104つの奇跡
見えてるのかな、これ?
 



J1の上に日本版プレミア!12年目指す


 2012年、再来年を目途にJ1の上にもう一つリーグを作るそうな。名前は未定ですが、プレミアリーグだけはやめてもらいたいと思います。


 しかし、発足当初は10クラブだったのが今やJ1で18チーム、J2で19チームと肥大化しすぎです。これが欧州のトップリーグでしたらこれぐらいでもOKなんですが、世界的に見ても中堅以下のリーグならば10ぐらいが妥当だと思いますよ。恐らく、J1、J2のエレベータークラブを底上げするのと、JFLからの加入を増やす目的であることは明白です。ただ、地域密着はクリアできても、資金難のところも多いので、明暗がハッキリ分かれるでしょうね。



 さて、近い内に長居にでも行くか。セレッソのユニフォームはあるので。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




スーパー銀河英雄伝説大戦



 そういや書いてなかったなってことで、「スーパー銀河英雄大戦」でも載せときます。ブリュンヒルトも良いですが、やはりバルバロッサ。それよりもレダⅡという私は異端です。


 ロボット大戦をベースに銀河英雄伝説を組み込んだものですが、ファン作品としては再現度が恐ろしく高いです。まぁ、アッシュビーがミッターマイヤー&ロイエンタールと戦ってたり、キルヒアイスが生きてるのにメルカッツが既に同盟側に付いていたりとかツッコミどころは満載ですが、それを差し引いても素晴らしいの一言に尽きます。


 しかし、ポプランが「ラム」というとどうしてもあれを思い出してしまいます。まぁ、「イゼルローンの諸星あたる」ですからね。中の人はそれでキャスティングされましたし。



※蛇足ですが動画内使用曲
・帝国軍軍楽曲 「ワルキューレは汝の勇気を愛せり」(オリジナル)
・ショスタコーヴィチ 交響曲第5番 「革命」 第4楽章
・ブルックナー 交響曲第8番 第4楽章
・チャイコフスキー 交響曲第6番 「悲愴」 第3楽章
・帝国軍軍楽曲 「ワルキューレは汝の勇気を愛せり」(オリジナル)
・チャイコフスキー 交響曲第6番 「悲愴」 第1楽章
・ベートーヴェン 交響曲第7番 第4楽章
・同盟国歌 「自由の旗・自由の民」(オリジナル)
 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


ラ王  


「日清ラ王」生産終了!特設サイトで「“追湯=追悼”式典」開催

追湯式はコチラ


 何が驚いたって、ラ王が18年前からあったってことが驚きですよ。


【日清】前園真聖&中田英寿 ラ王 機関車編


ラ王と言えばこのCM。この時代はヒデ<ゾノでしたけど、今や逆転してますからね。レジェンドの貴重な映像です。まぁ、解説はヒデ<ゾノのままですけど。



ちなみに、世界のナカタはボケ役もやってました。


 しかし、どうせまた復活祭とか言って再販するような気がビンビンします。もしくはラ王が終わって麺王伝説を継承するラーメン、メンシロウとか出すんじゃないでしょうか?

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




 何でか知りませんが、十数年ぶりに家族総出で食事に出かけてまいりました。


 夏の京都にホイホイと赴き、連れてこられたのは円山公園の料亭 左阿彌。よりによって料亭かよ。お昼にはリーズナブルなランチも用意されてますが、ディナーでこのお店は一生行くことはないと思ってました。


 出てきたものは京都ならではというような懐石料理のコース。この時期ですから鱧とか鯛ですね。あとは水菜なんかも。とくに先付から鱧がこれでもかってぐらい出てきました。向付の刺身にも鱧、蒸物にも鱧、揚物の代わりに出た酢の物にも鱧。そんなに鱧が好きってわけじゃないんですけどね~。


 しかし驚いたのはトップ絵にもある焼物の鮎。こんなに躍動感のある鮎の塩焼きは見たことありません。焼物のくせに骨まで軟らかく仕上げられており、頭からそのまま食べることも可能だったみたいです。やりませんでしたけど。ただ、一つ残念だったのは水物でメロンが出てきたことでしょうか。喰えねぇんだよ・・・。


 普段外食する際には食前であろうがタバコを吸いますけど、今回ばかりはファミレスや居酒屋とはワケが違います。さすがにこの辺りは料理人さんに対する礼儀は心得ているつもりですので、食後まで控えておきました。味覚は幼少時より鍛えられましたので、ちょいと自信がありますので。まぁ、超一流の料理人でも喫煙者はいますけどね。



 最近良いものを口にした記憶があまりなかったので、今日は思わぬものが転がり込んできた感じです。欲を言えば、和食より洋食な気分だったんですが、美味だったからまぁいいや。
 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




島本和彦描くマンガ版「Gガンダム」本日発売ダムエーから


 ガンダムのキャラデザの安彦先生が描く「ジ・オリジン」がもう10年近く連載されてますが、今度はGガンですか。島本先生はディテール作成なんで、キャラクターデザインではないんですが。まぁでも、本来のキャラクターデザイン担当だった逢坂さんはもういませんからね~。


 しかし、Gガンダムのコミックと言えばときた洸一先生を忘れてはなりません。ボンボンでG~∀(Gユニットも)まで描かれて、逆襲のシャアもありました。あと、アストレイとかOOのIとFもですね。それでも、私は本編よりおまけの「がんばれドモンくん」の方が好きだったというアウトローです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 「続編を希望する漫画」というアンケートがあったら間違いなく上位にランクインする「スラムダンク」。台湾だったか韓国だったかで勝手に「スラムダンク2」なるものが作られてますが、このクオリティにはかないますまい。


スラムダンクの続きを勝手に考えてみる


 結構評判も良いみたいですが、実際に読んでみて納得です。これは上手いわ。本編はインターハイで終わってますが、その後の秋の国体、冬の選抜、そして2年になってからの県予選まで書かれてます(あと、赤木世代が大学に進学した話も)。いろいろとご都合主義的なところ(沢北が帰ってきたり、大物新人が加入したり)があったり、文章だけしかないですけどよく特徴を掴んでいます。井上先生、これをベースにして画だけでも結構なんで描いてくれないかな~?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




夏に引いてしまう男性のファッションランキング - gooランキング




 良かった、該当してるのはない・・・はずです。9位と20位がちょっとカスリ気味ですけど(タンクトップですが)。「下駄」とか入ってたら残念以外の何物でもありませんでしたが。


 しかし、これの女性バージョンってないんですかね? あ、でも夏場の女性の服装をキライな野郎はいないか。強いてあげるなら、ミニスカやショートパンツにレギンスですか。ってゆ~か、レギンス。あれはよろしくない。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NHK、「萌える!泣ける!燃える ゼロ年代 珠玉のアニメソングスペシャル」を2010年8月に放送決定


 コメンテーターはさすがNHKですね。ちゃんと心得ています。


 しかし、00年代ですか。高校ぐらいまではよく見てましたけど、最近はサッパリ。パッと思いつく限りですが、

Reckless Fire(スクライド)
 
Northern lights(シャーマンキング)
 
ヘミソフィア(ラーゼフォン)
 
真っ赤な誓い(武装練金)
 
空色デイズ(天元突破グレンラガン)
 
Invoke(種)
 
Shangri-la(蒼穹のファフナ―)
 
創聖のアクエリオン(創聖のアクエリオン)
 
GET9(攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX)
 
トライアングラー(マクロスF)
 
経験値上昇中☆(みなみけ)
 
LOVEトロピカ~ナ(ジャングルはいつもハレのちグゥ)
 
アンインストール(ぼくらの)

あたりが個人的には名曲扱いかなと思います。「ゲキテイ」もアニメは00年代でしたが、どっちかって言うと90年代ですしね。


 どうせ「ハレ晴レ」とか「もってけ」とか入るんでしょうが、前者はまだしも、後者はサッパリ意味が分かりません。サッパリ意味が分からない曲でも「ギャグマンガ日和」はOKです。


野太い歌声&キレのないダンスのハレ晴レユカイ(吹奏楽日本一の高校)



キレキレのハレ晴レユカイ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




スポルティング松井誕生へ!完全移籍が決定的に(スポーツニッポン) - goo ニュース


 我らの松井くんがグルノーブルを離脱し、スポルティング・リスボンへ行くことが決定的だそうな。まぁELには出れますのでグルノーブルよりは何倍も良いですが、出来ればボルドーかマルセイユ辺りへ行って欲しかったのが個人的な希望です。ポルトガルでもベンフィカとか。


 ル・マンの2部時代からちょいちょい追いかけてきましたし、フランスを離れるのはちょっと残念ですが、ポルトガルへ行っても応援しますよ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




歴代のガンダム主題歌アーティストが集結!ガンダム・ミュージックの祭典が9月に開催


鮎川麻弥→OK
新井正人→OK
米倉千尋→OK

Jam Project→アウト
栗林みな実→個人的に好きですがアウト
橋本みゆき→アウト
美郷あき→アウト
yozuca→アウト
rino→アウト

 「歴代ガンダム主題歌アーティストが集結!!」ってことで期待して見てみれば、「ガンダムトリビュート」からばっかり。あれはガンダムCDの中でも下の下なんですよ。本物連れてこい、ホンモノを!! 博子とかMIQさんとか川添さんとか鵜島さんとか高山みなみとか。このラインナップなら西川や玉置でも十分OKです(だがビビアン、てめーはダメだ)。



 まぁ、「ほか」となってるので、スペシャルゲストでガンダム姉さんぐらいは出てきてくれると思いますが、どうかな~? まぁ、井上大輔さんと松原みきさんはどう頑張っても出れませんし、TMネットワークは1人出せない人がいますからね。秀樹は出ないだろうな~。やしきたかじんは出なくてもいいや。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ