104つの奇跡
見えてるのかな、これ?
 



 今日も今日とて仕事なのは相変わらず。雪が断続的に降り続いていて、非常に寒い一日でした。まぁ、屋根のあるところで仕事しているので凍えるということはありませんでしたが、それにしても寒かった。


 んで、18時ぐらいになって帰ろうとバイクに跨ったとたん、思わずつるんと。まさかのフローズンシート。ズーマーXは重心が低く、さらに軽いので腕力にモノを言わせて何とか踏みとどまれましたが、アクロスなら確実に立ちゴケしてましたね。恐らく、雪が降る→濡れる→凍るというプロセスを踏んだのでシートが氷っていました。



 まだまだ春が来ないこの時期、やはり二輪には色んなところにトラップが仕掛けられているなと感じます。そんな真冬の一日でした。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 今月半ばに話題にしましたジョジョ3部エジプト編のOPテーマ、「ジョジョ その血の記憶~end of THE WORLD~」。ようやくフルが配信されましたので早速ポチりました。配信で曲を買うのも久々だな~。OPサイズからフルになって印象が変わるとは踏んでいましたが、ここまでとは思いませんでした。





 元々ミュージカル調ではありましたが、メタルとクラシックの融合ってな感じですね。特に間奏部分にそれが見て取れます。また、3人の歴代OPボーカルが各自の魅力を発揮して良い味を出していますね。


 特筆すべきはやはり歌詞。藤林聖子はやっぱりよく分かって書いてくれています。OPサイズを聴いただけでも、


・終着の地を焦がす 寡黙な炎=マジシャンズ・レッド
・おびき寄せられた 神々の化身=エジプト九栄神
・恐れを知らぬ 剣が貫く=シルバー・チャリオッツ


あと、スタープラチナはまんま出てきます。んで、2番が


・雨の様なエメラルド=ハイエロファント・グリーン
・愚者名乗る勇者=ザ・フール
・波紋の棘=ハーミット・パープル


と分かる人には堪らない要素が含まれていますね。DIOを示唆する歌詞もありますが、そこhタイトルの「end of THE WORLD」がDIOを表現しているとしといた方が良いかなと。


 これだけでも嬉しいのですが、リピート部分に入る直前に各自が担当したOPを表したソロパートを歌いあげているところなんかはもう鳥肌モノですね。やっぱ、アニソンはこうでなければ。



 第3部、DIOとの決着でBGMとして使われるであろう壮大な楽曲が出来上がりました。相変わらずカラオケで歌うには難しそうですが、まぁ2人いれば何とかなるかな? もし4部を作るとしたら、これ以上のクオリティを求められるだろうな~・・・。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




及川光博が仮面ライダー3号に!「1号と2号倒していいの?」溢れる"ライダー愛"#マイナビニュース# - goo ニュース


 ちょっと前に話題にしました仮面ライダードライブの劇場版。目玉となる仮面ライダー3号になんとミッチーがキャスティングされたとか。今年のオッサンライダー枠はミッチーか。最年長記録は陣内孝則が保持していますが、これほどまでにライダーっぽい人も珍しいのではないかと思います。


 劇場版限定のライダーってのは大体が悪役、さらにゴテゴテ感が満載なんですが、さすがに3号はシンプル路線でいくでしょうね。ミッチーの演技は半沢直樹や相棒で折り紙つき。しっかりと幻の存在ってのをやってくれると思います。



 しかしながら、仮面ライダー3号が出てきたってことはV3の立場はどうなるんだろうか? まさかのV3が4号に格下げで、ライダーマンガ外れるとかいう哀しい話は・・・ないよね?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「顔は獅童で頭は温水」の獣神、人気覆面レスラー自ら“素顔”語る。


 プロレスの世界でマスクマンと言うのは素顔を見られるのはもちろん、謎の存在であり続けなければなりません。素顔をさらすということは言わばそのレスラーの死に直結すると言っても過言ではありません。まぁ、初代~3代目タイガーマスクはマスクを脱いでもしばらくやってますが。


 新日本で一番のベテラン、そしてジュニアのレジェンドでもある獣神サンダーライガー。かれこれ25年以上マスクマンをしておられます。私が好きなレスラーの1人ですね。「本名:山田恵一」と言うのはもはや周知の事実。ただ、ライガー自身は「山田は死んだ。リヴァプールの風になった」と語っています(笑)。


 そんな素顔を自身で語ったとのこと。試合中にマスクを破られ、顔のほとんどが出たことは何度もありますし、鬼神ライガー時には白塗り素顔がデフォルトです。特に珍しくもないですが、「現在の本当の髪型は『かなりキテます』」のくだりはダメなんですけど笑えますね。「顔は獅童で頭は温水」ってのがまたそれを物語っていると思います。



 中の人としては50歳を超えてなお現役でリングに上がり続ける、まさにジュニアの象徴。入場曲の「怒りの獣神」のイントロが流れただけで歓声が起こり、会場が一体感に包まれる。アメリカに行ってもレジェンド扱いは変わりません。頭は薄くなっても、ライガーの偉業、これからの活躍は変わることが無いと思います。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




“ドラ飯”そういうのもあるのか NEXCO東日本で「孤独のグルメ」巡礼ガイド番外編「孤独のドラめし」配布


 中年独身男性、五郎がご飯を食べるだけのマンガ、「孤独のグルメ」。コアなファンが多い作品で、ネタとして使われることも多々ありますが、見てて和みますね。そんな孤独のグルメがNEXCOとコラボ。


 ドライブ飯、略して「ドラ飯」。日本全国に点在しているSA、PAで提供されてるご当地グルメを紹介するガイドブックを配布しているそうな。残念ながら、東日本オンリーの状態ですが、HPを見るだけで食欲をそそられる一品が並んでいます。時間さえあれば、行きたいんですけどね~。


 東日本だけでなく、西日本にも美味しい一品はたくさんあるはず。是非NEXCO西日本ともコラボしてもらいたいものです。しかしながら、SAで食べるジャンクフードって、やけに美味しく感じるんですよね。ついつい財布の紐も緩んでしまいます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




東京消防庁のポスターが完全にジョジョな件! ジョジョマニア「これ4部のラストじゃねーか(笑)」


 う~ん、クオリティはそれほど高くないってのが正直な感想ですね。大学あたりで新入生歓迎のために作ったような感じです。ただ、「4部のラストじゃねーか(笑)」は笑いました。あれは救急車でしたけどね。消防署に置いてあるという点ではアリだと思います。


 しかしながら、よく見るとこれは消防士ではなく、消防団員の募集なんですね。消防士はシャレにならないぐらいの体力測定がありますが、消防団員は地方ではよく見られる風習ですね。たしか、きこりんが現役消防団員だったような? 地域の要であることは間違いありません。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




凶悪殺人犯が変身する異色「仮面ライダー」の今


 ニュースを検索していると、まさかの萩野崇のインタビュー。もう13年も前になりますが、今でも人気の衰えない平成ライダー3作目、仮面ライダー龍騎で仮面ライダー王蛇を演じていました。現在のドライブが警察官ということなので、それの対比ですかね。歴代に悪役ライダーは出てきますが、その中でも王蛇は群を抜いていると思います。


 何度かお伝えしてきましたが、龍騎は色々と実験的な作品でして、「仮面ライダーが大量(疑似ライダー含め14人)に登場」、「必ずしも正義の味方ではなく、自分の欲望のためにライダー同士が戦う」、「最終話1つ前で主人公が戦死」と言うところが挙げられます。今でも大好きですね。


 そんな中でこの萩野崇演じる仮面ライダー王蛇こと浅倉威。なんと凶悪殺人犯で収監中という登場。温くなってきたライダーバトルに刺激を与えるため、単純に「戦いたい」という欲望を持ったキャラクターでした。ですので、何でもアリです。


 ライダーの力で脱獄に成功し、早速レストランで人質を取って立て籠もり。さらに、ゾルダのファイナルベント(必殺技)は「近くにいた」との理由でガイを盾にして防ぎ、その後ガイを倒す。ライダー同士の殺し合いを避けようとするライアも倒す。さらに2人のミラーモンスターを強奪。また、因縁のある「自分を無罪に出来なかった弁護士」のゾルダや「自分が殺した女性の妹」であるファムなどとの戦闘もしばしばありました(しかもどっちも倒す)。


 まぁ、こんな感じでTHE・悪役と言えますね。ただ、最後は因縁のゾルダとの戦闘に勝利した後、変身が解けた状態で普通の警察官たちに囲まれ、射殺されるという。ちゃんと散り際もあっけなくしてありますね。龍騎の6年前にシャンゼリオンで「サバじゃねぇ!!」と叫んでいた人とは大違いです。



 ハリウッドで唯一リメイクされたのもこの龍騎。単純な勧善懲悪を越えて、群雄劇をライダーでやったという異色作です。それもシャンゼリオンと王蛇、時代を越えてコンビを組んだ萩野崇と岡元次郎の演技があったからこそと言えると思います。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




PK失敗の本田と香川を擁護する遠藤「メンタルが弱いとは思わない」(SOCCER KING) - goo ニュース


 さて、今日はこの記事を書かねばなりません。昨夜はアジアカップのUAE戦が行われました。結果は1-1(PK4-5)で日本の敗北。まさかのベスト8でアジアカップを去ることになってしまいました。いや~、日本が自分たちのサッカーを出来ずにUAEにのびのびとプレーさせたのが敗因ですね。


 試合開始7分に裏を取られ、PA内遠目からミドルをたたき込まれた時点で試合は決まっていたのかもしれません。すぐに取り返せれば、勝てたと思いますが、同点に持ち込めたのが後半36分。反撃が遅すぎました。


 シュートはUAEが3本に対し、日本は延長戦も含めて35本。しかし得点は一緒。何度チャンスを作っても、どこからシュートを打っても決まらない、そんな感じの試合でした。恐らくですが、UAEとしては開始早々の得点で逃げ切りを狙っていたのだろうと思います。


 また、日本代表の動きもそれほど良いモノではありませんでした。選手間の距離が遠く、後ろからのロングボールを頭で弾くも、それをUAEに拾われる。非常にモッタイナイシーンが数多く見られたかなと思います。対するUAEは10番のオマルを中心に退くところと攻めるところがキッチリ分けられていたかなと思いますね。自陣でのスペースのケア、それからボール保持者に対するプレスも速かったかなと思います。


 日本としては、柴崎が期待に応えて同点弾を放ちましたが、どうにも運に見放されてるような、そんな感覚でした。何本打っても入らないってのはたまにある光景ですが、こういう時は大抵負け試合ですからね。また、延長前半で長友が負傷したのも痛かったですね。


 そして運命のPK戦。ホンディが外した時にヤバイ予感がビンビンしてまして、オマルのループが決まった時にほぼ負けだと思いましたね。これはオマルが上手かった。単純に直線の軌道を描くシュートだけならば川島は止められたと思いますが、ループが決まったことにより反応がどうしても後手になりますからね。失点シーンと言い、ほんのちょっとの差ではありますが、ここが勝負の分かれ目だったと言えます。



 とりあえず、日本のアジアカップはここで終わり。日本が弱くなったわけではないと思いますが、UAEやイラクなどの中東勢が盛り返してきたのかなとも思います。これは、W杯アジア予選もウカウカしてられないかもしれません。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




老舗のバイクウェアブランドが約20万円のジオン軍レザージャケットを製作!


 ライダースジャケットの世界では有名な老舗のハロルズギア。高級ジャケットの代名詞とも言えますが、それがこの度ジオン軍の支給品をイメージしたライダースを作ったとか。


 見た目はガンダム要素ゼロ。タグの部分に申し訳程度のジオンエンブレム。普段使いも出来ますよということですね。ただ、シルエットはナチス軍服っぽく仕立ててあります。まぁジオン公国自体がナチスイメージですからね。ただ、お値段はおよそ20万円・・・シャア専用Gショックと言い、中々手が出ませんわ。



 しかしながら、ライダースジャケットではありますが、これはかなり乗り手を選ぶ一品ですね。まず、ある程度年齢を重ねていないと「着られている感」満載。そして、バイクもスーパースポーツとかネイキッド、スクーターは論外ですね。オールドルックかクラシックスタイルのアメリカンオンリーでしょう。オフロードでもカラーリングで何とかなりそうでしょうが、やっぱワイヤースポークのホイールじゃないとね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




山口蛍&扇原がC大阪残留へ(日刊スポーツ) - goo ニュース


 さてさて、再来月には開幕しますJリーグ。我らがセレッソは魔境・J2での戦いとなりますが、新体制が続々と発表されています。


 まずは新加入の元日本代表勢。玉田、橋本、そして帰ってきたモニ。中でもモニが帰ってきてくれたのはありがたいですね。これでDFが安定してくれると思います。そして玉田、橋本は実績も十分。どちらも負けましたけど、玉田は日本代表でブラジル相手に、橋本はガンバ時代にクラブW杯でマンU相手にゴールを決めたのが印象的です。スタミナやスピードでは若手に一歩譲るかもしれませんが、そこは経験でカバーしてもらえたらなと思います。


 そして螢と扇原の残留も濃厚とのこと。海外からのオファーのみ了承するというスタンスだったみたいですが、来年もセレッソの原動力となってくれそうです。特に螢は9月にケガをしてからの終盤戦はキツかったですからね。あとは、フォルランも6月まではいてくれるそうな。


 そんな中、新井場が現役を引退。まだまだ出来ると思うのですが、仕方ありませんね。ただ、セレッソの選手と言うよりはやはり鹿島のイメージが強いのも確か。しかし、一昨年から2年に渡り桜の戦士として活躍してくれたのも忘れてはなりません。お疲れ様でした。



 海の向こう、オーストラリアでは香川、乾、清武というセレッソOBがアジアカップを戦い抜いています。この流れに乗って、J2を速攻で片づけて来年はJ1復帰を是非お願いしたいですね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ