Inoueinterior Room Blog

報道されない福岡の情報を伝えます
気分転換に山の話題など

五ケ山ダム、ついに満水 試験湛水開始から3年半(最終更新4月22日)

2020-04-22 17:55:00 | 五ヶ山ダム

試験湛水がはじまって3年半、ついに五ケ山ダムが満水(試験湛水目標水位:サーチャージ水位413.4m)に達した。昨日(20日)、福岡市水道局のツイッターで満水なったことを知ったが、ブログの五ケ山ダム関連のアクセスが急に増えたので、おかしいなと思っていたが、そういうことだった。

(ご存じでない方もおられるかもしれないので)ふりかえってみると、五ケ山ダムは、昭和54年の調査開始から37年の歳月を経て、(RCD工法採用により)予定より1年早い2016年1月にダム本体が完成した。そして、同年10月21日に試験湛水がはじまった。当初、福岡県は満水まで1年半と見込んでいた。しかし、予測は大きく外れた。翌17年から断続的な少雨となり、巨大なダムには一向に水は溜まらなかった。同年7月には九州北部豪雨が発生したが、五ケ山周辺では大して雨は降らなかった。さらに、18年に入っても少雨は続いた。そうした中、7月6日西日本豪雨が発生した。この時、脊振一帯は豪雨となり、ダムの水位は一気に7.6m上昇、常時満水位(407.1m)に到達した。これで試験湛水も進むかと思われたが、そうはいかなかった。(この時点で併用開始は1年遅れといわれていた)

その後、ふたたび少雨は続き、ダムの水はどんどん減りはじめた。当然のごとく、五ケ山ダムのすぐ下にある南畑ダムの水も減るわけで、昨年(19年)1月、南畑ダムの貯水率は17%まで落ち込んだ。これほど低くなったのは、平成6年の「平成大渇水」以来のことだった。南畑ダムは福岡市へ水を供給しているため、水不足に陥ることを危惧した高島市長は1月30日、試験湛水中の五ケ山ダムの水を使うことを決め、県に要請をした。こうして、昨年2月14日、五ケ山ダムの放流がはじまった。放流は梅雨前まで行われた。この放流によって、水位は西日本豪雨前(6月1日399m)まで下がり、試験湛水は振り出しに戻った。

昨年は、6月末の九州南部の大雨にはじまり、7月の台風5号による大雨(このとき水位は401m)、さらに8月末の梅雨前線による豪雨と自然災害が相次いだ。皮肉なことに、こうした中で五ケ山ダムの水位は回復していった。8月28日には、満水(サーチャージ水位)まで4mのところ(409m)まで水位が上昇したため、洪水調節が行われた。その後、徐々に水位を上げていたようだが、今年に入ってからは、コロナ騒動で五ケ山ダムのことは頭からすっぽり抜けていた。そうした中、昨日、満水を知った。すぐさま、県の河川情報を見てみると、3月末時点で水位は411mまで上昇していた。今年は年明けから雨が多かったので、水は順調に溜まったのだろう。

これからダムの点検をしながら徐々に水位を下げていき、問題がなければ本格的に併用開始となる。当初の予定から2年遅れ、事業開始から実に41年である。五ヶ山ダム事業を追い続けておよそ8年、色々な思いはあるが、今、人々は未知のウイルスとの戦いの中にあって、水はいつも以上に貴重な存在となっている。それゆえ、今はただ、災害に見舞われることなく、五ケ山ダムが無事に運用され、人々のために役立つことを願っている。(2020.4.21)

 

 

この時点でサーチャージ水位まで4mだった (写真:今年1月10日撮影)

 

 

 

4月20日、満水に (福岡県 河川防災情報より)

 

 

 

 

《五ケ山ダム満水で”越流" 2020.4.22更新》

今日(22日)、那珂川市のわが家の畑へ行くついでに(外出自粛要請が出ているので気は引けたものの)、五ケ山ダムへ。現地に着くと、水位を下げるための放流がはじまっていた、と思ったら、”越流”だった。最高水位に達したため、自然に水が下へ流れていたのだ。あとで知ったことだが、これがニュースになっていたようで、ダムサイトには家族連れで訪れる人の姿も。急いで写真を撮り、退散した。

貯水開始から約3年半 五ケ山ダムで”越流”(九州朝日放送 2020.4.20)※越流の様子が動画で見れます

 

 

撮影日:2020.4.22

満水 海のように

 

 

 

 

堤体付近

 

 

 

 

定点から見る 

 

 

 

水は洪水調節ゲートへ(中央は取水設備)

 

 

 

 

 

佐賀大橋 水迫る

 

 

 

 

これまでで最高水位 (かつての小川内集落と東小河内集落あたり)

 

 

 

 

すべての洪水調節ゲートから(放流だと思っていた)

 

 

 

 

水位は413mくらい すでにサーチャージ水位(SWL)を少しだけ下回っていた

 

 

 

 

越流模様   生き物のよう、、

 

 

 

コメント

五ケ山クロスベース、飲食店閉店 

2020-03-02 18:28:28 | 五ヶ山ダム

新型コロナウイルスの感染が広がる中、昨年12月に注文しておいた相方の車が届いた。トヨタの担当者の方の話によれば、今年受注した分については、コロナウイルスの影響で納車も遅れるそうで、ぎりぎりセーフのところだった。というわけで、相方の車の走行チェックを兼ねて、五ケ山へ。

五ケ山クロス・ベースに到着すると、アウトドアショップ「モンベル」の横にあった飲食店がなくなっていた。1月中旬には、「CAPANNA」から別のお店に代わっていたが、それもなくなっていた。那珂川市のホームページを見てみると、2月18日に終了したとある。昨年のオープン時からお客さんが少なかったので心配はしていたが、1年も経たないうちになくなるとは思わなかった。平日、特に冬場はアウトドアをする人も少ない。佐賀と福岡を結ぶ幹線道路沿いとはいえ、商業車も大して多くはない。食事に立ち寄る人も少なかったのだろう。あとコロナウイルスの影響がないとも言えない。

予てより述べているが、この際、ここを歴史資料館として活用してみてはどうだろうか。五ヶ山には、福岡と佐賀に纏わる貴重な歴史が多く残されている。伊能忠敬が測量したといわれる、博多と肥前神崎を結ぶ古代の道「肥前、筑前街道」や両国の境に敷かれた「国境石」、戦国時代には軍事上の要衝となった「佐賀橋」など。これらはすべてダムによって姿を消してしまったが、資料や文献、写真はたくさん残っている。目の前に広がるダム湖、その底に沈んでしまった歴史を紐解いてみるのも、興味深いものだと思うのだが。何より、歴史から地形を知ることもできる。アウトドアにも結びつく。

那珂川市は、ふたたび事業者を募集しているが、飲食に固執してしまうと同じような結果になるのではないだろうか。宮崎県西米良村の「小川作小屋」のように、歴史に浸りながら食事をするというのもよいのでは。あそこまではできないにしても、厨房も備えてあるので、那珂川市の特産ヤーコンやハーブなどを使った料理が食べれるコーナーをつくってみてはどうだろうか。毎日でなくとも、週末やイベントの時だけでも地元の人に協力してもらうとか。(那珂川市には料理上手で元気なご婦人もおられるので)五ヶ山を観光地にするというのなら、地元の人との交流は大事なことだと思うのだが。今のままでは寂しすぎる。

 

撮影日:2020.3.1

「五ケ山ヒストリーホール」にしてみては、、

 

 

 

《関連資料》

那珂川市。五ヶ山クロスホームページ

 

 

コメント

【現地最新情報】南畑ダム貯水率35%、県内最低 五ケ山ダム満水位超(1月18日更新)

2020-01-15 09:25:00 | 五ヶ山ダム

先週末、久しぶりに五ケ山へ出かけた。ダム状況など確認するためだったが、南畑ダムの水位が予想以上に低いのに驚いた。昨年8月豪雨で満タンになっていたが、ここまで低くなっているとは思わなかった。昨年秋以降、少雨が続いている上、五ケ山ダムからの流入量が制限されているからだろうか。一方の五ケ山ダムは超満タン。常時満水位を約2m超え、洪水時最高水位まで約4mのところを維持していた。これは昨年8月豪雨後の水位とほぼ同じである。ふりかえってみると、ここ数年は豪雨と少雨の繰り返しで、梅雨や台風による豪雨でしか水を確保できない状態が続いている。同時に災害と隣りあわせな状況も続いており、西日本豪雨の際は、五ケ山ダムの水位が数時間で6m上昇するようなこともあった。果たして、このふたつのダム、今年はどうなるのか。

ところで、昨日の西日本新聞に、災害の要因のひとつとなっている「線状降水帯」について、発生場所を事前に予測することで災害の軽減につなげようとする試みが紹介されていた。線状降水帯の発生を高精度で予測、その情報を自治体に提供するシステムの実用化を目指し、防災科学技術研究所と福岡大学が九州で実証実験に乗り出すという。具体的には、今年の梅雨までに、福岡大学が水蒸気を観測する機器「水蒸気ライダー」を長崎県と鹿児島県に設置。その観測データを基に、線状降水帯が12時間後に発生する可能性が高い地域を5キロの精度で予測し、情報を自治体に通知して早期避難につなげる。21年には、地上デジタル放送の電波を利用した水蒸気観測機器も導入し、観測網を強化するという。ちなみに、設置場所が九州なのは、線状降水帯の発生率が高いからだと。

それにしても、今年の冬は昨年以上に雪が降らない。温暖化がますます進んでいるのだろうか。昨日、気象庁が発表した2週間気温予報によると、北海道を除くすべての地域が平年より「高く」、特に西日本や九州は「かなり高い」となっている。この暖かさがのちにどう影響することになるのか、今から心配になる。もうこれ以上、災害は起きてほしくないが。

 

撮影日:2020.1.10

南畑ダムの貯水率はおよそ35% 県内で一番低い

 

 

こちらは昨年1月12日 貯水率は約17%にまで落ち込んでいた

 

 

 

五ケ山ダム 目いっぱい貯めこんでおいて、南畑ダムの貯水率が3割を下回ると放流がはじまるのかな(これまでのデータで予測)

 

 

 

 

ビオトープも沈みかけている そもそもつくる必要があったの?

 

  

こちらは昨年1月12日の様子 

 

 

 

現在の貯水位は約409m、洪水時最高水位まであと約4m (時間の都合で五ケ山クロスベースから撮影)

 

 

 

 

地図が真っ赤、、 

 

 

 

《追記》

本日のフランス通信社の報道によると、2019年の海洋の海水温が観測史上群を抜いて最も高かったことが明らかになったという。世界中の専門家で構成された研究チームが、昨日発表した論文によって明らかになった。それによると、人為的な温室効果ガス排出による海洋温暖化の進行ペースがますます速くなっており、地球の気候に破滅的な影響が及ぶおそれがあるという。執筆者の一人、米ペンシルベニア州立大学のマイケル・マン氏は「海水温の上昇は蒸発量の増加を意味する。その結果として降雨量が増加、大気における蒸発の需要も増える。これは次に大陸の乾燥を引き起こす。大陸の乾燥は、南米アマゾンから米カリフォルニア州や豪州、北極圏までに及ぶ地域で最近発生している森林火災の背景にある主要な要因の一つだ」と。なんとも恐ろしいことになってきた、、

ひまわりリアルタイム画像を見てみると、、地球が赤い、、(1.17)

 

 

《関連記事》

「線状降水帯」水蒸気で予測 防災科研など、九州で実証実験へ (西日本新聞 2020.1.14) 

2019年の海水温、記録史上最高 国際研究( AFPBB News 2020.1.15)

九州、なぜ初雪降らないの? 111年ぶり記録更新か(西日本新聞 2020.1.18) 

 

《関連資料》

福岡県主要ダム貯水状況

福岡県河川防災情報

気象庁・2週間気温予報

 

 

コメント

五ケ山クロスキャンプ場上、土砂崩壊状況

2019-11-01 11:11:11 | 五ヶ山ダム

脊振山中埋設地からの帰路、五ケ山クロスキャンプ場上の林道で発生している土砂崩壊の状況を確認するため、キャンプ場に立ち寄った。テントサイトには、アウトドアを楽しむ家族の姿が見られた。山のほうを見ると、前回(9月)に比べ、僅かではあるが、土砂崩壊が進んでいた。同時に、コンクリートの破片が谷底に落ちているのが確認できた。五ケ山トンネル手前にある展望台近く、崩落現場へ繋がっている倉谷林道入り口あたりを見渡してみたが、工事車両らしきものは見当たらなかった。この崩落現場以外に4ヵ所林道が崩壊していており、そちらを先に行うという福岡森林管理署の話だったが、まったく工事の気配がない。もしかして、災害が多すぎて人手が足りないのか。

その後、キャンプ場から五ケ山ダムサイトへ移動した。ここからも崩落現場が見える。ちょうど日が差していたので、斜面がえぐられている様子がはっきりと見えた。これから雨が少ない季節とはいえ、この状態が長く続くと大規模に崩壊する恐れもあるのではないだろうか。林野庁は心配ないと言っているが、雨だけでなく地震もある。自然はそんなに甘くないと思うのだが。

 

 

撮影日:2019.10.30

崩落現場  日を浴びてくっきりと(五ケ山ダムサイトから)

 

 

 

ここから見る(写真中央)

 

 

 

こちらは五ケ山クロスキャンプ場 朝早くからテントが張られていた 

 

 

 

山のほうに目をやると崩壊場所が見える(写真右)

 

 

谷底にコンクリートの破片が見える(キャンプ場上の駐車場から)

 

 

 こちらは今年9月の様子

 

 

 

倉谷林道北側入り口 工事の気配なし

 

 

 

五ケ山ダム 現在、平常時満水位を1m超えた約408mで維持されている

 

 

 

久しぶりに、福岡県の河川防災情報を見ると、なぜか10月以前のダムデータが削除されていた。どうしてなのか、何か都合の悪いことでもあるのか。過去のデータは防災上、貴重な資料となる。少なくとも1ヵ月前までは公開されていたのに、これは確認する必要がありそうだ。

 

 

《関連資料》

福岡県 河川防災情報

 

 

 

コメント

五ヶ山クロスキャンプ場上の土砂崩壊、工事は来年に

2019-09-13 15:11:51 | 五ヶ山ダム

先月27日からの秋雨前線による大雨で、五ヶ山ダムでは洪水時最高水位にあと4mのところまで水位が上昇した。一時はどうなるかと思って見ていたが、28日午後、雨は小康状態となり、大事には至らなかった。あれから2週間、五ヶ山クロスキャンプ場上の土砂崩壊の状況がずっと気になっていたので、五ヶ山へ行ってみることにした。

生憎、山の上はガスがかかって視界は不良だった。キャンプ場上の駐車場から望遠レンズを使って見たところ、土砂崩壊はじわじわ進んでいるように見えた。キャンプ場横の道路を挟んで山側には砂防ダムがあるが、そのそばに林道らしきものがある。その道を少し上ってみたが、変わった様子はなかった。先月、那珂川市に確認した際、国は7月14日から来年1月17日までの期間に工事を行うという話だったが、現地周辺を見る限り、まだ着手はされていないようだった。

五ヶ山ダムに着くと、洪水調節ゲートから勢いよく水が放流されていた。選択取水設備に設置された水位表示をみると、ダムの水位は常時満水位を超え、およそ407.6mだった。ピーク時からすると1.9mほど低下しており、満水位をキープしていた。この状態だと、もう一度、先月末のような大雨になれば、あっという間に洪水時最高水位に到達してしまうのではないだろうか。先日、五ヶ山ダムのおかげで浸水の被害が出ていないという、県土整備部部長のインタビュー記事を目にしたが、今、五ヶ山ダムを評価するのは時期尚早ではないか。

そういえば、坂本峠から佐賀県側は土砂崩れのため、通行止めとなっていた。毎年、この時期、脊振山のどこかで土砂崩れが起きている。ここ数年の雨の降り方は昔と比べものにならないほど、破壊力が増している。それゆえ、キャンプ場上の土砂が大規模崩壊しないうちに、早く工事をしてほしいと思っているのだが、、(9月12日記)

 

《追記》

本日(13日)、状況を確認するため、福岡森林管理署に問い合わせたところ、キャンプ場上の土砂崩壊場所に至るまでに、林道が4ヵ所崩れているとのことだった。そのため、現在、そちらの工事を進めている(測量を行っている)とのことで、それが終わり次第、来年度の予算でキャンプ場上(山腹)の工事を行うとのことだった。聞くと、やはり2年前の九州北部豪雨と昨年の西日本豪雨でやられていた。というわけで、来年工事が終わるまで豪雨が起きないことを祈るしかない。

 

撮影日:2019.9.12

コンクリート塊が砕けながら落ちている 白く見えるのは光が当たっているから(森林管理署談)

 

 

こちらは大雨前(7月30日)の様子  

キャンプ場上の駐車場から崩落現場を見る(写真右上)

 

 

 

 

 

キャンプ場横の道から崩落現場を見る(写真中央上)

 

 

 

 

キャンプ場近くにある砂防ダム 水量が多い

 

 

 

 

崩落現場は倉谷林道上にある(紫丸)。この林道ではこのほか4ヵ所で崩壊が起きているというが、五ヶ山ダムができてから林道にゲートがつくられ、鍵がかかっているので入ることはできない(この林野庁国有林図面は古いため、五ヶ山ダムは記入されていません) 

 

 

 

五ヶ山クロスキャンプ場 平日午前中は閑散、、 

 

 

 

五ヶ山ダムへ

ちょうど洪水調節ゲートから放流中

 

 

 

 

 

近づいてみる

 

 

 

 

ゲート真上から

 

 

 

 

常時満水位を超えている

 

 

 

 

今の水位は407.6m 先月28日には409mを超えていた

 

 

 

 

ダム堤体から

 

 

 

 

ダム堤体付近

 

 

 

 

どこまでも続く水面の先にわずかに残った那珂川が その先に背振ダムがある

 

 

 

 

坂本峠、通行止め   

 

 

 

《関連記事》

豪雨災害からの復旧復興の進捗と福岡県のインフラ整備(後)(NETIB-NEWS 2019.9.9) 

 

 

コメント