Inoueinterior Room Blog

報道されない福岡の情報を伝えます
気分転換に山の話題など

福岡県、変異株急増100人超~ワクチン接種は進むのか(4月10日更新) 

2021-04-09 21:40:00 | 新型コロナ

福岡県で変異株が急増している。県が公表している「変異株の発生状況」を見ると、4月8日現在、81人の変異株陽性者が確認されており、そのうち11人が検査済み、残りの70人がゲノム解析中となっている。ただ、全国で変異株が急増しているため、国立感染症研究所の検査に時間がかかっているようで、今のところ型が確定しているのは英国型の8人のみである。(9日現在、英国型23人に)

気になって変異株検査率を見ると、いつの間にか100%を超えていた。先月は50%程だったが、今月は100%超えて113%程になっている。これは今年1月以降に陽性が確認された人だけでなく、それ以前に陽性が確認された人への検査が進んでいることになる。現在、入院または療養している人は400人近い。どこまで遡って検査されるかわからないが、相当数の変異株が確認されるのでは。(と言っていたら、9日、新たに24人の変異株が確認され、計105人に )

要となるのがワクチン。県内最大の人口を抱える福岡市の高島市長は5日の記者会見で、4月12日以降を(試行期間と言えばよいものを)、トライアル期間と位置づけ、一部の高齢者を対象に市内140ヵ所の診療所で接種を始めると意気込んでいた。ところが、7日、福岡市医師会の平田会長が記者会見で、高齢者へ接種を行う市内診療所の医療従事者がまだ一人も接種を受けていないことを明かした。ワクチン接種が進んでいるのは大きな病院の先生方だけ。そのため高齢者向けのワクチンを転用する必要があるという。医療従事者への接種は進んでいるものと思っていたが、、これで高齢者への接種は19日以降になる。

医師会の会見で、福岡市と医師会のすり合わせができていないことが公になったわけだが、こんなことで大丈夫なのか?個別接種については、医師会が調整するようになっているとはいえ、高島市長は市の最高責任者である。肝心なところが抜けたまま発表してはダメだろう。市民の命がかかっているのだから。(いつものことだが)

今朝の報道によれば、4月中の福岡市へのワクチン配分量は1万800回分(5400人分)と固まったらしい。9日はワクチン1箱(約千回分)が届き、その後毎週1~6箱ずつ送られ、計11箱が届く予定だという。高齢者への接種が本格化するのは5月連休明けになる。果たして、このペースで変異株の増加に歯止めをかけることができるのか。とにかく、こちらは感染対策を徹底して身を守るしかない。

 

 

5日、ワクチン接種”トライアル”について説明する高島市長 いつもカタカナというか横文字、、(写真:西日本新聞より)

 

コメント

山口県、変異株検査率100%(4月1日更新)

2021-03-31 17:40:40 | 新型コロナ

今月28日、山口県で初めて変異株が確認された。県は、これまで公表した新型コロナウイルス感染者のうち県内在住の1人が変異株に感染していたと発表。検体は国立感染症研究所(東京)に送り、ゲノム解析をして10日ほどで型が判明するという。感染予防に繋がらないとして、感染者の性別や年代、居住地は公表していない。

山口県村岡知事は28日の会見で、変異株の感染拡大を食い止めるため、陽性者全員の検査を行うと発表。また、高齢者施設の感染防止対策を4月から実施する。希望する従業員を対象に無料でPCR検査を行う。特に感染者が多い、宇部、山陽小野田、山口など6市に呼び掛ける。さすが村岡知事、対応が早い。それに比べて、福岡県。小川知事の辞任で選挙がはじまったせいか、県からの呼びかけは皆無。今月24日、県内で初めて変異株が確認されてからも(代行)知事の会見はない。変異株の感染者は現在6人だが、福岡県の抽出率(陽性者に対する変異株検査の割合)は約50%(2月までは11%)なので、実際にはもっと多いのではないか。

山口県が陽性者全員に変異株検査をはじめて、毎日、変異株の感染者が確認されている。昨日(30日)は3人、本日(31日)は3人。これで山口県内の変異株陽性者は7人となった。感染力が従来のウイルスより70%程度強いと言われる変異株だけに、いかに早く見つけるかが重要になってくる。第4波を起こさないためにも、福岡県は検査率を上げる必要があると思うのだが。

 

 

28日、村岡知事会見  (写真:宇部日報より)

 

 

 

 

山口県知事会見録より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、厚労省公表の変異株検査の流れ

 

 

 

《全国の変異株感染者800人超  2021.4.1更新》

昨日(31日)公表された全国の変異株数は801人(国内678人、検疫123人)で、前週から152人増えている。最多は兵庫県の181人、次いで大阪府の130人。感染者がダントツの東京都はなぜか18人。ゲノム解析が終わっていない(型が確定していない)からなのか、山口県の7人はカウントされていない。つまり、実際にはもっと多くの変異株感染者がいることになる。

 

全国変異株数(3月30日時点)

資料:厚労省・都道府県別の変異株(ゲノム解析)確認数についてより

 

 

 

(さて、これから山口へ)

 

 

《関連記事》

県内初、変異株の感染確認 新型コロナ【山口】(宇部日報 2021.3.29)

【速報】山口県で変異株に3人感染判明 新規は6人、30日の新型コロナ(中国新聞 2021.3.30)

【速報】山口県で新型コロナ変異株に3人、判明済みの感染者から(中国新聞 2021.3.31)

 

《参考資料》

山口県新型コロナウイルス感染症 関連情報

福岡県内における新型コロナウイルス感染症(変異株)の発生状況について

 

 

コメント

福岡市 2月クラスター10ヵ所~更なる脅威”変異ウイルス”

2021-03-14 21:34:34 | 新型コロナ

(取り込んでいたので遅くなってしまったが)福岡市の2月のクラスターは10ヵ所、1月の29ヵ所から大幅に減少した。感染動向を見ると、1月13日の緊急事態宣言発令から1ヵ月過ぎたあたりから感染者数は徐々に減っており、3月に入ってからは1桁台が続いている。昨年11月末からはじまった第3波は、ようやく収束へ向かっているようだ。

10ヵ所の内訳は、多い順に、病院5ヵ所、学校関連(宿舎含む)3ヵ所、民間会社2ヵ所となっている。1月と比べて増えたのは医療関係で、中でも福岡和白病院と九州医療センターは2度目のクラスターとなっている。福岡和白病院では、患者と職員の合わせて72人が感染した。同病院によると、2月24日以降、感染者の発生はないとのことで、3月10日にクラスターは終息したと報告している。また、学校関連では、西日本国際教育学院シリウス会館(南区)の学生寮で100人中31人が感染している。一方、飲食店のクラスターはゼロとなっている。

と思っていたら、更なる脅威がやってきた。9日現在、国内で確認された変異ウイルスの感染者(空港検疫除く)は21都府県271人に上る。内訳は大阪62人、埼玉41人、兵庫38人、新潟32人、神奈川22人、京都19人、東京14人、静岡・広島各7人、福島・鹿児島各5人、岐阜4人、群馬・岡山各3人、山梨・滋賀各2人、栃木・茨城・千葉・長野・石川各1人となっている。今のところ福岡は確認されていないが、ゲノム解析をしてないだけではないか。ちなみに、神戸市は1月、新型コロナの感染者に対して、独自に変異株調査を開始。4日までに1133検体を調べ、74人の感染を確認している。(74人は兵庫県の人数には含まれていない)

山中教授によると、イギリス型変異ウイルスは、感染力が従来のウイルスより70%程強く、実効再生産数(1人の感染者から何人に感染するか)は、従来のウイルスより0.52から0.74程高く、致死性も高い可能性がある。これまでの対策では太刀打ちできないと警告されている。ただ、イギリス型変異ウイルスにもワクチンの効果はあるようで、ワクチンの普及が喫緊の課題だとも述べておられる。

日本医師会中川会長は10日、第3波が下げ止まっているのは、変異ウイルスの関与も指摘されているとして、検査の強化を政府に求めている。その上で、第3波が下げ止まっている現在、さらに大きな第4波が襲来する恐れがあると危機感を募らせている。早くも次の波が迫っている。政府の対応が遅れれば(というか、既に遅れているが)変異ウイルスが蔓延してしまう。こうした状況でオリンピックを強行するとどうなるのか。今、英断を下す時だと思うが。

 

 

福岡市2月クラスター 一覧表

※西日本新聞の情報をもとに、各施設等のホームページを確認の上、作成しています。なお、発生日は福岡市が発表した日です。

今のところ、3月はさらに少なくなりそう

 

 

 

 

福岡市内の感染動向

第3波の収束までおよそ3ヵ月

 

 

 

 

福岡県内の発生状況

福岡県の感染状況を見ると、上昇しそうな気配が、、(このところ北九州市の感染者が多いのが気になる)

 

 

 

 

《関連記事》

医師会長、変異ウイルスの検査強化要請 第4波に危機感(朝日新聞 2021.3.10)

変異株急増の神戸市、独自でウイルス解析可能に すでに74人確認(神戸新聞 2021.3.14)

 

《参考資料》

山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信 ※随時更新中

 

コメント

福岡市、1月クラスター29ヵ所~高齢者施設 過去最多

2021-02-04 15:45:45 | 新型コロナ

福岡市の1月のクラスターは29ヵ所、過去最多だった12月とほぼ同じで、横ばい状態だった。ただ、緊急事態宣言が発令されて、営業時間の短縮効果なのか、飲食店でのクラスターは減少している。一方で、高齢者施設がこれまでで最多の10ヶ所となっている。重症化しやすい高齢者が急増しており、それとともに死者数が増えるなど、懸念していたことが起きはじめている。

29ヵ所の内訳は、多い順に、高齢者施設10ヶ所、学校関連(保育園含む)9ヵ所、民間企業4ヵ所、病院3ヵ所、飲食店2ヶ所、警察署1ヵ所となっている。高齢者施設の次に多いのが学校関連である。学校での感染者は11月頃から増えはじめていたが、福岡市教育委員会のホームページを見ると、1月は小学校と中学校のあわせて48校で感染が確認されており、過去最多。感染者数は児童生徒46人、職員11人の計57人となっている。報道によれば、大半が家庭内感染だという。(57人は掲載分のみで、実際にはもっと多いようだ)

こうした中、福岡県では緊急事態宣言の延長が決まった。高島市長は3日の臨時記者会見で、非常に残念だと悔しがっていたが、今の状況では当然の結果だろう。経済のことばかり口にしているが、どれだけ高齢者が亡くなっているのかわかっているのか。そもそも1月に入って、急激に感染拡大していたにもかかわらず、自粛要請も出さずに呑気なことを言っていたから、このような状況になっているのではないか。小川知事とともに猛省すべきと思うが。(そういえば、小川知事は今月12日に復帰されるとか)

福岡県は、緊急事態宣言の延長を受けて、宣言の解除を国に要請するため独自の判断基準を新たに設けた。直近1週間の新規感染者数の平均が7日連続で180人未満。病床使用率(最大確保するとしている病床760床の使用率)が50%未満というもの。県は2つの基準をどちらも満たせば、3月7日の期限を待たずに国に宣言の解除を要請するという。これに対し、県医師会は、1日の感染者数が100人を切ること。福岡市にあてはめると、50人を切る状態が7日以上続くこととしている。もしもここで見切り発車をすれば、三度、宣言を出すようなことになるかもしれない。そうならないためにも、県は医療現場の声に耳を傾けてほしいのだが。

 

 

福岡市1月クラスター 一覧表 

西日本新聞の情報をもとに、各施設等のホームページを確認の上、作成しています。なお、発生日は福岡市が発表した日です。

医療機関でふたたび出始めた

 

 

 

福岡市内の感染動向

緊急事態宣言から2週間後、28日頃から減少している 効き目はこれからか、、

 

 

 

 

福岡県内の発生状況

病床稼働率は8割近く、重症者は40人で過去最多 解除には程遠い、、

 

 

 

《関連記事》

福岡市で死者倍増、1週間で13人 新型コロナ感染者は減少(西日本新聞 2021.1.26)

市医師会「解除は厳しい水準で」(NHK福岡ニュース 2021.2.3)

西日本新聞・新型コロナニュース ※随時更新

 

《関連資料》

福岡市教育委員会・新型コロナウイルス感染症の患者発生による休校等のお知らせ ※随時更新

 

コメント

宇部市の病院で大規模クラスター

2021-01-20 18:17:17 | 新型コロナ

18日午前、いつもお世話になっているところから一本の電話が入った。悪い知らせだった。病院でクラスターが発生したとのことだった。数時間後、そのことが全国に報道された。(今は通院中で)身内は無事だったが、病院は大変なことになっている。

宇部市舟木の扶老会病院によると、17日、2人の職員が陽性と確認されたため、当該病棟の職員と入院患者全員のPCR検査を実施した結果、18日、68人の陽性が確認されたという。19日には、入院患者16人、職員4人の計20人の陽性が判明。19日17時時点、感染者は90人となっている。内訳は、入院患者269人中、陽性者64人、陰性者205人。職員は、陽性者24人、陰性者179人、結果待ち5人。(20日15時時点で95人。居住地別では、宇部市79人、山陽小野田市11人、美祢市2人、下関市2人、山口市1人)

今回、クラスターが発生した病棟は精神病床で、マスクなどの着用が困難なために感染が拡大したとみられている。これをうけて、山口県村岡知事は18日、記者会見を開いて、看護や介護を提供する療養・精神病棟を対象とした緊急実地検査を行うと発表した。25日まで県内約100ヵ所の医療機関に保健所の職員を派遣。病院内の感染対策などを調べ、必要に応じてPCR検査を行うという。さすが初動が早い。

SNS上では、心無い発言を目にする。患者の方々に罪はなく、もちろん看護師の方々は日々大変なご苦労をされている。しかし、そうしたことが想像できない人の多さに驚く。いつからこういう国になってしまったのだろう、、とにかく、今は一日も早く病院が落ち着くことを願っている。とても大変な状況だと思うが、どうにか踏ん張ってほしい。(明日、山口へ)

 

 

18日午後、緊急実地検査の実施について説明する村岡知事 (写真:宇部日報より)

 

 

 

《関連記事》

県が療養・精神病床の緊急実地検査へ、宇部でのクラスター受け 新型コロナ(宇部日報 2020.1.19)

 

《参考資料》

山口県・新型コロナウイルス感染症の発生状況

扶老会病院ホームページ

 

 

コメント