清水エスパルスとラーメンと私。

大好きな地元クラブチーム『清水エスパルス』のお話、静岡県内の『ラーメン』情報、私の生態(笑)  地域密着系ブログ♪

いつも、ブログを見てくれて、ありがとうございます

為せば成る、為 さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり

2月のスケジュールが発表されました♪

2012年01月31日 | 清水エスパルス

清水エスパルスの2月のスケジュールが発表されました

注目は、2月4日の土曜日に、JFLに昇格したばかりの藤枝MYFCと、三保グランドで練習試合が予定されています

試合が見れるしかも、週末の土曜日でも、これは、激混みになるんじゃないでしょうか?

エスパルスのサポーターは、もちろんですが、藤枝MYFCのサポも大勢、見に来るんじゃないのかな満員の三保グランド・・・、見てみたい

そして、2月10日には、中国の杭州緑城と、三保グランドで練習試合が予定されています

杭州緑城は、前日本代表の岡田監督が監督に就任したチームゴトビエスパルスと、岡田杭州緑城の試合は、とても、興味深いです

練習試合の日は、天気が晴れる事を祈っています

コメント (4)

忘れてませんか?

2012年01月30日 | 清水エスパルス

2011年、J1リーグ最終戦のガンバ大阪戦

試合のスコアは、忘れていいんですが

忘れちゃいけないのが、ビックマックの無料券

おいらは、ビックマック無料券が2枚あったので、日曜に、ビックマックと、交換してきましたよ

引き換え期限は、明日の1月31日までじゃなかったかな?お早めに~

コメント

栃木SC キャンプイン♪

2012年01月29日 | サッカー全般

J2の「カターレ富山」に続いて、明日から、J2の「栃木SC」が、清水の山切にある『清水ナショナルトレーニングセンター(通称 Jステップ)』にやってきます

明日、1月30日(月)の12時から、歓迎セレモニーがあるらしいです

今回は、1月30日(月)~2月4日(土)まで。1月31日の13時からは、JFLの「Honda FC」と練習試合を、Jステップでやるようです2月3日には、ジュビロとも練習試合が予定されているけど、会場は、大久保グランドだそうですよ

今年の栃木SCは、リカルド・ロボや、水沼宏太が移籍したけど、東京Vから、菊岡を獲得!菊岡は、東京Vで10番を背負っていたんで、面白そうです。清水東出身なんで、頑張ってほしいです

コメント (2)

城南一和に、大敗の準優勝?

2012年01月26日 | 清水エスパルス

アジアスーパーチャレンジカップの決勝は、韓国の城南一和との対戦初戦のサウス・チャイナよりも苦戦は、予想していたけど、予想以上に、得点差が開きました・・・

1-5 清水エスパルスの負けです。

アッサリと、失点を重ねる姿は、0-4の試合が続いた時みたいでした・・・よみがえる記憶。

前半の早い時間に、敵のカウンターから、失点急造左SBのアレックスの寄せの甘さから、角度の無いところを、豪快に決められちゃいました

2失点目も、カウンターでも、犬飼君が、マークしていたんだけど、巧く、入れ替わられちゃって、GKと1対1海人は、止められず・・・

3失点目は、FK海人は、一歩も、動けず・・・。ただ、相手のFKを褒めたい・・・

4失点目は、PK岩下が、ペナルティーエリアで、相手選手を、後ろから倒して、一発レッドで、退場あそこで、あ~したら、退場になるのは、当然。なのに、やっちゃうんだから、岩下には、猛省してほしいそして、PKは、海人には、止められず・・・。

0-4で、一人少ない展開は、苦行でしたでも、ここで、耐えれば、まだ、エスパルスは、始動したばかり鹿児島キャンプで、見違えるように、チームが完成するさっ

すると、伊藤翔のゴールで、エスパルスが、1点を返す伊藤翔のゴールだけど、ほぼ、韓国のDFのミス

それでも、1点返して、これからと思ったら、相手のスローインから、アッサリと、失点。1-5

GK海人は、前の試合は、体調不良だったみたいけど、今日も、体調不良だったのかな?このままでは、碓井がレギュラーになりそう

左SBのアレックスは、難しいね器用な選手だけど、この起用は、かわいそう・・・。後半は、疲れからか?守備が荒かった・・・。

小野君も途中出場したけど、まだ、コンディションは上がってきてないのかな?この試合も、前の試合も、珍しく、エキサイトするシーンがあった。体よりも、気持ちが熱くなって、空回りしちゃったのかな

大敗した試合だったけど、決定機は、何度かあって、特に前半は、多かったです。そこで決めていれば、もう少し、マシな試合になっていたと思います

負けたけど、高木君は、調子良さそうだし、途中出場の河井君も、動きは良かったです。最後の最後に出場した亜人夢君は、ろくに、プレーしなかったけど、左サイドで、膨らみながら、裏へ抜ける動きがあったのが、可能性を感じてよかったです。

大敗したけど、逆にこれで、課題が、ハッキリしましたよ『守備』エディが抜けて、制空権が無いので、サウスチャイナ戦は、セットプレーから失点。今日は、カウンターの連続失点。4-3-3なんて、戦術よりも、まずは、ガッチリ守って、0-0の試合を目指しましょう

今年は、他のチームが監督交代が多く、ゴトビ監督2年目のエスパルスに、タイトル獲得と期待していたけど、今年も、目標は、まずは、『残留』になりそうです

コメント (4)

浜松市 『中華そば専門店 一文字 結』

2012年01月25日 | 静岡(西部)のラーメン屋

焼津の『麺’S食堂 粋蓮』で、ラーメンを食べて藤枝の『ちっきん』で、ラーメンを食べてさらに、続きがあります

すでに、ラーメンを3杯も食べていますが、3杯は、朝ラー朝食なんですランチを食べる為に、今度は、浜松まで、移動です

次に行ったお店は、浜松アリーナの近くの『中華そば専門店 一文字 結』です

ちょうど、昼時だったんで、店の外に、お客さんが待っていましたどうやら、人気があるようです次に行きたい店があったので、少し、焦りましたが、すぐに、店内へ案内されました

メニューは、こんな感じです。テレビで、塩ラーメンが紹介されていたんで、塩にしようと思ったけど、今日は、「塩」→「醤油」→「塩」と食べていたので、こちらでは、醤油の「浜松ブラック」を注文しました

卓上には、いろんな薬味があり、ラーメン用の「秘伝のお酢」とか、ラーメン用の「胡椒オイル」いろいろ、アレンジを楽しめるようですね

こちらが、「浜松ブラック」 700円ですスープの色は、黒いですが、そんなに、味が濃いわけではありません。ただ、意外にも?王道の醤油ラーメンでしたどっかで、新しいラーメン店  = 新しいラーメンと、思ってました胡椒オイルを入れると、ますます、昔ながらの醤油ラーメンが、よみがえります

浜松餃子の聖地に店を構えるだけあって、餃子の注文も、多く、入っていました。メニューには、チャーハンもあり、昔ながらのラーメン屋さんが現代風に、アレンジされている印象です。

これが、「浜松ブラック」・・・じゃあ、『清水軒』のラーメンは、これから、「清水ブラック」と、称しよう

コメント

サウス・チャイナに、勝利。

2012年01月23日 | 清水エスパルス

アジアスーパーチャレンジカップの一戦目は、香港のサウス・チャイナとの戦い

先発メンバーは、GK碓井、DF犬飼、平岡、岩下、アレックス、MF村松、エダ、伊藤翔、FW高木、高原、大前。アレックスの左SBに驚いたけど、もっと、驚いたのは、ルーキーの犬飼君が先発出場

試合は、90分が終了して、1-1。すぐに、PK戦になり、3-1で、清水エスパルスが、勝利しました決勝進出です

エスパルスの得点は、高木。高木のドリブル突破から、エダが、ポストで、華麗に落として、再び、高木が受けて、左足でシュート。サウス・チャイナのゴールネットに豪快に突き刺さりました高木君は、調子が良さそうでした動きに切れがあり、すでに出来上がっている感じです。

アシストを記録したエダも良かったですただ、後半、アレックスのクロスを受けるまでは、完璧でも、シュートを外したのは、ダメ・・・エダらしい動きで、久しぶりに盛り上がったのに、外したよ~でも、エダの動きは良かったし、コンディションが上がれば、大丈夫だよね

左SBのアレックスは、ポジショニングが高過ぎたようで、サウス・チャイナに、裏を狙われまくりでした宏介が移籍して、左SBは、誰が出場するのか?興味深かったけど、アレックスは、難しいかなでも、攻撃では存在感があるので、この経験を活かして、前でプレーしても、後ろの選手との連携、イマジネーションの共有がしやすいかもしれませんね。

先発出場した新人の犬飼君は、まずまずの働きというより、良かったですよ相手のカウンターで、やられそうになっても、追いついて、対処するし、香港の選手にも当たり負けしないし、合格点ですよ

今年こそは、覚醒してほしい伊藤翔君は、チャンスがあったけど、決められずアウェーの笛にも悩まされた。

大前君も、高木君同様に、調子は良さそう。後半ロスタイムに、チャンスがあったけど、ポストに弾かれてしまった

PK戦は、①小野→〇 ②大前→× ③アレックス→〇 ④伊藤→× ⑤高木→〇。サウスチャイナの一人目を碓井が止めて、3人目は、クロスバー、4人目は、外して、3-1で、清水エスパルスの勝利です

決勝戦は、城南一和と戦うのかな?サウス・チャイナ戦では、試合を支配するも、カウンターに苦労しました。そして、セットプレーから失点。攻撃は、まずまずも、守備では、課題が多いような気がします。城南一和戦は、苦戦が予想されますが、決めるべき時に、しっかり、ゴールが決まれば、面白い試合になると思います怪我しないように、頑張ってほしいです。

コメント (4)

2012年、初の練習見学。

2012年01月18日 | 清水エスパルス

火曜日は、仕事が休みだったので、久しぶりに、三保に練習を見学しに行こうと思ったら、夜に雨が降ったようで、山は、雪で、白くなってました10時からの練習を見ようと思ったけど、気温の低さなどを考慮して、15時からの練習を見てきました

三保線の跡地の遊歩道は、工事をしている箇所があるので、自転車は、歩行者に注意して、走行してください

2012年のエスパルスも、円陣から、始まりますゴトビ体制も2年目になり、固さが抜けていて、雰囲気が良いです

練習が始まったと思ったら、辻尾が、グランドから出て行きました。どうやら、別メニューのようです。小林大吾も、別メニューで、グランドを走っていました完全復帰は、近そうです

前までは、隅っこでやっていたGKの練習は、見学席のすぐ前で、やってくれます選手がウォーミングアップしている時に、ディドも、軽く、柔軟運動で、準備してました

そして、ディド師匠の練習開始。ディドは、日本語も、ペラペラだから、各選手に、声を、かけながら、モチベーションを盛り上げてくれます。昨シーズンは、エスパルスは、セーブが、リーグ1位で、セーブ率は、リーグ4位と、意外と好成績なんですディド師匠の指導のおかげです

今年のエスパルスは、武田がG大阪に武者修行に出たので、GK3人体制。少々、不安はあったけど、この日の練習を見る限り、海人、碓井、櫛引は、なかなかの出来ですよ特に、海人は、ミニゲームでも神懸っていて、素晴らしかったですやっと、赤ちゃんの夜鳴きにも慣れたのかな

ミニゲームは、3チームに分かれて、

黄色が、エダ、小野、キャラ、岩下、村松、ソンホ、平岡、碓井。

青が、高原、伊藤翔、高木、アレックス、大前、八反田、犬飼、海人。

オレンジが、亜人夢、樋口、白崎、河井、橘、櫛引、芝原?

こんな構成だったと思います視力が落ちて、しっかり、選手をチェックできてないかも・・・。

海人のスーパーセーブもあり、黄色チームが強かった印象です黄色チームは、2012年の先発メンバーを思わせる感じで、左SBは、キャラ。CBは、岩下、ソンホ。右SBは、平岡でした。キャラは、天皇杯では、ぎこちない左SBでしたが、この日は、スピードに乗って、前へ上がる姿もあり、少し、安心しましたあと、気のせいかもしれないけど、エダと、小野の距離が縮まったように見えました

驚いたのは、新人の八反田君と、犬飼君が、青チームでプレーしていた事黄色と、青は、レギュラー組だと思うので、二人への期待が伺えますミニゲームの合間のボールタッチ数を限定した練習で、八反田君は、冷静な動きで、ボールをカットするし、犬飼君は、パスを出したら、すぐに動いて、ポジションを修正します。二人とも、すでに、馴染んでいる感じです

オレンジチームは、現在のところ、控え組み?でも、マスコミのカメラが、オレンジチームに、集まります。カメラは、誰を狙っているんだ?と、注意してみていると、白崎がボールに絡むと、一斉に、カシャ♪カシャ♪カシャ♪と、シャッター音がします今日の新聞を見て、わかったんですが、岡ちゃんの23番を白崎が背負う事になり、マスコミが沸きあがっていたようです

あと、気になったのが、樋口君。髪が伸びたら、ますます、岡ちゃんに、似てきました実は、清水の秘密兵器と期待しているんで、頑張ってほしいです

練習が終わってから、サイン待ちを見てましたが、みんな、寒いせいか?すぐに、クラブハウスに入っちゃいましたでも、そんな中、アレックスと、岩下は、サポーターの近くへ歩み寄って、サインに応じていました。

今年初の練習見学でしたが、寒かった~貼るカイロを、忘れていたそれなりの服装でも、ただ座ってるだけなんで、冷えますよ練習見学は、寒さ対策は、万全にしたほうが良いですよ

エディや、宏介が抜けたけど、練習を見た感じでは、穴は、感じませんでした海人の仕上がりの良さに、次期キャプテンを任せられると思いました。Jステップに、キャンプに来るチームがあるんで、早く、練習試合が見たいです

コメント

カターレ富山 キャンプイン♪

2012年01月17日 | サッカー全般

今年も、この季節がやってきました

Jリーグのクラブチームのキャンプシーズンです

『清水ナショナルトレーニングセンター』には、明日、J2のカターレ富山がやってきますキャンプ期間は、1月18日~28日までです

初日の18日は、14時予定で、歓迎セレモニーがありますよ

富山には、エスパルス出身のGK鶴田がいます。元日本代表のFW黒部、C大阪にいた苔口、清商出身の池端なども生で見れるチャンスですただ、館内での写真撮影や、サインのお願いは出来ないので、グランドと建物の間の移動なら、チャンスがありますよ

今年も、いろんなチームを見て、戦力をチェックしたいです

コメント

太田宏介が、FC東京へ、移籍・・・・・。

2012年01月16日 | 清水エスパルス

太田宏介のFC東京への移籍が、正式に発表されました・・・

一時は、残留報道もあり、安心していたんですが、急転直下で、FC東京へ、移籍・・・

アウェー側Aゾーンで、観戦する事が多いので、いつも、宏介を、近い場所で、見てました。エスパルス攻撃時に、ボールが、逆サイドにある時も、他の選手よりも、高い位置に、ポジショニングし、それだけで、期待させてくれます。

そして、ボールを持つと、相手DFに、積極的に、仕掛けます。おいらも、太田の「勝負」は、大好きで、「勝負~!勝負~!」と、発破を、かけます。DFを、かわして、クロスボールを上げて、ゴールが決まると、超盛り上がりました。ドリブル突破を止められる事もありますが、それも、勝負の醍醐味の一つだと思ってました。

サポーターの声援を、背中に受けて、勝負に出る姿は、まさに、那須与一みたいでした。

宏介の移籍が報道された時は、清水エスパルスのサポーターとしては、ショックでしたが、太田宏介のファンとしては、今のエスパルスだったら・・・、移籍したほうが良いんじゃないかとも思いました・・・。

最近のエスパルスは、サイドバックが上がりたいスペースを、味方が邪魔をしているように見えて、宏介から、活躍の舞台を、減らしているように見えたんです。ゴトビ監督は、「オーガナイズ」という言葉を、よく使うけど、その言葉で、宏介は、縛られている?宏介には、大きな翼があるのに、小さい鳥篭に入れられている感じで、もっと、大きく、羽ばたいてほしいと、思ってました。FC東京だったら、昔、長友が、プレーしていたように、活躍の舞台があるんじゃないかと思いながらも、複雑な心境でした。

やっと、2012年のチーム始動だと思ったら、太田宏介の移籍発表・・・。

はぁ~やっぱり、ショックだわ~いやだ~

でも、正式に決まっちゃったし、もう、しょうがないだよね・・・。

甲府から、吉田豊が加入してくれて、本当に助かったよキャラだって、左SBは、本職。抜けた穴は、しっかり、カバー出来てますね出来れば、中央大の高瀬優孝君を獲得してほしいな~でも、埼玉のチームに、行っちゃうのかなぁエスパルスサポは、高瀬君を高評価してるよ中央大の六平光成君も獲得して、中央大コンビで、エスパルスで、活躍・・・(贅沢な妄想中)今は、妄想だけで、エスパルスを楽しんでいます現実逃避かも・・・。

明日は、久しぶりに、清水エスパルスの練習を、見学にでも、行ってきますバイバイ、宏介

コメント (4)

『ALWAYS 三丁目の夕日’64』

2012年01月14日 | 映画

昨日は、『ALWAYS 三丁目の夕日’64』の試写会へ行ってきました大好きな映画『三丁目の夕日』の3作品目の新作です

東宝会館に到着したのは、18時過ぎ。すでに、映画館の周りには、長蛇の行列でしたさすがは、人気の映画ですねでも、この寒空の下、待つのは、辛いなぁ~と、思っていると、開場時間が15分早くなりました

映画館は、すぐに、ほぼ満席開場整理のアナウンスを聞いて、この声は、静岡第一テレビの鈴木智子アナと、わかりましたまだ時間があるので、写真でも、ゲットしようと通路を探索・・・・・・でも、見つからない

ここで、おいらの推測は、「もしかして、舞台挨拶がある?」でしたでも、どうせ、しょんないゲストで、「静岡出身のピエール瀧」が妥当だろと、予想してました

そして、推測どおり舞台挨拶がありましたそして、おいらの、しょんない予想は、良い形でハズレました

なんと舞台挨拶に登場したのは、茶川先生でした俳優の吉岡秀隆さんそして、山崎貴監督です

生で見る吉岡秀隆さんは、『北の国から』と、一緒な感じで、物腰が柔らかな人ですね控えめなんだけど、筋が通った話も出るとこは、なんか、茶川先生らしかったです

吉岡秀隆さんに、興奮したのは、お客さんよりも、鈴木智子アナでしたなんか、すごく舞い上がってしまい、言ってる事が、可愛い意味で、ハチャメチャでした

今回の作品は、3D上映もあり、鈴木オートのお父さんが殴るシーンを、スローで撮ろうとしたら、3Dのカメラは、スロー映像が撮れないらしく、堤さんに、スローモーションで演技してもらったと山崎監督が話してましたハイテクなカメラで撮りながら、演技は、ローテクなのは、面白いですね

今回の舞台は、1964年(昭和39年)。東京オリンピックが開催された年が舞台です

登場人物は、いつもの顔ぶれなんですが、顔が違うのは、淳之介君と、一平君が、とても成長しています少年だった二人もでも、成長した思春期の青年を好演してました

この映画も、3作目になり、2作目の『続・三丁目の夕日』の時は、同じ、下町に住む住民になったつもりで映画を見てましたそして、3作目の『三丁目の夕日’64』は、なんか、親戚のおじさんになったつもりで見ちゃいました作品が進むにつれて、どんどん、身近に感じちゃいます。

この時代は、戦後の復興で、苦労しているんだけど、そんな中でも、力強く生きる姿は、現代の日本にも学ぶべきものを感じます。戦後復興の象徴的な東京タワーの完成も、今年、開業するスカイツリーと、想いが、ダブります。震災の復興に、良い影響を与えてくれる映画かもしれません

昨日、金曜ロードショーで、『ALWAS 三丁目の夕日』。そして、来週は、『続・三丁目の夕日』が放送されます。新作を、フルに楽しむ為にも、前作は、全部見といたほうが良いですよ新作は、1作目とのリンクが、大きいかな

『ALWAS 三丁目の夕日’64』は、2012年1月21日全国ロードショーです

次回作は、『三丁目の夕日’70』になるのかな?次は、大阪万博?あるのかな?ないのかな?

コメント (2)