Inoueinterior Room Blog

報道されない福岡の危機を伝えます。気分転換は山の話題。

【自衛隊名簿提供】2月7日、個人情報保護審議会の傍聴を!

2020-02-04 21:17:40 | 自衛隊名簿提供

昨日(3日)、福岡市は突然、「個人情報保護審議会目的外利用等審査部会」、いわゆる自衛官募集のための名簿提供についての審議日を公表した。それも開催日の4日前にである。会議の日程は、開催日の1週間前(毎週月曜日)までに公表するよう、「附属機関等の会議の開催に関する要領」で決められている。しかし、今回はそれを反故にした。昨日は何度もホームページを確認していたが、午前中の記載はなかった。夕方、公表は来週になるのだろうなと思いつつ確認すると記載があった。一体、何があったのか。

昨日午前、市民団体「市民が主人公の福岡市をめざす市民の会」は、福岡市に対し、「自衛隊への名簿提供方針の撤回を求める申し入れ」を行った。同会によると、申し入れの際、審議会の開催時期について尋ねたところ、市民局は「まだ決まっていない」と回答したという。ところが、そのあとすぐ審議日程が公表されたのだ。これは市民を欺く行為と言われても仕方がないだろう。早速、同会は本日(4日)、抗議の申し入れを行っている。詳しくはこちらで。


そもそも本人の同意なしで個人情報を自衛隊へ提供すること自体、福岡市個人情報保護条例に違反している。にもかかわらず、高島市長は審議会で条例の目的外利用(特例)を認めさせようとしている。なぜか、それは4月に名簿を提供したいからである。市民の反発が高まらないうちに決めてしまいたいと思っていた。そこに市民団体からの申し入れがあり、高島市長のスイッチが入った。時間をかけては不利になる。速攻でやってしまおうと。こうして開催日が前倒しされたのではないか。ちなみに、高島市長は31日、個人情報保護審議会に諮問している。


7日、用意される傍聴席はわずか5名。ふざけた話だが、市民に知られたくない思いの表れだろう。「自衛隊への名簿提供を止めさせる市民連絡会」は5日、傍聴席を増やすよう申し入れを行う。また、多くの市民に会場に集まるよう呼びかけている。ここで市民が反対の意思表明をしないと、もう次はない。審議会は2回はないといわれている。というわけで、ご都合のつく方は、ぜひ会場へ足を運んでほしい。

 

【情報提供を拒否したい方へ】

現在、福岡市議会会派「緑と市民ネットワークの会」でも情報提供を拒否したい人の署名を集めています。

同会派の控室(市役所議会棟11F)へ直接、署名をお渡し下さい。最終分は7日に提出されます。

緑と市民ネットワークの会 TEL 092-711-4875 /FAX 092-733-5881

署名用紙(pdf)はこちらにおいています。

 

 

 

 

 

《関連資料》

福岡市の附属機関等の会議開催情報

 

 

コメント