Enoの音楽日記

オペラ、コンサートを中心に、日々の感想を記します。

埼玉県立近代美術館

2018年07月21日 | 美術
 さいたま新都心に行く用事があったので、ついでに(JRで2駅離れているが)埼玉県立近代美術館に寄った。外の猛暑が嘘のように館内は涼しく、静かだった。滞在時間は1時間ほどしか取れなかったが、すっかり汗も引き、気持ちが落ち着いた。

 滞在時間が限られていたので、企画展は見送って、常設展だけを見た。「MOMASコレクション第2期」と題された常設展は、今まで見たことのない作品もあり、十分な手応えがあった。

 同館の目玉はクロード・モネの「ジヴェルニーの積みわら、夕日」で、今回も展示されていたが、何度か見たことのある同作よりも、今回はポール・デルヴォー(1897‐1994)の「森」(1948)に惹かれた。これはなんという絵だろう。夜の森の中に、全裸の女性が横たわって、上半身を起こしている。天蓋の下にいるので、ベッドの上のようでもあるが、女性がいるのは草の上。満月が木立を透かして覗いている。

 奇妙な点は、森の向こうから、汽車が走ってくること。女性は線路の脇にいるので、間もなく女性の横を汽車が通り過ぎる。運転手や乗客は女性に気付くだろう。女性は海で船乗りを誘惑する人魚の、森のバージョンだろうか。それとも夜の森に固有の幻想的な存在だろうか。

 もう一つ、ピカソ(1881‐1973)の「静物」(1944)にも惹かれた。この作品は以前にも見たことがあるが、今回あらためて惹かれた。夜のテーブルの上に、ろうそく、ポット、コーヒーカップ、鏡などが置かれている。赤、緑、黄、紫、白などの原色の対比が、見る者を落ち着かない気分にさせる。

 本作は、夜の室内に一人目覚めている画家の、孤独な心象風景か。1944年の作品なので、当時ピカソのいたパリは、ナチス・ドイツの占領下にあり、連合軍の爆撃が始まる緊迫した時期だった(解説カードより)。そのときの画家の緊張感が伝わる。

 日本人の作品では、難波田龍起(なんばた・たつおき)(1905‐1997)の「水のある街」(1969)に惹かれた。青が基調の淡くて透明な色彩の上に、黒いエナメルを繊細に滴らせた作品。抒情的な抽象画だ。難波田龍起の作品は、以前、別の美術館で見たときにも惹かれた記憶があり、今回また同じ経験をした。

 他にも語りたい絵画、彫刻そして写真があるが、このへんで止めておこう。ともかく、限られた時間ではあったが、いろいろ発見があった。
(2018.7.17.埼玉県立近代美術館)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アラン・ギルバート/都響

2018年07月18日 | 音楽
 アラン・ギルバートと都響とは2011年7月の初共演以来、2016年1月、同年7月、2017年4月と共演を重ねてきたと、プログラムに書いてあったので、念のために日記を見たら、わたしはそれらすべてを聴いていた。そしてこの度の首席客演指揮者への就任。大歓迎だ。

 就任披露演奏会の1曲目はシューベルトの交響曲第2番。わたしの偏愛する曲だが、好事魔多しというべきか、大柄でダイナミックな演奏が、わたしのイメージには合わず、最後までチグハグな印象を拭えなかった。音の瑞々しさとチャーミングな表情に欠けるというのが、わたしの感想だが、それはわたしの尺度に照らした感想にすぎないことは承知していて、そこから脱け出せないもどかしさを感じた。

 一方、2曲目のマーラーの交響曲第1番「巨人」は、かつての第5番の演奏を彷彿させるような、ダイナミックレンジが人一倍広く、緩急の落差が極端に大きい、日常のレベルをはるかに超える演奏になった。

 もう一つ、この演奏では使用楽譜の「クービク新校訂全集版/2014年」というのが興味を惹いた。端的にいって、「花の章」を含む全5楽章版だが、細部はともかく、全体的には決定稿にかなり近づきつつ、しかし決定稿とは異なる点が無数にある版のようだ。その驚きたるや並大抵ではなかった。

 そのような版で聴いても、「花の章」はやはりすわりが悪いことが、かえっておもしろかった。簡素な三部形式で書かれ、発展性に乏しい楽想だからだろうか。でも、マーラーはこの楽章にこだわった。最終的に削除されたとき、この交響曲は別の曲に生まれ変わった。そのときマーラーは脱皮した。その過程が目に浮かぶ。

 終演後は大喝采。そしてそこからがおもしろかった。都響はいつもは(拍手の間中)楽員全員が指揮者のほうを向いたままだが、今回はギルバートが聴衆のほうへ向かせた。これにはびっくり。聴衆は沸きに沸いた。しかも正面だけではなく、後方にも、左右両サイドにも向かせた。

 最後はギルバートのソロ・カーテンコールになったが、そのときギルバートはコンサートマスターの矢部達哉を伴って現れた。聴衆からはどよめきの声。そしてギルバートはお開きを告げるため、最初は(他の指揮者もやるように)「お休み」のジェスチャーをしたが、すぐに思い直したように、ビールを飲むジェスチャーに変えた。大笑いが起きた。新時代の到来か。
(2018.7.16.サントリーホール)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノット/東響「ゲロンティアスの夢」

2018年07月16日 | 音楽
 エルガーのオラトリオ「ゲロンティアスの夢」は、大友直人指揮の東響が演奏したときに(2005年だったらしい)、聴きたいと思いながら、聴けなかったことが、心のどこかに引っかかっていた。いつか聴いてみたいと思っていたら、同じく東響の演奏で聴く機会が訪れた。指揮がジョナサン・ノットとは申し分ない。

 プログラムに掲載されたインタビューで、ノットはこの作品を「ワーグナーの作品、特に『パルジファル』に近い精神や半音階を巧妙に使った音楽、さらにはR.シュトラウスの『4つの最後の歌』に比肩するような歌詞と音楽の見事な融合」と語っている(インタビュアーはオヤマダアツシ氏)。

 そのことは(「パルジファル」の幕開きの場面を彷彿とさせる)前奏曲から始まって、全編を通じて感じられた。そして(その上で)付け加えるなら、第2部に登場する天使の歌が、部分的に深い詠嘆のトーンに染まるときがあり、それは「パルジファル」よりも、プフィッツナーの「パレストリーナ」を想い出させた。

 作曲順は「ゲロンティアスの夢」のほうが先なので、「パルジファル」から「ゲロンティアスの夢」へ、そして「パレストリーナ」へと(おそらく無意識に)受け継がれた音楽的な要素があったのではないか。そしてその断片がヒンデミットの「画家マティス」に残り、そこで終わりを告げる、という図式が目に浮かんだ。

 それはわたしの勝手な想像に過ぎないけれど、それはともかく、19世紀の後半から20世紀の前半にかけて続いた憂愁の気分が、それらの作品に刻印されていることは、考えてみる価値があるかもしれない。

 天使を歌ったのはサーシャ・クックだが、その深い感情を湛えた歌い方が、わたしの想像を刺激したことは確かだ。わたしは事前に本作のCDを聴いていたが、そのときには感じなかったことを、クックの歌唱で感じた。

 独唱陣は、ゲロンティアスを歌ったマクシミリアン・シュミットも、司祭と苦悩の天使を歌ったクリストファー・モルトマンも、ともに素晴らしかった。クックを含めて、高水準の独唱陣と、アマチュアとは思えない(プロのように厳しい)東響コーラスの合唱と、ノット指揮東響の、ニュアンス豊かな、しっとりしたアンサンブルとが相俟って、見事なまでに高度な演奏を達成した。

 最後の浄化された音楽が虚空に消えていったとき、わたしは深い充足感に包まれた。
(2018.7.15.ミューザ川崎)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゲッベルスと私

2018年07月13日 | 映画
 ナチス・ドイツの宣伝相ゲッベルス。ヒトラー体制を作り上げ、支えた一人。ヒトラーが自殺した翌日(1945年5月1日)に、ヒトラーの後を追うように自殺した。

 ゲッベルスの秘書は5人いたそうだ。その一人がブルンヒルデ・ポムゼル(1911‐2017)。そのポムゼルが103歳の時にインタビューに答えた。それが本作。自身の生い立ちからゲッベルスの秘書になるまでの経緯、ゲッベルスの印象、ナチス体制下で何を考え、また考えなかったか、その他ナチスの時代を生きた想い出が語られる。

 写真(↑)で見るポムゼルは、弱々しい老人に見えるかもしれないが、映画で見るポムゼルは、言葉が明瞭で淀みなく、とても103歳とは思えない。嘘やごまかしは、たぶん言っていないだろうと感じられる。

 プログラムに1枚だけ若いころの写真が載っている。黒っぽいスーツを着て、眼鏡をかけ、微笑を浮かべている。知的で、聡明で、有能そうに見える。仕事で一目置かれるタイプかもしれない。だからこそゲッベルスの秘書に抜擢されたのだろう。

 ついでに言うと、戦後はドイツ公共放送連盟で働き、編成局長の秘書を務めたそうだ。根っからの秘書タイプ、それも有能な秘書だったのだろう。そのような人物がナチス時代をどう生きたか。自ら「政治には無関心」と言い、「物事を深く考えない」性格だという彼女が、有能さゆえにナチス体制を支えた。当時そういう人々が無数にいただろう、その一人だったと、今では見える。

 最近わたしは「集団としての悪」ということを考えるようになった。一人ひとりは凡庸だが(断るまでもないが、「凡庸」という言葉はハンナ・アーレントの「悪の凡庸さ」の引用だ)、それらの人々が職務に忠実で、それなりの能力を発揮するとき、集団として悪を出現させてしまう事象だ。

 一人ひとりは「悪」に無自覚なので、悪が崩壊したときでも、自分に罪があるとは思わない。自分に罪があるなら、みんなもそうだ、と。アイヒマンがそうだったように、ポムゼルも然り。日本の場合も同様の人々は沢山いただろう。無自覚ゆえに、繰り返される可能性がある。今の日本はかなり危ない。

 本作はオーストリアの映画プロダクションの制作だが、自国では「負の歴史をあえて映画で振り返る必要はない」という批判的な評価が目立ったそうだ。もし同種の映画が日本で制作されたら、やはり「反日」と攻撃されるだろう。
(2018.7.10.岩波ホール)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白井聡「国体論 菊と星条旗」

2018年07月10日 | 身辺雑記
 森友・加計問題を巡って国会、中央省庁その他で起きていることと、その一方で底堅い動きを続ける内閣支持率とをどう考えたらよいのか、その解明の糸口がつかめればと思って、白井聡(しらい さとし)の「国体論 菊と星条旗」(集英社新書)を読んでみた。

 本書の骨子は、明治維新(1868年)から現在までの日本の近現代史を、明治維新から太平洋戦争の敗戦(1945年)までの前半部分と、敗戦から現在までの後半部分とに分け、前半部分を、天皇を頂点とする「国体」の形成期、安定期、崩壊期の3段階で把握し、後半部分も、再編された「国体」の同様の3段階で把握することにある。

 わたしなどは、日本の近現代史というと、明治、大正、昭和、平成という元号で捉えがちだが、それよりも、日本の敗戦という大きな区切りで分け、その前と後とで捉えることは、新鮮で、また説得力がある。

 かつ本書で特徴的な点は、前半部分で辿った「国体」の形成、安定そして崩壊の過程が、後半部分でも、「国体」が再編された上で、繰り返されているという指摘だ。

 では、「国体」の再編とは何か。いうまでもなく、天皇制は戦後も維持されたが、戦後は天皇を上回る位置にアメリカがいる、という形での再編だった、というのが本書の見方だ。具体的には日本国憲法と合わせて日米安保条約が存在し、実質的には日米安保条約のほうに実効性があるという状況を生んだ。

 そして今、わたしたちは再編された「国体」の形成期と安定期を過ぎ、崩壊期に入っている、と著者はいう。明治維新から敗戦までの前半部分は77年続いたが、敗戦から現在までの後半部分もすでに73年たち、崩壊がどのような形で訪れるか、それは予測できないにしても、崩壊は近づいている、と。

 以上が本書のフレームワークだ。それ自体ひじょうに興味深いが、そのフレームワークに沿って解釈されるディテールが、また興味深い。たとえば、今上天皇の退位の「お言葉」の意味は何だったか。それに対する安倍首相の対応はどうだったか。その一方で、トランプ大統領とのゴルフ外交や、その近親者の歓待は何を意味するか、等々。

 で、冒頭の「内閣支持率の底堅い動きはなぜか」だが、それが崩壊期の現象の一つだと考えると、分からないでもない。しかもそれが戦前~戦中期の「最も内省の稀薄な意志と衆愚の盲動」(坂口安吾の代表作「白痴」より)の繰り返しだとしたら、これほど恐ろしいものはない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加