猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

偽りなき者

2013-03-21 02:22:16 | 日記
デンマーク映画「偽りなき者」を見にいった。映画館に行くのは昨年の12月以来だ。
ルーカスは42歳の幼稚園職員。学校で教師をしていたが学校が閉鎖され、転職した。
妻は離婚して、15歳の息子のマルクスと別の町で暮らしている。
ルーカスはこの町で生まれ育ち、誠実な人柄で友達も多い。中でもテオとは子供の頃からの
大親友だ。
面倒見のいいルーカスは、幼稚園でも子供たちになつかれている。ある日テオの娘クララが、
ルーカスにプレゼントを渡し、唇にキスをした。
ルーカスは「プレゼントは男の子にあげなさい。それと唇へのキスはいけないよ」とやんわりと
たしなめたのだが、クララは自分が拒絶された気がして、傷ついた。そして、園長のグレテに、
ルーカスから性的ないたずらをされたという作り話をしてしまった。
クララの話に信憑性があると感じたグレテは、調査員に依頼して調査をさせる。
クララは自分の言ったことを一旦は否定したが、調査員の誘導的な質問に、つい本当だと
言ってしまう。
グレタは保護者会を開き、ルーカスを性犯罪者であると話す。ルーカスは自宅待機となり、
グレタはルーカスを「変態!」と罵った。
ルーカスは町中の人々から変質者扱いされ、何を言っても信じてもらえない。テオでさえ、
「娘は嘘をついたことはない」と言ってルーカスを責めた。
ある日息子のマルクスが、ルーカスを心配して、母親に内緒でやってきた。
だがマルクスがスーパーで買い物をしていると、店長から「君もお父さんももう来ないでくれ」
と言われる。
マルクスが家の前に戻ると、ルーカスは警察に逮捕され連行されていった。家に入れなくなった
マルクスは、テオの家に合鍵をもらいに行くが、「もう預かってない」と言われる。
マルクスはクララに「何故嘘をつくんだ」と詰め寄るが、居合わせたテオの友人に殴られ、追い
出される。
マルクスは名付け親のブルーンの家に行った。彼の家族だけはルーカスを信じ、釈放のために
動いてくれていた。
翌日ルーカスは釈放されたが、悪夢の日々は続く。家の窓ガラスに石を投げ込まれ、飼い犬を
殺され、スーパーで食料を買うのに激しく殴られた。
それでもルーカスは、教会のクリスマスのミサに出席する。白い目に囲まれながら。

重たい映画だった。子供が軽い気持ちでついた嘘が、1人の人間を破滅に追い込んでしまう怖さ。
見ていて、クララにもだが、園長のグレテに特に腹が立った。この人は「無垢な子供は嘘を
つかない」と信じている。バカじゃないのか、幼稚園の園長のくせに。
今までルーカスと仲良くしてきた町の人たちが、一斉にルーカスを変質者扱いする。彼の人柄を
考えれば、そんなことをするはずがない、と思う人はいなかったのか。
最終的にはルーカスの潔白が証明され、また町の人たちは彼とマルクスを受け入れる。まるで
何もなかったかのように。
私はこの、ルーカスが町に住み続ける気持ちが理解できない。いくら生まれ育った土地で愛着が
あるとはいえ、いくら皆と和解したとはいえ、私だったらよそに引っ越す。
窓ガラスに石を投げ、犬を殺した誰かが住んでいるのだ。そんなことをされたら、いくら誤解が
解けても、もうそこには住みたくない。グレテの顔も2度と見たくない。
ルーカスは潔白が証明されたから、堂々と住んでいたかったのだろうか。町を出ようとは思わな
かったのか。
そしてラストも、怖い。


コメント   この記事についてブログを書く
« グラン・トリノ | トップ | 犯罪心理捜査官 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事