チョイさんの沖縄日記

辺野古や高江の問題等に関する日々の備忘録
 

<2月13日の辺野古>海上行動 --- カヌーメンバーらの懸命の抗議行動が続く

2018年02月13日 | 沖縄日記・辺野古

 2月13日、早朝から辺野古へ。最近は所用が続いていたので、海上行動に参加するのも久しぶりだ。Sさんと「ブルーの船」を担当した。 他には「美ら海」、カヌーは11艇だった。

 K2護岸手前のフロートに分散し、突入のチャンスを伺う。中には海保のボートが12艇、フロートの外にも2艇。1艇に5人の保安官らが乗っている。造成中の護岸、海岸部にも海保が待機しているから、それこそ100人ほどの海保が辺野古に集められているのだ。木の葉のようなカヌーを相手に、屈強な海保がこれだけの態勢を組んで規制をしているのだから、もうあきれる他ない。 

  フロートの中は海保のボートで溢れているから突入するのはかなり難しい。それでもチャンスを見つけては、カヌーメンバーが次々と突入していった。

・突入していくカヌーメンバーら(映像)

 

 

 

  抗議船にカヌーを積込み、そのままフロートの中に押し込んで飛び乗り、中に突入していく。

 

 

 

 

  

 K1護岸の被覆ブロックの上には、有刺鉄線が張り巡らされている。カヌーメンバーらがここまで上がってくると恐れているのだ。 

 朝の8時頃から午後4時過ぎまで、皆、よく頑張った。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 辺野古新基地建設を頓挫させ... | トップ | 3人の学者による「活断層シ... »
最近の画像もっと見る

沖縄日記・辺野古」カテゴリの最新記事