Inoueinterior Room Blog

報道されない福岡の危機を伝えます。気分転換は山の話題。

新こども病院・建築現場の現況

2013-01-24 16:42:03 | 人工島
福岡市が強行した人工島(アイランドシティ)への『新こども病院』建設。着工から1ヵ月少々経ったところで、建築現場を視察した。と言っても、敷地内に入ることが出来ないので、メインゲートからの視察だったが、現況は杭工事。その為、人の出入りも少ない。というより、アイランドシティ自体、人が少ない。代わりに多いのは、コンテナを積んだトラックだ。こども病院のすぐ前には、国内外のコンテナターミナルがある。トラックの往来が多いのは当然なのだが、そこに重篤なこどもの為の病院をつくるというのだから、普通の感覚ではない。(参照1・2)

そう、普通でないのが福岡市。某大に広がる売れない土地を少しでも穴埋めする為、こども病院を人工島へ移転させた。理屈は色々並べているが、理由はこれに尽きる。その証拠に、敷地は35,000㎡ありながら建築面積は8700㎡と、大風呂敷状態。市は最大70床の増床を県に申請していたが、県医療審議会は市の患者数試算根拠が不明確だとして、43床しか認めていない。故に、バカでかい駐車場ができるわけだが、それについても駐車場が沢山あって便利だと言う始末。”嘘も方便”とはこのこと。呆れるばかりの福岡市だが、その張本人である高島市長に辞任説が広がっている。

コンテナターミナルにセアカコケグモの繁殖地、防波堤はなく海からの距離は500m程度。満潮時は海面からわずか1.3m。いくら基礎免震構造をしたところで液状化は免れない。まさに最悪な環境が揃う『新こども病院』。これを決断した高島市長の責任は重大であることは言うまでもないが、もし辞任の噂が本当ならば、この責任を途中で放棄したことになる。福岡市でこどもの命を軽視した”愚かな市長”として、孫の代まで語り継がれるのは間違いないだろう。


《参照》
・(参照1)博多湾港湾計画図
・(参照2)アイランドシティ進捗状況(平成22年のものだが今も殆ど変わらない)
・福岡市立病院機構ホームページ、新病院紹介

《関連記事》
災害など市民の不安を無視し開き直った高島市長 中山市議が追及
人工島の防災面に不安があることは、専門家からも指摘されている。何より、東日本大震災で被害に遭われた宮城県こども病院林院長が、その危険性を指摘されている。

※1.26追記
高島市長辞任報道を否定⇒誰が辞めるものか!高島福岡市長、大憤激!~市政にヤル気万満々





アイランドシティへ向かうコンテナを積んだトラックの列(写真奥にアイランドシティタワー)




クレーンが並ぶ現場




現場北側に、広大な空き地(土地分譲中)




現場西側に、コンテナターミナル(工事中)




突如現れるマンション、行くあてのない橋が見下ろせる




海はすぐそこ、対岸は雁の巣




正面に立花山


コメント

剱岳・立山連峰

2013-01-20 22:20:19 | 

新田次郎原作『剱岳 点の記』の映画化で、剱岳登山ブームを巻き起こした木村監督が、ふたたび立山連峰を撮る。題材は、立山連峰の小屋を舞台にした『春を背負って』。原作は、作家・笹本稜平の同名小説。亡き父から山小屋の経営を引き継いだ青年を主人公に、自分の家族や山小屋にやって来た同世代の女性、父の旧友らとの交流をつづるというもの。原作は奥秩父が舞台だが、撮影は立山連峰最高峰大汝山(標高3015m)周辺で行うらしい。(下写真)

ところで剱岳といえば、今年正月、小窓尾根で数名のパーティーが雪崩に遭い遭難したままだが、捜索は打ち切られた。現場は雪崩が起きやすい場所、雪解けまで捜索は困難と判断したようだ。昨年だったか、三ノ窓で中高年者のパーティーが遭難、その時は全員無事保護されたが、ここ数年、剱岳では中高年者による遭難事故が相次いでいる。一つに、メディアによる過剰宣伝があるのではないかと思う。2年前の立山山行の際、『剱岳 点の記』に関係したツアー登山者と遭遇した。装備(服装)も不十分で山の知識も全くなく、一歩間違えれば遭難するのではといった感じの方々だった。『春を背負って』の報道を目にして、ふとその時の光景が目に浮かんだ。映画は楽しみだが、登山者にどういう影響を与えることになるのか。少し心配だ。




大汝山山頂、正面右に剱岳(2010年7月撮影)

 

 



大汝休憩所、ここで撮影?(2010年7月撮影)



《関連記事》

再び立山を撮る」=「剱岳 点の記」の木村監督-富山県(時事通信社 2013.1.18)


《動画》2010年7月立山山行

 立山~剱~仙人 
 立山の花 

 

コメント

こども病院人工島移転中止を求める請願

2013-01-08 16:05:10 | 人工島
昨年、12月15日。患者家族や多くの市内小児科医・産科医、市民の反対を押し切って、福岡市こども病院は着工された。こども病院事業が、福岡市の嘘と利権にまみれた事業であり、こどもの命を破綻した人工島の犠牲にするというトンデモない事業であることは、周知のとおりである。では、何故このような結果になってしまったのか。その最大の原因は、機能不全状態の福岡市議会にある。

「この事業を容認してきた福岡市議会の責任は大きい」と荒木市議。昨年12月福岡市議会定例会において、『こども病院人工島移転中止を求める請願に賛成の討論』をされている。しかし、請願に賛同したのは、共産党と社民党、そして荒木氏。結局、請願(23年請願第19号、第30号、24年請願第7号)は全て不採択。福岡市議会の腐敗ぶりが見て取れる。一方、荒木氏の討論内容からこども病院が抱える現実的な問題、更には福岡市の醜い実態が窺える。

(転載開始)

こども病院人工島移転中止を求める請願に賛成の討論

私は23年請願第19号、第30号、24年請願第7号に賛成して討論を行います。この3件の請願はいずれもこども病院本来の目的であるこどものいのちを守るという視点から、こども病院人工島移転に反対し現地建て替えないし他の適地に建設を求めるものです。こども病院人工島移転の本質的問題は、誰のためのこども病院なのかと言うことです。それはこどものいのちを守るためであり、福岡市の都合である人工島事業破綻の穴埋めではありません。これまで、患者及び家族の方、多くの市民、多くの市内の小児科医、多くの産科医、多くの関係者や市民がこどものいのちを守るために人工島移転に反対してきました。こども病院は福岡市を中心に地域の2次医療を担い、3次医療を担っています。特に2次医療は一旦救急医療センターに運ばれたこどものうち救急医療センターで措置できない重症なこどもが運ばれてきます。そのため救急医療センターからの距離が大きな問題となります。また、産科での緊急措置が必要な場合は30分以内に措置しなければ生命に危険が生じるおそれがあり、後遺症が残る可能性が高いと指摘されいます。こども病院には重症な病気を持つこどもが通院ないし入院をしています。人工島に移転すれば、この様なこどもが緊急時に間に合うのか、交通の利便性が悪い人工島は通院や付き添いの家族の負担にもなります。また開設計画では個室になり入院時の部屋代は1日8000円以上、駐車場料金の有料化も計画され、患者、家族の負担増も問題ます。広すぎる駐車場が本当に必要なのか,利用する患者の状況を考えれば駐車場の問題も見逃せません。病院の立地環境も最悪の場所です。こども病院の道路を挟んだ向かいは港湾施設です。その隣には青果市場が予定されています。港湾施設や青果市場に行き交う大型トラックをはじめ様々な自動車の通行による排ガスや騒音、港湾施設の24時間の光や騒音、セアカゴケグモなど外来病害虫の進入の危険性、福岡空港の航路に直下の問題など多くの問題がある場所です。さらに、昨年3月11日の東日本大震災の経験から、中央防災会議は病院など重要施設は海岸近くに設置しないよう指摘しています。こども病院移転計画検証委員会の委員であった宮城県立こども病院林医院長は、東日本大震災の教訓から人工島は移転地として不適であると言っています。液状化の問題、橋桁の落下による孤立化の恐れなど、地質学者からの指摘がなされています。財政的にも問題がある計画です。診療科目を増やし、過大な施設計画で、事業費が毎年17億円の赤字が30年間続く計画は、厳しい財政状況で必要な計画でしょうか。こども病院の機能を維持し、身の丈に合った事業にすべきです。そのためには市内の医療機関と連携出来る場所に創られるべきです。そのためにも市内の小児科医や産科医などの声をきくべきですが、福岡市は全く聞こうとしませんでした。人工島移転ありきであったことの証です。

そもそもこども病院人工島移転ありきであったことは、これまでの移転計画の経緯を見れば明らかです。こども病院移転計画は山崎元市長の時に人工島事業見直しを行い人工島事業が破綻していることが明らかとなり、銀行団に損失補償を実行するために検討が始まりました。山崎元市長は銀行団に決して損はさせないと念書書き、具体的に土地購入について場所と、価格、購入時期を銀行団に約束し、2003年には事業計画を大きく変更しました。この時の移転用地は5ヘクタールを計画していました。こども病院が市民病院と統合移転することに多くの市民が反対し、2006年の市長選挙では吉田前市長はこども病院人工島移転計画を見直すとして、こども病院を市民病院と統合移転を進める山崎前市長をややぶり市長に当選しました。ところが、こども病院の人工島島移転を見直すとした吉田前市長の結論はこども病院を人工島へ単独移転し、市長公約を破るものでした。吉田前市長は人工島移転を強行するために、現地建て替えは高い、人工島が安いと市民に説明しました。その根拠としてゼネコン3社にヒアリングした結果、現地建て替え費用は福岡市が調査依頼したPcWアドバザリー社の示した現地立替の見積もり額85億5千万円の1.5倍128億3千万円と説明し、人工島移転の費用は用地3ヘクタール、87億7千万円よりも高いと説明してきました。しかし、2010年5月に提訴した住民訴訟で、裁判所の嘱託調査により、福岡市はゼネコン3社の内2社はヒヤリングしていないこと、残り1社も1.5倍が適当と言っていない事実が明らかとなりました。福岡市ぐるみで市民及び議会にウソの説明をした来たのです。しかし福岡市はいまでもウソをついたことを否定しています。市民に信頼される市政とはとても考えられない状況が続いています。また、福岡市議会も裁判所の嘱託調査により福岡市がウソをついていることが明らかになったにも拘わらず、100条委員会を設置し真相究明を求める市民の声を拒否したことは恥ずべきことです。吉田前市長が公約を破ったことは、2010年の市長選で再び市民の批判を受けることになりました。当初こども病院人工島推進すると言う公約を途中で見直すに公約を変更した高島市長に吉田前市長が破れるという結果となりました。ところが再び高島市長は公約を破り市民を騙したのです。高島市長は人工島移転計画検証委員会を設置し、「移転経緯に問題があれば移転を中止する」と言っていましたが、いつの間にか移転地の是非の賛否を表明することにすり替えられました。移転計画検証委員会で福岡市がウソをついていたことを認めた時点で本来の検証は終わりであったものを、北川委員長は福岡市に反省を求めるして問題をすり替え、巧みな手法で市民を騙しました。加えて市長は医師会会長に移転後にこども病院跡地に医師会として小児科を開設するないしは西新の成人病センターに小児科を開設するかのような虚偽の発言をさせ、西部地区の小児医療空洞化問題についても重大なウソをつきました。未だに西部地区の小児医療の空洞化問題は解決されていません。繰り返される福岡市のトップが市民を騙す市政では、市民の信頼を得ることは出来るはずありません。誠に悲しむべき状況です。こども病院建設はPFIで行うとしていますが、建設費の9割は福岡市が直接負担する事業で、そもそもPFIと言えるのか、またなぜPFIでなければいけないのか、市が直接建設しても何ら変わらないのになぜPFIにするのか全く意味不明な事業です。PFI事業にした経緯に加え病院建設の入札を見ると、利権が絡む談合が疑われます。福岡市の受託業で重大な不正を働いた日本管財が何のペナルティも科せられず入札に参加できたこと自体が問題です。しかも競争がないシステムで、評価が低いにも拘わらず採用されたことに市民は全く納得できません。いま、福岡市では自利分権型行政改革が検討され、来年度から実施予定です。市民に納得と共感が得られる改革という視点から見ると全く信頼でません。市長の無責任さ、施策を進めてきた行政責任者の無責任さ、そして議会の無責任さが見えてきます。これで本当に行政目的である市民のための改革が出来るとは思えません。今議会で議決を求められている3件の請願は採択されなければ、福岡市議会は市民の負託を裏切ることになります。 ~荒木龍昇議員ブログより~

(転載終了)


福岡市議会の面々(昨年3月、議会棟にて撮影)

注)みんなの党、高山・藤本・富永氏は福岡維新無所属の会を結成、吉武氏は無所属へ。寺島氏は衆議院選挙に出馬し敗退、今は?

コメント

厚狭・鴨橋

2013-01-07 22:17:25 | 災害

2010年(平成22年)7月15日、西日本各地は活発な梅雨前線の影響で局地的な大雨に見舞われ、浸水や土砂崩れなどの被害が相次いだ。私の故郷でも厚狭川が氾濫、まちの中心部が浸水するなど多くの被害が出た。現在、山口県は洪水時に流れる水量を改善するための対応として、河道の掘削や拡幅などを行うなど、「厚狭川 河川激甚災害対策特別緊急事業整備」に取り組んでいる。その事業の一環として、このほど厚狭川に架かる『鴨橋』が取り壊されることになった。

鴨橋は昭和2年に造られ、86年間、まちのシンボルとして人々に親しまれてきた。斯くいう私も子供の頃、橋脚にくっついた田螺をとってよく遊んでいた。夏祭りには橋に露天が所狭しと並び、花火を観覧する人達で溢れかえっていた。2010年の豪雨では、偶々見ていたニュースで浸水した鴨橋が写っていて、故郷の被害を知った。長年、親しんだ橋が無くなるのは寂しいが、災害に強い橋に生まれ変わるというのだから納得するほかない。新しい鴨橋の完成は平成25年(予定)だとか。さて、その姿はいかに。

 

 

撮影日:2013年1月3日


鴨橋全景

 

 

 

 




橋脚 

 

 

 





向こうに鉄橋(手前から山陽新幹線、山陽本線)

 

 

 





昨年末、解体される鴨橋を惜しんでライトアップが開催された

 

 

 

 





ライトアップ用の飾りがちょっと、、 

 

 

 

 




新しい鴨橋に使われることになった親柱

 

 

 

 




周辺工事がはじまっていた

  

 

 



《関連記事》

新・鴨橋、2015年から利用開(宇部日報 2012.11.29)

鴨橋ライトアップ始まる(宇部日報 2012.12.20)

 

 《関連資料》

山陽小野田市HP。厚狭川激特だより 

 

  

コメント