シュシュといっしょに週末田舎暮らし

ジャックラッセルのシュシュと週末は房総で田舎暮らし
犬の事、家庭菜園、ガーデニング、パッチワーク…さて何が起こるのか?

カーテンの裾直し

2014-12-29 22:17:55 | 田舎暮らし

今日は朝から雨だった。

それはここセカンドハウスに来る前からの天気予報通りで、だったら家の中で出来る事何か無いかと考え、ずっと気になっていたカーテンの裾を直す仕事ををしようと、ミシンを持って来ていた。

室外の冷気も暖気も窓から入ってくるというのに、うちのカーテンといったらツンツルテン。

その上雨戸もないし、もちろん二重サッシなどではない。この窓辺に立つとスース―冷気が入ってきてずっと気になっていた。何年も。

新しい長いカーテンを買う事も考えたけど、セカンドハウスではなるべくお金をかけずに補修できることはしようと思っているので、裾の糸をほどいて縫い直すことにしたのだ。

これもキルトを習っているからこそで、以前の私だったら「む~り、無理無理。新しく買うに決まってんじゃん。」でしたよ。

 

 

雨で夫もやることが無いので、巻き込んで、分業。

最初は「ハイ、糸抜いて」

 

そのうち「ハイ、しつけして」

 

最後は「ハイ、ミシンかけて」

結局“全部やらされた感”の夫。 針もミシンも触るの中学の家庭科の時以来じゃない?

 

シュシュはストーブの横で、何時間もじーっとしてる。

 

ちょうど10センチ伸びて、窓が隠れる長さになった。

やれやれ、ずっと気になっていたのでスッキリ。

コメント

昨日から冬休み

2014-12-29 21:47:01 | 田舎暮らし

夫も私も26日が仕事納めで、27日から長い長い正月休みに入ったのだけど、自宅の大掃除をしてないことに気付き…あはは、気付いてないわけないじゃん、こんなに散らかってるんだから。

気付かない振りにもほどがあるほどだったので、27日は一日ふたりで大掃除をして、まあ泥棒が入ったら気が付く程度には片づけて、28日、車に鍋、釜、食糧、雑貨類、積めるだけの荷物積んで、有馬記念に沸く競馬場の横を「わぁ、すごい人だねぇ」と言いながら9時半頃通過して、途中君津のジョイフルホンダに寄って、主に食料の買い出しをして、セカンドハウスに向かったのだった。

 

あたし、荷物じゃないよ。

コメント

迷子犬

2014-12-29 21:10:54 | 

昨日、我が家近くの中山競馬場で開催された有馬記念。

道路も歩道も車と人、人、人…。大変な賑わいだった。

 

さて、その中山競馬場付近で、保護犬として譲渡されてまだ1ヶ月もたたないシニアの犬が迷子になったと、公園の犬仲間から連絡があった。(連絡があった本人の犬ではなく、近所の犬)

連絡があった時、「わかった。私のブログにも載せとくね。」と言いつつ、仕事や雑用で書けないでいた。

21日に迷子になったというのに、いまだ見つかっていないようだ。

もちろん、警察、愛護センター、保健所等には連絡済み。

チラシを配ったり、目撃情報を頼りに探し回っているようだけど、いまだ不明。どこ行っちゃったんだろう?

 

確かあれはノエルが死んだ後、ほたるだけになった頃だったと思う。

近所の人がうちに訪ねて来て、「ねぇ、ラブいらない?」と、唐突に言う。

ラブ?愛には飢えてるよ、私。ラブ欲しいよ~。誰か私を愛して~!って、そのラブじゃないって!

知り合いの人がラブラドール拾ったんだけど、誰か欲しい人いないか探してるって話だった。

はあ?「ねえ、警察に連絡した?愛護センターとか保健所は?」と聞いたら、多分してないと思うという返事だった。

はあ?はあ?はあ? 

で、ラブラドール飼ってるから、うちにどうって?

「ちょっと、それ誰かの飼い犬でしょ?飼い主さん死ぬほど心配してるよ、きっと。だいいち、勝手に飼ったら、それ泥棒でしょ?」とかなり怒りながら言った覚えがある。

しかも、その近所の人って2人で来たんだけど、ふたりとも犬飼ってる人だよ。どうかしてるよまったく!

まあ、そんな信じられない事があるから、今回迷子になったフランソワちゃんもそんな人に飼われてるかもしれない。

特に年配の人だったら悪気なく餌付けなんかして、そのうち飼っちゃうなんて事があるかも。私がまだ小さい頃はそんな事は普通だったもん。

それならそれで、犬本人が幸せならいいけど、飼い主さんはずっとずっと心配で、自責に苦しむのは気の毒です。

 

とにかく、上のチラシの犬を見かけましたら、このブログにコメントください。よろしくお願いします。

コメント

メリークリスマス…カード

2014-12-25 16:34:29 | 日記

寒~い日が続く今日この頃。 幸いにも本職の図面の仕事が忙しくなり、日雇い蟹工船の仕事にはずっと出ていません。

だもんで、ほとんど街中に出ることもなく、今日がクリスマスだということもあまりピンときていませんでした。

これでも小学生の頃は、毎週教会の日曜学校に通い、クリスマスは“ツリー飾ってケーキ食べる”っていう形だけじゃなく、牧師さまと共に讃美歌を歌い、聖書を読み、おごそかにキリストの誕生をお祝いしたものです。

それが今じゃ、ツリーすら無い。パッチワークで作ったリースもタペも飾らない。「ふぅぅ~ん。クリスマスねぇ」なんて乾いちゃってる。

そんな私にひと滴の潤いが…。

北の魔女…いやいやサンタクロースおばさまからクリスマスカードが届きました。

切手までツリー。

「ちょっと気に入ったX'マスカードを見つけたので使いたくて送りました」って書いてある。

いつも毒を吐いている見かけとは違い、優しくて綺麗な字と文章。

手書きの手紙やカードはやっぱり暖ったかくていいねぇ。

日頃は、一時預かりの馬を広~い庭で乗り回し、鉄砲を撃ちまくってる、おっかない人とは思えない細やかな心遣いに、「雨ニモ負ズ、風ニモ負ケズ…こういう人に私はなりたい」と思うのであります。(『ゼロから始めた田舎暮らし』)

北の国のサンタさ~ん、カード届きましたよ~。 (ごめんなさ~い。私からは無いよ~。カード送るなんて浮かばなかったよ~。恥ずかしいわぁ~)

メリークリスマス!

 

 

 

 

コメント (2)

キルト教室の作品展

2014-12-04 19:42:25 | パッチワーク・キルト

先週の土、日曜日(11月29日、30日)、近くの公民館で、習っているパッチワークの作品展がありました。

金曜日の夕方から設営の準備をして、たぶん20人以上はいたと思うけど、それでも終わったのが8時半でした。

タペストリーだけでも100点以上あって、他にバッグ、クッション、ぬいぐるみ等々の小物を合わせると500点くらいあったんじゃないかしら?

2年毎に展示会をしているらしいんだけど、私が入ったのが一昨年で、展示会が終わった後だったので、私にとっては作品を出すのはもちろん初めてだし、見るのも初めて。

教室は週に8クラスほどあって、私は火曜日の午後なので、他の曜日のクラスでは誰が何を作っているのかよくわかりません。

で、準備の手伝いに行って、あまりの大作にびっくり。今回私は犬のタペを出したんだけど、作っている時は皆も先生も「すご~い、インパクトあるねぇ」なんて言ってくれてたけど、いざずらっと並べてみると、影薄っ!

とにかく最高齢が86歳だって…。まだ針仕事の現役バリバリで、作品点数も一番多いのには更にびっくり。この2年間で何十という作品を作って、それも、どれも畳一畳分以上の大作ばかり。かと思えば手のひらに乗るほどの小ちゃい人形なんかも作ってるから驚きです。私もあと30年続けられるかと自問自答すれば、即答で、む~り、無理、無理…。

今50代の私でさえ、目は見えない、ずっと座っていられない、根気が無い等々なのに。こういう先輩がいらっしゃるだけで元気がもらえて、刺激になって、パッチワークやってる甲斐があるわ。

 

初日の土曜日は雨だったにもかかわらず、たくさんの人が見に来てくれました。うちのご近所さんも二人来てくれました。

日曜日はお天気が良かったので、散歩や買い物ついでに寄ってくれた人も多かったみたい。私の両親と夫も来てくれました。

会場が“市役所の出張所兼公民館”という場所柄、日頃から気軽に立ち寄れる所なので、入りやすいみたい。毎回楽しみにしている人もいるようだし。

 

会場は2階。階段から展示。

 

展示の部屋はテーマごとに分けられている。

矢印が私の。

ここはクリスマスとぬいぐるみの部屋。

トトロと…見覚えのある、うちのワンコ4きょうだい。

 

矢印のが私の。 ↑ のクリスマスリースも ↓ の魔女のタペも一昨年の作品。

 

天使やサンタや雪だるま…手作りの小っちゃいお人形がぶら下がってるツリーは、買ったものとはひと味違うでしょ?

 

東日本大震災への義援金のバザーや手作りコーナーも盛況でした。

…が、写真を撮り忘れたので、さっき撮りました。

帽子のブローチ。

なかなかオシャレでしょ。これ、ボール紙を丸く切った上にペットボトルのキャップを付けて、ひもをぐるぐる巻いて、最後にリボンを付けただけで出来るのよ。15分ぐらいでできるから、手作り体験コーナーでは大忙し。1個300円。これも義援金の寄付になります。

 

これは皆の合作。40人分の40枚。 一応、全員参加という事だったけど、出さない人、出せなかった人がいるので、生徒はもう少しいると思います。(生徒の人数不明)

一番上の真ん中のが私の。

 

で、ジャジャ~ン。

これが私のタペよん。これを間に合わせるために、房総の畑仕事も、ブログの更新もサボってせっせと作ってたのよ。

このタペを見て「うわぁ~、スゴ~イ」って言ってくれるの見て、クスッと笑ってました。ほとんどがキレイなお花や幾何学模様や、犬でもかわいい絵が多い中、ひときわ異彩を放っておりました。

ちなみにこの周りのレンガも、もちろんこういう柄じゃなくて一つずつつなげてるのよ。 レンガ170枚、目地168枚でした。

初心者の私でもこんなの作れちゃうんだから、先生やベテランさんはさぞやすごいだろう、と想像してください。差が付くので載せません。

なんちゃって、本当は自分びいきに、自分の写真ばっかり撮ってました。他の人のスゴイ作品はただただ、ため息ついて見てただけで、うっかり写真を撮り損ねました。私じゃあ、一生かかっても追いつけないわ。退屈しない趣味を見つけたと、あらためて実感したのであった。

さぁて、今日から再来年の出品作品作るかっ!

 

余談。

これは9月。布をつなぎ終えてキルトをするために裏生地とキルト芯を重ねてしつけをかけようと床に広げたら、シュシュがくつろいじゃった。

犬だけでもシュシュより大きいの。大きさわかっていただけますか?

誰?私に似てるって言った人。 似てるかしら?

 

 

 

 

コメント (8)