清水エスパルスとラーメンと私。

大好きな地元クラブチーム『清水エスパルス』のお話、静岡県内の『ラーメン』情報、私の生態(笑)  地域密着系ブログ♪

いつも、ブログを見てくれて、ありがとうございます

為せば成る、為 さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり

明日の運勢と、ラッキーイレブン。

2012年11月28日 | 清水エスパルス

昨日、静岡新聞の夕刊を読んでいると、【明日の運勢】に、

8月 『経済面が好調。臨時収入で懐が潤うことも』と、書いてありました

臨時収入??

 

明日は、仕事も休みだし、何の用事もないんで、この占いは、絶対に、ハズレると、思ってました

 

そしたらメールが

 

ラッキーイレブン当選のお知らせ

 

エスパルス賞 スタジアム食事券(1000円分)が当選しました

 

すげー占いが当たった食事券が当たった事より、明日の運勢が当たったのに、ビックリしました

 

でもこのメールは、前にも、受け取った事があるんだけど・・・

今回の当選メールは、全員に送られてないですよね?誤報じゃないですよね?

最終節の大宮戦は、スタジアムグルメを満喫できます楽しみです・・・って、まだ、チケットを手に入れてないよ~

コメント (2)

静岡市 『金とき 池田店』

2012年11月27日 | ラーメン以外のお店

初めて、『金とき』に、行ってきました

【エリミな気分】などで、人気があるお店だとは知ってたんだけど、駐車場に、車を入れにくい感じだし、いつも混んでるからと、なかなか、行かず・・・そしたら、珍しく、父から食事を誘われたら、『金とき 池田店』でした

しかも、駐車場は、店の入口前だけでなく、裏にもあるんですねここなら、車を入れやすいです

到着したのは、13時前だったけど、店内は、満席。少し待ったけど、回転は、早く、すぐに、案内されました。

こちらが、ランチメニューです。通常価格より、150円ぐらい安くなってます

『金とき』って、行きたかったお店なのに、何が人気だったか?忘れているこういう時は、店名が入っているメニューにする

こちらが、「金ときカツライス」 800円です。ご飯の上に、何か、乗っているけど、これは、父が注文した「生姜焼きライス」の肉です

カツライスは、「金ときカツライス」と、「大口カツライス」があったんだけど、違いは、「金とき」は、厚みのあるカツで、「大口」は、薄いのが2枚らしいですブログの絵的には、「大口」のほうが、良かったかな

卓上の容器が3つあるので、ソースを探す。蓋を開けて、匂いを、くんくんあれっ3つとも、ソースでしたタイプの違うソースが、3種類

「金ときカツライス」のとんかつは、薄い衣で、豚肉も柔らかで、美味しかったです評判通りステーキが評判の店みたいだけど、とんかつも、生姜焼きも、旨いっ肉系の旨い定食屋さんです

カツ2枚の「大口カツ」が良かったと思ったけど、「金ときカツ」も、充分!ボリュームありますよ肉から落ちた衣のカスを、ソースで浸して、ご飯の上に乗っけて食べるのも、まいうーでした

食事をしたら、コーヒーが100円になるので、アイスコーヒーを頼みましたとりあえず的なアイスコーヒーかな?と、思ったら、美味しいじゃんしっかりとした、アイスコーヒーでしたしかも、驚いたのは、通常価格が、200円安い!

なんか、最近は、ラーメンも良いんだけどお得で、美味しい定食も、好きになってます

コメント

まさかの高校選手権・・・。

2012年11月25日 | サッカー全般

今日は、三保で、エスパルスOBゼニトOBの試合を見たけど、今日は、高校サッカー選手権の静岡代表を決める決勝戦もありました常葉橘藤枝明誠橘は、母校なので、ゼニト戦の後の昼飯の時も、テレビで見てました

試合は、白熱した展開で、0-0のまま、PK戦へ車を止めて、PK戦を見守ります

藤枝明誠の最初のキッカーが外す

橘、行けんじゃない?と思ったら、橘の最初のキッカーも外す

でも、次の藤枝明誠のシュートを橘のGKが止める

ドキドキハラハラの展開で、両チーム最後のキッカーで、テロップが出る

藤枝明誠の最後のキッカーは、ゴールを決めて、橘の最後のキッカーが決めれば、優勝!というところで、放送終了・・・静岡第一テレビよ・・・、そこで切るのは、ありえないよ・・・

そして、始まったのは、くだらないバラエティ番組中山秀が、なぜか、むかつく

あんな、バラエティ番組やるぐらいなら、最後の優勝の瞬間まで放送してこそ、サッカー王国静岡だと思います。残念・・・。

でも、橘が優勝した事は、良かったです夏は、甲子園!冬は、高校選手権!野球とサッカーで、ダブルで、全国の切符を掴んだけど、初戦敗退は、しないように、祈ってます静岡県代表では珍しい、守りのチームがどこまで行くのか、興味深いです

コメント (4)

清水エスパルスOB 対 ゼニト・サンクトペテルブルクOB

2012年11月25日 | 清水エスパルス

今日は、三保グランドで、ロシアプレミアリーグの強豪ゼニト・サンクトペテルブルクのOB会と、清水エスパルスOB、スタッフ混合チームの30分ハーフの試合がありました

2002年の日韓W杯で、ロシア代表チームが、清水ナショナルトレーニングセンターで、ベースキャンプを行ったことから、ロシアとのパイプが出来て、この親善試合が実現できたようです

客席には、素敵なロシアの女性陣がいましたついつい、近くに、座っちゃいました香水の甘い香りが、漂ってます寒いロシアからの来客なんで、日本の寒さは、へっちゃら?と、思ってたら、通訳さんから、ホッカイロを差し入れられてました貼るタイプのホッカイロだったんだけど、説明が足らず、手に、ホッカイロを貼っちゃうんで、おいらが、ゼスチャーで、教えてあげました

でも、奥様達は、旦那さんが、サッカーをやっている間、ず~と、ロシア語で、お喋りしてました。ガールズトークは、日本の女性も、ロシアの女性も、同じですね

エスパルスは、ゴトビ監督が、8番。エダの背番号を背負うとは・・・ゴトビは、どんなプレーするかと思ったら、意外と、動きは良く、1ゴール決めました奥さんが、若いし、まだまだ、老いてないようです

この試合のMVPは、興津大三あの名門清商のエースストライカーだった興津の現在の勇姿は、まん丸ふくよかです。なんか、フランキー一家に、こんなキャラがいたような・・・でも、それでも、足元の技術、一瞬の切れ味は、鋭くなんと、ハットトリックの活躍でした

ベレーザも、ふっくらしてて、ファンタジスタとしては、輝けなかったけど、プレー以外に、ジェスチャーで、盛り上げる昔、山崎パンで、ホームシックになっているベレーザを見た事があったけど、今は、明るいね

そして、今回、おいらの足を三保に向かわせたのは、鶴見智美!久しぶりに見たけど、現役時代と、変わらない姿でした右SBだったけど、アンカーで、プレーしてほしかったです

大榎、平岡、羽田は、ユースのコーチ業もあるんで、動けます。年老いても、プレースタイルって、あまり、変わらないと思いました。

杉本雅央の姿を見て、懐かしさを感じると共に、寂しさも感じてしまう。本来なら、同世代の真田さんがいても、不思議じゃないんですよね二人が一緒にプレーする姿を、見たかった。

遅れて、清水エスパルス初代10番澤登正朗登場久しぶりに、のぼりのプレーを見たけど、まだまだ、動ける。テレビに出ていると、容姿を気にするんで、運動をしているのかな?

5-0で、清水エスパルスOBが、ゼニトOBに勝ったけど、もう少し、ゼニトにも、ゴールの演出をしてよ~ゼニトOBは、いかにも!というロシアのおじさん体系が多く、バックラインは、上がらないでも、23番は、巧かったです。対して、エスパルスOBは、斉藤俊秀がいるんだよ年齢は、重ねたけど、まだ、現役じゃん

ファンサゾーンは、いつもよりも、年齢層が高いかな?でも、この人達が、20年間、エスパルスを共に支えてきたサポーターなんでしょうね

そういえば、前に、FCルチ・エネルギア・ウラジオストクが、Jステップで、キャンプしていた事もありました。こんだけ、ロシアとの交流があったら、ロシア人選手の加入とか無いのかな?

コメント

11月は、1度も勝てない・・・、ゴトビエスパルス。

2012年11月24日 | 清水エスパルス

今日は、アウェーで、川崎フロンターレとの対戦でしたが、1-2で、負けました・・・

これで、11月は、1度も、勝っておりませんなんだ、こりゃ

でも、今日のサッカーは、いつもと、少し違った。変わらない臆病なサッカーもあったけど、珍しく、スルーパスも、ありましたその起点は、小林大悟正直、運動量というところで、おいらの中では、あまり、評価は、高くないんですが、今日の存在感は、大きかったです。積極的な、ミドルシュートもありました。しかし、それが、右のポストに弾かれて、次のシュートは、左のポストに弾かれるよく、シュートが入らないと、ゴールポストに嫌われたっていうけど、今日の大悟は、ゴールポストに、好かれてしまったボーリングのスプリットのように、難しいプレーだよ

後半は、早い時間に、高木が強引に、シュートを打ち、相手DFに当たって、同点ゴール積極的にシュートを打てば、こういう事も起こる。ただ、今日の高木は、まだ、本調子じゃない感じでした

後半は、石毛が、相手の左サイドを制圧して、エスパルスに、攻撃のリズムが生まれましたこれなら、いける!と思ったら、キムが投入準備?誰と、交代するんだろう?と思ったら、石毛でした

キムは、真ん中へ。右サイドは、大前になりました・・・。これで、エスパルスのリズムが消えました大前は、登里に封じられ、キムは、機能せず・・・。一人の交代でしたが、二人のポジションが変わり、チームの勢いが消えてしまいました

久しぶりの高原は、悪くなかったです。キムよりは、ゴールの嗅覚を感じましたあと、エスパルスのクロスは、逆サイドに抜けてしまう事が多いんだけど、そこを、逆サイドで、頭で折り返した時は、久しぶりに、ワクワクしました

1点差ゲームで、惜しいように感じますが、GK林の活躍が無かったら、もっと、点差は、開いていたと思います。エスパルスの高木のゴールは、強引なシュートで、相手を崩すところまでは、至らなかったです。その反面、川崎には、崩されました簡単に、スルーパスで抜けられ、決定的なピンチそれを、止めてくれたのが、林でしたそれにしても、スルーパスで、アッサリと、抜けられましたいくら、フィジカルの強いキャラでも、スルーで、抜けられちゃったら、しょうがないですエスパルスは、ゴトビ監督から、スルーパスを禁止されているとか、噂で聞きますが、もし、そういう禁止があって、練習していたら、敵のスルーパスへの対応能力も、落ちるんじゃないのかな?

11月3日のナビスコ杯決勝戦で、本調子じゃない鹿島に負けて、国立での悔しさを晴らすと、期待していたのに、降格危機の新潟にも、ホームで、負ける。そして、大雨の中、寒さに耐えて、応援したG大阪戦でも、負ける。そして、11月クライマックスの川崎戦も、負けたあんなに、期待した11月だったのに、1度も勝てなかった全敗です・・・

このままでは、やばいです清水エスパルスは、どうなってしまうんでしょうか・・・

コメント

町田市 『町田大勝軒』

2012年11月21日 | 県外のラーメン屋

あの日も、おいらを、元気にさせてくれたのは、ラーメンでした・・・。

ナビスコ杯敗戦後、脱力感で、国立競技場をあとにする満員の国立競技場だったので、駅は、大混雑かと思ったら、意外と、普通切符売り場も多いし、suicaの普及で、切符売り場が混まない。電車は、本数多いし、やっぱり、東京って、凄いですね愛野駅とは、大違い

新宿駅で、小田急線に乗り換えて、町田駅に、到着。町田に帰ってきたし、美味しいラーメンに癒してもらおうと、有名なラーメン屋さんを、目指す

『胡心房』・・・サッカーは、負けて、ラーメン屋さんにも、フラれる

そこで、思い出す深夜は、到着時間が合わなかったので、断念した!『町田大勝軒』

勘を頼りに、歩き出し、待ちゆく見知らぬ人に、教えてもらい『町田大勝軒』に、到着こちらは、営業中ですしかも、『町田家』、『六角堂』があり、ラーメン天国です

おいらは、「油そば (あつもり)」 700円を食べました深夜も、この「油そば」を食べるつもりでした自称ダイエット中ですでも、大勝軒で、油そばって、珍しいんで、興味津々

麺と、タレ、背脂、黄身、ネギを、くっちゃくちゃに、混ぜて、食べますまいう~中太麺が、じゅる旨です味は、濃いけど、甘じょっぱい味が癖になります麺は、2玉も、入っているんで、ボリューム満点カロリー満点ガッツリ系好きには、たまらんとです

そして、スープが、ホッと、する味コッテリした味の口直しになります。なんか、このスープの味が懐かしかったです

いつも、汁無しって、なんか、物足りなさを感じていたんですが、今まで、食べた「油そば」で、一番、満足できました味、ボリューム、共に、大満足です

敗戦後の荒んだ心を、背脂で、応援されている感じでした加油!加油!背脂、加えて、加油!元気になりました

コメント (2)

清水区 『大華園』

2012年11月20日 | 静岡(中部)のラーメン屋

冷たい雨のガンバ大阪戦後、文句を言いながら、駐車場まで歩く・・・

不満と悔しさで、いっぱいだったのに、腹は、減る

『麺屋中川 静岡東店』へ行こうと思ったけど、近場という事で、『大華園』へ、行ってきました

寒かったので、温かい汁物を食べたかったけど、知り合いから、「大華園は、中華丼が美味しい」と、教えてもらったので、「中華丼」を頼みましたプラス100円で、大盛りにしてもらいました

こちらが、「中華丼 (大盛り)」 900円です嬉しい事に、セットメニューじゃなくても、餃子3個、肉団子2個、サラダは、付いてくるんですね『大華園』の餃子は、ニンニクたっぷりで、美味いんだよスープもあって、ガンバ戦で、冷え切った心と体が、温まります

「中華丼」のでかさを、塩の瓶で、比較わかる?すげーでかい皿に、こんもり、盛られていましたしかも、旨いっボリュームがあるんだけど、餡のトロトロ加減で、箸が止まらないじゃなくて、レンゲが止まらないあっという間に、完食この中華丼なら、もっと、食べれます

エスパルスには、なんにも、満足しなかったけど、『大華園』の「中華丼」には、大満足でしたこれからは、サッカーの後は、『大華園』で、決まりですね

コメント (4)

雨のガンバ大阪戦・・・。

2012年11月19日 | 清水エスパルス

開場前、雨の中、並んでました最近は、天気が雨の時は、ポンチョは、着ませんオレンジの合羽で、完全防備ですオレンジの合羽は、ワークマンで買うのが、オススメです

この日は、列整で、はがされるシートが多かったです。深夜に、シート貼りしたけど、雨なんで、観戦を止めちゃったんだろうね

なんとか、屋根下の席を確保しました風が強くなるのも予測して、いつもより、高い位置だったけど、それでも、雨が時より、ふきこんできました

コレオの説明がありましたしっかり、確認して、協力したけど、選手入場の時は、雨風強く、なんのコレオだか、わからなかったけど、『ACL』って、掲げていたんですね

あの雨の中、動画を撮っている人がいたのが、驚きです

携帯のカメラでも、雨が、写るぐらいに、酷かったです強い風で、雨が、カーテンのように揺れて見えましたでも、アウスタのピッチは、水捌けが、良かったですさすがは、ベストピッチ賞今のエスパルスで、一番の誇りは、アウスタのピッチかな頑張れ!清水エスパルス!

コメント

杭州緑城足球倶楽部 U-19との練習試合。

2012年11月18日 | 清水エスパルス

今日は、三保グランドで、中国の杭州緑城のU-19と、清水エスパルスのサテライトが練習試合をやるので、見に行ってきました

でも、ちょっと、遅刻三保グランドに到着すると、すでに、2-0で、清水エスパルスリードでした。昨日の惨敗があったんで、今日は、三保まで行くか?迷っていたんですが、マクドナルドのハンバーガー無料券が、おいらを動かしました

前半は、GK櫛引、DF犬飼、三吉、三浦(来季加入)、キム(練習生)、MF姜、白崎、石毛、FW柴原、伊藤翔、清本(練習生)。

前半は、少ししか、見ていないけど、3-0安定したゲーム運びかな?

後半は、GK碓井、DF犬飼、三浦(来季加入)、キム(練習生)、鈴木(ユース)、MF大塚(練習生)、白崎、石毛、FW柴原、柏瀬、久保(ユース)。

後半は、大幅に、メンバーが変わり、50番の姿もあり、背番号が重いです

試合が始まって、不吉を感じる・・・GK碓井が、50番に、名前の確認?試合開始前に、確認しないの?

コミュニケーション不足を露呈した、バラバラのチームは、失点を重ね続け、前半を3-0で、折り返したのに、4-5で、試合終了負けました・・・

いくら、練習生が多いとはいえ、相手は、中国スーパーリーグでも下位の杭州緑城。しかも、U-19ですよ19歳の小僧どもに、エスパルスのサテライトは、負けたんです情けない・・・。

練習生が多いので、頼りにしたいのは、エスパルスの正規の選手でしたが、白崎は、ミスパスが多く、柴原は、輝かない二人とも、前半は、良かったのに・・・。

後半、柏瀬が、ゴールしているけど、これは、主審が、杭州緑城の邪魔をしたの審判は、石ころだから、しょうがないけど、このゴールに、拍手は、出来ないです。

トップチームが、調子を落としている時こそ、サテライトは、チャンスだと思うんだけど、これじゃあ、サテライトも、ダメですね

シンガポール戦では、あんなに賑わっていたファンサービスのコーナーも、お客さんが、少なかったです。その前のトップチームの練習には、もっと、お客さんは、いたのかな?

そういえば、見学席に、清商の大滝監督の姿がありました。珍しいですね

コメント

雨にも負けず、風にも負けず、G大阪に、負ける・・・。

2012年11月17日 | 清水エスパルス

嵐の中、アウスタまで、応援に行ってきましたが、1-3で、ガンバ大阪に、負けました・・・

また、降格争いのチームに、負けました相手が、降格したくないと、必死に戦ってくる?そんなの関係ないぐらいの惨敗でした・・・

今のエスパルスのサッカーは、お金を払って見る価値は、ありません。高校サッカーのほうが、チャレンジしていると思います。

ナビスコ杯決勝で、日本一になろうとしていたなんて、今や、幻想です

ゴトビの掲げるサッカーは、オーガナイズじゃないです。ネガティブ!!ネガティブサッカー積極性を、全然、感じません。前を向いて、プレーしないし、ドリブルしないし、スペースを有効的に使えない。

パスは、人から人へのパスばかり。だから、相手に簡単に、マークされてしまう。そして、バックパスの繰り返し

バックパスして、攻撃の形を再構築が出来るか?というと、出来ないそれは、なぜかって、攻守の切り替え早く、最初に、攻勢に出た時は、相手の布陣が、まだ、揃っていないけど、バックパスすると、相手の布陣が、もう、出来上がっているんですもん。バックパスのリスクの計算ができていないと思います。そして、やるのは、人から人へのパスですから、マークは外せないそして、崩せない・・・

バックパス、バックパスで、相手のゴールから、遠ざかり、つまらないミスで、ボールを失い、カウンター攻撃をされてしまうG大阪は、手数をかけずに、シンプルに攻めて、ゴールを積み重ねました。近道を使い、簡単に、ゴールを狙う。エスパルスは、遠回りして、難しく、攻めて、結果、ゴールは、奪えないあれを、パスサッカーというのか?無駄なパスが多い。すべてが、効果的なパスを求めている訳ではないが、いらないパスが多いと思います。パスを意識するあまりに、ノイローゼになっているんじゃないのか

浩太が負傷交代してしまい、機を見ての縦への展開が失われてしまった浩太の代わりに、高木が投入されて、河井が、1列下がったけど、Wボランチというよりは、村松ワンボラの河井は、八反田と、Wトップ下?このフォーメーションが、中途半端で、河井が機能しない。Wボランチなら、Wボランチで、しっかり、配置したほうが、村松の攻撃の負担も減るし、河井の役割もハッキリする。にしても、河井も、八反田も、今日は、ボールが足元に落ち着かなかった

ホームで、積極的に攻めないし、1対1も、仕掛けない。仕掛けなくても、その姿勢だけでも見せてほしい。臆病者は、ピッチに立たないでほしい。逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ・・・。昨日、エヴァを見たせいか?なんか、碇シンジ君の言葉が・・・。

岩下が、ブーイングされてたけど、おいらは、ブーイング出来ないよ・・・。だって、今のエスパルスのサッカーは、岩下に、ブーイングするだけの内容ではない。今のエスパルスのサッカーを、岩下がプレーするとは、思えない。逆に、あいつからは、エスパルスを離れる事で、エスパルスサポーターに、強烈なメッセージを訴えかけている様にも感じる。

ゴトビ監督には、アスカの言葉を、プレゼントしたいです練習スケジュールの変更が出ていたけど、やる事が同じなら、結果は、同じですよ

今、求めたいのは、変化です。ネガティブから、ポジティブへ。サッカーだけじゃなく、人選まで、変化を期待したいです

明日は、J1昇格プレーオフ。なんか、ワクワクするようなサッカーが見たい!サッカーに、飢えています

エスパルスも、運命の残り二試合・・・。天国か?地獄か?エスパルスクライマックス

コメント (6)