心の風景

癌闘病記
認知的体験
わかりやすい表現
ヒューマンエラー、安全
ポジティブマインド
大学教育
老人心理

2008-01-02 | 心の体験的日記

2018-01-02 | 心の体験的日記
いつもはつけっぱなしのTVを消した
2008-01-02 | 心の体験的日記


年末年始の手抜きお粗末番組の連続に
愛想をつかして、できるだけオフにすることにした
よく眠れるし、本も読めるし。
それにしても、
タレントの馬鹿番組、誰がみるのだろうー
こんなことやってると、TVを誰も見なくなるぞー
コメント

フリーズを待ち構えて15分

2018-01-02 | Weblog
いつもは、だいたいこのあたりでフリーズが起こる。
いったん起きると、あとは、5分後くらいの間隔で起こる。
明日、電気屋に持ち込んで
みることにした。

windows10を入れてしまったのが、いけなかったのはないかとの推測もある。

パソコンのない老後生活なんて考えられないので、
ラップトップか、iPadの購入もありかと思っている。

@@@


不思議!!
すでに使い始めて60分くらいたつ。
まだフリーズしない。
新年のお年玉かなー
10時25分


コメント

祭り「祭りは参加することに意義あり」

2018-01-02 | ポジティブ心理学
祭り「祭りは参加することに意義あり」

●阿波踊りは楽しかった。
 はじめて給料をいただいたのが徳島大学でした。はじめて結婚したのも徳島でした。というわけで、徳島は、自分にとって第2の故郷です。
その徳島での生活をして、2年目でした。誘われて、はじめて阿波踊りの連(グループ)に加わって一晩踊り明かしました。実に楽しい一夜だったことを今でもよしこののリズムとともに、ふつふつと思い出します。
もっと昔、子どもの頃にも、秋まつりは、楽しみの一つでした。普段とは違って、よそいきの着物をきて、普段とは違っておいしいものをたらふく食べました。いつの頃からか、その祭りもまったくやらなくなってしまいましたが。
祭り、最近では再び盛りかえしてきつつあるようです。あちこちで地域活性化の目玉のようになってきています。我が団地でも年に1度の夏祭りがあります。盛大です。
クリスマスからはじまって、バレンタイン、ハロウイーンなど、商業ベースのお祭りも増えました。安易に乗るのは考えものですが、楽しめるなら結構なことだと思います。
さて、ここでは、心の元気システムとしての祭りの活用を考えてみたいと思います。

●祭りの心
祭りの楽しさはどこからくるのでしょうか。
いつもと同じことの持続は、心穏やかに過ごすためには、必須ですが、人間の感情はなかなか贅沢で、心穏やかがあまり長く続くと、心を揺さぶるものが時折欲しくなるようです。祭りは、その一つだと思います。けのなかでのはれですね。
いつもとは違った場で、いつもとは違ったことをするだけでも心が揺さぶられますが、さらに、そこにさまざまなポジティブになれる仕掛けが組み込まれているのが祭りです。
おみこしを担ぐ
お店で売り子をする
踊る
食べる
よそいきの着物を着る
いずれも、心躍る体験です。そんな体験ができると思うだけでも、心が元気になります。
さらに、祭りの楽しさを倍加するものに、ギャラリー効果があります。おみこしを担ぐ人々だけでなく、それも見物する人々がいるような状況です。
これも阿波踊りの話になりますが、昔は町のあちこちで勝手に自然発生的に踊っていたのを、桟敷席を設けて見物する人のところで踊るようにしたら、観光客が激増して一気に全国区になったのだそうです。見る人の元気が踊る人を元気づけるのがギャラリー効果です。これも馬鹿になりません。

●祭りで心を元気にするコツ
①当事者になる
町内会の役員を1年間したことがあります。その仕事の一つに、夏祭りの企画、実施があります。射的をすることになり、その準備から実施までを担当しました。結構、大変でしたが、普段、話をしたこともない方々とわいわいがやがややりながらの準備は実に楽しいものでした。
やはり祭りは、当事者にならないと楽しさも半減です。花火大会に先日行きましたが、まさに見るだけ、すぐに飽きてしまいました。
阿波踊りも踊ってなんぼのものです。

② 変身する
祭り当時は、いつもの自分をすててしまうくらいの気持ちになることです。普段の謹厳実直をかなぐり捨てて、天衣無縫、明朗海闊、元気はつらつでいくことです。気恥ずかしさをかなぐり捨てるのです。
着るもの、食べるもの、飲むもの、付き合う人から態度振る舞いまで、あらゆることをいつもと違えるのです。そして、雰囲気に酔うのです。翌日は、宴のあとのむなしさ?を感ずるくらいになれれば大丈夫です。

③自己顕示欲を満たす
 変身しないまでも、普段は抑えている自分をこの際、思い切って表に出してしまうのも、爽快です。それができるのも、祭りだからこそです。


コメント

手帳から手帳へ

2018-01-02 | 心の体験的日記
年末行事のひとつが、重要番号を新しい手帳に書き写すこと。
本当は、別のところにも控えがあるのだが、
ときおり、手帳に書いてあって助かることもある。

乗り物時刻表
口座番号
重要連絡先
など

一気に新手帳が汚くなるが、実用のためには致し方ない。
コメント

餅を喉に詰まらせ2人死亡 都内で男女15人が搬送

2018-01-02 | 心の体験的日記
今日は実家で伝統的なお雑煮を食べる予定。
気をつけねば。
でも、お餅って、すんなりと食道通って胃にいくように
おもうが、
大きいまま飲み込んでしまうからいけないのかも。
一口サイズに切るか、くいちぎるかして
ゆっくりと噛んでから食べることにしよう。

コメント

スポーツとゲームでとっさの行為力を磨く]ヒューマンエラーを事故につなげない

2018-01-02 | ヒューマンエラー
スポーツとゲームでとっさの行為力を磨く

●事例
傾きそうになった鉄板を一人で支えようとして危うく下敷きになりそうになった。仲間が助けにきてくれて事なきをえた。鉄板が倒れるとつぶされて高価な製品までがおしゃかになるところだった。

●事例分析

「類似ケース」
○爆発した液体が目に入るのをとっさに避けて助かった。
○飛び出しがあったが、とっさの急ブレーキでことなきをえた。
○子どもの服に火がついたが、母親がとっさに手で火を消した。

●背景解説

●自己チェック「あなたのとっさの行為力をチェックする」
 自分に「最もあてはまるときを”3”」「まったくあてはまらないときを”1”」として判定してください。
( )雑踏で人とぶつかりそうになることはあまりない
( )からだの動きは敏捷なほうだ
( )即決して失敗したことはない
( )ボールを使ったスポーツが好き
( )テレビゲームをよくするほう
*10点以上ならとっさの行為力があることになります。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

コラム「ドジ体験;あわててもはじまらない」
朝6時、タクシーを頼もうとしたら、どのタクシー会社も電話にでない。
これがあわてはじめる元凶。羽田発9時20分につくには、朝一番のバスだと、ぎりぎり。空港直行バスだと30分前につけるが、渋滞が心配。しかたなく、荒川沖から常磐線にのった。なんと佐貫で特急が止まるとのこと。あわてて窓口で指定を買おうとしたら、もう時間切れで予約不能とのこと。指定なしでそのままのって車内で、と一瞬思ったがーー多分それが正解だったはずだが、どういうわけか躊躇してしまった。駅員が全席指定といったのがひびいたかもーー、しかたなく、また元の電車に戻る。もうすっかりダメとあきらめて、モノレールに乗った。なんと、ここでも不利な状況が発生。新しいターミナルが完成し、ANAは終点になる。それでも、なんと羽田に9時5分についたので、「あわてるな!あわてるな!」と口にしながら、階段を駆け上がって手続を頼む。慣れているのか、「まだ10分ありますね」と言われてぎゃふん!搭乗口までいったら、まだ搭乗が始まっていなかった。
「あわてそうな時は、あわてるな!と言い聞かせながら動く」


コメント