心の風景

癌闘病記
認知的体験
わかりやすい表現
ヒューマンエラー、安全
ポジティブマインド
大学教育
老人心理

10キロキープ永久ダイエット」宣伝

2018-08-19 | 健康・スポーツ心理学
10キロやせて永久キープするダイエット
クリエーター情報なし
文響社


もくじ
第1章 思えばずっと小太りだった
第2章 真剣に現状分析
第3章 「なりたいイメージ」と「アクションプラン」
第4章 やっと「ダイエット」がはじめられる
第5章 これがもっとも重要! 振り返り、認知する
第6章 停滞期を乗り越え、目標達成!

@@ネット検索
10キロやせて永久キープするダイエット | 著:山崎潤子 監:海保博之 | 無料 ...
https://www.ebookjapan.jp › ... › 10キロやせて永久キープするダイエット
2018/04/13 - 10キロやせて永久キープするダイエット。無料本・試し読みあり!万年小太りの40代ライターが、苦労なく10キロやせた2年間の記録。「つらい食事制限や運動をがんばった」のではなく、「自分と向き合い、考え、実行した」だけ。きちんとやせれ ...

@@

8月1日

おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 33件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,876位 (本の売れ筋ランキングを見る)
3位 ─ 本 > ノンフィクション > 実用・暮らし・スポーツ > 美容・ダイエット
6位 ─ 本 > 暮らし・健康・子育て > 家庭医学・健康 > 家庭療法・医学 > 肥満・メタボリックシンドローム
20位 ─ 本 > 暮らし・健康・子育て > 家庭医学・健康 > 食・栄養 > 保健食・食事療法

8月2日

おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 33件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,778位 (本の売れ筋ランキングを見る)
3位 ─ 本 > ノンフィクション > 実用・暮らし・スポーツ > 美容・ダイエット
10位 ─ 本 > 暮らし・健康・子育て > 家庭医学・健康 > 家庭療法・医学 > 肥満・メタボリックシンドローム
32位 ─ 本 > 暮らし・健康・子育て > 家庭医学・健康 > 食・栄養 > 保健食・食事療法

8月3日

Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,997位 (本の売れ筋ランキングを見る)
2位 ─ 本 > ノンフィクション > 実用・暮らし・スポーツ > 美容・ダイエット
4位 ─ 本 > 暮らし・健康・子育て > 家庭医学・健康 > 家庭療法・医学 > 肥満・メタボリックシンドローム
14位 ─ 本 > 暮らし・健康・子育て > 家庭医学・健康 > 食・栄養 > 保健食・食事療法

8月7日

Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,345位 (本の売れ筋ランキングを見る)
2位 ─ 本 > ノンフィクション > 実用・暮らし・スポーツ > 美容・ダイエット
2位 ─ 本 > 暮らし・健康・子育て > 家庭医学・健康 > 家庭療法・医学 > 肥満・メタボリックシンドローム
12位 ─ 本 > 暮らし・健康・子育て > 家庭医学・健康 > 食・栄養 > 保健食・食事療法

8月9日

Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,390位 (本の売れ筋ランキングを見る)
2位 ─ 本 > ノンフィクション > 実用・暮らし・スポーツ > 美容・ダイエット
2位 ─ 本 > 暮らし・健康・子育て > 家庭医学・健康 > 家庭療法・医学 > 肥満・メタボリックシンドローム
12位 ─ 本 > 暮らし・健康・子育て > 家庭医学・健康 > 食・栄養 > 保健食・食事療法

8月15日


おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 33件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 6,231位 (本の売れ筋ランキングを見る)
3位 ─ 本 > ノンフィクション > 実用・暮らし・スポーツ > 美容・ダイエット
5位 ─ 本 > 暮らし・健康・子育て > 家庭医学・健康 > 家庭療法・医学 > 肥満・メタボリックシンドローム
55位 ─ 本 > 暮らし・健康・子育て > 家庭医学・健康 > 食・栄養 > 保健食・食事療法

8月18日

Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,906位 (本の売れ筋ランキングを見る)
2位 ─ 本 > ノンフィクション > 実用・暮らし・スポーツ > 美容・ダイエット
5位 ─ 本 > 暮らし・健康・子育て > 家庭医学・健康 > 家庭療法・医学 > 肥満・メタボリックシンドローム
20位 ─ 本 > 暮らし・健康・子育て > 家庭医学・健康 > 食・栄養 > 保健食・食事療法



コメント

塩分、1日10gまで

2018-08-18 | 健康・スポーツ心理学
降圧剤を10年くらい飲み続けてきたが、
最近、やめた。
それでも、上限140を超えない。
それに、塩分控えめも止めた。
命よりも目先の満足優先で生きていくことにした。

たとえば、
昔なら、絶対食べない、焼きシシャモ。
辛い、でもおいしいから食べる。
お寿司も、しょうゆは使わなかったが、今は、使う。
漬物もほとんど食べなかったが、よく食べる。

いずれも、とてもおいしい。
生きていたよかったと思うほど。 笑い


コメント

甘酒だから甘いのは当然、でもねー

2018-08-16 | 健康・スポーツ心理学
「飲む点滴」甘酒の効果と効能とは?米麹と酒粕、美容と健康にベストな ...
www.tenpo.biz › トップ › エンタメ
2018/01/05 - 飲む点滴」「飲む美容液」とも称される甘酒ですが、どんな効能があり体に良いのでしょうか。 市販の甘酒 ... 麹菌には一緒に摂った栄養の消化吸収を助けてくれる働きもあるので、胃腸にも優しく、夏バテで胃酸が出にくいときにはもってこい!

(ネット検索より)
@@

最近、比較的よく飲む。
飲みやすいように、ペットボトル入りを常備している。

でもねー
あまりに甘すぎる。
高血糖(症)の不安がよぎる。

一回、2口くらいを、1日、2,3回といったところか。


コメント

「権威主義の正体」スポーツ不祥事をひも解くヒントを提供してくれるかもしれない本

2018-08-14 | 健康・スポーツ心理学
権威主義の正体 (PHP新書)
クリエーター情報なし
PHP研究所



内容紹介
学歴主義から左翼思想、悪しき競争原理まで、組織にはびこる「権威主義」の正体とは。社会心理学をベースに同調、服従の構造を読み解く。
部下を頭ごなしに怒鳴りつける上司、“鶴の一声”で全てが決まってしまう会社、正義をふりかざし世論を誘導するマスコミ――。それらの背後にひそむ権威主義を社会心理学の立場から徹底解剖する。

まず、その研究の発端であるホロコーストを検証。同調や服従はいかに増幅され、ナチスの暴走を許したのか。カリスマ、教条、集団ナルシズムなど権威主義を支える条件を見極める。

「権威」とは技能や知識の格段に優れた人が自然に発する光のことであるが、「権威主義」は、本来的な権威のない人が無理に発しようとする圧迫感のことである、と説く。そして、身近にいる権威主義的人物の特徴を分析。「偉人の言葉を引用する人」「役割を過剰に演技する人」「好き嫌いで人を評価する人」「清濁併せ呑めぬ人」…。あなたの上司、あなた自身は大丈夫か? 組織のあり方を真摯に考える人のための一冊。

内容(「BOOK」データベースより)
部下を頭ごなしに怒鳴りつける上司、“鶴の一声”で全てが決まってしまう会社、正義をふりかざし世論を誘導するマスコミ―。それらの背後にひそむ権威主義を社会心理学の立場から徹底解剖。まず、その研究の発端であるホロコーストを検証する。同調や服従はいかに増幅され、ナチスの暴走を許したのか。カリスマ、教条、集団ナルシズムなど権威主義を支える条件を見極める。さらに、身近にいる権威主義的人物の特徴を分析。あなたの職場、あなた自身は大丈夫か?組織のあり方を真摯に考える人のための一冊。

@@

ふと思い出して、書斎の本棚を探してみたら、見つかった。
本から引用してみる。

権威とは、特定分野での技能や知識の各段にすぐれた人が自然に発する光のこと。
権威主義とは、本来的な権威のない人が、権威あるふりをして
光を発しようとしたり、自分自身に権威のない人が、
権威者の威を借りて光ではなく圧迫感を発しようするときに発生する。


いったん成立した権威主義は、自己増殖を始める。


今回のボクシング協会会長辞任問題はじめ、諸スキャンダル、パワハラ問題
などのスポーツ不祥事の発生の心理学的背景を解きほごす鍵となる概念だと思う。



コメント

100回大会で、大学の名前の付いた高校の数

2018-08-12 | 健康・スポーツ心理学
ぼんやりみていて、あれ?大学の名前の付いた高校が多いなーと思った。
ネットで調べてみると、
慶応高校や土浦日大はどうするか迷うが、
13高校に及ぶ。

大学が高校を利用しているのか、
逆に、高校が大学を利用しているかわからないが、
相乗効果で、知名度が上がっていることは間違いない。

それにしても、「日大」が多いねー
それとついでに、
最近は?「――大学付属ーー高校」という命名より
「--大学――高校」付属を入れないのが一般的なってきていることにも気が付いた。
コメント

水分補給に甘みは不要

2018-08-10 | 健康・スポーツ心理学
スポーツ飲料などは、甘みも加味されている。
それが、水分補給を促進している。
でも、当然、糖分過剰になる。

昨日の新聞で、医師がその点を警告していた。

ジュースなどもあまりとりすぎるといけないのかもしれない。
夏はしかし、甘みのある氷や水がとてもおいしいので、
つい飲み過ぎてしまう。

最近は、白湯をできるだけ飲むようにしている。
結構、おいしくしかも大量に飲める。
コメント

高校野球はやはりおもしろい

2018-08-07 | 健康・スポーツ心理学
若者は元気一杯、元気はつらつ。
全身全霊で挑むエネルギーが奇跡を生む。
それが感動を生み、興奮させてくれる。
それをみせつけられるのが、高校野球。


ニュースの断片からも、そのひたむきさが伝わってくるのは、
こういう真剣さが、日本の社会インフラ(政治、企業、教育)から消えつつあることへの
郷愁にも思える。

時あたかも、「大人」が引き起こす数々のスポーツ関連不祥事
と対比的である。
コメント

二刀流って?

2018-08-07 | 健康・スポーツ心理学
大谷選手の2刀流が話題になっているが、
日本では、セリーグでは、投手が投げて打っての2刀流ですよね!
ということに気が付いた。

投手としての登板間隔はほぼ一定。
その間は、調整期間になるが、投球数を半分にして
期間を短くすれば、ごく普通に2刀流になる。

高校野球なんて、ほとんど2刀流ではないですか!!

気が付かなかったなー
でも誰もそのことを指摘しないのも、不思議。

このことを発見して、今、一人微笑んでいます。

発見は、何事でも、楽しい!!!!
コメント

高校野球、始まる

2018-08-06 | 健康・スポーツ心理学
特に興味があるわけではないが、
マスコミの巧みなプログラムや報道に触れるうちに
いつの間にか気になってしまう。
気になると、高校球児のひたむきなプレーに触れたくなる。
そして、あのチームどうしたのか?
あの選手どうなったか
ゆかりのある県――自分の場合は、千葉県、茨城県、徳島県ーーのチームはどうなったか
などなどが気になり、次第にTV桟敷にはりつくことになる。

これもまた夏の風物詩の一つ。

スポーツ不祥事、スキャンダルの中、
高校球児のがんばりが救いだ!!

心配なのは、球児以外に、
暑さ耐性がそれほどでもない(と思われる)応援団、そして関係者の方々、観客の方々の暑さ対策。
十分すぎるほどの対策をして楽しんでほしい。




コメント

強い、強い、日本女子ソフト

2018-08-05 | 健康・スポーツ心理学
偶然まわしたチャンネルで、日本vsイギリスのソフトボール試合を放映するという。
これまで上野投手のなげっぷりを垣間見た程度だったが、
今日は、きっちりと観戦させてもらった。

球場も、ベースも一回り狭く、7回終了なので
コンパクトに試合が進行するのがよい。

日本これまで3試合で相手に得点を与えずで勝利。
今日もイギリス相手に、圧倒的な強さを発揮。
これなら明日、強豪オーストラリア相手でも勝てそう。

それにしても、日本女子、たくましいねー
それにしても、マスコミ報道がほとんどないのが不思議。
まだ予選段階だからかなー

コメント

冷房病、それとも熱中症?

2018-08-05 | 健康・スポーツ心理学
冷房にはかなり弱い。
あまり冷房のある部屋に長居はしたくない。
でも、この暑さではそうもいかない。

かるーい頭痛が、ここ1月くらい続いている。
今日のTVで、冷房病もあるので注意との医師の解説。
熱中症と同じで、はやり頭痛症状があるらしい。

うーん、せめて寝るときくらいは、冷房なしにしないとねー

コメント

うま味成分

2018-07-12 | 健康・スポーツ心理学

「うま味」の命名は、その成分物質がグルタミン酸であることを発見した池田菊苗による。池田は、それまでに知られていた
・酸味(さんみ)
・甘味(かんみ)
・塩味(えんみ)
・苦味(にがみ)
の四基本味に加わるべき第五の基本味としてこれを「うま味(うまみ)」と名付けた。

(ウィキペディアより)

@@

食品の好みがしばしば変わるので、味っていったい何?と思い、検索してみた。
現在、自分にとっては、この5基本要素については、
・酸味 ほぼ継続的に受容。
・甘味 ほぼ継続的に受容。ただし、最近は、ケーキがだめ。
・塩味 塩分控えめはやめた。ほぼ受容。
・苦味 あまり意識したことはないが、たぶん、受容しないのでは。
・うま味 上の4つとは異質だと思っていた.複合感覚か主観的感覚かとおもっていた。
     なんと、きっちりと成分もそれを受け入れる細胞(味蕾)も舌にはあるらしい。
     これは文句なく受容だと思う

ただ、受容云々は、食欲不振の時のことで、
食欲があるときは、なんでもおいしく食べている。

コメント

なんだか、スポーツが汚くなったなー

2018-07-06 | 健康・スポーツ心理学
上は、サッカーの時間稼ぎ、
下は、試合中の故意の身体攻撃まで。
スポーツの試合が、「いさぎよし」から「汚さ」へと変わってしまったような現状。
さみしいねー
勝てばすべてよしは、スポーツでは見苦しい。世間では許されても、スポーツではなしにしてほしいねー

試合に勝つ」ことを至上命令とされるチームのコーチや監督、さらにはファンのスポーツ観が
試されている。

冷静にスポーツの王道に立ち戻ってほしいもの。

「たかがスポーツ、されどスポーツ」
これからオリンピックに向けて、スポーツのいろいろの意味での期待がかけられている時期。
スポーツ関係者は今一度、スポーツ魂の原点に立ち戻り、沈思黙考してほしい。

コメント

いい試合だった!

2018-07-03 | 健康・スポーツ心理学
2-3での負け。
これで全試合の予測が外れたことになる。
これを機会に、反省の意味も込めて、サッカーファン引退とするつもり。
楽しいときをありがとう。

それにしても、昨日の負けっぷり、
お見事だった。
こんなきれいな試合、記憶にない。

ポーランド戦の時間稼ぎのみっともなさをこれで払拭した。
次の東京オリンピックでの活躍を期待する。
その時まで、サッカーフアンは封印。

コメント

さーあと1時間

2018-07-03 | 健康・スポーツ心理学
こんな時って、だいたいきっちりと自然に?目が覚める。
もう事前放送は始まっているだろうが、セレモニーやくだくだ解説は嫌い。
ずばり、キックオフの瞬間からみたい。

でも、なんだか眠くなってきてしまったなー 笑い
コメント