シュシュといっしょに週末田舎暮らし

ジャックラッセルのシュシュと週末は房総で田舎暮らし
犬の事、家庭菜園、ガーデニング、パッチワーク…さて何が起こるのか?

パンとコーヒー

2016-05-17 10:18:19 | 日記

連休中に、ホームベーカリーが壊れました。

いつも夜にタイマーをセットして、朝パンの焼けるニオイで目覚める…。

それが、真夜中にものすごい音がして、ふたりで飛び起きました。

そのあと、ウンでもスンでもない。

あっちゃ~。これは痛い出費だ。

いやいや、取説を読むと、部品交換で直りそう。

部品の購入費、送料込で1800円。

助かったぁ~。

この部品、消耗品だって。

かなり消耗して動かなくなったんだね。

次の朝、いつも通りの美味しいパンが出来ました。

 

*******************************************

 

COOPで、お店では買えないという、スタバの“繰り返し使えるカップ”を買いました。

一見すると、ただの紙コップのようですが、耐熱性のポリエチレン製。

一回分のコーヒー付。

房総に行くとき、途中のコンビニでコーヒーを買って車中で飲んでいるんだけど、房総から帰る時は高速道路の入口までコンビニが無くて、飲むとしたら缶コーヒーでした。

このカップがあれば、家で作ったコーヒーが入れられる。

今まで水筒に入れたりしてたんだけど、運転席のドリンクホルダーに入らなかったり、紙コップじゃフタが無いなど、ちょっと不便を感じてました。

これのおかげで、行きも帰りも好きなコーヒーが飲めるのでーす。

 

 

コメント (2)

芽が出たよ

2016-05-17 09:39:02 | 

まだまだ真夏の暑さじゃないけれど、外の作業をしていると汗がダラダラ流れます。

ちっこいシュシュは、上手に影を探して涼んでる。

 

さて、連休中に蒔いた種が、もう芽を出してます。

 

【インゲン豆】

 

【ラッカセイ】

 

【エダマメ】

 

【トウモロコシ】

 

 

実家の両親がホームセンターに行きたいと言うので、金曜日に行って来ました。

母が「スイカは手間いらずだし、ツルが伸びるから雑草防止にいいわよ」と言うので、試しに小玉スイカをひと苗買ってみました。

ウリ科とネギ類はコンパニオンプランツ。

この前キュウリを植える時に、ネギを一緒に植えようと思っていて忘れました。

今回こそはと思い、さっそく前の畑からネギを抜いて来ました。

スイカを植える穴に、一緒にネギを植え、お互いの根が絡むようにする。

そうするとお互いの成長を促し、病気の予防にもなる。

コンパニオンプランツを、このように一つの穴に一緒に植えるのを“夫婦型”といい、近くに植えるのを“友人型”というそうですよ。

おもしろいねぇ。

なんか奇妙ですねぇ。 まわりにヌカを撒きました。

 

あちこちに、こぼれ種で芽を出してる赤紫蘇。

毎年それを梅干しに使っていたのだけど、あちこちにあると雑草を刈る時に一緒に刈ってしまうので、赤紫蘇コーナーを作って、新たに種を蒔きました。

 

ジャガイモの花が咲いてます。

 

ピーマンには小さい実が付いてます。

 

今年不作のソラマメ。 サヤは大きくてキレイで美味しいけど、数が少ない。

去年はこのカゴいっぱい採れたのに…。

 

コメント

五月中旬の庭の花

2016-05-16 18:50:33 | 田舎暮らし

今、庭で存在感のある樹、エゴノキです。

ピンクの小さな花が下向きに咲いて、とってもかわいい。

 

小さい花なのに、密集して咲くので、遠くからでもふわっとピンクです。

 

このピンクの隣に、同じエゴノキの白花があって、毎年ペアで仲良く咲いていたのに、今年は葉も無く花も無く、どうやら枯れてしまったようです。

悲しい…。

 

白の次はエンジ、そしてこの紫…と段階的に色違いで咲いていたジャーマンアイリス。

そろそろ終わりです。

 

見事に咲いてくれましたシャクヤク。これ1本から30近くの花を咲かせます。

ほんのりバラのような芳香があります。

 

まだ生ったことが無い温州ミカンですが、こんなに蕾がついてます。

 

同じくレモンにも。

 

梅はそろそろ採り時です。

 

種を蒔いた金魚草が

その名の通り、金魚ちゃんの形で色とりどりに咲いてます。

 

雑草だけどかわいいので、夫が草を刈る時残しました。 

コメント (2)

そろそろ暑さ対策

2016-05-16 18:13:16 | 田舎暮らし

今の季節、暑くも無く寒くも無く、とても過ごしやすくて気持ちいいですねぇ。

だけどサンルームの中は熱さがこもって、熱気ムンムン。

連休中にやるはずだった屋根のヨシズ張りをしました。

(窓のスダレは、一年中掛けっ放しで、冬には巻き上げています。)

去年まで家の脇に脚立をかけていたのですが、パーゴラを作り直して梁の間隔が狭くなってしまい、ヨシズを上げられなくなたので、今年からは雨どいを気にしつつ、こちら側から上げます。

これで、ぐっと涼しくなります。

これがセカンドハウスの夏支度。

 

今頃って何やってたっけ?って思って過去の5月のブログを読み返してみると、「連休中に刈った草がもう伸びてる」と、毎年毎年書いてありました。

夫は、「今回ヨシズ張りと草刈しかしなかった」と言ってますが、

そうです。これからギラギラの真夏までは、もうこればっかりです。

 

だけど草を刈ったあとはきれいになって、夫は「やった!」という達成感があると申しております。

草かぼうぼうだと、花壇との境が分からない状態だけど、こうして刈ったあとは、庭が広くなった気がします。

う~ん、我ながら良い庭じゃ。

一向に花を咲かせてくれない斑入りのヤマボウシ(右の白い葉っぱ)だけど、

中央に見えるギボウシと共に、白い葉っぱが夏の庭を涼やかにしてくれます。

コメント

近所にこんな素敵な…

2016-05-07 23:27:39 | 田舎暮らし

10 連休も明日で終わり。

けっこうハードでしたが、楽しい休日でした。

いつもだったら、連休は一日前に帰って、自宅でゆっくりするのですが、何だか名残惜しくて、ギリギリまでいる事にしました。

少し前まで、ここは別荘という認識でしたが、最近はこちらにいる方が落ち着きます。

来週から日常に戻れるか心配です。

 

シュシュは毎日庭で思う存分遊んで、10日分の汚れをため込んだので、今朝シャンプーしました。

 

 

実は、昨日山のコーヒー屋さんに行った後、もう一軒気になるお店を下見してました。

そこはセカンドハウスから800メートルぐらい、ゆっくり歩いても12、3分の所にあります。

いつも自宅からセカンドハウスに来る時は、館山道の高速を降りてほぼ一本道。

その先へは、めったに行ったことがありません。

この前、鴨川の道の駅にもみ殻を買いに行った時、そのお店に気が付いたのです。

車で通り過ぎる時、「あれ?カフェって書いてあった?」「まさか、こんなとこにコーヒーショップ?」

帰りに確認したらやはりそれらしいけど、ちょっと素敵過ぎる感じで、その時は怖じ気づいて入れませんでした。

 

昨日、勇気を出して、私だけ車から降りてお店の中に入っていくと、とっても感じのいい、この辺には不似合いなほど都会的なご夫婦が出て来ました。

「お店やってますか?」と聞くと、待ってましたとばかりに「どうぞどうぞ」と言われたので「いえ、外で夫を待たせてますので、また出直します」と言うと「是非いらしてください」と言って、お店のチラシとメニュー表をくれました。

外のテラス席もあったので、「犬もいいですか?」と聞くと「もちろんいいですよ」と言ってくれたので、今日3時頃シュシュの散歩がてらコーヒーを飲みに行って来ました。

お店の前には4、5台の駐車スペース。

入口から曲がりくねった道を行くと、途中に可愛いバンガロー風な建物。

お店の名前は『RURAL GARDEN CAFE&gallery』(ルーラルガーデン・カフェ)

 

外に3つある席は、それぞれ違う形のテーブルとイスなので、普通のお家のお庭にいるようで落ち着きます。(全部が揃ってると、いかにもお店っぽい)

縁台でゆっくり庭を眺めるもよし。

 

あまりにもモダンな感じで、最初は気付きませんでしたが、屋根を見て初めて古民家を改装したのだと分かりました。

コーヒーは外のテーブルでしたが、中も見せていただきました。

実際はこんなに明るくありません。もっと薄暗い感じで、とっても落ち着きます。

家の中も、それぞれの部屋に合うイスとテーブルが並んでます。

ご主人はインテリア関係の仕事をしていたというだけあって、室内はとってもセンスが良くて、お見事。

 

うちは犬連れなので、室内でコーヒーを飲むことは無いでしょうが、オーナーの弟さんが趣味で集めている器などの美術品が並んでいるので、それを見るのも一興です。

聞けば、ここを買ったのは15年ほど前で、以前は横浜に住んでいて(やっぱり。なんか横浜の香り漂うご夫婦ですよ)、うちと同じ週末田舎暮らしだったそうです。

そしてなんとご主人のご実家は、うち(自宅)と同じ市でした。

定年退職した後、3年前に横浜を引き払ってこちらに定住して、去年の10月からお店を始めたそうです。

こんなに素敵なカフェなのに、目立った看板がありません。

細面で、ショートカットの白い髪がとっても品の良い奥さんは「夫婦だけでやってるので、あまり宣伝してお客さんがたくさん来ると…いえ、まぁそんな事無いでしょうけど、もしもたくさんいらしたら、私なんてオロオロしちゃって、パニックになっちゃうから…でもあんまりお客さん来ないのも淋しいし…」なんて可愛い事をおっしゃるのですよ。

自分の別荘がある所を、こんな所と言うのもナンですが、こんな所にこんな素敵なカフェが出来たなんて、夢のようです。

あんまり流行るのも落ち着かなくて困るけど、お客さんが来なくて閉店したらもっと困るし、私もお客の立場で奥さんの気持ちと同じです。

1500坪あるというお庭は見きれませんでしたけど、見渡す限りよく手入れの行き届いた素敵なガーデンでした。

お土産にって、庭に咲いてたアヤメを切って渡してくれました。

とってもあったかい気持ちになって、良い連休の締めくくりになりました。

コメント (4)