心の風景  認知的体験

癌闘病記
認知的体験
わかりやすい表現
ヒューマンエラー、安全
ポジティブマインド
大学教育
老人心理

高校訪問記

2010-08-31 | 教育
進路指導の先生方
実に丁寧に応対してくれる
タオル片手に
半ズボン姿が定番
千葉県の高校は冷房なしのようだ
でも大学の付属高校にはとてつもないふるい校舎だったが、
冷房は入っていたなー

補修授業だと思うが教室の風景
窓開けっ放し
うちわ
机の上にはペットボトル

高校授業料無償化と
冷房
子ども手当てと
保育所
さー、どっちをとる
票になるのは、どっちかははっきりしているところが問題

冷房効率の悪い大学の研究室で
ぬくぬく、いや、ひえびえ
もうしわけない
コメント (1)

●心と脳

2010-08-31 | Weblog

●心と脳
 精神活動の源が脳活動にあることは、ガレノス(C.Galenus,131〜201)によって早くから指摘されてはいたが、科学的な探求は1796年のガル(F.J.Gall)の骨相学に始まる。以来200年にも及ぶ思索と研究にもかかわらず、脳と心の関係は謎だらけである。しかし、近年、脳内活動の非侵襲計測技術の急速な進歩によって、精神活動の脳生理学的な基盤が急速に明らかにされてきている。最近は、なんでも脳によい、あるいは、脳で拡大解釈してしまう神経(脳)神話への批判さえあるほどである。
 心には心独特の法則に支配される世界があるとする考えは、唯心論者の主張ほどには極端ではないが、心の研究者のみならず広く一般に抱かれている。心理学の研究者は、脳科学の知見に十分に配慮しながらも、心の不思議を独自の科学的な方法論に従って研究し、その存在価値を高めている。
 脳還元主義の対極には、なんでも心の問題に還元してしまう心理主義もあるが、これも1歩間違えると、えせ宗教まがいの神秘主義に陥る危険性をはらんでいるし、さらに、すべてを個人の心の問題としてかたをつけて終わりとする思考停止的傾向をかもしだすこともある。その防波堤となり、人を心への健全な関心へと導くのが心理学の役割である。

コメント (3)

生存確認

2010-08-31 | 心の体験的日記

大正7年生まれ
生存確認
納涼祭にて

ベッドでの顔つきと全然違う
活き活きしている
「祭りは元気づくりの大事なシステム」
コメント (2)

発達心理学

2010-08-31 | 心理学辞典
発達心理学では、人の誕生から死までの心の変化のあるがままの姿を明らかにするとともに、それが環境によってどのように違った姿になるのか、さらに、大人が、どの段階でどのように介入すればどのような変化が起こるかを明らかにすることをねらう。
コメント (2)

あせも

2010-08-31 | 心の体験的日記
汗疹
と書く
3日前頃からたぶん、あせもではないかと思うが
身体中に小さい発疹ができた
今は、ほとんど消えた
これも暑さゆえか
それにしても暑い
皆様ご自愛ください
ただ、今日は一日冷房の部屋で
からだがすっかり冷え切りました
廊下を2,3度往復してしのぎました
冷房病にもご留意ください
コメント (3)

今日の一言

2010-08-30 | ポジティブ心理学
酒は
飲むなら良薬
飲まされるなら劇薬
コメント (3)

ホスピタリティか実か

2010-08-30 | 心の体験的日記

ここのところ、3箇所の病院とつきあった
実に親切、これが病院か! と思うほどのところがある一方では、
実に実務的で笑顔一つなしのまさにこれぞ病院というのがある
そして、実は、後者のほうが、病院としての力、
というより主治医の実力はあきらかに上

親切、ホスピタリティには偽善のにおいがあるから
しかるべき状況、場所では、要注意
コメント (2)

文字サイズ

2010-08-30 | 心の体験的日記
偶然、画面文字サイズが大きくなった
実にみやすくなった
ところが、画面一部が隠れてしまう
これが不便
これって大画面にすれば解決するのかなー
コメント (1)

応接セット

2010-08-30 | 心の体験的日記
我が大学、研究室に応接セットが常設
これがかなりのスペースをとる
そこで、自分研究室だけ、作業机と置き換えてもらった
今、家でも、応接セットが邪魔になってきた
さて、これをどうやって片付けるか
リサイクルショップに売る
ごみとして出す
物置部屋にしまう
誰かにあげる

どれもこれも、面倒そう
最初から買わないに限るのだが、
どういうわけか、買ってしまう
しかも、高いものを買ってしまう
そして、邪魔になる
コメント (3)

24時間TV[ありがとう」

2010-08-30 | 心の体験的日記
24時間、見っぱなしではないが、
TVをつければ、そのチャンネルに
2,3度、感動の涙
ごくろうさま
いい番組でした
ありがとう
コメント (2)

一人酒はできるだけ避ける[心を元気に

2010-08-29 | ポジティブ心理学
一人酒はできるだけ避ける

もちろん一人静かにもありですが、できれば、心元気にするための飲酒は、仲間と一緒のほうが元気が倍増します。一人飲酒だとどうしても習慣になります。仲間と一緒なら、ポイティブコミュニケーションもできます。さらに、仲間との気の置けない会話が頭の活性化にも役立ちます。
コメント (2)

思い込みを恐れない[心を元気に

2010-08-29 | ポジティブ心理学
思い込みを恐れない
 ミスが事故に直結するようなところでの思い込みは厳禁ですが、対人関係場面などでは、それほど、思い込みを恐れる必要はありません。大いに、ポジティブなほうにバイアスをかけて認知するように習慣づけることをおすすめします。  
コメント (1)

自己愛過剰

2010-08-29 | 健康・スポーツ心理学
最近、若者に増えているらしい自己愛過剰な人にとって実にありふれた悩みの一つです。自分もそこそこ美人なのに後輩のほうがもてるのを横目でながめていらいら、と同じたぐいの悩みなのです。
 自己愛とは、自分はしかるべき力、特性があるから周りからしかるべく処遇、評価されて当然、との考えを持つことです。 これが高ずると、自分は特別、特権意識、共感の欠如、強い嫉妬心を持つ自己愛過剰者ということになります。
コメント (3)

にせ経済学

2010-08-29 | 教育
ニセ経済学を見分けるのは簡単である。「**さえやれば日本経済は一発で回復する」とかいうわかりやすい話は疑ったほうがいい。そんなうまい話があれば、政府も日銀もとっくにやっているはずだ。ニセ経済学は現象を単純に割り切って説明するが、本当の経済学は複雑でわかりにくい説明しかできない。それは現実が複雑だからである。(池田信夫ブログより)
@@@@
心理学でもまったく同じ
でも、言いきり型説明のほうが断然、説得力がある
わかりやすいからである

ただ、現実が複雑だから複雑でわかりにくい説明しかできないことはない
学問は、シンプルでわかりやすい説明ができなくてはならない
コメント (4)

保冷剤、大活躍

2010-08-29 | 心の体験的日記
昨日、ホームセンターで、2個、大きい保冷剤を買って来た
小さい保冷剤と一緒にテニスコートにもっていった
小さいほうは、ポケットや帽子のなかに
大きいのは、タオル冷やしや休憩中、かただのあちこちを
直接冷やした
それでも暑かったがなんとかしのげた
ペットボトル2本
1本はスポーツドリンク
これはすぐになくなってしまう
もう一本は、お茶
それにしても、よく負けた
くやしい!
コメント (3)