Inoueinterior Room Blog

報道されない福岡の情報を伝えます
気分転換に山の話題など

【枯葉剤】北九大・原田和明氏による夕張調査報告(2)~2つの埋設候補地

2019-11-21 16:14:04 | 245T剤埋設問題

北九州市立大学の原田和明氏から夕張調査の続報および資料が届きましたので、ご報告します。

なお、前回の報告書<第1回 危険なタイムカプセル>はこちらです。


(以下、転載)



第2回 2つの埋設候補地

 紅葉が始まっていましたが、北海道とは思えない、暖かいというか半袖でもよさそうな陽気でした。927日午後、事前に案内をお願いしていた北海道森林管理局(札幌市)と地元空知営林署の職員さんと夕張市内で待ち合わせ、現地に向かいました。ところが、さっそくトラブル発生。案内役の営林署の方が道に迷ってしまったのです。何の目印もない林道で年に2回しか来ないのですから、迷子になるのは仕方のないことです。改めて、林道のゲートまで引き返し、およそ10分で目的地に到着しました。おそらく、1984年にも同じことが起きたのではないかと思いました。1986411日の衆院環境委員会の議事録に、夕張市の埋設枯れ葉剤のことがでてきます。 (議事録は青色表示)

竹村泰子(社会党 北海道1区選出)「夕張営林署管内の真谷地というところ、ここにはダイオキシンが含まれるという2・4・5T系粉剤が一度に六百キロも埋設されているわけです。御存じのとおり、ダイオキシンの処分については一カ所に埋め込む量は『三百キログラム以内』、それから『十倍量程度の土壌とよく混和したうえ、セメント一、水〇・六、土壌四~五の重量配合で練り合わせ、コンクリート塊としてビニール底の上に埋め込む』こと、こういう規定まであったのですね。ところが、私たちはその当時の作業員を証人としてお願いをしました。そうしますと、北海道の十二月、雪もちらちら降ってくる寒い季節、夕暮れになって作業を急ぎ、慌てて穴を掘ってそこにほうり込んだという事実が証言されたわけです。」

はっきり明言しているわけではないけれども、「土壌とよく混和」した形跡はなく、245Tを紙袋のまま穴に投入したような印象を受けます。「三百キログラム以内」のルールを守っていないのに、「十倍量程度の土壌とよく混和」という面倒なルールの方は守られていると考える方が不自然でしょう。竹村の質問は続きがあります。 

「営林署が埋めたとおっしゃるところとこの証人が埋めたと言っているところとは六百メートルも差があった。そして(営林局は)あくまでもそちらですと言って頑張られる。私たちの強い要求で、後日、営林局はこの証人の言った場所を掘りました。そうしますと、そこから、ダイオキシンこそ出てこなかったけれども、2・4・5Tとおぼしき塊が出てきた。そういう事実があるのです。」 

 今回の調査の目的は、この「六百メートル違いの埋設ポイント」の問題が営林局の中で、どのように整理されているかを確認することでした。埋設ポイント特定の誤りを認めるのか、それとも、「六百メートル違いの埋設ポイント」の問題は最初から存在しないことになっているかのどちらかだろうと思っていました。ところが、担当者の説明はどちらでもありませんでした。 

(北海道営林局課長補佐)「埋設地の六百メートルの違いは、地図上だけのことで、現地に行ってみたら、こちらの証人も、社会党の証人も同じところを指し示したのです。それがここです。」 

見事に「埋設地の六百メートル」問題は解消されたかのようです。ところが、GoogleEarthで現場周辺を確認すると、今回案内していただいた埋設ポイントから北東に六百メートルのところに、同じような草地があり、どうやら、その草地が、当初営林局が認定した埋設ポイントではないかと推測しました。今回同様、スタート地点を間違ったまま、似たような草地に出くわすと、場所を取り違えることは十分にありそうだと思いました。ましてや、13年前の、雪に埋もれる直前の景色の記憶を、夏に探したわけですから、間違ったとしても誰も責められません。 

 そもそも、山の中で、今いる場所を地図上に指し示すのはなかなかむつかしいものです。よその埋設地を訪ねたときも、その場で地図上に印をつけたものが、あとでGPSと照合してみると、谷ひとつ離れたところだったということが私もしばしばありました。 

 現在指定されている埋設地で、発掘調査がされないままの場所には実は埋まっていない、指定が間違っているというところが他にもあるのではないか?という疑念は深まったというのが、夕張の現場を訪れた私の感想でした。(続く)

 

 




こちらは北海道広尾山中の245T剤埋設地に関する記事(ここは撤去済み) 

 

 

夕張245T剤埋設地、真谷地(国土地理院地図に記入)

※真谷地では、1971年12月に埋められたのち、1984年に調査のため掘り起こしたあと埋め直している


 



この報告書は2019年11月19日に届いたものです。


コメント

【枯葉剤】北九大・原田和明氏による夕張調査報告(1)~危険なタイムカプセル

2019-11-05 16:46:16 | 245T剤埋設問題

先月末、朝日新聞夕張山中に大量の「枯れ葉剤」国有林に埋まる猛毒の謎』という記事が掲載されました。しかし、有料記事のため肝心な部分を読むことができません。その話をこの情報の提供者であり、枯葉剤研究の第一人者でもある北九州市立大学の原田和明氏にお伝えしたところ、夕張の調査報告をして下さることになりました。早速、第1回目の報告書と資料が届きましたので、ご紹介します。


(以下、転載)


2019年9月27日の朝日新聞のデジタル版に「夕張山中に大量の「枯れ葉剤」 国有林に埋まる猛毒の謎」という記事が掲載されました。しかし、無料で読めるのは冒頭部分だけで、内容は全然わかりません。翌28日には朝日新聞の北海道版に掲載されました。こちらのタイトルは「大量の枯れ葉剤 山中に今も」でした。記事を転載するわけにはいきませんので、原田から報告したいと思います。

 

第1回 危険なタイムカプセル

 ベトナム戦争では二重胎児や奇形児など出産異常が多発しました。その原因は、米軍が大量に散布した枯れ葉剤にあると考えられています。その枯れ葉剤と同じ成分の薬剤(以下、「枯れ葉剤」)が全国の国有林に埋まっているのをご存知でしょうか?林野庁が認めているものだけでも全国46ヶ所に約27トン。そんなものをいつ、誰が、何のために埋めたのでしょうか?ところが、問題はそれだけではなかったのです。ベトナム戦争当時、全国の国有林に撒かれた「枯れ葉剤」(商品名ブラシキラー)は4600トンにものぼります。つまり、埋められた枯れ葉剤は全国に散布された量のわずか0.5%に過ぎないのです。さらには、この「枯れ葉剤」の製造時に発生する副産物にも当然ダイオキシンが含まれているわけですが、それも水田除草剤として同時期に全国で10万トンが使われています。こうなると、27トンを撤去すれば安心という単純な話しではないことがわかっていただけると思います。いわゆる「埋設枯れ葉剤」は、ベトナム戦争のとき、日本でも枯れ葉作戦が行われていたという驚きの歴史を今に伝える「危険なタイムカプセル」なのです。

 晴天に恵まれた9月末、夕張市の町はずれで、今回の参加者の方々と待ち合わせ、現地に向かいました。舗装された道から、未舗装の林道に入ると数分ほどで林を抜け、雑草が茂る平地に出ました。林道脇に「この区域に2・4・5T剤が埋めてありますので立入を禁止します。」と書かれた白い看板があり、有刺鉄線で囲まれていました。柵は林道に沿って凡そ40メートル、奥行き20メートルくらいでしょうか。

 事前の調査で炭鉱の坑道跡と聞いていたので、トンネルの入口みたいなイメージを抱いていました。が、現地は露天掘りだったそうで、多少窪地になっているかなという程度の平地でした。林野庁の発表では、ここには600kgのブラシキラー(枯れ葉剤)が埋められていることになっています。600kgの「埋設地」になぜこんな広いスペースが必要なのかというと、林道から見て、右側が1971年に埋められた場所で、それを1984年に掘り出して左側のスペースに埋め直したということだそうです。

 ここで、「埋設枯れ葉剤」の歴史を紹介しておきたいと思います。埋設枯れ葉剤の存在が初めて報じられたのは1984年5月。35年も前のことです。「1971年に灯油缶のまま愛媛県宇和島市の山中に埋められた枯葉剤が、缶の腐食ですっかり流出している。」という衝撃的なものでした。その後「埋設地」は全国に数十ヶ所あることが分かったのですが、どこに埋めたか記録がまったくない。記録がないのは「埋設して管理」ではなく、「廃棄」だったからです。その証拠に、当時の林野庁長官名で「廃棄方法」の通達が出ています。記録がないため、13年前の作業員の記憶だけを頼りに山の中の点を探り当てるのは至難の業で、なかなか「埋設地」は見つかりませんでした。北海道広尾町でも発見までに1ヶ月を要しています。

 四国では12ヶ所を掘り当てるまでに2ヶ月を要しました。ところが九州では民有地に埋めたものを除いて発掘されることはなく、20ヶ所の埋設位置が当時の作業員の証言だけで認定されています。だから、林野庁の認定場所が間違っていたという可能性はないのか?気になるところです。

 その認定場所が間違っていたことが証明されたという事例が1ヶ所だけですが実際にあります。それが夕張です。だから、夕張の現場は必ず見ておきたかったのです。(続く

 

国産245T総出荷量

 

 

 

宇和島245T剤

 

 

 


 

この報告書は2019年11月2日に届いたものです。                                 


コメント

脊振山中、245T剤埋設地 近くの登山道で斜面崩壊

2019-10-30 22:24:00 | 245T剤埋設問題

先日、「245T剤埋設問題」へのアクセスが急増した。なぜだろうと不思議に思っていると、ツイッターTLに夕張山中に大量の「枯れ葉剤」国有林に埋まる猛毒の謎』という記事が飛び込んできた。記事は有料になっているため、肝心な部分は読めないが(北九大原田氏から連絡をいただいていたので内容は承知していた)、おそらく、この記事の影響でアクセスが集中したのだろう。そろそろ調査をしようと思っていたところだったので、このさい脊振山中(坂本峠から入ったところ)にある245T剤埋設地へ行くことにした。

月末の九州北部・佐賀豪雨により、385号線は坂本峠(佐賀県側)で土砂崩れが発生したため、現在、通行止めになっている。とは言え、いつもなら坂本峠の登山道入り口までは通行できる。ところが、昨日はその数百メートル下のところにバリケードが設置されていた。車は入ることができず、坂本峠の下から歩いて行くことになった。坂本峠に着くと、登山道入り口に「九州自然歩道ご利用の方へー通行障害のご案内」(下写真)と書かれた看板があった。見ると、埋設地から約2Kmのところ、蛤岳から先の登山道で斜面崩壊と桟橋崩壊が発生していた。おそらく、8月末の豪雨でやられたのだろう。脊振山へ登るには、う回路(林道)を通らなくてはならない。

不安な気持ちで山へ入ると、登山道は荒れ果てていた。ほとんど登山する人もいないのだろう、足跡もない。台風17号の強風でやられたのか、竹笹はなぎ倒され、枯れていた。不気味な空気が漂う中をしばらく歩くと、埋設地へ着いた。今年はいつまでも気温が高かったせいか、10月末だというのに木々は怏々と茂り、あたりは鬱蒼としていた。前回(今年2月)の調査では、草木が枯れていたこともあって、フェンスの中はよく見えたが、今回は見えにくかった。それでも、陥没痕はしっかり確認できた。穴は前より深くなっているようだった。

幸い、埋設地の近くでは土砂崩れは起きていなかった。しかし、埋設地からそう遠くないところで被害は出ている。規模の程はわからないが、危険は隣りあわせの状況だ。災害は毎年、必ず起きている。しかも、年々、破壊力は増している。一刻も早くこの物騒なものを撤去しないと、次はどうなるかわからない。ここが安全だという保障はない。

 


撮影日:2019.10.30

坂本峠登山道入り口 斜面崩壊発生の看板 埋設地もいつどうなるかわからない

 

 

 

 

 

ここから歩いて坂本峠へ

 

 

 

坂本峠 登山道入り口に斜面崩壊発生の看板が(写真右) 

 

 

 

登山道は荒れ果て

 

 

 

木々は青々と(標高650m付近)

 



245T埋設地 木が生い茂る




フェンス入り口部分

 

 

 

扉にツタが絡む 検査の痕跡はない(林野庁の検査は目視のみ) 

 



上から見る 陥没痕はフェンス右にある




陥没痕 穴は前回より深くなっていた(紫丸) ここに245T剤が埋まっている(フェンス内に2ヵ所に分けて埋設されている)




このあたりでは土砂崩れの跡は見当たらなかった(写真左、木のすぐ横に登山道がある)

 

 

 

坂本峠から少し下ると大野川上流が見える 水は五ケ山ダムへ流れ込み南畑ダムを経由して福岡市民の水道用水となる 福岡市の水質調査はこのあたりで行われているのだろう(にしても、福岡市の議員は動かないな)

 

 

《関連記事》

夕張山中に大量の「枯れ葉剤」 国有林に埋まる猛毒の謎(朝日新聞 2019.10.27) 




コメント

枯葉剤埋設地の今~美しい国のAgent Orangeより

2019-07-16 09:21:21 | 245T剤埋設問題

今月6日の「枯葉剤シンポジウム」で配布された資料、『美しい国のAgent Orange』。これはフリーライター宗像充氏によるレポートで、枯葉剤問題の根本から最新の現地情報まで詳しく書かれている。調べてみると、アウトドア雑誌『Fieder』最新号に掲載されていた。これには少し驚いたが、確かに”サバイバル”には違いない。さて、若いサバイバーは、このレポートをどのように捉えているのだろうか。

全国には54ヵ所の枯葉剤埋設地(うち8ヵ所は撤去済み)があるが、宗像氏はそのうち18ヵ所の埋設地を訪問されている。記事を読むと、埋設地の多くが水源地や景勝地、住宅地の上流(岩手県雫石町、熊本県宇土市、佐賀県吉野ヶ里町、屋久島町)、食品工場のすぐ脇(高知県土佐清水市)、子供が入れる公園の中(屋久島町)、防衛省に所管替りして林野庁が点検をしていない所(宮崎県えびの市)、新設された道路の下になって確認できない所(高知県大豊町)と書かれている。信じがたい状況だが、これが現実なのである。 

こうしたことから、埋設地の自治体の中には、市民や議員が動いているところもある。高知県土佐清水市では、かつての営林署跡地にできた食品工場のすぐ脇の竹林内で、住民がタケノコ堀の最中に発見したとある。ここでは、2015年に県議会で取り上げられ、専門委員会まで設置されているが、状況は変わっていない。鹿児島県湧水町では、旧吉松町の川添地区から栗野岳方面に延びる林道近くに看板が立っているとある。ご存じのように、湧水町は日本名水100選の丸池湧水がある。埋設地はその上流域にあり、町議会で度々取り上げられている。そして、脊振山埋設地(吉野ヶ里町)。福岡市民の水源地、五ヶ山ダムのすぐそばに埋設されていることから、昨年、共産党の田村衆議院議員や高瀬福岡県議が、国会や県議会でこの問題を取り上げ、245T剤の撤去や無害化処理を求めている。(福岡市議会は動きなし)

今回、宗像氏のレポートを読んで、改めて、問題解決のためには市民の力が必要だと感じた。土佐清水市では「大岐の自然を育てる会」、鹿児島県湧水町では「 吉松自然を考える会」、国内最大の埋設量(3940kg)となっている岩手県雫石町では「御所湖の源流を守る会」と、それぞれの埋設地で市民が声を上げている。しかし、福岡市では市民の声を聞かない。五ヶ山ダムの水を使用している市民の一人として、微力ながら声を上げているのだが、なかなか広がらない。やはり、会を立ち上げるしかないのか、、

 

 

 

「ベトナム戦争で巻かれた枯葉剤の行方を追う日本一危険な森林ツアー」強烈な見出しだが頷ける(写真は脊振山埋設地)

 

 




全国54ヵ所の埋設地総量は固形状約2万5千kg、液体状約1830ℓ。うち8ヵ所は埋設地が民有地などの理由で撤去済み、現在46ヵ所

 

 

 

 

 

枯葉剤埋設地の今    

 

 

 

 

『Filder.46 最新号』に掲載されていた

  

 

 

 

《参考資料》

宗像充ホームページ 

 

 

コメント (2)

【枯葉剤シンポジウム】全国埋設の枯葉剤はわずか2%、ほとんど散布されていた!

2019-07-14 08:35:35 | 245T剤埋設問題

今月6日、志免町で開催された「かすや未来」主催『北九州大学原田和明氏・枯葉剤(245T剤)シンポジウム』で、全国54ヵ所の国有林(うち8ヵ所は撤去済み)に埋設されている245T剤はわずか2%であり、そのほとんどが散布されていたことがわかった。しかも、場所は明らかになっていない。(確認できているのは下北半島のみだと原田氏)まさに、多くの国民の知らないところで『日本版 枯葉剤作戦』が行われていたのである。

この日、シンポジウムには粕屋町や志免町などから多くの市民や議員が参加し、枯葉剤問題に対する関心の高さが窺えた。まず、シンポジウム前半は245T剤埋設問題について。大規模災害によって流出するリスクがあること、現地の植生や陥没状況などからすでに漏れ出している可能性があること、さらに245T剤は移動し、そこに埋まっていない可能性があることなど。最新の報告として、岩手県雫石町では4トンの245T剤が紙袋のまま13ヵ所にわけて埋められ、フェンス内の窪みがはっきりわかるほどで、脊振山中の埋設地どころではなかったと。さらなる問題のところで、245T剤の埋設量は散布量のわずか2%といわれて、言葉を失う。

シンポジウム後半は、どうして245T剤が全国の山に埋められることになったのか。そもそも、ベトナム戦争で使用された枯葉剤は、1967年から福岡県大牟田市の三井東圧化学(現・三井化学)でつくられていた。日本から枯葉剤の中間製品(245TCP)が輸出され、第三国(オーストラリアやニュージーランドなど)で加工された後、最終的にベトナムへ渡ることになる。一方、国内では枯葉剤を製造する過程で発生する副産物(塩素酸ソーダやPCP)を処分するため、塩素酸ソーダは枯刹剤として全国の国有林に撒かれ、PCPは水田の除草剤として使用された。これにより各地で異変が発生。有明海などでは魚の大量死事件が起きている。その後、アメリカが枯葉剤の使用を中止したことで、在庫として残ったものが、全国の国有林(営林署が力を持っているところ)に埋設されてしまった。そして、 半世紀経った今もなお、人々を脅かし続けている。福岡も例外ではない。

講演終了後、会場からいくつか質問が出た。その中の一つ「最近はテロが多い、もし埋設地から245T剤を持ち出されたらどうするのか」。昨年12月、衆議院農水委員会でも田村議員(共産党)が同様の質問を林野庁にしているが、国は適切な管理をしている(コンクリートで固めている)から問題ないと答えている。 しかし、その証拠はない。つまり、いつ何が起きるかわからないのである。

今回のシンポジウムには、糟屋町や周辺自治体から市民や町議が多く参加されていた。しかし、福岡市民の水道用水として使われている、五ヶ山ダムの近くに猛毒な245T剤が埋設されているにもかかわらず、(私以外、たぶん)福岡市からの参加はなかった。そのため、次回は福岡市内でシンポジウムを開催する必要があると思っている。多くの人が関心を持たない限り、この問題を動かすことはできないから。 

 

撮影日:2019.7.6 

シンポジウムの様子(左は原田和明氏、スライドは脊振山中の埋設地が2ヵ所大きく陥没していることを証言する元社民党・入江県議)

 

こちらは満員となった会場の様子

※写真は「かすや未来」さんのフェイスブックより、前の席に座っていたため全体が写せなかったため。

 

 

245T剤埋設地 九州が圧倒的に多い(営林署の力が強かったということに)

 

 

 

 

林野庁長官の通達前に各営林署で下請け業者に処分指示が出ていた、そのため通達どおりに処分されていない

 

こちらは林野庁長官通達内容「245T系除草剤の廃棄処分について」 ほとんど守られていない    

 

 

これ以上、手遅れにならないように、、

 

 

 

 

 

アウトドア雑誌『Filder 』最新号に枯葉剤最新情報が!




『美しい国のAgent orange/宗像充氏』(赤枠部分)

シンポジウムの資料として配布されました(詳しくは次項で) 

 

 

《参考記事》

ベトナム戦争後、行き場を失った枯葉剤が日本に埋められている――全国54か所の国有林リスト(日刊SPA 2017.11.27)

九州20ヵ所に猛毒埋設 ベトナム戦争の枯れ葉剤成分 専門家「漏出の恐れも」 地元に不安(西日本新聞 2018.8.23)

テレビ西日本・福岡NEWSファイルCUBE2019年2月9日放送) 

 

 

 

コメント