心の風景  認知的体験

癌闘病記
認知的体験
わかりやすい表現
ヒューマンエラー、安全
ポジティブマインド
大学教育
老人心理

寒いねー.寒中お見舞いもうしあげます。

2019-01-17 | 心の体験的日記
どてらを着て、
ヒーターとクーラーとをダブルでつけている。

暖かい。

風邪が怖い。

モリモリ食べて元気をつけて、あとちょっとの冬の寒さを乗り切ろう。


コメント

●認知的体験(  )02/1/16」17年前の今日の記事

2019-01-17 | 心の体験的日記

●認知的体験(  )02/1/16海保
「ふしだら読書」
最近、まともに読んでいるは宮部みゆきの模倣犯と司馬遼太郎の飛ぶがごとくだけ。専門書は拾い読み、積ん読、途中断念読み、睡眠誘導的読書ばかり。
というような話しをニューズレターにのせたら、いちむら先生がFAX。海保さんの読書は、西田幾多郎と同じ。思索者の読書なんだそうだ。うわさでは大江健三郎もそうとのこと。うれしいねー。安心したねー。楽しみの読書は熱中して、思索の読書はいいかげんに!!ここで、アイディア「ふしだら読書のすすめ」
コメント

「核」家族の問題なところは、「各」家族になってしまうことなんでよな」今日のひとこと

2019-01-17 | 心の体験的日記
鶴米の家族に乾杯」は比較的よくみる。
地方都市の人的つながりの豊かさに驚くし、ここに、地方創生のヒントがあるような気さえする。

先日は、なんといとこ3人が、ほぼ一か所に住んでいて、
こどもたちは、どの家で夕食をとってもよいことになっているとのこと。
もちろん、おじーちゃん、おばーちゃんも一緒に住んでいるか隣に住んでいるなんてのは、
当たり前。

うらやましい限り。
都市化と核家族化。
今一度、相互依存、相互支援が自然にできる大家族制へのカンバックを考えたほうがよいかも。



dd
コメント

インスタントうどん

2019-01-17 | 心の体験的日記
コンビニで300円くらいした(と思う)。
実にひさしぶりに、うどんを食べた。
具だくさんでスープもおいしい。

スーパーだと100円くらのインスタントラーメンやうどんがごっそり売っているが、
さすがにねー

これくらいの値段のインスタントになると、さすがにおいしい。
やみつきになりそう。

コメント

ニュースの重要度

2019-01-14 | 心の体験的日記
ネットで簡単に最新ニュースが見られるようになった。
紙新聞不要である。
というわけで、紙の新聞購読をやめてしまって、もうどれくらいになるか。

ただ、時折、コンビニで買って読むことがあるが、
紙新聞ならでは仕掛けが懐かしくかつ有効なことに気が付かされる。
その包装機能などの有効性も馬鹿にならないが、それ以外にも、情報的にも紙新聞ならではの機能も大事である。

もっとも大事かどうかはさておくとして、
各記事の紙面の大きさ、位置とその重要性がほぼ連動していることである。

ネットニュースは、まずは一覧で見出しだけが、発生(新鮮度)順にならべて提供されるので、
社会的重要度が周知の分野以外では、見えない。

この違いは意義と大きい。
とりわけ、あまり知識のない分野のニュースでは、扱う紙面量と場所は重要性の有力な手掛かりになる。

紙面そのものを電子的画面で見せるのもあるが、表示される画面が小さいので、
紙ほどその有効性を発揮できない。


コメント

ラグビーの魅力」今日のひとこと、いや2こと

2019-01-12 | 心の体験的日記
ラグビーの世界選手権が来年、日本で開催もあってか、
一種ブームのようになりつつある。

あんな肉体どうしのぶつかりあい、
何がおもしろい、
ほとんど防具もつけない、まさに裸のぶつかりあい、
けがの危険
きわまりない。

でもねー
だからこそのおもしろさと
夢中になる男の子ーーーとおもいきや、最近は、女子チームもできたらしいーー、
いやシニアもいる。

スポーツには、外からみていると、
なんでそんなことがおもしろの?
なんで、そんな危険きわまりないことに努力を注ぐの?
というものが多い。
でも、それは、スポーツに限らない。

趣味でも、ときには仕事でさえも、
外からはわからない魅力がそれぞれにある。

自分の趣味だったテニスだって、
ただの玉の打ち返しっこ、どこがおもしろの、と言われたことがある。

それぞれが我をわすれて没頭できるものがあることは、
生きていく上でとても大事。
そして、それを尊重し応援することもまた大事。

またそれが、文化、文明のインフラにもなっている。

「参考」

1983年に日本で最初の女子ラグビーチーム、「世田谷レディース」が創設された。(世界的に女子ラグビーは19世紀末のフランスやニュージーランドが発祥とされるが、当時は女性のスポーツ進出に偏見があり、記録が残されていない。第二次大戦前にフランスで女子ラグビーを写した映像が残っている。また、1940年代に、戦争の被害者へのチャリティーとして、ウェールズで慈善試合が行われた記録がある。)

1988年4月、日本女子ラグビーフットボール連盟が発足し、1989年に初の海外遠征を行った。

1991年の第1回、次いで1994年の第2回女子W杯に招待されて出場し、第2回大会でスウェーデンから1勝を挙げたが、1998年の第3回大会には「最近のテストマッチの実績が乏しい」として招待されなかった。

第4回大会も当初は書類選考のみで出場国を決定することになっていたが、2000年11月に、日本・香港・サモアの3か国でアジア・太平洋地区予選を行って上位2か国に出場権を与えること、同年7月に日本がサモアを12-10で破

コメント

悪筆

2019-01-12 | 心の体験的日記
昔から悪筆である。
ワープロが使えるようになって快哉を叫んだ。

最近は、指先の機能の老化もあって、悪筆に加えて、
漢字が出てこないようになった。

正月の恒例行事、書初め。
見事な書をみるにつけ、恥ずかしい思いをしている。

それにしても、一般に女性は悪筆は少ないように思うが、
これは、みだしなみとしてトレーニングした結果なのか、
それとも遺伝的特質なのかなー
コメント

FB、ちょっとうるさすぎませんか?7

2019-01-11 | 心の体験的日記
このブログの記事の1個くらいを、FBとtwitterにも転載させてもらっている。
もちろん、無料、しかも、ワンクリックですむ。


ところが、FBのほうからは、メールやトップ画面に頻繁に
お友達登録してある人の更新状況がくる。
なんとだれそれさん、今日が誕生日です!なんてメールもくる。
プライバシー侵害ぎりぎりではないかなー

twitter のほうは、まったくそういうことはない。

もうちょっと静かに利用させてもらえないかねー

無料コストとあきらめるべきかなー

ところで、FBからの撤退なんで簡単にできるのかなー

「参考」
こんな記事もFBからあった。投稿に対する回答かな?うーん!!

Facebookではスパム防止に積極的に取り組んでいます

海保 博之さん ー Facebookでは、スパムや知らない人からのリクエストを防止・削除するツールを用意しています。このようなツールの使用方法やアカウントのアクティビティの確認方法、スパムを報告する方法などについてチェックしてみよう。
— Facebookヘルプチーム
コメント

こんなものいらない

2019-01-10 | 心の体験的日記
ネクタイが、数十本。
どれもこれも、それなりに思い出がある。
もはやどう考えても不用品。
息子か孫でもいれば、いい形見になるだろうなー

そういえば、背広。
これもまたどれもこれも思い出がつまっている。
こちらはサイズがあるので、さらに困る。
下取りします」というお店を知っているが、
電子辞書50円なりの下取り価格のトラウマがあって、
ここのところ、近づかない。

そういえば、自著本。
自著本以外は、エイヤーで捨てられるが、
さすがに自分の本はねー
これは棺桶にいれてもらって、燃料かなー。<<>苦笑い
それでも、いまだ30年も前の本が、ネットで検索でき、
しかも、とてもはずかしくて額は言えないが、印税も入ってくることがある。
著作権って、確か、死後70年もあったから、死後資産として遺族に残せる?!





コメント

ノンアル飲料

2019-01-08 | 心の体験的日記
肝臓癌もかなり小さくなり、
医師はアルコール、オーケーという。
でもねー
肝臓と飲酒。少なからぬ関係があるくらいの知識はある。
そこで、最近はもっぱらノンアル。
ビールはもとより、きのうはスパークリング、
焼酎?もある。
いずれも、口当たりはとてもよい。
すばらしい発明だと思う。
コメント

外国人の礼賛する日本の番組がここちよい

2019-01-08 | 心の体験的日記
思わず爆笑してしまったが、
乱雑な看板があふれる街並みを、
どこかの外国人が、まるで芸術作品みたい」とまじめに礼賛していた。

最近、とくにこの種の番組が多い。
悪い気はしない。

自国になくて他国にあるものは、めずらしいので、称賛されやすい。
笑って受け止めれば、へたなギャグや漫才よりおもいしろいし、心地よい。
コメント

ポイント商法のトラップ?

2019-01-07 | 心の体験的日記
コンビニのポイントカードを作った、というより、作らされた。
ところが、作って使ってみると、なかなかいい。
バッグを開けて財布を取り出さなくとも、一番外側のチャック付きのところに
入れてあるので、取り出しとしまうのに便利。
しかも、スーパーでも使えるので、1000円くらいすぐにたまる。

これでカードは、3枚。
スイカ
クレジット

増やす気はないが、わからないなー
コメント

おすすめ本「もらい泣き」冲方丁

2019-01-07 | 心の体験的日記
公民館・図書館で見つけた。
「天地明察」をjかつて引きずりこまれるようにして読んだ記憶があったので、
借りだして読み始めた。

雑誌連載物。
一話ごとの感動物語のどれもが、感動させられ、もらい泣きしてしまいそう。

理系的小説家とばかり思い込んでいた。
それが、こんな感動話を書ける作家だとは!!!


「参考1」
天文暦学者・渋川春海の生涯を描いた初の時代小説『天地明察』で第31回吉川英 治文学新人賞

もらい泣き (集英社文庫)
クリエーター情報なし
集英社


「参考2」

●感動の心を心理する
「感動することをやめてしまった人は生きていないことと同じこと(アインシュタイン)」
「感動だけが人の心を撃ち抜ける」(高橋克徳)
その感動の話です。
毎日ということはありませんが、誰もが何度か体験したことがあるはずです。
その心を分析してみると、いくつか特徴があります。
 外国旅行に行って、すばらしい景色に感動したことを想定してみます。
1つは、驚きや喜びを伴う知的な体験ということがあります。
 ただこれまで知らなかったことを知ることができたという知的満足だけではなく、そこに強い感情が離れがたく付随しているということがあります。 
2つは、感情も知性もその活動がピークに達しているということがあります。
 これまで見たこともない、驚きも喜びも最大に達している、さらに、これまでの知識を総動員しても追いつかないほどの情報処理の段階に達しているということがあります。
そして、第3に、満足感、幸福感に浸されるということがあります。
 その景色をみてよかった、幸せだ、という気持ちが伴います。
 こんな体験。誰もが、できればたくさん体験したいと思うはずです。では、どうしたらよいのでしょうか。
 
●感動を自分で作り出せるか
 基本的には、感動を自分の心だけで作り出すことはできません。
 ただ、感動できる可能性の高い場を、自分で作り出す、あるいはそこに出向くことはできます。
たとえば、
・映画みたり、小説を読んだりする
・ 外国旅行などめずらしい場所に出かける
・ 真善美に触れることができる場所、博物館、美術館、自然の景観などに出かける
こうした場には一体何があって、人を感動させるのでしょうか。
まずは、頭の中の知識を激しく刺激するものがあります。
映画を見た。月並みのストリー展開だった。これでは、知的な刺激はありませんから感動できません。奇想天外というほどはなはだしいものである必要はありませんが、少なくとも自分の頭の中にあるこれまでの知識の中に自然には取り込めないようなもの、予想できない展開があることが必要です。
そして大事な要素は、ポジティブ感情です。
感情を強く刺激するものはいくらでもありますが、ポジティブ感情を強く刺激するものでないと感動になりません。愛と喜びを強く喚起し、さらに正義、勇気、希望、真善美の感覚が湧き出させなくてはなりません。
さて、こんな場をあなたはいくつ持っているでしょうか。
と書いてから、自分を振り返ってみましたが、実は、ほとんどないことに気づかされました。そして、最近、とんと感動とは無縁な生活をしていることにも気づかされました。

●それでも感動したい
 高齢者の自分の感動はさておくとして、少しでも感動、あるいはそれに近い体験ができるようにするにはどうしたらよいかを考えてみたいと思います。
 前の項で、3つの場に出かければ、感動体験ができそうだ、といいました。それは間違いありません。
・評判の映画のラストシーンで涙が止まらなかった
・世界遺産を現地でみてわくわくどきどきだった
・「モナリザ」を生で見ることができて胸が締め付けられほどだった
こんな感動体験は、その場に行ったからこそです。子どもには、ぜひ、こうした場をたっぷりと体験させてやってほしいですね。感動体験のタネを蒔いていることになるからです。
もう少し日常的にミニ感動体験をすることはできないものでしょうか。
まず、知的なほうから。
外の世界を認識するのは、外からの情報と頭の中の知識とのやりとりになります。その間に適度のずれがあった時に、外の世界の認識は、好奇心の色合いを帯びます。
朝顔が咲いている光景。あーいつもの朝顔だー。では感動とは無縁。
でも、あー今日は、朝露が数滴。いつもと違うなー。おひさまが出てきたらどうなるだろうー。カメラにとってみようかなー。――――
となればどうでしょうか。だんだん、ミニ感動体験になっていきませんか。
つまり、あるがままを取り込むのではなく、絶えず、頭の中の知識を投入して、外の世界とやりとりするのです。このやりとりこそ、感動へと導く知的活動なのです。
これなら、誰もがいつでもできます。
いつもの見慣れた光景の中を散歩していても、感動のネタはいくらでもあることになります。
大事なことは、外と内との情報、知識のやりとりです。
いつもの平凡な光景にしてしまうのは、あなたの知識だけしか使っていないからです。見たいようにしか見ていないのです。これでは、感動とは程遠いことになります。
書道家・武田双雲氏の言です。
「その場、その瞬間を味わうこと。風、雲、音――なんでも受け入れ、いいところを探して、「すごいな」「ありがたいな」と感動する」
「少々無理をしてでも小さな喜びを見つけて、前向きなパワーを得る」(2010年6月19日朝日新聞より)
もうひとつ、ミニ感動のためには、何度も出てくることになりますが、ポジティブ感情です。
感情がネガティブでは、感動は絶対にできません。とはいっても、こればかりは、どうにもなりません。
ポジティブ・マインドづくり全体の中で心がけていくことになります。

コメント

交通安全祈願

2019-01-04 | 心の体験的日記
この神社だけは、まじめに初詣する。
それでも混雑はごめん。
4日(今日)なら、もう御用はじめだし、
すいているだろうとの予測で、出かけた。
ところが同じことを考えている人々でいっぱい。
それでも、きっちりと、交通安全のお札を収め、新規に購入した。

交通安全!!

まだ運転、あきらめない自分にやや自分でもあきれ気味。
コメント

帰省

2019-01-03 | 心の体験的日記
7年間、徳島生活した以外は、関東圏で生活した。
したがって、帰省というのは、徳島時代だけだった。
そのときは、夫婦ともに、関東圏だったので、帰省トラブルはなかった(ように思う)

帰省トラブルとは、どっちの実家に帰省するかで、家族でもめること。<<今思いついたことば。
みなさん、このトラブルは、ないのかなー。

そんな話を徳島で誰かにしたら、
その人いわく。「夫婦が徳島出身どうしになるように縁組する」とのこと。
なるほどねー
コメント