小さな美術館’s blog

埼玉県日高市清流にある油彩画と切り絵のギャラリー「小さな美術館」の日常を記録してみました。

5市美術展の報告

2019-08-22 08:46:13 | 各種展覧会

さて、8月のもう一つの展覧会5市美術展。埼玉県入間市博物館アリットで開催されました(これまた事後報告で申し訳ございません)。8月10日から休館日1日を挟んで17日まで。入間市・狭山市・飯能市・所沢市・日高市の作家により毎年開催されている展覧会で夫は変形200号、私はM80号を出品。こちらには芝山文部科学大臣、入間市長、所沢市長、狭山市長にも御高覧いただき、美術評論勅使河原先生が講評をして下さいました。


会場の入間市博物館アリット。


以下、会場風景。
 




  



吉岡幾哉の作品。
 

中央、吉岡 澄の作品。
 


 












来年は所沢市ミューズにて7月開催予定。 
また、頑張らねば。うん。頑張ろう。


少々夏バテ気味の開催報告でした。 

 

 

コメント (1)

中美埼玉独楽展 

2019-08-16 14:10:49 | 各種展覧会

8月の展覧会の一つ、中美埼玉独楽展が終わった。
本来なら始まりましたとブログアップしてご高覧くださいねと結ぶのが通常なれど、分かっちゃいるけど遅れるのが通常になってしまって…そう、PRのツールというより記録を残すのが小さな美術館のブログゆえ、これでいいのだ〜(困ったもんだ😅)

で、ご報告。
今回は主だった支部会員のほとんどが出品する「5市美術展」と搬入と会期がすっかり重なったので急遽スタートを1日遅らせた。それゆえ会期が短くなり、どんなもんだろうかと思っていたけれど真夏の展覧会は短い方が楽。と本音がポロリ出てしまった。

8月11日山の日、搬入展示作業。今回は支部会員だけの作業なのでとてもスムーズに作業は進む。

 

 

左、夫の作品。「黎明景図」変形120号。

 
 

 

左、切り絵教室WATANABEさんの作品。「コスプレ忍たま2019」F10号。こちらは中美新人展(於・銀座サロンドG)にて優秀賞を受賞しました。

 
 

右 私の作品 泣きの涙の「そして森は…」M80号。

 

右、切り絵教室MIYAZAKIさん「小惑星Q」F15号



   

会期中にはお忙しい中、日高市長にもご来場頂きました。みんなで記念撮影。
 

そして14日には搬出作業。
慌ただしかったけれどそれなりに充実した展覧会でした。みなさん、お疲れ。

簡単ながら以上ご報告まで。 

コメント (2)

真夏の展覧会2つ

2019-08-05 10:56:25 | 各種展覧会

 今年は梅雨の間は涼しくて本当に良かったけど、梅雨が開けた途端の暑さには本当に参った。泣きたくなるくらい、参った。
おまけに梅雨明けを待ち構えたようにおチビ達がお泊まりに押し寄せる。何しろ親抜きの3匹(笑)をお世話するのはなかなか体力と忍耐力が必要。私たちは2泊3日のうちにこの夏の体力の半分以上使い果たし、フル充電でやって来た小学生のいとこ同士は日高の自然を思い切り満喫してじゃあねと帰って行きましたのさ。
 ……高麗川に飛び込んで流した片方のゾウリは、今頃娘夫婦の住む荒川の河川敷に流れ着いたのではないかしら。 

 

さて、8月の展覧会2つ。
こちらは近隣5市の作家達が集まった展覧会で、協会が発足以来毎年出品している。夫変形200号、私はM80号の作品を出品する。 

 

 

そしてほとんど会期を同じくして中美埼玉支部会員による独楽展。今回は会員のみの展覧会なので、ヨコ位置の作品OKということになった。大作でヨコ位置はなかなか発表の機会がないゆえ、夫も私も80号ヨコの作品を出品する。そう、あの泣きの涙のM80号ヨコ。

  

5市美術展に出品する中美埼玉支部会員が多いため、独楽展の搬入を1日ずらして日程が短くなってしまった。
会場当番もちょっと考えないとあっちとこっちで大変なんです…

私のブログを見てくださっている数少ない皆様でお近くにお住いの皆さま。どうぞご高覧くださいませ。


 

 

 

コメント (1)

産みの苦しみ

2019-07-22 17:08:53 | 日記
この度、喫緊の展覧会(独楽展・8月11日から14日)に出品するためM80号を制作。ほぼ1ヶ月あまりを費やし完成。出来上がりは我ながらうまくいったと思う。珍しく夫も褒めてくれた。



ところがこの作品ったら、本当に泣かせてくれた。下絵からカッティングまではまあスムーズに仕事は進み、今年は「徹底的に切る」のココロも大変だったけど全うし、いい感じで作業を終えた。
ところが。ところが定着作業の肝心な時に大失敗。接着面同士をくっつけてしまうという大失態をやらかしてしまった。
こんな風にぐちゃぐちゃになってこんがらかってしまい、裏も表も下絵と本体もわからなくしてしまった。

途中、何度くしゃくしゃにしてゴミ箱に投げ捨てようとしたことか。だけど今回はあらかじめ黒の和紙3枚にシルバーのグラデーションを施してある。ダメにしたら、ダメなのよ。切り直しはできない。


泣きの涙でかなりの時間を費やしやっと何とかここまでたどり着く。


中腰の作業で腰がパンパンになったけど、やっとここまでこぎつける。何とか先が見えてきた。

以上の作業でほぼ2日は費やした。もう、泣きたいを通り越し頭の中ではなぜかネコ踏んじゃったのメロディーが鳴りっ放し。無心というよりは放心状態の時ってこんなかも。

そして最初の画像に戻る。しつこいけどもう一度。


久々に産みの苦しみを、半泣きで味わったのでありました。


コメント

やっと咲いた!

2019-07-20 09:08:17 | 各種展覧会
そう、やっと咲きました!ツボミが出てから10日くらい経つかも。いやもっとか?雨続きでようやく晴れ間が出た昨日、夕刊を取りに行ったらフェンスに1輪。



しかし本当に不思議な造形の花で、数年前散歩の途中で見つけた時は衝撃に近い感動を覚えたゆえ、ぜひうちの子にしたいと切望していた。苗をいただいて植えてみたり、挿し木を試みたりしたのだけれどうまくいかなかった。それでついに昨年、母の日のプレゼントにクレマチスとトケイソウをリクエストしてちゃんとしたところから(笑)苗が届き、それは楽しみに成長を見守ることになった訳で。
しかし昨年は成長著しくも花は咲かなかった。そう、とても残念だった。で、今年こそと祈るような気持ちで毎朝水をかけ肥料もあげて(我が家にしては珍しく)今日に至る。本当に、嬉しい。しかも聞くところによるとトケイソウには実がなるらしい。パッションフルーツですって。パッションフルーツ!!是非ぜひ収穫したい!!言葉の響きにめちゃくちゃ弱い私はパッションフルーツと聞いただけで南国の香り漂う美しい果実を想像を超えて妄想してしまった。
かつて夢中になったアケビさんは、裏のフェンスで今年もツルを伸ばしているが未だ実を結ばず。すっかり熱は冷めてしまったので今年は何の期待も抱いていないけれど、いっぱいツボミをつけたトケイソウに思いのたけを込めて絡まったツルを解いてあげる私です。

コメント