Inoueinterior Room Blog

報道されない福岡の情報を伝えます
気分転換に山の話題など

築39年、福岡導水管初公開!

2022-12-16 21:16:00 | 五ケ山ダム

昨日(15日)、筑後川から取水した水を福岡都市圏などへ導水している「福岡導水管」が報道陣に公開された。昭和58年(1983年)に完成して以来、はじめてカメラが入った。お陰で貴重な映像を見ることができた。

福岡都市圏では、昭和30年から40年にかけて、人口増加により慢性的な水不足に陥っていた。昭和53年には、福岡市で大渇水が発生して、給水制限は287日に及んだ。(当時、大学生で下宿先に井戸があったので救われた)そうした中、当時の給水資源開発公団は、昭和51年(1976)「福岡導水」工事に着手し、昭和58年(1983)に暫定的に導水を開始した。現在、筑後川から取水した水を福岡都市圏へ約3割、佐賀県基山町へ全量の水道用水として導水している。おそらく、昨年1月、五ケ山ダムが運用開始されたことで、福岡都市圏へ送られる水量は少なくなっているのではないかと思う。(どこかに資料があるはずなので探してみよう)

しかし、40年近く水を送り続けているため、導水管の老朽化は進んでいる。管内で塗装が剥がれたり、錆が発生しているところが46ヵ所見つかっている。そこで、今月13日から水を止めて補修作業が行われている。今回のように導水管内を空水にして、導水管の中に入ることができる機会は滅多にないということで、導水管を管理する「水資源機構」が公開してくれた。個人的には、五ケ山ダム検証をしていた当時から見てみたいと思っていたので、確認できて良かった。同時に、導水管のお陰で私たちは生きてこれたのだなぁと改めて感じた。

 

 

福岡都市圏の“生命線” 地下パイプ内部にカメラ潜入 全長25キロ「導水管」(TNCテレビ西日本より) 

福岡導水管内 直径1.5m、全長25km

 

 

 

老朽化が目立つ

 

 

 

速乾性のセメントを使っている?

 

 

 

今回の補修区間

200mで46ヵ所ということは、まだまだたくさんある?

 

 

 

導水施設平面図

山口調整池(筑紫野市)は天拝山の麓にあるので、天拝湖とも言われている

※今回、取水の停止期間中、この天拝湖から代替の水道用水を導水している

※牛頸浄水場(大野城市)から、福岡市の夫婦石浄水場(南区)と下原浄水場(東区)へ送られている

 

 参考までに、こちらは福岡市の水道水系統図

 

 

導水施設縦断図

取水口から基山分水工までの標高差はなんと約80m、九千部山の麓を通っているのか、、

 

 

《参考資料》

福岡導水事業所HP

 

 

 


五ケ山ダム湖でカヤック体験

2022-07-11 21:11:00 | 五ケ山ダム

五ケ山ダムのダム湖でカヤック体験ができるようになった。かねてから那珂川市は、五ケ山ダムの観光化事業の目玉として水上スポーツを挙げていた。そうした中、ようやくダム湖の使用許可が下りたらしく、今年4月からカヤック体験ができるようになったということだった。今日、モンベル五ケ山店へ注文していた商品を取りに行った際、お店の方から聞いた話である。

五ケ山ダムは当初の予定より2年遅れ、2020年12月22日に試験湛水が完了した。翌21年1月21日、正式にダムの運用がはじまり、同年9月に満水となってから徐々に水位を落とし、現在に至っている。ダムや水量に問題はなくとも、ダム湖を使用するためには、ダム管理者である福岡県と利水者である福岡市の許可が必要となる。五ケ山ダムの水は飲料水として使用するため、なかなか許可が下りなかったのではないだろうか。そういえば、3年前、245T剤問題で福岡市水道局とやり取りした際、那珂川市がダム湖をスポーツに活用する予定だと話すと、初耳だったらしく驚いていたくらいなので。

モンベル五ケ山店の方の話によれば、カヤック乗船場は、予想通り、モンベルから佐賀橋方向へ約100m先の駐車場手前にある道を降りたところで、入り口には艇庫がある。この道は五ケ山ダム建設時、骨材製造設備のためにつくられたもので、かつての村道へと続いている。今は水の底となってしまったが。

気になるコースは、ダム堤体付近を除いた部分で、スケジュールは約2時間。これから夏休みに入るので子供連れの方も増えてくるのでは。現在の貯水位だと、ダム湖で一番深い所は約80mほど、くれぐれもご用心を。

 

 

 

カヤック体験チラシ(モンベル五ケ山店にて) 

主催はモンベル五ケ山店、協賛は那珂川市

詳しくは、モンベルホームページ「カヤック体験Halfday  五ケ山ダム」で。

 

 

撮影日:2022.7.11 

モンベル五ケ山店(右)と飲食店『TRAIL』(左)

 

 

 

ここから降りる

 

 

 

カヤック艇庫 

 

こちらは3年前の様子(艇庫をつくっているところなど、いろいろ載せています)

 

 


五ケ山クロス『TRAIL』カレー

2022-07-03 18:30:00 | 五ケ山ダム

昨日(2日)、五ケ山ダムの様子を確認後、五ケ山クロスベースに先月9日オープンした飲食店「TRAIL」に立ち寄った。ちょうど開店したところで、お客さんの姿はなかったので、店内で食事をすることにした。(実に3年ぶりの外食)

お目当ては、TRAILカレー(ココナッツミルクカレー)🍛アレンジは見事で、お味のほうは、(スパイスは効いていたけど)あっさりめ。ドリンクはたくさん種類があって迷ったけれど、アイスカフェラテ☕に。美味だった。

 

 

TRAILカレー(ミルクココナッツカレー)具沢山!

スパイスの効いたチキンが山盛り、もう少しルーが欲しかった、、

 

 

 

アイスカフェラテと一緒に

 

 

 

 

店内の様子 壁がちょっと寂しいかな、、

 

※撮影は許可を得ています。ただし、カウンター内の撮影はNGでした。

 

 

《余談》

先月は姉の容態が悪っかたこともあり、山口ー福岡走行㌔は1000km超。さすがに運転するのがきつかったので、今回は相方にアッシー君になってもらった。こってりとしたカレーが好きな相方には物足りなかったようで、前のお店(オリーブカレーとグリーンカレー)のようにもう1種類あればいいのにな~と思った。

 

 


梅雨明け直後の五ケ山ダムと南畑ダム

2022-07-02 17:40:00 | 五ケ山ダム

台風4号は、2日正午現在、沖縄県の南大東島の西南西約130Kmあたりを1時間に約30㌔の速さで北北西に進んでいる。この後、東シナ海で進路を東寄りに変えて、来週5日から6日頃に九州や西日本に接近するらしい。というわけで、台風が来る前に五ケ山へ。

先日の報告どおり、五ケ山ダムではおよそ半分ほどの水量となっていた。半分といっても利水量は14,165,000 ㎥。他のダムに比べて桁違いに多い。現在、副ダムから南畑ダムへは約3㎥/S放流されているようで、南畑ダムでは7割程の水量を蓄えていた。どちらのダムもじわじわ貯水率は落ちてきているが、今のところ問題はなさそうだ。このまま少雨が続くようだとわからないが。

 

 

撮影日:2022.7.2

五ケ山ダム 7月1日現在の貯水率44.7%  福岡市内に比べると6℃気温が低く、風が心地よい(午前10時頃)

 

 

 

 

定点から見る  ビオトープ、だんだん馴染んできた

 

 

 

ダム堤体から見る 

 

 

 

貯水位約388m  どこまで上昇するか、、

 

 

 

 

副ダムから放流 水は南畑ダムへ

 

 

 

こちらは南畑ダム

7月1日現在の貯水率72.2%

 

 

 

《関連記事》

台風4号北上中 沖縄や奄美に雨雲かかる 来週は西日本に接近の恐れ(tenki.jp 2022.7.2)

 

《参考資料》

福岡県主要ダム貯水状況

福岡市関連ダム状況

 


九州北部 梅雨明け、五ケ山ダム貯水状況は(7月3日更新)

2022-06-30 21:30:00 | 五ケ山ダム

6月28日、九州北部(山口含む)が梅雨明けした。一瞬、フェイクニュースかと思ったが、そうではなかった。気象庁によれば、平年より21日(昨年より15日)早く、1951年の統計開始以降、最も早い梅雨明けだと。梅雨期間はわずか17日間(梅雨入り6月11日)で、こちらも統計開始以降、最も短い。こうなると気になるのが水不足。

梅雨明け以降、五ケ山ダム(カテゴリー)へのアクセスが急増しているので、取り急ぎ、五ケ山ダムの最新貯水状況を報告しておきたい。福岡県ダム情報によると、6月29日現在の五ケ山ダム貯水率は44.4%と半分以下に。ただ、五ケ山ダムは脊振ダムや南畑ダムと連動しているので、これらのダム貯水率も見ておく必要がある。そこで見ると、脊振ダムは68.8%、南畑ダムは79%で、3つのダム平均貯水率は64%。すぐさま水不足になるような状況ではなさそうだ。ちなみに、6月25日午前11時頃から午後5時頃にかけて、脊振一帯で100ミリ程度の雨が降っており、貯水率は若干上昇している。

そういえば、昨年は梅雨時期に雨がほとんど降らず、8月に入ってから梅雨のように雨が降り続いた。秋雨前線による大雨で(8月11日から17日までに)1000ミリ近い雨が降り、五ケ山ダム水位は一気に29m上昇し、ダムは満水になった。今年はどうなるのだろう。報道によれば、来週は”戻り梅雨”になるとか。(それならわざわざ梅雨明け宣言しなくてもと思うのだが)毎年7月5日、6日頃に災害が起きているので、大雨への警戒は忘れずに。

 

と言っていたら、今日、1日午前9時、台風4号が発生。4日から5日にかけて九州北部に接近する。これから本番。(7.1更新)

九州 台風4号 来週初めに九州へ接近のおそれ 今後の影響は?(tenki.jp 2022.7.1)

 

 

 

五ケ山ダム貯水位(6月30日11時現在)

今のところ水不足の心配はなさそう

 

 

 

五ケ山ダム観測データ

25日午後4時頃、1時間40ミリ以上の豪雨に 

ちなみに、山口の田舎は24日午後5時頃から大雨に。まさかあの雨で梅雨明けになろうとは、、

 

 

福岡県主要ダム貯水状況(6月29日現在)

18ダム貯水率 平年より約18ポイント、昨年より約14ポイント少ない(油木ダムは深刻な状況)

 

 

 

福岡県主要ダム貯水率(6月29日現在)

これからどうなるか、、

 

 

 

※7月2日、五ケ山ダムと南畑ダムへ行きました。現地の様子はこちら。(2022.7.3更新)

 

 

《関連記事》

九州北部 早い梅雨明け 短い雨の季節(tenki.jp 2022.6.28)

九州北部 最速梅雨明け…福岡水不足懸念の声(読売新聞 2022.6.28) 

まだ40℃の酷暑が継続か 今回の異例の暑さいつまで  来週は戻り梅雨で暑さに変化(tenki.jp 2022.6.29)

 

《参考資料》

福岡県主要ダム貯水状況

福岡県総合防災情報

気象庁台風情報