閉伊川ワカサギ博士の何でも相談室

Welcome to Dr. WAKASAGI at HEI-RIVER 森川海をつなぐ学び合いの活動を紹介します

早池峰マラソン10月26日(日)

2014-08-16 | 水圏環境リテラシープログラム
早池峰マラソン10月26日(日) from 川井中学校 to タイマグラ25km
オープンキャンパスで私は参加できませんが,魅力的な大会ですね。Mt.Hayachine Marathon in top of Hei river,very exciting! I want to go, but my works in Tokyo.
コメント

宮古市主催森川海体験交流事業が開催されました

2014-08-11 | 水圏環境リテラシープログラム
宮古市主催森川海体験交流事業が開催されました。
今年は品川区の小学生と宮古市の小学生合わせて35名が閉伊川の体験活動に参加しました。
あいにく台風が近づいており、川の流れもあり、中瀬で生き物採集、川流れ体験をしました。以前の大雨で崩れた中瀬を岩手県に依頼し造成してもらいました。
閉伊川の組合長さんをはじめ、小学校の校長先生、閉伊川大学校スタッフの皆様の手により大変盛り上がりました。中でもサクラマスが間近で見れた事は、参加した子供たちにとって良い思い出になったと思われます。「サクラマスは普通のサケと違うの?」「サクラマスはどうしてメスが多く海に下るの?」目を輝かせてサクラマスを見つめていました。
コメント

8月8日(金)のつぶやき

2014-08-09 | 水圏環境リテラシープログラム

いわてとあなたが、つながるページ iwatekara.jp
Surgeon professor Zenzai visit Fish Market in Miyako to eat Sea Squirt.

1 件 リツイートされました

 インターハイ・ヨット競技で、宮古高校が女子の部で優勝、男子の部で準優勝しました! 明日9日(土)の午後4時過ぎに宮古高校で報告会を開催しますので、皆さんの盛大な歓迎をお願いします。
 宮古高校ヨット部、おめでとう!!(企画課広報担当)

Tsuyoshi sasakiさんがリツイート | RT

コメント

外科医財前教授が宮古魚菜市場を訪れる

2014-08-08 | 水圏環境リテラシープログラム
www.iwatekara.jp/movie
コメント

8月7日(木)のつぶやき

2014-08-08 | 水圏環境リテラシープログラム

Aquatic Marine Environmental Literacy Field Training started form 3th to 11th in August, South of Tokyo Bay pic.twitter.com/mkPSkMTgGk


この美しい地球は将来はゴミの海に囲まれるのだろうか。 blog.goo.ne.jp/hypom/e/4549f8…


コメント

館山の美しい海に漂うプラスチックゴミ!!

2014-08-07 | 水圏環境リテラシープログラム
http://youtu.be/3yKwl4MQpd0
コメント

実習が始まりました。

2014-08-06 | 水圏環境リテラシープログラム
iPhoneから送信
コメント

Aquatic Marine Environmental Literacy Field Training Start!!

2014-08-06 | 水圏環境リテラシープログラム
iPhoneから送信
コメント

相模湖ワカサギ調査が開催されました

2010-12-30 | 水圏環境リテラシープログラム
キッズアース様の体験型科学教育プログラムの一環として,ワカサギ調査が実施された。対象は1年生から6年生までの小学生。横浜市の子供たちが中心であるが,遠く岩手からも参加があった。
場所は,横浜市から1時間ほどの相模湖。ここでは,深さ4-5mの湖上に係留したドーム船内から釣り糸を垂らしてワカサギを釣る。

移動中の貸切バス内では,ワカサギ博士の自己紹介のあと,チカとワカサギの分類のアクティビティを行った。ワカサギはもともと海の魚である。ある海域ではチカしかいないと思われていたが,ある高校生が「これ,何となく違うんじゃないの?」という疑問からワカサギの発見につながったことを,ラーニングサイクル理論に基づき体験的に学習した。ワカサギとチカの分類を通して,科学的な認識を高める訓練を行ったのである。
ちょうど,さかなクンのクニマス発見の記者会見の次の日であり,クニマス発見の例と,チカしかいないと言われていた海でワカサギを発見したストーリーの話がマッチングしたようである。

また,バス内では耳石のアクティビティを行った。耳石の役割を説明したあと,耳石の拡大写真を配布して,実際に年齢査定を行う作業を体験的に行なった。

総勢約30名の子供たちは相模湖に着くやいなや,早速ドーム船に乗り込んだ。釣りは初めてという子供たちがほとんどであり,ワカサギ釣りは全くのはじめてである。手巻式の小さな竿に針が10本ほど着いた仕掛けを結びつけるのは大変な苦労であったようだ。針が,靴下や洋服にからまり,返しが付いているのでなかなか取れない。また,隣同士で仕掛けを絡ませたりと,釣りまでの苦労が多かった。しかし,それでも悪戦苦闘しながら餌の赤虫をつける。中には,はじめて見る赤虫を触ることができずに戸惑っている様子の子どももいた。

今回のワカサギ調査では,夏の暑さの影響により個体数が少なかったが,オイカワがかかると子どもたちも監視役の大人たちも興奮状態であった。釣り上げた魚を飼育したいと持ち帰る子どももいた。

釣りのあとは,ワカサギを配布して耳石の採取を行った。耳石のある場所を説明したあとに,実物の耳石標本を見せ,その後に写真を使った年齢査定の方法を教えた。実際にワカサギから耳石をとれたのは半数であったが,参加した児童全員が熱心に耳石を採取していた。また,ルーペを使って年齢査定を行った。

最後はバスの中でワカサギ調査の振り返りを行った。今回の大きなテーマは科学的な思考力を育成すること。観察して,発見し,疑問を持ち,仮説を立てること,すなわち科学する基本的な事項を釣りと耳石による年齢査定を通して学んだ。振り返りアンケートの結果,大半の子供たちが理解を示していた。今回の学びがどのように定着していくのか,今後学習の成果を期待したい。



コメント

さかなクンの記者会見が多方面で話題を読んでいます

2010-12-28 | 水圏環境リテラシープログラム
さかなクンの記者会見の模様がNHKの取材の方のブログで詳細に紹介されています。
ご一読をオススメします。
http://ms-excel.jp/sitemap.php
コメント