ういーくえんど・なちゅらりすと

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ゴマダラチョウ

2013-05-30 09:22:55 | チョウ
日曜の朝、仕事に出ようとすると妻が気付いた。
網戸に大きなチョウがとまっている。
ゴマダラチョウのメスだった。


はじめは羽化間もなくて休んでいるのかと思ったが、写してみるとかなりボロい。
どうやらすでに相当お疲れの様子。
彼女はしばらく休んだあと、網戸を一番上まで登ってから飛び立っていったそうだ。
コメント

ヒゲナガハナノミ

2013-05-30 09:22:22 | その他の昆虫
まるでホタルのような妙な物体。
湿地に住むヒゲナガハナノミ。


環境さえあれば決して珍しいものではないが、逆に言うと湿地がないといない。
開発の進んだ湘南では貴重になってしまった。
コメント

モノサシトンボ

2013-05-30 09:20:41 | トンボ
市内の池。
モノサシトンボが飛んでいた。


まだ羽化直後の個体が多かった。

しかし、この場所で過去に記録があるのは知っていたのだが、肉食魚にやられて全滅したのではないかと思っていた。
生き残っていてよかった。
コメント

2013-05-30 09:18:55 | 
久しぶりに海へ。
様々な生き物がいたのだが、ほとんど写さず。
わずかに写っていたのは、まずはハオコゼ。


背びれに毒がある。
武装によほど自信があるのか、動きはトロい。

ウミウシもたくさんいたのだが、このアオウミウシはわかる。


この黒いのは・・・


一回くらい邪念なしで磯の生き物を写してみたいが、今の私には邪念が多すぎる・・・
コメント

クビアカトラカミキリ

2013-05-30 09:18:02 | その他の昆虫
キイロトラを追いかけていると、妙な姿が目に入ってきた。
え?いや、しかし・・・
現場ではブドウトラと区別する自信がなかったが、図鑑を見て確信。
やっぱりクビアカトラカミキリだった。


神奈川では比較的最近になって記録され始めた種類だが、その記録のほとんどは箱根や丹沢だったように記憶している。
まさか湘南で見ることになろうとは。
ますます目が離せなくなった伐採地。
コメント