ういーくえんど・なちゅらりすと

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ヒガシキリギリス

2018-08-29 10:39:15 | バッタ
近くの草むらからチョン・ギース。
お馴染みの声が聞こえてきた。
さて・・・どこだ?


目を凝らした先に見えてきたのは・・・やっぱりそうか、短い翅に黒い模様の多い、典型的なヒガシキリギリス。


最近、思うところがあって三浦半島のキリギリスの形態をずいぶんと押さえるようにしているのだが、どうやらとある一角をのぞいて、典型的なヒガシキリギリス。
ま、そもそも分類が少々無理があるわけだし、もう少し紆余曲折があるのだろうが、三浦半島には少なくとも2タイプが生息していることだけは、間違いない。
そして基本形がこの翅が短く黒い模様の多い奴だとすると・・・
コメント

ベッコウシリアゲ

2018-08-29 10:38:37 | その他の昆虫
ヤマトシリアゲの秋型。
ベッコウシリアゲの姿が見られるようになってきた。


温度の関係なのか、日照の関係なのか。
とにかくヤマトシリアゲは夏の終わりには赤くなる。
以前、7月にすでにこの色の個体を見たことがあるから温度や日照ではなく、単純に羽化回数なのかな?
コメント

ミズアブ

2018-08-29 10:37:51 | その他の昆虫
翌朝。
調査に入った水田を飛んでいたのは・・・ミズアブ。


アブの仲間も嫌いではない。
ミズアブ類なんて、色もきれいなのが多いし。
刺す奴は願い下げだがね。
コメント

カネタタキ

2018-08-29 10:37:26 | バッタ
あちこちで鳴き声が聞けるようになってきたカネタタキ。


樹上性で、アオマツムシと並んで成功している種類ではないだろうか。
この小さな翅でどうして音が出せるのか、不思議な気にさせられるのはいつものこと。
幼虫もまだ多かったから、これからまだ個体数を増してくるようだ。
コメント

ツクツクボウシ

2018-08-29 10:36:44 | セミ
セミは結構遅くになっても羽化する個体がいる。
この日もツクツクボウシが二つ。



羽化直後のセミの翅はなかなかに美しい。
たとえそれがアブラゼミであっても感動するくらいに。
コメント