高原でしたカウンター攻撃で、巧みに相棒とクロスして、ゴール前でボールをもらい、シュートかと思ったら、さらにアシスト?やられました

東京Vはカウンター攻撃で良くも悪くもシュートで終わります。エスパルスの攻撃は、サイド一辺倒でボールを回すんだけど、サテライトになると、ゴール前に大きなターゲットがないので、サイドから、次の展開がなくて、ちぐはぐ・・・。昨年も見た悪い時のエスパルスです。こういう時は、村田の突破だけが救いになるでも、スピードがある選手は、ドリブル突破よりも、パスでスペースを使っていかして欲しい

石毛が前線でボールを奪って、GKと一対一!絶好の大チャンスに、外した・・・無情にもボールは、枠の外へ・・・。きっと、まだ時差ボケがあるんだろうねオマーンは、暖かかったし、日本は寒い徐々に、攻撃的な選手として使われれば、日本で、コンディションは上がってくるはず

ルーキーの金子にも期待していたんだけど、今日は、萎縮したのか?いつもよりも小さく見えましたあまりエスパルスに染まらずに、我を出して欲しい。

樋口の前線からのプレスは、効いていました。いつも、春キャンプで結果を残すのに、外に出されちゃうけど、うずまきナルトみたいな存在なんで、今年こそは、期待してるってばよ

久しぶりにプレーを見た亜人夢は、左SBでした。昔、田坂さんがいる時に、SBで使われていたけど、それ以来かな。SBとしては、まだまだ。でも、去年、大きな怪我があったんで、今は怪我せずにプレーする事も大事。リハビリの延長戦だと思って、焦らずに頑張って欲しいです。

サテライトのCBは、弦太と息吹。息吹は、起用にプレーしていたけど、やっぱり、CBは、もう一人必要な気がします。廣井が復帰すれば、大丈夫なのかなぁ。心配です。

ノヴァコヴィッチ、平岡、キジェが加われば、もっと、面白いエスパルスのサッカーが見れるはずです。Jリーグ開幕が楽しみです

今日は、日本一の富士山が綺麗に見えました

コメント

J2 松本山雅キャンプ in Jステップ

2014年01月28日 | サッカー全般

今日から、静岡市清水区山切の『清水ナショナルトレーニングセンター (Jステップ)』で、J2の松本山雅がキャンプインしました

キャンプ期間は、1月28日~2月6日の10日間です

松本山雅のスケジュールを見ると1月31日に藤枝MYFC、2月4日には、ホンダFCとの練習試合が予定されています

藤枝MYFCとの練習試合は興味深いです!元北京五輪監督の反町康治さんと、キャプテン翼のモデルになった水島武蔵さんの対決

清水エスパルスから期限付き移籍している犬飼と、元清水エスパルスの市川の対決は、同じ25番を背負った同士です

チームのカテゴリーは違うけど、なんか、面白そうな練習試合ですよ

コメント

ノヴァコヴィッチ 清水エスパルス初練習。

2014年01月27日 | 清水エスパルス

昨日、静岡へやってきたノヴァコヴィッチが、初めて清水エスパルスに参加するので三保グランドへ行ってきました

午後練習のスタートには間に合わなかったけど、シュート練習から見学しました。ノヴァコヴィッチは、大きいので、すぐに、わかりました。なんか遠目だと、ラドンチッチにも似ている感じです型にはまった強烈なシュートをしていましたが、GKに防がれていましたノヴァコヴィッチは、平岡と一緒に早めに練習をあがってしまいましたまだ、長旅の疲れもあるだろうし、これからコンディションを上げていくんでしょうね

元紀が好調でしたシュートセンスは素晴らしいですねヘディングシュートに入るタイミングなどバッチリでした。今季は、最初からいるし、この調子なら得点王争いにも絡んでくれそうです

高木善朗は、独特な間合いがあって、面白そうです。シュート後に起き上がるのが遅く、左足を痛めたかなと思ったけど、その後、普通にプレーしていたので勘違いでした

本拓のレーザービームは、今季も健在のようです。本拓の精度の高いロングパスは、エスパルスのサッカーを面白くしてくれます

岡根、瀬沼がいなくなったので、長沢のでかさは、目立ちます。遠目に、伊藤翔が、でかくなって見えるんだけど、長沢のほうが迫力を感じます。左サイドからのクロスを頭で合わせたのは、良かったです

今日は、連休明けのせいか、軽めの練習で終わった感じでした鳥栖が、みっちり練習しているので、少し心配だけど、エスパルスも鹿児島キャンプから練習量が増えるのかな

練習後、ノヴァコヴィッチの写真を撮りたかったけど、今回は、早上がりだったので、会えませんでした次回こそ、清水エスパルスのノヴァコヴィッチの写真を撮りたいです

コメント

2014年 オレンジウェーブ始動!

2014年01月26日 | 清水エスパルス

今日は、【清水駅前 もつカレー王決定戦】に行ってきましたもつカレー発祥の『金の字 本店』前のコインパーキングが会場です。もつカレーの聖地だそうです

清水駅前の居酒屋さんが、オリジナルもつカレーを販売していました「もつカレーラーメン」という興味深い商品を発見したんですが、すでに売り切れでした・・・って、おいらが会場に来た時点で、全店売り切れ早い時間に、たくさん、お客さんが来たのかな??

清水もつカレーの萌えキャラだそうです。もつカレーが食べれなかったので、これぐらいしか収穫がありません・・・

そして、本日の主役が登場2014年!初のオレンジウェーブです新メンバーとかある時期だけど、いつもと変わらない顔ぶれです

3曲目ぐらいかな?なんか、体をクネクネさせるダンスが、すげー!セクシーでしたあれは、前の席で見たかった

イベントの司会は、静岡のスーパーアイドル久保ひとみさんでした10年若ければ、私も・・・みたいな話をしていたけど、確か、久保ちゃんも、オリックスブルーウェーブで似たような仕事をしていた記憶がありますよ

【清水駅前 もつカレー王決定戦】は、『侍ホルモン』が初代王者に選ばれましたおめでとうございます

コメント

カターレ富山 対 東京大学運動会ア式蹴球部

2014年01月24日 | サッカー全般

今日は、静岡市清水区山切にある『清水ナショナルトレーニングセンター』で、J2のカターレ富山が東京大学と練習試合をやるというので見に行ってきました

東大のサッカー部って、黄色いユニホームなんですね初めて見たかもしれません。カターレ富山の青いユニホームの中にオレンジのスパイクは、目立ちますオレンジのスパイクは、白崎ですよ今日の白崎は、ループで、1得点最前線から中盤まで動き回って、富山の攻撃を組み立てます。トリッキーなパスを出すなどチャレンジしましたが、決めたいとこでパスは通らなかったかな?苔口とのコンビネーションが良くなれば、ゴールもアシストも量産できそうです。

内田には、白崎も積極的に声を出して指示していました。今日は、内田はCKは蹴らなかったです後半には、ピンポイントで大きなサイドチェンジのパスを出すなど、好プレーがありましたまだ、ロングスローは隠している様で、強烈なFKも、ありません。徐々に、出てくるのかな?頑張って欲しいです

産業能率大との練習試合では、守備が脆かったですが、今日は、11-0でカターレ富山の勝利。無失点です京都で活躍したベテランGK水谷の存在が頼もしいです。大きな声で指示して、他の選手に自信を与えている

カターレ富山は、全体的に、ボールを呼び込む声が、大きくて、いいですよ。よく声も出ているし、チームとしてまとまっていく成長段階です。カターレ富山の静岡キャンプは、明日まで。エスパルスは、明日の練習は休みなんで、白崎と内田を見に行くのも良いですよ

コメント (2)

空間除菌剤 「ウイルオフバリア」

2014年01月23日 | ひとりごと

最近は、ニュースでノロウイルスやらインフルエンザだとか騒ぎになってますね

去年は、久しぶりにインフルエンザになってしまい、周りに迷惑をかけたので、今年は、防御策を考えました

それが、空間除菌剤 「ウイルオフバリア」 798円です空間除菌って、いまいち、効果がわからないけど、とりあえず、お試しです

手洗い、うがいもして、空間除菌すれば、今年は大丈夫かな

コメント

2014 ホーム開幕戦は、横浜FM戦!

2014年01月22日 | 清水エスパルス

清水エスパルスの開幕戦は、アウェーでの名古屋グランパス戦

そして、清水エスパルスのホーム聖地・IAIスタジアム日本平での開幕戦は、横浜Fマリノス戦と、なりました。昨シーズンと同じですね

今年のホームでの最初のゴールは、誰になるんだろうね?まさか、2年連続中村俊輔?いや、これは、阻止したい

おいらの予想は、高木俊幸です信じる事さ、必ず、最後に愛は勝つ~

コメント

U-22選手権 手倉森ジャパン準々決勝敗退・・・。

2014年01月21日 | サッカー全般

手倉森ジャパンは、準々決勝でイラクと対戦し、0-1で負けてしまいました・・・

イラクは、強かったそして、手倉森ジャパンは、チームとして機能していない感じでしたイラクの素早いプレスに苦労するし、イージーなミスも多い。前線の鈴木武蔵にボールが収まらないんで、常に攻守が中途半端でしたC大阪の南野とか見てみたいなぁ

準々決勝のイラク戦は、櫛引先発、石毛ベンチついに石毛が先発を外されました確かに浦和の矢島は動きが良い矢島が交代の時は、石毛かな?と思ったら札幌の荒野でした後半22分過ぎから東京Vの中島が疲れてる感じだったので石毛に声が掛からないかなと期待したけど、結局、石毛は出場しなかったです最後の交代出場は広島の浅野でした・・・。その世代で、アジアで一番だった選手としては、寂しい大会です。

途中出場の福岡の金森は、ドリブル突破でチャンスを作ったし、石毛にとっては厳しいです金森は、中島同様に、J1のチームからオファーがあるんじゃないかなぁなかなかの切れ味あるドリブルでしたよ

櫛引は、ハイボールをハンブルする大きなミスがあり、安定感に欠けました。不安定なのはGKに限らず、守備陣全体なんだけど、もう少し、頑張らないとね

手倉森ジャパンの初陣は、準々決勝敗退。でも、まだ、チームは始動したばかりなんで、本領発揮は、これからなんでしょうチームとしての結果が出なかった事で、石毛にも、まだまだチャンスがありますよ。今年は、SBではなく、本職の攻撃的なポジションで輝きを取り戻せる事を祈っています

コメント