ういーくえんど・なちゅらりすと

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

氷の虹

2018-06-27 10:00:58 | その他の自然
いろいろとあって久しぶりに地元にいない週末だった。
土曜日はけっこうな雨に見舞われ、日曜日、青空になり始めたときに見られたハロと僅かな環水平アーク。



これらは普通の虹と違って氷の粒による虹なのだと聞いたようなかすかな記憶。
ちなみに2枚目の環水平アークの拡大にゴミのように映っているのはヒメアマツバメっぽかった。
コメント

樹皮の傷

2018-05-02 09:38:46 | その他の自然
雑木林の中、こんな傷に出会った。




一瞬、ビビったものの、良く見れば平行な傷ではない。
細かな傷も多い。
そうか、これをつけたのはシカだな。
樹皮を食べたのか、樹液を舐めたのか、存在誇示のためか。
いずれにしても、まぁ平和な傷で良かった、良かった。
コメント

つらら

2018-01-31 14:58:09 | その他の自然
降雪。そして低温。
崖に行けば見られるに決まっていたか。
つらら。








日当りの悪い場所はもちろんだが、日当りの良いところにもいくつか。
もっともそんなのは、帰る頃には消えてしまっていたが。
しかし、まっすぐきれいになるものだとばかり思っていたが、実際には曲がりくねったり、いびつだったり。
なかなか水の流れって一定ではないというのをわかりやすく体現してくれていた。
コメント

440万年前

2017-03-31 12:56:18 | その他の自然
キーワードをあげるとしたら「440万年前」「水深約1000m」「生きた化石」といったところだろうか。

週末の天気予報はかなり悪い。
日曜は雨だし、土曜日も寒い。
そもそも日曜日から私は出張。
そうなると無理はしたくないのが本音だが、歩きやすいところだけでは季節的にも面白くもなさそう。
悩んで向かった先は古い神社のあるあたり。

地図上、道がついていない谷を目指して斜面を登り、崖を下った。
崖にはホウライシダやアオホラゴケ?が茂っているが、一部崩れている場所で白い模様が目に入ってきた。







ん?これは・・・化石か。
どこかで見た記憶があった。
頭に浮かんだのは、シロウリガイ。
深海底に一億年前からすむといわれる、生きた化石。





池子層のシロウリガイの化石、というのは実は有名らしい。
それは米軍池子住宅を造成する時に砂岩の中から現れた化石で、およそ440万年前のものだという。
池子住宅以外にも露頭があるとはいうが、まさか山の中で偶然出会うとは思っていなかった。
やっぱり自然の中を歩く時には、いろんなものにアンテナ張ってないとね。
コメント

夕日

2017-03-23 16:30:53 | その他の自然
夕方、ふと気がついた。
夕焼けがきれいかもしれない。
あわててカメラをつかんで海岸へ出てみた。


夕日が山の稜線に沈みゆくところだった。
ちょっと小細工して色温度を変えてみた。


べつにカラーフィルターを使ったわけではない。
風景写真を狙うんなら、こんなのもありなのかなぁ。
コメント