清水エスパルスとラーメンと私。

大好きな地元クラブチーム『清水エスパルス』のお話、静岡県内の『ラーメン』情報、私の生態(笑)  地域密着系ブログ♪

いつも、ブログを見てくれて、ありがとうございます

為せば成る、為 さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり

FC東京に、引き分ける・・・。

2013年07月31日 | 清水エスパルス

今日は、聖地・日本平で、FC東京戦でも、水曜日仕事が終わってから、急いで、アイスタに、駆けつけたけど、ギリギリセーフでした

試合結果は、0-0両チーム無得点のドローでした・・・

バレーが抜けて、本田拓也が加入して、違ったエスパルスが見られると思ったけど、あまり、変化は、感じなかったです

前半は、攻撃を組み立てようとすると、攻め込む前に、ミスして、ボールを失う後半は、東京のスタミナ切れもあり、ボールを回せるんだけど、サイドに展開しても、そこからの発展が乏しい。ゴールが遠い・・・。

バレーが抜けて、伊藤翔がトップで、奮闘してくれたけど、バレーがいた時に、伊藤翔は、シャドーで良い動きをしていたんで、トップ下で起用したほうが良いんじゃないかな?

今日のトップ下は、竹内だったのかな。竹内が、今日は、輝かなかった途中での、交代は、納得です。

村田、トシのスピードコンビを投入したのは、良い選択だと思います。ロングフィードが上手い、本拓が入ったので、両サイドに、スピードある選手がいるのは、面白いです。村田は、よくボールを触っていたけど、トシがボールを触るシーンが少なかったのは、残念

右SBで起用された石毛は、動きにキレがあり、良かったですマルセーユルーレットで、敵を交わすのは、素晴らしいんだけど、それが、ハーフウェーラインじゃあ、ゴールが遠い・・・今日の動きだったら、ひとつ前で使えば、良かったのに

今日は、GK櫛引のおかげで、勝ち点1を、ゲットできたかな決定機も、防いでくれたし、助かりました

吉田主審って、ファールを流す判断が、悪い主審によって、チャンスを逸してしまうのは、残念です。でも、後半は、急に流すようになって、エスパルスに、チャンスが生まれましたそれでも、ゴールを、決められないあ~あ

次は、8月3日のアルビレックス新潟戦。新戦力との融合で、新しいエスパルスの攻撃を見たいです

コメント

富士吉田市 『白須うどん』

2013年07月30日 | ラーメン以外のお店

富士北麓公園って、どこ?調べてみると、富士吉田市でした甲府との練習試合は、15時からなら、その前に、ご当地グルメを満喫しようと、やってきたのは・・・

暖簾の無い民家のお店『白須うどん』です吉田うどんを代表するお店であります

そんなに、行列が長くないと思ったら、玄関には、たくさんの靴がありますすでに、店内?家内?は、ほぼ満席で、行列は、中に、ありました

メニューは、こんな感じ「あたたかいの」と、「つめたいの」の二つだけわかりやすいですね。煮玉子を食べたかったけど、売り切れでした

おいらは、「つめたいの」を、食べました店内からは、出汁の良い香りがしましたが、意外と、つけ汁は、優しい味でしたそして、吉田うどんは、麺ですよ!箸で麺を持ったら、長~~~いそして、コシが強いというか、弾力が凄い噛む麺ですよモグモグ

甘めの汁に、キャベツを入れると、キャベツも甘みがあるんで、なんか、合わないなぁと思っていると

「白須うどん 特製 辛味」!ケンミンショーでも、紹介された「すりだね」という薬味です。味噌ベースの辛味で、これを加えると、具のキャベツが活きます美味しいです

ただ、入れ過ぎると、結構、ジワジワした辛さがあるので、気をつけてください

食べ終えてから、350円を払います。忙しいと、台所は、大変そうなので、先に細かいお金を用意しておくと、いいかもしれませんよ

『富士見うどん』で、うどんを食べて、『白須うどん』で、うどんを食べて、同じ、うどんでも、違いを楽しめるし、美味しいのが、イイネ世界遺産の富士山周辺をドライブしながら、うどんを食べ歩くのも、楽しいですよ

コメント

富士宮市 『富士見うどん』

2013年07月29日 | ラーメン以外のお店

山梨の富士北麓公園で、清水エスパルスが、ヴァンフォーレ甲府と、練習試合をやるので、久しぶりに、県外へ

ただ、練習試合のためだけに行くよりも、道中を楽しもうと、まず、立ち寄ったのが、富士宮にある『富士見うどん』です

R139から、ちょっと、入った富士宮市小泉に、『富士見うどん』は、あります。土日は、朝早くから営業していますちょっと、静かな場所にあるんで、なんか、雰囲気が良いんですよ

昔は、用紙に、自分で手書きして、注文していたんですが、今は、食券機があります。麺茹では、お店の人がやってくれるんで、スープは、自分で入れます。天かす、ネギは、無料です

おいらが食べたのは、「温 かけうどん 2玉」 340円ですスープは、透き通る感じですが、出汁の旨味を感じ、優しい味わいうどんも、コシがあり、美味しいです

天かすに、塊があったんで、なんか、お得感で、たくさん入れたら、固かった天かすは、パラパラな方が、いいようです

店内も、素朴な感じで、富士宮なんだけど、讃岐うどんを食べに来たみたいに、楽しめますよ

コメント

慶應義塾大との練習試合。

2013年07月28日 | 清水エスパルス

今日は、三保グランドで、慶応義塾大と、清水エスパルスのサテライトが練習試合をやるので、見に行ってきました今日も、暑かった三保グランドは、日陰が無いんで、大変です

前半は、GK三浦、DF吉田、弦太、岡根、キジェ、MF八反田、ミンス、純平、白崎、村田、FW瀬沼。サテライトなのに、左右SBが、吉田と、キジェ次節出場停止なんで、しょうがないですね。暑かったので、45分ハーフでしたが、30分に、給水タイムが設けられました。

早い時間に、右サイドから、純平のクロスボールを白崎が落として、ミンスがシュートを決めて、エスパルスが先制しました久しぶりに、流れの中からの得点を見ました

その後、村田が深い位置まで、持ち込み、マイナスで折り返したところに、白崎が合わせて、追加点

このまま、終わればよかったのに、GK三浦が、落下するボールの憶測を間違えて、相手選手と激突PKを献上して、決められちゃいました

後半は、GK高原、DF吉田、弦太、岡根、橘、MF純平、ミンス、村田、白崎、金子、FW瀬沼。

後半は、互いに、ゴールを奪えずに、GK高原の攻守もあり、2-1で、試合終了。エスパルスが勝ちました

マレーシア戦で、負傷交代した吉田は、大丈夫そうでした序盤は、ミスが目立ったけど、徐々に、本来の動きになりました。

先制ゴールを決めたミンスは、序盤は、前への意識があって良かったけど、徐々に、集中力が切れたのか?精彩を欠いた印象です

村田も序盤は、香車の様に、ただ、前に行くだけだったけど、アシストを決め手からは、飛車になりましたスピードがキレキレで、良かったです。スピードで、ある程度持ち込んだら、シュートで、終わってほしいです

白崎は、1ゴール1アシストと、活躍ちょっと、遅れがちのパスボールを、テクニックで、前に持ってくる技術は、さすがです

八反田も、積極的に動いていたけど、今日は、運が無かった交錯プレーが多く、しかも、審判には、気づかれず、痛かったですね

後半、金子君が出てきたけど、前、見た時よりも、落ち着いて見えました。パスセンスもあるし、ドリブルも独特です。シュートチャンスがあったけど、決められなかったです

瀬沼は、決定的なチャンスに決められずおいらの位置からは、入ったように見えたけど、ノーゴール・・・このチャンスを決められなかったら、ベンチに下げられちゃいましたスランプかな?瀬沼は、一番、期待している選手なんで、頑張ってほしいです

コメント (2)

清水区 『麺家 光蔵』

2013年07月27日 | 静岡(中部)のラーメン屋

国一バイパス沿いに、新しく、『麺家 光蔵』というお店が出来たと、知り合いから教えてもらい、オープン前には、ブログ読者から、メールをもらったのでオープンの日に行ってきました

ここは、昔、『ナッツベリーファーム』という喫茶店があって、その後、『六角』というラーメン屋さんになり、その後も、屋号は、『六角』で、同じだけど、ラーメン屋さん→とんかつ屋さん→ハンバーグ屋さんと、迷走して気が付いたら、貸し物件になってました・・・

そして、今回は、濃厚豚骨ラーメンを売りにした『麺家 光蔵』に、なりました

メニューは、こんな感じですなんか、メニュー表の感じが、味噌ラーメンの『蔵の助』に、似ている前に、『蔵の助』が、清水に出店する求人を見たけど、もしかして、『光蔵』と関係があるのかな?

今日は、オープン記念価格で、メニューも限られていたので、メインの豚骨ラーメンを、醤油でお願いしました。注文は、ファミレスみたいに、店員さんを呼ぶボタンがありました

こちらが、「豚骨ラーメン 醤油」です具のほうれん草、海苔を見て、ピンっと来ましたそういえば、麺屋じゃなくて、『麺家 光蔵』だった。スープを飲むと、やはり、家系のラーメンに似た味でした

昔、『六角』というラーメン屋さんの時に、『六角家』と、繋がりがあるのか?と思って、食べに行き、カイワレ大根が乗ったアッサリ醤油ラーメンに、的を外しましたでも、今回は、家系のラーメンの味のお店ですよ

豚骨スープは、まろやかで、臭みは感じません。食べやすいんだけど、ちょっと、表面の油の膜が気になりましたチャーシューが、小さかったけど、ちょっと、炙ってあって、美味しかったですこういうラーメンには、ライスが合いますね

清水で、こういう豚骨醤油のラーメンは、『松浦家』が閉店してから、久しぶりな感じがします静岡では、家系ラーメンという言葉が、いまだに、通じない人も多いので、どのように受け止められるか、楽しみです

コメント (2)

マレーシア代表に、勝利。

2013年07月25日 | 清水エスパルス

今日は、なでしこジャパンの試合がありました。ザックジャパンの試合も、ありました。でも、おいらは、仕事後、急いで、三保グランドへ、行きました

それは、清水エスパルスが、マレーシア代表と、練習試合をやるんです現在、Jリーグは、中断中・・・

横浜Fマリノスは、香川のいるマンチェスターUと、試合をし、鳥栖は、デルピエロのいるシドニーFCと、試合をし、全国的に、盛り上がっていますがエスパルスは、誰がいるんだか?わからない、マレーシア代表と試合をし、一部が盛り上がっています

平日の19時、三保は、どんな感じかなと思ったら、駐車場は、無料開放されていて、見学者も、多かったです

前半は、GK林、DF石毛、平岡、キャラ、内田、MF浩太、村松、六平、竹内、河井、FW伊藤。

良い動きをしていたのは、六平攻守に、キレのある動きでしたただ、後半に、負傷交代?ちと心配です

バレーがいなくなり、伊藤翔が、1トップで、奮闘。献身的な動きで良かったんだけど、ゴールは奪えず・・・。

石毛は、右SBで、先発。後半は、左SBでしたなんで、石毛をSBで起用するんだろう?守備よりも、攻撃的な選手なんで、超攻撃的なSBなのかと思ったら、あまり、上がらなかったです声も出てなかったです。

前半は、0-0。

後半は、GK櫛引、DF吉田、平岡、キャラ、石毛、MF本田、村松、六平、俊幸、河井、FW伊藤翔。

SB石毛が、積極的に上がらなかった反動か、吉田が超積極的なオーバーラップを仕掛けて、トシの先制ゴールに繋がりました。しかし、後半に、吉田も怪我で離脱・・・

マレーシア代表は、アフターチャージが酷く、怪我人が出ないか心配でした審判のジャッジも、荒れる原因だったかな

鹿島から移籍してきた、本田拓也が登場。中盤の底で、視野広く、パスを出し、エスパルスに、攻撃のリズムを作ってくれます。バックパスは、少なくなるのかな??

トシも、1ゴール1アシストの活躍最近、試合に出る時間が、少なかったけど、復調しているようです

2-0で、清水エスパルスが勝ちました

試合後、選手の列から、本拓が前に出てきて、サポーターに、挨拶しましたなんか、感動しました

コメント (2)

本田拓也、エスパルスに復帰。

2013年07月24日 | 清水エスパルス

鹿島アントラーズから、本田拓也の完全移籍が発表されましたおかえり~

中盤の底から、攻撃を組み立てられる本拓の加入は、大きいです

                                                                                                                                                                                テルの後継者だと思っていたんで、鹿島に移籍しちゃった時は、悲しかったけど、是非、清水エスパルスで、本来の輝きを取り戻してほしいです

コメント

バレーが、移籍する??

2013年07月21日 | 清水エスパルス

移籍ウインドーが、7月19日に開いたのかな?

各チームに、動きがあるんじゃないかと思っていました

エスパルスだって、今の低迷からの脱却の為に、新戦力が入ってくるかなぁと、願っていたら・・・えっ

バレーに、移籍報道・・・

もしかして、それで、トップチームが、急に、OFFになったのかな?

でも、誤報もあるし、ちょっと、調べてみたら・・・あれっ

な~んだ、バロンじゃんバレーじゃないじゃんよかった~

よかった~じゃないって、写真が間違っているだけじゃん天津泰達!写真、違うよ

『巴雷』って、バレーの事?正式発表じゃないけど、天津泰達のHPに、すでに、載っているという事は、そういう事なんでしょうね・・・

バレーに、変わる新戦力が入るのかな?これから、どうなるんでしょう・・・

コメント (8)

甲府に、完敗するとは・・・。

2013年07月20日 | 清水エスパルス

今日は、山梨の富士北麓公園陸上競技場で、清水エスパルスが、ヴァンフォーレ甲府と、練習試合をやるというので、富士吉田まで、行ってきました

富士北麓公園は、初めて、行ったんだけど、人里離れた山の中に、陸上競技場や、野球場などあって、なんか、不思議な感じです。なんで、こんな場所に作ったんだろう?

駐車場は、たくさんあるみたいなんで、心配ないだろうと思って、現地に到着すると、駐車場は、大混雑

野球場では、高校野球の予選がやっていて、駐車場は、ほぼ満車状態でしたどっかに、無理やり、止めようかなと思っていたら、偶然、1台車が出て行き、無事に、止められました

エスパルスのHPでは、告知されてなかったですが、今日の試合は、世界文化遺産登録記念富士山ダービーだったんです甲府のグッズも売っていたし、屋台も出ていて、いつもの練習試合よりは、賑やかでした

ギャラリーも、こんな感じなかなかの客入りです。会場は、富士吉田でしたが、エスパルスサポも、多かったですただ、エスパルスサポは、平均年齢が甲府サポよりも、高く感じました

エスパルスは、トップチームが、OFFになってしまったので、サテライトの練習試合。でも、サテライトなら、甲府のテルを見れると、楽しみだったんですが、テルは、いなかったです

サテライトっぽくなかったのは、甲府の新外国人!元磐田のジウシーニョに、元川崎のパトリックです甲府は、積極的な補強をしましたね。でも、どうなんだろう?使えるのかな?

エスパルスの前半は、GK櫛引、DF石毛、弦太、岡根、内田、MF純平、ミンス、村田、六平、トシ、FW白崎。石毛は、右SB。純平、ミンスのWボランチ。六平のトップ下で、白崎の1トップ。

後半は、GK櫛引、DF石毛、弦太、岡根、内田、MF純平、八反田、村田、六平、トシ、FW瀬沼。後半の頭から、瀬沼投入。後半途中、内田が橘と交代。村田と、白崎が交代し、白崎は、中盤起用へ。トシと、加賀美が交代。終了間際、純平と、村田が交代し、1ボランチの2トップ。

そして、結果は、0-2で、エスパルスの負け最後は、終了間際、甲府のカウンター攻撃で、とどめを刺されて、完敗でした・・・あの時間帯での村田再投入は、何?

やばいぐらいの、ダメダメです柏戦と同様に、甲府の攻撃は、シュートで終われるけど、エスパルスは、シュートで、終われない。悪い流れボールは、回すけど、常に各駅停車で、相手の守備を崩せずに、バックパスの連続・・・。やっと、前に行ったと思ったら、バックパスで、ボールは自陣へ、逆戻り・・・ダメだ、こりゃ・・・

白崎は、1トップでは、機能しませんし、石毛が、最初から、SBで起用されるのも、わかりません。怪我人がいて、やりくりが難しいとしても、適材適所な起用ではないと思います。SBだったら、純平が使えるし、石毛を中盤で使って、白崎トップ下で、トシの1トップとか、やりくりは、出来ると思うんですが、ポリバレントを育てているのかなぁそういう風には、見えないけど・・・

ミンスは、判断力が遅く、パスミスから、ピンチを招き、途中交代助っ人外国人が、これでは、困ります。犬飼が、松本へ期限付き移籍し、廣井が怪我しているんで、CBの層が薄いので、ミンスは、CBで試してほしいです。

逆に、甲府は、連敗しているチームには、見えなかったです。甲府のジウシーニョは、使える!磐田時代と変わらない存在感でしたキープ力あるし、シュート力もある。視野も広く、甲府には、救世主になる予感です。

そして、元川崎のパトリックも、身体能力の高さで、エスパルス守備陣を圧倒していました。インテルにいた、アドリアーノみたいでしたただ、こちらの守備のレベルも、考慮しないといけません

あと、甲府の24番は、誰なんだろう?調べたけど、24番って、今、甲府にいないんだけど・・・24番の動きが、よかったです。よく、走れてました

後半、ジウシーニョ、パトリックがベンチに下がり、飛車角落ちで、エスパルスは、戦いましたが、ゴールが遠いまま、試合終了時間が少ない中でも、バックパスをする姿には、失望します急いで攻撃をする、ゆっくり、組み立てるなどの攻撃のメリハリが、おかしいと思います。御殿場キャンプでの成果が、わかりませんどうなる、ゴトビエスパルス~(ビッグダディ風)

今日の一句『バックパス ああバックパス バックパス』

コメント (2)

柏に、追い付かれてのドロー・・・。

2013年07月18日 | 清水エスパルス

昨日の柏戦は、スポーツバーで、応援してました仕事が終わって、草薙競技場の横の道を通ったら、冠水していて、驚きました

後半、ロスタイムに、追い付かれてのドローで、ショックだったけど、前半から、振り返ると、後半ロスタイムまで、リードしている展開は、不思議です

前半のシュート数は、柏の11本に対して、エスパルスは、1本この差は、数字以上に、大きかったです柏の攻撃は、シュートで終わるんだけど、エスパルスの攻撃は、シュートで、終わらないこの差は、大きかったです。柏の攻撃は、徹底して、エスパルスの左サイド。この試合は、キジェが出てなかったんだけど、メンバーが変わったとこを穴と考えるのは、さすがです

ただ、柏の攻撃は、決定機に、シュートが、ジャストミートしなかったり、GK林の正面だったり・・・。エスパルスが柏よりも上回っていたのは、『運』です

でも、決める時に決めないと、逆になるんだよなぁと、見ていたら六平が、ドリブル突破そして、グランダーのクロス!あとは、バレーが押し込むだけだったんだけど、決められず

そして、今度は、逆の逆で、前半終了間際に、柏に、決められちゃいました・・・

そして、後半。柏は、攻め疲れなのか?プレスが機能しない。やっと、エスパルスの攻撃が効果的に、前に、パスが回るようになり、村松の機転な突破から、河井がドリブルで相手DFを抜いて、クロスボールを上げて、走りこんでいたのは、チャンスを作った村松でした藤枝東コンビで、同点!

そして、続け様に、河井のクロスボールをゴール正面で、伊藤翔が頭で合わせて、エスパルス逆転!最近の河井は、チャンスメーカーとして、結果を出していますでも、六平が活躍すると、河井が刺激を受けて、いつも以上に前向きに挑戦するようにも見えました

伊藤翔も、1ゴール決めたし、攻撃時は、右に、左に、幅広く、献身的に動いてくれましたただ、セットプレーでの守備で、マークを外されているようなんで、守備も、集中して、頑張ってほしいです。

柏の足が止まりかけている様に見えたんで、竹内と、トシor村田を交代し、六平をボランチで起用しても面白いと思ったけど、出てきたのは、石毛でした

期待していたトシは、後半ロスタイムの交代出場選手交代は、時間稼ぎもあるんだろうけど、足の早いトシを入れたという事は、前線からプレスを仕掛ける役目なんじゃないかな?でも、そこまでプレスを仕掛ける感じでもなく、トシが動くと、すでに、そこには、ボールが無い。ボールの出し所に、プレッシャーを掛けられずにいたら、後半ロスタイムに失点し、2-2のドローになってしまいました・・・前線から追わせるなら、我武者羅な瀬沼のほうが、やれると思います是非、瀬沼をベンチに用意しておいてほしいです

2-2のドローだけど、最後の最後に、柏の澤に、超決定機を外してもらったので勝ち点1は、妥協できるかもしれません結局は、『運』だけは、柏に、勝ちました

コメント