104つの奇跡
見えてるのかな、これ?
 



ベビースターがまさかのファンタとコラボ 麺スナックに「グレープ味」「オレンジ味」が誕生してしまう


 ちょっと前の記事ですが、おやつカンパニーの看板商品であるベビースターラーメンに新たな味が加わるとか。まさかのファンタとコラボ・・・・・・ゲテモノ以外に何物でもないような気がします。


 実はベビースターは週1で食べているお菓子であります。ラムーで6袋入りをゲットしてきて夜勤の時にポリポリと摘んでいると言う生活。昔ながらのチキン味がベストなんですけど、最近は焼きそば味やしお味、とんこつ味なんかもグッドだと思います。何時の間にやらカレー味とかみそ味が無くなったなと言う印象。昔はラーメンの味ごとにあったのに。


 そして件のファンタとのコラボ。一緒に食べるのは最高の組み合わせの一つなんですけど、それをわざわざ合わさんでも良いんじゃないかと思いますね。最近、カップ焼きそばなんかで甘いテイストの商品が多かったのでそれに肖った感じですかね。ただ、ベビースター好きとしてはこれもちょっと試してみないといけませんね。



 しかしながら、ベビースターラーメンを作っているおやつカンパニーの工場見学も一度行ってみたいと思っている今日この頃。ただし、場所が三重県津市・・・・・・おやつカンパニーよりも魅力的な場所があるので、よほどのことじゃない限り行かないだろうな~・・・。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




【クイズ】「514355911513」なんて書いてあるか読める?


 何の法則性もない数字の羅列。なんて書いてあるかなんてさっぱり分かりませんが、そこに繋がっていたとは。「夏のラ王」・・・。


 数日前に話題になった日清ラ王のHP。そこに並んでいた数列らしいのですが、なんとポケベル打ちとのこと。ポケベル世代ではないので、さすがに解読不可能でした。解読できた人はもれなく30代半ば以上ってことが確定します(笑)。


 理由としては、ラ王が25周年。今から25年前の1992年と言えば確かにポケベルが流行り始めた頃ですね。96年あたりにPHSに天下を取られるまではそれがツールだったみたいです。まぁ、ピッチもすぐに携帯に天下を奪われますが。



 何とも遊び心のあるからくりだと思います。話題性も謎解きとしても十分ですね。分からなくとも面白いと言う。日清は色々と考えてくれるな~。そんな発想が出来るようになりたい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




小学生が作った「長さを測って切れるテープ台」が秀逸 三平方の定理を応用し歯から目盛りまでの長さを正確に


 「長さを測って切れるテープ台」、一見すると普通だと思ったのですが、そこには色々と計算が必要だったみたいですね。


 テープ台は斜めに切るので物差しを当てても微妙に長さが変わってきます。そこで目盛を付ければ良いと言う発想はすぐに浮かびますが、正確に計測するために三平方の定理を利用。三平方の定理とか、中学で習いましたけど実生活で使ったことはありませんね。sin、cos、tanなんか何が何だかもう忘れてます。小学生でこれを理解しているのは天才としか言いようがありませんね。



 セロハンテープの長さを測ることがどれくらいの頻度で起こるのかは疑問ですが、アイディアを実際に形にするバイタリティはスゴイと思います。こう言うところから新しい商品が生まれたりしますからね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




“スーパーファミコンミニ”発表、幻の作品収録


 ちょいちょいと海外で話題になっていた「ニンテンドークラシックミニスーパーファミコン」。噂や希望の域を出なかったんですが、まさか本当に発売するとはね。


 収録作品は21作。やはり絞りに絞られたって感じです。任天堂作品が13作と2/3を占めています。個人的に思い入れのあるFF6とかマリオカート、それから聖剣伝説2。3じゃなくて2を入れたところにちょっとこだわりを感じますね。はたしてレベル9の武器は作れるのだろうか?



 ファミコンミニよりも思い入れが大きい人が多そうなスーパーファミコンミニ。これも発売してからすぐに品薄になるんだろうな~。スイッチと言い任天堂がやたらと攻勢を仕掛けているなと言う印象。京都の花札屋は今では世界的企業です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 昨日に引き続き、とうとう手を出してしまいました。本日はお休みだったのですが、びわこボートは非開催。次の候補になる尼崎も非開催。そうすると普段ならボートピアに行くところなんですけど、こちらも今一つ得意な場が対象ではなくどうしようかと思っていました。


「そう言えば向日町があるじゃない」


 調べてみると最終日で開催日。ってことで一路インプを走らせて行ってきました。ボートはもうね暇があればやってますが、自転車は初めて。右も左も分からず、ネットで基本は押さえて出動。普段は6艇なんですけど、7車とか9車だからな~。


 外から眺めるばかりの京都向日町競輪。とりあえず中に入ると非常にレトロな感じがプンプンしています。要するに古いってことです。まぁ、一時は閉鎖の危機だったらしいですからね。残ってるだけでも儲けもんなんでしょう。


 とりあえず出走表とHPの予想を照らし合わせて車券購入。遊びに来ているので掛け金も控え目にいつもの半分ぐらいです。3連単は普段の120通りでも外しまくっているので、9車立ての504通りなんて当たりっこありません。なんで2車単で勝負。2レース目で当たりが来たのはビギナーズラック以外の何物でもありません。


 そんな感じで場内をウロウロしていると、どこかで見たことのある顔が。いつもびわこで一緒にあーだこーだ言っている仲間内の1人、通称「バスの運転手さん」が来ていました。なんたる偶然。確かに近所に住んでいるって言ってたからな~。顔見知りを見つけ、話相手は確保。


 2人で相変わらずあーだこーだ言っているともう一人見知った顔が。びわこで「バカモーン!!」と威勢よく叫んでいるおっちゃんでした。通称「バカモンのおっちゃん」。こちらは隙間の時間を縫ってきたのか、次に行かないといけないとのことでそれほど会話はせず。初めての土地なのに顔見知りに2人も会うとか、どんだけ世間は狭いんだろうか?



 この日はビギナーズラックがあり、回収率は280%ほど。当たってる数はさほど多くはないのですが、一発デカイのを当てたのでそれで回収です。ただ、やっぱり私はボートの方がいいや。そう思った初夏の一日でした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「ネット世代の公営ギャンブル必勝法」はSNSにあり


 ボートは最早副業と言ってもいいぐらいよくやってますが、確かにボートピアも本場もそれほど混みあうことはありません。ホームであるボートレースびわこはグレードレースになるとちょっと人が多くなるぐらいで、一般戦だと非常に快適に観戦できます。


 ただ、来場者数は減っている割に、売り上げは前年比からプラスを継続中。人は少なくなってるのに儲けは多くなっている、普通ならありえない話なんですが、その一因は記事にもあるようにネット投票ですね。今日は鳴門のグランドチャンピオンの優勝戦。当てる自信はあったのですが、買いに行く時間は無し。これまで、手を出すまいと思っていたテレボートにとうとう加入してしまいました・・・・・・。


 特にネットバンキング等は必要なく、郵貯とか都銀地銀あたりで十分に出来ます。しかも、来店やハンコも不要。朝からせっせと登録し、何とか使えるまで持って行って、昼休みに投票しておきました。見事にゲット。


 浮いたお金で帰りに若松と住之江と蒲郡の最終に参加。若松の優勝戦をゲット。とりあえず元手の金額が倍以上になりました。アカン人生を歩んでいるな・・・・・・。でも、この手軽さは驚きです。


 しかし、やっぱりどこか虚しい。本場やボートピアでやるよりも熱が入りません。何故かと言うと、リアルタイムじゃないからなんでしょうね。予想して舟券を買って、オッズの変動にドキドキして、そしてレースでアツくなる。やっぱりこれです。興奮の度合いはやっぱり本場>ボートピアなんですけどね。本場で名前も知らない顔なじみのおっちゃん達とあーだこーだ言いながら予想して、また声援(たまにヤジ)を送りながらレース観戦してる方が圧倒的に楽しいです。やっぱり、人と人との繋がりが一番ですね。でも、ここぞと思うレースで手軽に参加できるのはありがたいと思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




西日本、26日まで大雨警戒=梅雨前線停滞で―気象庁


 雨だ雨だと言われている明日の天気。今日も遅出だったので、21時前に退社する頃にはポツポツと雨が落ちてきてましたね。明日の天気はどうだろうとネットを開くとこんな記事ばっかり。困ったな~。


 土日のない仕事をしているのは相変わらずなんですが、日曜はやっぱり休みたい人が多いのでどうしても身軽な私のような人間の出勤頻度が高い傾向があります。まぁ、仕方ないやね。ただ、電車通勤ですのでそれがストップしてしまえばお手上げ状態です。多分、阪急がアウトならばJRは既に停まってるでしょうから、そうなると車かな~、やっぱり。



 出勤の方も心配ではありますが、もうひとつ鳴門でやっているSGグランドチャンピオン。今日は出勤前に10~12Rだけ買って行き、12Rだけ的中してトントン。大丈夫であれば明日も優勝戦だけ買って行こうかと思っていますが、その前に開催の危機ですね。本業も副業も明日は暗雲立ちこめているな~・・・・・・。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




【マヨに夢中】アレにもコレにも使える!マヨネーズの活用法とは


 最近、ちょいちょいと目にするマヨネーズを隠し味に使うテクニック。酸っぱささえなんとかなれば油も卵も入ってますのでコクが出て結構よい仕上がりになるそうな。


 まぁ、記事にあるようにホットケーキとか唐揚げとかそんなのはやらないんですけど、個人的に今ハマっているのが納豆とマヨネーズですね。普通のマヨネーじゃなくて、からしマヨネーズやわさびマヨネーズですね。これはマジでウマイ。


 納豆には元々タレの他にからしが入ってるのがデフォルト。しかし、個人的に和からしはキライなので使ってませんでした。しかし、キューピーのからしマヨネーズと出会ってからは今や手放せない存在に。試しに納豆に入れてみると、これがまた合いますね。別に匂いがダメなわけじゃないんですけど、独特の香りは軽減され、ほのかにピリ辛で味にアクセントが出ます。わさびマヨネーでも良いんですが、からしマヨネーの方がマッチするかな。



 その昔、マヨチュッチュなる言葉もありましたけど、マヨネーズ自体は非常に高カロリーな食物です。少々かけたり和えたりする程度ならば良いアクセントになるんですが、度を超すと体表に贅肉と言う形で蓄積されていきます。何事もほどほどにが一番いいんですね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を期間限定で発売! シウマイもご飯もがっつり増量


 崎陽軒のシウマイ弁当。全国にファンがおり、私も東京方面へ行った際にはほぼ必ずゲットする一品です。ついでにシウマイ本体もお持ち帰りでゲットしています。


 そのシウマイ弁当にメガとMINIプレミアムなるモノが出るとのこと。しかも期間限定。メガはその名の通り通常のシウマイ弁当の増量版。通常は5個のシウマイが8個、他のおかずと御飯も1.5~2倍とか。ついでにお値段も1.5倍。まぁそれぐらいは仕方ないね。


 対してミニは小さくした分プレミアム感を演出しているみたいですね。シウマイは3つですが、1つずつ味が違うとか、パッケージがちょっと高級感漂うみたいになっているとか。ただしお値段はミニではないですね。通常のシウマイ弁当よりもお高め。



 シウマイ弁当ファンとしては是非ともご賞味したいのですが、1ヵ月ほどの限定販売らしいですね。これは7月22日までに平和島に突撃して、その際に是非ゲットしておかないと。と、理由を付けてすぐに旅に出ようとしてます(笑)。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




これが日清の本気!? チキンラーメンの「警察24時」風動画がクセになる


 つべで見つけて久々に爆笑した一品。日清も色んなことを考えるもんですね。無駄に高い再現度に本気の度合いが伝わってきます。





 個人的に警察24時は好きでよく見ているのですが、多分事前情報なしで動画だけ見せられるとホンモノかと思ってしまいますね。特にCGの作り方が秀逸。確かに警察24時はこんな感じだもんな~。良い意味で企画した人はぶっ飛んでいると思いますね。でも、これぐらいの発想が無いと生き残れないとも思います。



 ちなみに、この警察24時の他にもう一つ。飛行機の機内映像っぽいパターンもあります。これも90年代っぽいCGが今でも現役な航空会社の非常時の案内ビデオっぽく仕立ててありますね。無駄に多い矢印も再現。ホント、こだわってるな~。まぁ日清もラーメン屋なので、こだわりは大事ですね。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ