やさしい雨が好き

マリ(ポーリッシュ・ローランド・シープドッグ)はいなくなったけど、私のボンヤリ日記は続きます。

父の迷言 2

2012-01-26 21:31:53 | Weblog
しかし、

その夜、父はトイレに行くつもりで起き、病院内を徘徊し、

女性の病室に入ってしまったらしい。

翌日、とても面倒を見れないと言われ、

その日は母が付き添って泊まることになった。

私が母に「何か困ったことがあったら、何時でもいいから連絡してね」

父   「大丈夫、お母さんはよっぽどの事があって、泣いても、こらえるから、
     あんたに電話するような事はないから、心配しなくてもいいよ。」

母と私 「そりゃーお父さんが、困らせんかったら、ええんじゃけどね」

父   「それを言われると、立場がないのぉ」

と、ちぐはぐな言葉の連発。

その夜も何度も徘徊をし、今朝、強制退院となってしまった。

認知症の症状が出て、1カ月そこそこなのに、頭の中はぐちゃぐちゃになっているみたいだ。

だけど、正気の時の父より、ずっと素直だ。

でも、進行すると、また別の症状が出るんだろうな。

義妹が東奔西走してくれ、介護の手続き等も、着々と進み、

明日はディサービスが受けれるらしい。(私たちの希望的予定)

頼もしい義妹なてきぱきと用事をしてくれる。

しかし、私は何ができるのだろうか・・・

仕事との両立は難しいのかも・・・





コメント (2)

父の迷言 1

2012-01-26 21:18:55 | Weblog
父の認知症の症状は、どんどん進んでいる。

家ではトイレの場所がわからない。

23日の夜、一人で風呂に入っていて、身体が沈んでしまい、溺れかけ、弟が引き揚げたそうだ。

幸い少しお湯を飲んだ程度で、大事には至らなかったとのこと。

翌日、母は誰にも言わずタクシーで、父を市内の病院に連れて行き、

検査を依頼。

暫く入院することになった。

入院当日の父との会話

父 「そこ(ベッドに書いてある名前)には何が書いてあるのか?」

私 「内科○○輝夫様、主治医・・・って書いてあるよ」

父 「あー、よかった!」

私 「何で?」

父 「リス組とか、クマ組とか書いてなくて、安心した。」



何ともかわいらしくなっている。
コメント

ドライブ気分で現場のお仕事

2012-01-25 23:03:23 | お出かけ
今朝の我が家周辺は、殆ど雪が降っていなかった。

でも、今日はかなりの雪が降ると天気予報。

そんな日なのに、超めずらしく、現場でお仕事の日だ。

場所は、佐波川発電所。



こんな雪景色の中を、私よりずっと若いおじさんと出かけた。

雪景色にルンルン!

運転は私ではないのでとってもお気楽。

我社が納めた警報装置(放送設備)の点検のお手伝い。

あくまで、お手伝い。

寒いのが苦手なんで、ホカロン3つ貼って、ダルマのような格好で出かけた。

放流時の警報のアナウンスがちゃんと聞こえているか、

機械を使って測った。

外ではヘルメットに防寒具、そして長靴。

発電所内では他の会社の人もいて、暖房がきいていたので、ラッキーだった。



左の建物が小さいけど、発電所。





そのそばに、「佐波川関水」の記念碑

重源上人の偉業が讃えられていた。

コメント (2)

楽しいSちゃん

2012-01-22 23:30:17 | ごちそうさま
先日、いつものメンバーでいつものおうちで、新年会をした。



年に2回集まって、食べて飲んで(ノンアルコールカクテルやコーヒー)しゃべりまくる。

と言っても、しゃべりまくるのは、唯一親子で参加しているSちゃん。

とにかくおしゃべり上手で、話がつきない。

おもむろに、携帯のこんな写真を見せて、



「孫よ!!」と言う。

(孫、いたっけ?)いるはずない。子供たちはまだ結婚してないもの。

「誰の?」と誰もが聞く。

「よその!」とSちゃん。

そして、

「かわいいじゃろ!あんまりかわいいから、お店のポスターを写したんよ。

こんなにかわいい赤ちゃんて、なかなかいないからね。

 携帯に入れて、いやなことがあった時、見るんよ。」  だって。

こんな楽しいお母さんがいるだけで、おうちの中はポカポカだね。

コメント (2)

さっそくの息抜き

2012-01-14 22:23:46 | ごちそうさま
今日は、フリーの土曜日

近所の友を誘って、映画「東京オアシス」を見に行く。

その前に、”朝日屋”でお遣い物のベーコンとソーセージを買って、

ずっと行きたかった隣町にできた自然食カフェ・レストラン”kupu”でランチ



玄米カレー お肉は入ってなかったと思うけど、スパイシーで
すごくおいしかった。



コーヒーの友

カレー皿とこのコバルトブルーのお皿は、iittala。
やっぱし、おしゃれ。







こんなおしゃれで、くつろげるお店ができて、
とってもうれしい!

で、映画は?
二人とも半分近く爆睡・・・
で、コメントは・・・なし。

コメント (6)

いろいろあるのよ人生は

2012-01-13 23:30:13 | Weblog
今年も「えっ!」と言うようなことが、けっこうあるらしいと聞いていた。
(それは誰にとっても)

その第一段が、年末にもう来ていた・・・

昨年末、父が歯科の駐車場で車をよそ様の車にぶつけたそうだ。
父は警察にも届け、一通りの手続きは円満に運んだらしい。

しかし、その日の夕方から、
父の頭の中からその事故の事がすっかり消えてしまった。
そして、いろいろな記憶の一部が消えたり、戻ったり。
また、いるはずのない人が見えたり、
夢と現実の区別がつかない時もあったりする。
しかし、いつもおかしいわけでもなく、
普通に話せたりもする。

この手のことに詳しい友によると、
「レビー小体型認知症」の疑いが強い。
私もネットで調べてみると、共通点がとても多い。

父を病院へ連れて行く・・・・
簡単なようで、簡単ではない。

本人も自分の異変に多少は気付いているが、
認めたくない自分もいるのだ。
病院に行くのは怖いと言ってみたり、
行かなくてもいいと言ってみたり・・・

そう、これは義母でも同じこと。
絶対に病院に行こうとしない。

先日義妹と母とでかかりつけの内科に相談に行ってくれた。
来週、私と母とで父を連れ、持病の再審という名目で行く予定だ。

この内科医の先生は、
「認知症は治らないので、あえて検査する(苦痛を伴うので)必要もないと思う。
 薬は出しましょう。」
と言われたそうだ。

診察もしないうちに?と一瞬思ったけれど、
それも一理ある。

専門医にも連れて行きたいが、
連れて行けるかわからないのだ。

無理をしないで、流れにまかせようと思う。

昨年からの義母の認知症にはまだ、人ごとだった。
実父で家も近いとなると、目をそらすわけにはいかない。

幸い、「ショック」という気分ではない。
なぜなら、
私の周りの友人達も認知症や病気の家族を抱えていたりするからだ。
だから、私もここで書くことにした。

そう、あっちも、こっちも。

今年は、少し忙しくなりそうだけど、
ストレスは溜めないように、
ちゃんと楽しいこともしていこうと思う。







コメント (4)

六紫丹?

2012-01-04 22:22:20 | 雑貨
数年前、韓国旅行に行った友人が、

ホテルに備えてあったというロクシタンの話をしていた時は、

何の事だかさっぱりわからなかった。

そしてしばらくして、それが化粧品のブランドの話だとわかった時も、

韓国のだから、「六紫丹」?なんて勝手に想像してた。

そのうち、周りの皆もハンドクリームを持っているらしいことがわかって、

検索してみたら、プロバンスのオーガニックの化粧品だと知った。

「いい香りのハンドクリーム」

私も欲しいなぁ・・・とずっと思っていたら、

へへへ



石鹸とのセットで、友人から帰省のお土産でもらっちゃった。

実は彼女も最近使いだしたんだそう。

「わお!」と思わず声が出たのであります。

やっぱり、評判通り、香りがやさしく、さらりとしてGOOD!





3日、その友とランチ





コメント

あけましておめでとうございます

2012-01-04 21:57:25 | Weblog
実は喪中なんですけど、
皆さま、今年もよろしくお願いします。

年末年始は、主人の実家に行っておりました。

いつもの



こんな橋を通って、



前日に洗濯に出したこの子を乗せて、帰ったのであります。

今回は喪中だし、

何が何だかあんまりわからなくなった義母と、
近くに住む義妹(旦那が泊まりの仕事で30、31日がフリー)とで、
なんともお気楽に過ごしました。





お気楽なんだけど、

マリにおやつを与えようとする義母に、その都度説明して阻止しても、
すぐに忘れてしまい、数十秒ごとにその繰り返しが延々続く。
それでもマリは、いろいろ食べてたみたい。
(断れないタチなんで)



今回、ダメ元で持って帰ったドッグベッドに寝てくれたし、
あんまり吠えませんでした。

だけど、やはりこのベッドにおしっこ2回、脱走2回と、
マリもかなりパニックになっていたみたい。

というわけで、私もいろいろと疲れたのです。






コメント (6)