心の風景

癌闘病記
認知的体験
わかりやすい表現
ヒューマンエラー、安全
ポジティブマインド
大学教育
老人心理

1年前記事

2017-10-31 | Weblog


心理学で読み解く司馬遼太郎の世界
「名前」
司馬遼太郎によると、女性の名前で、子とつくのは、公家風で軽い尊称だったらしい。日野富子平徳子などこの貴族の習慣が、明治後一般化され女性の名前に子がつくという流行を生んだきらきらネーム隆盛のおり、ちょっと気になったので。なんとなんと森鴎外の子供の名前がーーーー於菟(おと)......
>続きを読む


基礎研究はなぜ大事なのか]今日の論考

2011-05-27 | 基礎研究はなぜ大事なのかいずれの研究も、それでどうなるの、という研究ばかりである。しかし、だからといってそこに費やされたコストもすべて無駄だったのかと、問いつめられれば、即座にいくつかの反論をしたくなる。まず、個人的なメリットを挙げるなら、基礎研究は、リサーチマインドを体得するのに絶......
>続きを読む


生活のなかで記憶を失う

生活のなかで記憶を失う
●記銘の失敗覚えたはずのことを覚えていない例 
2階にあがったが、何をしにきたか忘れた

●記銘の混同似たものを混同して覚える例 
「かいほ」と「かねこ」(よくあるほう、最近あったほうに誤る)
●想起の混同誤って別のことを思い出してしまった例 試験で誤った人名を書いてしまった●行為の想起のタイミングの失敗やるべき......
>続きを読む


2015年10月31日 に書かれた記事

2015年10月31日 に書かれた記事をお届けします。今日の献呈雑誌「東京人」今日の献呈雑誌「東京人」あの大村先生が画家・堀文子氏と対談内容圧巻東京人 2015年 11 月号 [雑誌]クリエーター情報なし都市出版心の悩み」名言の心理学心への素朴な疑問は、悩んだ経験の豊富な人ほど強い 例 ネガティブな気持ちのと......


コメント

術後、1日め

2017-10-31 | 癌闘病記
手術そのものは、麻酔で痛みを完全にコントロールしているので、
まさにあっという間ー実際は3時間くらいーー終わる。
問題は、術後である。
痛み止めの副作用で
猛烈な尿意に悩まされる。
尿そのものは、導入管からきっちりと排泄されているので、
尿意だけ感じるのである。
これに一晩、悩まされた。
今日の悩まされるかも。
でも、痛み止めも、明日早朝あたりまでとのこと。
こんどは、本当の?痛みに悩まされるかも。

































コメント

目標の取り違えエラー

2017-10-31 | 安全、安心、
仕事をするとき、使命(Mission)に基づいて、目標をたてます。
 
そのとき、「安全に関する使命」と「仕事に関する使命」とがあります。
そして、通常は、安全の使命の制約の中で、仕事の使命を達成します。
 
しかし、作業現場で仕事をしている人の頭の中ではいつもこうなっているとは限りません。時には、仕事上の使命が安全の制約をはみ出てしまうことがあります。この時起こるのが、目標の取り違えエラーです。
・乗客のために、悪天候の中を無理して飛んで事故 
・速くできるので、決められた治療手順の一部を省略して事故
・業績を挙げたいために、法律違反の手を使って事故 

「自分の力を示したい(自己顕示欲)」
「自分の力を確認したい(自己有能感)」
「業績を挙げたい」
「競争に勝ちたい」
「乗客や患者を喜ばしたいという優しい気持ち」
などが、こうした目標の取り違えエラーによる事故を引き起こします。

そこで、使命の取り違えエラーをさせないためには、
1)目標管理をきちんとする
・安全目標と仕事目標とが葛藤するようなのはだめ
・複雑な目標構造はだめ 
 例 「制限速度の遵守」の下に「時間ぎめ配達」
・抽象的な目標の提示だけではだめ 
 例 「交通安全」より「制限速度を守る」

2)教育・研修によって、絶えず、安全目標を活性化させておく
 使わない知識は記憶の底に沈んでしまう。事故はまれにしか起こらないため、安全に関する使命も知識がすぐに不活性化してしまう。
・朝礼などで折に触れて絶えず使命構造の確認をする


コメント

ミクロとマクロ」心の風景

2017-10-31 | Weblog

人の頭の働きについても、いろいろの形でミクロとマクロは微妙に関係している。
あるときは、ミクロが優勢、あるときは、マクロが優勢、あるときは、両者が拮抗することもある。

問題は、普通は、マクロとミクロとが同時に見えることがなく、見えるのは(意識できるのは)ミクロだけなところにある。
これが人をミクロ最適化の罠に陥らせることになる。

有能とみられる人ほど、ミクロ最適化の罠に陥りやすい。なぜなら、有能さがミクロで評価されがちだからである。
無論、それも一つの有能さではあるが、しかし、マクロと整合したミクロの処理こそが有能さの本物の証しでなくではならない。

本物の有能さを発揮するためには、
一つには、ミクロの即断即決を、マクロな観点からも吟味してみる習慣をつけることである。
ここで、マクロとは、次の3つである。
 ・中長期的な目標から
  例 今日はだめでも1月後には、---
 ・より上位から
  例 課より部、部より会社全体 ---
 ・他との関係から
  例 消費者から 作る側から ---

もう一つは、マクロをみえる(意識できる)ようしておくことである。
人はみえるものによって動く。ミクロはみえるからこそ人をとらえる。それにとらわれてしまうことにもなる。
そこで、マクロもみえるような工夫を意図的にする必要がある。
コメント

自転車は怖い

2017-10-31 | 安全、安心、
電動アシストを乗り回した1月。
でも、かなり危ないことがわかった。

敏捷性、筋力のある若い人なら、
なんの苦労もなく対処できることに、
年寄では、無理だということに気が付いた。

さらに怖いのは、歩道上をかなりのスピードで自転車を乗り回す若者、
それも2,3人が一段となっているのに遭遇すること。
あわてると余計、乗り方がぎこちなくなる。

ともかく、転倒したら、一貫の終わりなのだ。
というわけで、自転車、残念ながらやめることにした。
コメント

司馬遼太郎のことば」名言の心理学

2017-10-30 | 名言の心理学
---あまり小利口小才子では、眼前の物事に眼がうつりすぎて、かえって、身も事もあやまる。---」
(司馬遼太郎「竜馬がいく」3(文春文庫))

小利口小才子なリーダーは、確かに困る。

部下が小利口小才子的に反応するから、
次第に、面従背腹、ご機嫌伺い、ごますり部下ばかりになる。

大企業病のひとつ。

コメント (1)

社長へ募る不信感]お仕事相談(再掲)

2017-10-30 | 健康・スポーツ心理学
社長へ募る不信感

相談者:保険営業 / 39歳 / 男性

悩み@@
保険の営業5年目です。業績は順調なのですが、社長の話に一貫性がなく、ビジョンもなく、思いつきで体制を変えるのにうんざりしています。 
先日も、私から見ればマジメに勤務していた事務の女性を勝手に解雇し、解雇理由を聞くと「事務員に経費をかけるより、ダイレクトメールをして契約を増やしたい」とのこと。顧客管理もあいまいで、顧客の取り合いにならないよう営業同士気を使いながら仕事をしているので、社内の雰囲気はいつもよどんでいます。社長への不信感が渦巻いています。 
そんな時にちょうど、他の保険会社にスカウトされて話を聞きにいくと、顧客管理・教育システム・福利厚生・給料面ともに納得いく内容でした。でも自分が担当しているお客様のことを考えるとやはり簡単に転職を考えることもできず、かといって今の社長にも納得がいかず、悩んでいます。
このままダラダラ悩み続けるのは嫌なので決断したいのですが、前向きに決断をするにはどのように考えるべきでしょうか。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

● 社長談判という真正面からの解決もありますが
一貫性もなくビジョンもない社長では、会社の将来も不安ですね。恣意的な解雇など、コンプライアンス順守にも問題がありそうですね。
仲間を募って社長と談判して会社の将来を議論してみる正攻法をお勧めしたいところですが、社内の雰囲気がいつもよどんでいるようでは、社長に、部下の意見を聞き入れるようなところはなさそうですね。

●あなたのような営業マンの顧客であったら幸せ
 個人的な話で恐縮ですが、最初の車を買った時の営業マンにこれまで20年以上面倒をみてもらっています。配転で営業所が変わっても、ずっとです。
そんな体験がありますので、営業マンと顧客の関係の深さは、私なりにわかります。
転職してしまうと、配転と違って、顧客ともどもというわけにはいきませんから、お悩みの点もよくわかります。
 しかし、39歳。社長への不満を抱えての仕事より、これまでの営業技能と豊富な経験を活かして、これから新規の顧客開拓に挑戦してみるのも、仕事としておもしろそうだし、生きがいにもなるように思いますが、いかがでしょうか。
 あなたのその「顧客大事」のお気持ちは、きっと成功へと導くものと確信しています。

● お客はあなたのもの?それとも会社のもの?
お客さまは、あなたのお客さまでしょうか。それとも、会社のお客さまでしょうか。難しいところですね。自分の場合は、会社よりその営業マンのお客と思っています。その営業マンが、別の会社に移れば、その会社の車を買うつもりです。
新会社に移られて、それまでのお客さまとは、一時的には疎遠になっても、長い営業活動の中でいくらでも修復できると思います。あなたが優秀な営業マンであればあるほど、修復の時間も短いと思います。
結論は、「きっぱりと転職すべし」です。スカウトされたのは、格好のチャンスです。

● 転職先の会社のチェックを
ただし、あなたの顧客リストだけが目当てというようなことは、まさかないとは思いますが、もうたぶん後がない39歳での転職です。スカウトされた会社を慎重にダブル、トリプルチェックをなさってから決断してください。あなたとその会社との間に仲介があれば、仲介によるチェックがひとつありますので、少し安心できますが、やはり、会社の方との直接面談に加えて、周辺の方からの情報収集も必要です。

コメント

最近のTV]心の風景

2017-10-30 | 社会
最近、TVを見る時間が長い。
気になることいくつか。
1)ザッピングしていると
時間にもよるが、ほぼ全チャンネルがCMということがたびたびある。
2)これって、なんのCMというのがある。
たとえば、
・65歳以上の肺炎予防
・最大3400万までの助成
公共広告なのかなー?
3)麻雀やスロット専用の番組がある。
誰が何の目的で、しかも、視聴者はいる?
4)有名人や個人の生活フォロー番組かとみていると、
実は、サプリの宣伝だった、という「だまされCM]

それにしても、CM頻度が凄すぎる!!
CMの合間に本番が挿入されているような感じ。

TVばなれか>>若者がそうなりつつあるらしい。
NHK志向に視聴者を追いやられないか?

コメント

不気味なほど静か

2017-10-30 | 心の体験的日記
30日、月曜日、朝1時半。
いつものようにトイレ起床。

内も外も、不気味なほど静か。
台風、直撃を免れたようだ。
もうこれで終わりにしてほしいもの。
今日こそ、台風一過の秋晴れとなってほしい。

午前中の大腸癌の切除に挑む。
4時間くらいかかるらしい。
すべての状況を説明してもらったので、安心といいたいところだが、
考えれば考えるほど、痛みなどの術後不安はある。
スタッフにおまかせするしかない。

コメント

週末、雨が多すぎない?

2017-10-29 | 心の体験的日記
また台風が接近中。
また週末、2日が雨。
テニスができない自分でも、
こう毎回、雨だと気も滅入る。
コメント (1)

退屈の極み

2017-10-29 | 癌闘病記
24日火曜日から今日29日日曜まで、
点滴かかえて、ベッドにごろごろの毎日。
やることは、下剤を飲んで、おなかの中を空っぽにすることだけ。

食事がないので、まったく時間的にもメリハリのない毎日。

こんなときの救いがTVと新聞。
(でも、病院の売店では朝日新聞だけがない!!)
さらに、普段はちょっと恥ずかしくて読めないような?
ミステリーや痛快本や文春。

でもレンタルwifiでブログ更新もできるようになり、
救われた。

でもこれも、明日の手術で多分、しばらく無理かも。
コメント

ごくろうさまです」心の風景

2017-10-29 | 心の体験的日記
●真夏の真っ盛り、
道路の草刈をしている、あるいは交通整理をしている多くは中高年の方々。

●連休中のサービス業の方々。

●不在配達にめげずに気持ちよく荷物を届けてくれる運転者さん。

●自らの命さえ投げ捨てる覚悟で人命救助をする自衛隊、警察、消防

●年寄のわがままに我慢しながら介護する人々

●ボランティアにかかわる方々


日本の現場はいずれもすばらしい。
万歳。感謝。
コメント

あっはっは」手術1日前

2017-10-29 | 癌闘病記
手術の際の説明を受ける。
最後に、手術室に入る前の待ち時間に
「音楽をかけることになっている。
ついては、どんな音楽がいいですか?」
と、音楽の種類のリストを見せてくれた。
歌謡曲
ヒーリング
クラシック
などなど
10カテゴリーが示された。
全然知らないカテゴリーも2、3あった。
格好をつけて、クラシック。
曲名はおまかせ。
まさか、葬送行進曲なんてことはないだろうなー 笑い



コメント

言葉の力」名言の心理学(再掲)

2017-10-29 | 名言の心理学
現実の言葉には重力が働いてすぐに落ちてしまう。
虚の言葉は無重力の世界にあって、時間や場所から超脱する。
そういうウソの言葉を使ったときにはじめて、われわれの思考は
本当に自由になる。

われわれ(日本人)に、おもしろい知的創造がすくないとすれば、言葉が日常性の桎梏から自由になり切れないからではなかろうか。
(外山滋比古)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

言葉には現実対応という点では、嘘を含む。
その嘘が、自由な思考を産む。
そして、それが、新しい創造的な現実を作り出すきっかけになる。
言葉があるからこそ、人間はここまで進化することが
できたのだ。
コメント

血管自慢

2017-10-29 | 癌闘病記
点滴針をさす看護師さん曰く。
「立派な血管ですね。
こんなに刺しやすい血管ってめずらしい」
と絶賛された。
若い女性にほめられるのは、
何事でもうれしいもの。
それにしても、血管がほめられるとはねー。
コメント