aya の寫眞日記

写真をメインにしております。3GB 2006/04/08

021103 山の林道は雪だった KL250G1

2018-04-22 11:59:13 | バイク
IMGR221-03

支笏湖の紅葉は真っ盛り


IMGR221-08

カエデの葉の紅葉の階調が見事だ。


IMGR221-11



IMGR221-12



IMGR221-14

風不死岳頂上直下の崖に雪が張り付いている。


IMGR221-16

樽前山の本体も上半分は白く雪が被っている。


IMGR221-26

樽前山に向かう道路に入ると雪がさらりと積もっているが、車輪の跡は固く圧雪になっていて、ところどころ溶けて凍っている。


IMGR221-24

登るのは登れるが、下りは危険である。
フロントブレーキを掛けると、まずフロントが滑って転倒する。
エンジンブレーキとリアブレーキを慎重に使いながら雪のないところまで降った。





撮影機材
Nikon F100



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

020923 ペウレ 932m

2018-04-13 20:53:28 | 山歩き
IMGR218-01

今日は、シラタマノキの実がなっている道を通ってペウレ932mからの夕日を撮影に行きます。


IMGR218-02

いい具合の雲がかかっている。


IMGR218-03

ススキが生えていてすでに秋の景色である。


IMGR218-04

こちら側は暗くなりかけていて、急がなければと・・・。


IMGR218-05

樽前山も穏やかな姿である。


IMGR218-06



IMGR218-07

時折噴煙が上る。


IMGR218-09

ドームの上にもうっすらと噴煙が上る。


IMGR218-10

もうすぐペウレの頂上だ。


IMGR218-12

ドームの手前の噴気孔からも噴煙が上る。


IMGR218-16

シラタマノキの群生地を通る。


IMGR218-17

夕焼けが始まった。


IMGR218-19


IMGR218-20

金色の光を浴びて大満足


IMGR218-21

羊蹄山も尻別岳も夕日に染まる。


IMGR218-22

夕焼けの中に特徴的な姿の丹鳴岳が浮かび上がる。


IMGR218-24

苫小牧側の空も色づく。


IMGR218-28

あっという間に夕日の饗宴が終わる。


IMGR218-29

樽前山の山腹が残照に染まる。


撮影機材
Nikon F3



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

021012 樽前山 お花畑 秋

2018-04-04 11:25:02 | 山歩き
IMGR217-01 (1 / 1)

ススキが午後の光の中で輝きます。


IMGR217-03

山全体が茶系に変わります。


IMGR217-04

ナナカマドも紅葉。


IMGR217-06

裾野のススキの輝き。


IMGR217-07

シラタマノキの実が足もとの道に並びます。


IMGR217-10



IMGR217-12



IMGR217-14

風不死岳まで十分な秋の景色が続きます。


IMGR217-15




撮影機材
Canon EOS55
EF28-135F3.5-5.6 IS USM



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする