Inoueinterior Room Blog

報道されない福岡の情報を伝えます
気分転換に山の話題など

コガタスズメバチの巣ツイン!

2020-07-27 17:17:17 | 日記

コロナもさることながら、こちらも危なかった。先週、山口の実家で家の周りを掃除していたところ、軒下に何やら不思議な形をした茶色の物体が2つぶら下がっていた。昔の配線器具だろうかと近くで確認してみたがそうではない。(もしやと思い)ネットで調べてみると、なんとコガタスズメバチの巣だった。徳利を逆さにしたような形だったので、それとわかった。

コガタスズメバチは、コガタという名は付いているが、実際にはキイロスズメバチよりも大きく、容姿がオオスズメバチに似ているので、比較のためにこの名前になったとか。性格は温厚らしいが、庭に巣があると気付かずに刺されるケースが多く、駆除依頼も一番多いとか。そういえば、昨年の夏、庭の剪定をしていて(樹木の中に巣があって気付かず)アシナガバチに2回刺され、危ういところだった。今回は幸いにも、巣が妙な形をしていたので助かった。

コガタスズメバチの巣は、創始期(5月頃)は徳利を逆さにした形をしていて、6月頃は嬢王蜂1匹と成虫が数匹。7月に入ると成虫が働き蜂となって巣の口を取り払い、普通の球状の形になる。こうなると素人が駆除するのは危険らしい。今年は梅雨が長く雨が多いせいか、7月後半でも巣はまだ初期の形だった。そういうわけで、意を決して巣を駆除することにした。完全武装の上、蜂が巣の中にいる遅い時間に駆除スプレーをし(この時、嬢王蜂が飛んできたが怯まずスプレーをかけ続け)、翌日、巣を取り除いた。

何はともあれ、無事に駆除ができた(綺麗な状態だった)ので、相方に見せようと福岡へ持ち帰った。(相方が)巣を解体をすると、中には綺麗な正六角形の巣があり、そこに成虫らしきものが。気の毒だが、これが大きくなると大変なことになるのでご容赦を。それにしても毎年、蜂の巣駆除とは、、ホント勘弁してほしい、、

 

撮影日:2020.7.22~25

コガタスズメバチの巣、ツイン! 横縞模様が付いている(山口の実家にて)

横方向に縞模様が付いているのがコガタスズメバチの巣で、縞模様がないのがトックリバチの巣だと(なかなか作業が細かい)

 

 

 

巣の表面は薄い土で出来ているので落ちやすい(福岡の自宅にて)

 

 

 

 

上部をカットすると、きれいなハニカム型の巣が 二重構造になっている (那珂川市の畑にて) 

 

 

 

 

成虫が、、(トップ写真、左の巣のほう)

 

 

巣は相方が解体、畑に埋葬しました。私は立ち会っていません。(もうだめです)

 

 

《参考資料》

コガタスズメバチ:上野高敏九州大学大学院 農学研究員

 

 

コメント

Not Stay Home~遠距離介護

2020-05-20 20:50:50 | 日記

福岡県ではじめて感染者が確認されて今日で3ヵ月。4月7日に出された緊急事態宣言も今月14日に解除され(まさか福岡県が解除されるとは思わなかったが)、ほんの少し緊張が解れた。感染者数を見ると、今月1日から昨日(19日)までが17人、直近1週間では3人、4月と比べると感染者は格段に減っている。ただ感染者は減ったとはいえ、一歩外へ出ると、福岡県を見る目は厳しい。

緊急事態宣言が出た後も(母を見捨てるわけにはいかないので)、介護のため山口と福岡を行き来しているが、山口県は福岡県を感染多発地域として警戒しているので、病院では検温や質問攻めにあっている。中にはそれもなく、福岡県というだけで来院拒否する病院もある。仕方がないことと理解はしているが、まるで犯罪者にでもなったような気分になる。全国では、他県ナンバーの車に投石するというようなこともあるそうだが(そこまではないにしても)、人の視線は痛く感じる。

19日夜、NHKクローズアップ現代+「新型コロナ 遺族からあなたへ」で、コロナで最愛の人を亡くされた遺族の方が、感染者への差別がある中、僅かな人の支えを頼りに、前へ生きていこうとされている姿を伝えていた。見ていて今の心境と重なるものがあった。中でも、がん感染症センター都立駒込病院の今村医師の「戦うのはウイルスであって人ではない。人と人との距離をとることは重要だが、心の距離まで離してはいけない」の言葉が心に響いた。これからウイルスとの長い戦いの中で、忘れてはならないことだと思った。

いろいろと思うところはあるが、今は現実を受け止めながら、淡々と介護を続けていくしかない。第2波は必ず来るといわれているので、これまで以上に感染しないよう最大限の注意を払いながら。

 

緊急事態宣言中、トラックが目立つ (5月10日、九州道上り線 吉志パーキングにて撮影)

 

 

 

 

福岡県内の感染動向(福岡県オープンデータ)

最近は感染者ゼロの日も増えてきた

 

 

 

《関連記事》

「感染第2波は不可避」英専門家、過信に警告―日本は検査拡充を(時事ドットコム 2020.5.19)

 

 

コメント

フラワームーン@福岡

2020-05-08 16:13:00 | 日記

昨日、5月7日の満月は”フラワームーン”。名前はアメリカの農業歴に由来しているようで、北米ではこの月、多くの花が満開になることからフラワームーンと呼ばれるようになったとか。それが最近、日本でも使われるようになったとか。(初耳だった)

天文学的には、先月4月8日の満月が今年地球に最も近く、最大の満月だった。というわけで、昨夜の満月はそれより小さめ。ちなみに、今年地球から最も遠い、最小の満月は10月31日。視直径は最大より約14%小さく、約30%暗い。とはいえ、ほとんどわからない。農業歴をみると、最大はピンクムーン、最小はハンタームーン。呼び名はいろいろあれど、月に変わりはない。地球上で起きていることを知ってか知らずか、昨夜も綺麗に輝いていた。

 

 

撮影日:2020.5.7 午後10時前

フラワームーン🌸  シャッタースピードを速くして(F6.3、ISO400、1/640s)トリミング有 

 

 

 

 

明る~い  シャッタースピードを遅くして(F6.3、ISO400、1/250s)トリミング有

 

 

 

 

アメリカ農業暦(The Old Farmer’s Almanacより)

 

 

 

《参考資料》

国立天文台HP

 

 

コメント

Stay Home ~ 茶摘み中止

2020-05-04 13:23:00 | 日記

いつもなら今頃、宮崎の山でヤマビルと格闘しながら茶摘みをしているところ、今年はコロナのため中止。緊急事態宣言が解除されれば、宮崎県へ入ることも許されるのだろうが、こればかりはやむを得ない。

宮崎の田舎にある義父の茶畑は、山の急斜面にあるので、茶摘みといっても、さながら登山のようなもので、おかげで足腰が鍛えられる。製法は昔ながらの釜炒りで、いくつもの工程を踏まなくてはならない。まず釜に火を入れ(湯を張り綺麗にした上で)、葉を釜で煎り、しっとりしたところで、揉み機に入れて揉む。(昔は手で揉んでいた)次に揉み機から取り出し、塊になった葉を手で揉み解す。この時、エビ(茶色になった茎)など取り除く。そのあとエビラ(大きな網板)へ移し、乾燥機に4時間ほどかける。熱がとれてから、乾燥した茶を揉み解し、ざるを使って振るいにかけ(これが難しい)、さらに仕上げに茶専用の乾燥釜で乾燥させること3時間。(ここで乾燥釜に入れずに手で煎ると、また一味違う)こうして出来上がり。

師匠である義父が亡くなって2年、なかなか上手くはいかないが、少しずつその味に近づいてきたかなと思ったり。今年こそは良いものをつくろうと意気込んでいただけに、茶摘みができないのは残念。摘めなかった茶木はそのままにしておくとよくないので、手入れ(剪定)をしなくてはならない。いつ宮崎へ行けるのか。とにかく、一日も早く日常を取り戻すために、今はStay Home、、

 

 

茶畑から見る風景 新緑が恋しい、、(昨年5月1日撮影)

 

 

 

昨年、撮っておいたもの(手は相方)

葉を釜で炒る 香りを届けられないのが残念、、(ここの炒り方で茶の味が決まる)

 

 

 こちらは揉み機

 

 

 

茶専用の乾燥釜に入れず、手で煎っているところ (茶を焦がさずゆっくり混ぜるのがコツ、あと体力勝負)  

 

 

   こちらは茶専用の乾燥釜

 

 

 

自然の中で育む

 

 

 茶摘みの様子(在りし日の義父の姿)

 

 

 

コメント

桜と菜の花と人と~西都市西都原

2020-04-07 18:08:48 | 日記

先週末、福岡県から外出の自粛要請が出ていたので気は引けたが、義母の法要にどうしても行かなくてはならず、宮崎へ。感染させない、しないためにマスクと消毒液を持参し、人ごみを避けるなど心掛けた。途中、いつも立ち寄る西米良村にある『百菜屋』で昼食をとった。料理を作ってくれるおばちゃんに話を聞くと、今のところコロナの影響はないようで、いつもと変わらずお客さんは多いとのことだった。西米良村は人口1000人超の村、一人一人の顔が見えるところがよいのかもしれない。

西都市の自宅へ向かう途中、西都原へ立ち寄ってみた。今の季節、桜と菜の花が満開だが、コロナの影響で人もいないだろうと思いきや、なんとそこにはいつもと変わらぬ光景が。桜並木には大勢の人が座って花見をしていた。人と人との距離もかなり近く、マスクをしていない人も多く見られた。こちらは車から降りずに、ゆっくりその場を通り過ぎたが、反対側(西都市内側)からは車がどんどん入っていた。露店も出ていたようだった。(写真は撮っていません)

西都市では、まだ感染者が一人も確認されていないからかもしれないが、それにしても、あれほど人が集まっているとは、正直、驚いた。翌日(5日)の昼すぎ、福岡へ帰る際には、さらに多くの人が西都原へ向かっていた。(西都市、大丈夫だろうか)

 

4月5日午前7時頃、相方撮影(法要の準備で出かけることができなかったので)

桜と菜の花と、、まだ人の姿はなく  

 

 

 

 

写真を撮る人の姿が、、

 

 

 

 

桜はちらほら散りはじめ

 

 

 

 

数時間後、ここが人で一杯に、、

 

 

 

 

ここが車で一杯に、、

 

 

 

桜から菜の花へ

 

 

 

 

遠くに尾鈴山  一日も早く、コロナ禍が過ぎ去りますように、、

 

 

 

《おまけ》

 

西米良村 百菜屋のそばを流れる一ツ瀬川 山桜も満開

 

 

《追記》

今日、宮崎県河野知事はツイッターで「指定される7都府県から本県への帰省、移動等については、当面、可能な限り避けていただくようご協力をお願いいたします」と呼びかけていた。今年は茶摘みができないのか、、

 

 

コメント