aya の寫眞日記

写真をメインにしております。3GB 2006/04/08

101028 雪の中の紅葉

2010-10-28 20:42:11 | 山歩き
街に雪が降った。
けれど、すぐに融けてなくなった。
樽前の裾野にはどれくらい積もったろうかと見に行った。

101028P1010289
すべてLumix DMC-FT1

樽前錦岡線のゲートは閉まっていた。
雪は5cmも積もっていたか…
この位でゲートを閉めるなんてー、と思いながら歩き出した。

101028P1010290

おっ、鹿君の足跡だ。

101028P1010292

第一コーナーを曲がると、道の両側から数本の木が道路へお辞儀をしていた。

101028P1010293

ポッキリと折れている木もあちこちに見える。
湿った雪だったので、雪の重みで折れてしまったか。
これじゃ、ふつうの車は走れない。

101028P1010297

周りの紅葉を眺めながら、40分ほど散歩した。
下山してくる1人とすれ違った。
駐車場にあった日産のラフェスタはこの人の車だったのだろう。

101028P1010298

道の両側には、赤、黄、黄緑、緑と揃っていてきれいだ。
庭園貸切の贅沢な時間である。

101028P1010302

モラップ山の紅葉も綺麗だ。
白雪の中の紅葉、始めて見るのかなー。

101028P1010305

樽前も薄っすらと雪が積もったようだ。


今日は雨が落ちるかもしれないと、防滴仕様の Nikon F100 にプロビア100Fを詰めて持ち出した。
レンズはAF50mmF1.4を付けた。これなら鏡胴の繰り出しもさほどないので雨が落ちてきても何とかなる。

シャッターが走ってからフィルムを巻き上げるまでのリズムがいつもと違う。
チョット遅いなーと思いながらも撮影していたところ、40分くらい歩いたところで動かなくなってしまった。
バッテリー表示が点滅している。気温は4℃であった。
バッテリー残量を確認してから持ち出したのだが、アルカリ乾電池はお疲れのようだ。
次回は、低温に強いと宣伝しているエボルタを試してみよう。




コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

101024 富川 日高本線

2010-10-24 20:14:15 | ツーリング
P1000779
すべてLumix DMC-G1/G14-45mm

日高本線 富川駅
本通りというか、浦河国道235号線から海寄りに入ったところに富川駅はあった。

P1000780

駅前広場がある。

P1000781

建て替えられたのであろう、近代的な形をした駅舎である。

P1000785

中の待合は白く塗られ、椅子などの備品は置いてない広い空間である。

P1000782

片隅に時刻表と料金表がある。

P1000784

切符の自動販売機がある。

P1000786

駅の入り口から駅前広場を見る。
郵便ポストがある。

P1000787

駅舎に並んで自転車置き場がある。

P1000790

ホームから苫小牧方面

P1000791

ホームから浦河方面

P1000792

名所案内に平取義経神社が案内されている。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

101023 汐見 日高本線

2010-10-23 15:16:09 | ツーリング
P1000747
すべてLumix DMC-G1/G14-45

日高本線 汐見駅である。
浦河国道235号線から離れ、海岸ぶちにある。
地元の陳情により1959/12/18浜田浦駅とともに同時に開業された。
待合室は地元住民がお金を出し合い4万円で建てた、という。

P1000748

丁度列車が入ってきた。

P1000750

汐見駅のホーム
様似方面へ走り去る。

P1000751

国道を背にして駅舎を見る。
奥に見える家の裏は太平洋である。

P1000757

駅舎内には座布団が敷いてあり、ここで列車を待つ人がいるようだ。

P1000753

ホリデー日高普通列車は汐見駅通過である。

P1000754

P1000758

ホームから苫小牧方面を見る。

P1000759

P1000763

線路と平行に道路が付いている。
工事用のダンプ通路のようだ。

P1000764

駅舎横に自転車が1台あった。
汽車通学生のものだろう。

P1000765

すぐ近くに鵡川漁港がある。

P1000766

何を獲る漁船かは分からないが、停泊している。

P1000767

かもめ?もひまそう…

P1000772

網を巻き上げるドラムが見える。

P1000777

獲った魚などを列車で運んでいたのだろうか。
今は車の時代になって、港は整備されているが駅の施設は最小限のよう。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

101022 やってしもたー!

2010-10-22 20:04:57 | あれこれ
やってしもたー!
あの会社のメールアドレス、迷惑メールというか、スパムメールというのか分からないけれど、1日に50通から多い時には90通も来るのよー!
自動分類されて迷惑メールのファイルに入るものだから、点検するのに疲れてきたの…
それで、そのアドレスを使っているところを点検処理してIDを削除したものさ。

101022 やってしもたー
いや、そうしたらホームページまでぶっ飛んじゃって!!
真ーっ白!

とりあえず、データが残っていたので先ほどFC2にお世話になることで作業を終えました。
移転案内を出す間もないので連絡のしようがありませーん…
移転先はこちらです↓
http://ayacbmbike.web.fc2.com/
リンク張っていましたら、張り替えよろしくお願いします。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

101003 鵡川 日高本線

2010-10-03 20:43:20 | ツーリング
P1000705
すべてLumix DMC-G1

日高本線鵡川駅である。
駅前には広場があり、モニュメントが建っている。
駅舎も立派である。

P1000708

苫小牧行きの列車が到着した。

P1000710

やがて、様似行きの列車も到着した。
乗客が降りてきて写真撮影している。
ガリガリの鉄男には見えないが、鉄男なのであろう。

P1000712

日高本線専用列車であろうか、馬をかたどった模様が描かれている。

P1000721

駅舎の中も光が入って明るい雰囲気である。

P1000722

飲み物と乗車券の自動販売機が設置されている。

P1000724

駅前には郵便ポスト、公衆電話ボックス、自転車置き場、バス停留所がある。
鵡川名産マッシュルームと書いた銘盤が埋め込まれている。

P1000725

穂別鵡川線を走るバスである。
鵡川からは、千歳鵡川線というい道路も走っている。
鵡川には、古くから人と物が集まる要素があったということが分かる。

P1000728

何をする列車なのか分からない。

P1000729


P1000735


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする