aya の寫眞日記

写真をメインにしております。3GB 2006/04/08

この時期暖気は欲しくない

2010-02-28 21:32:32 | スキー

DMC-FT1

さらっと雪が積もった暖かい日であった。
スキーを履いて登り始めたのだが、なんか重い。
だんだん重くなる。
見てびっくり、スキーに雪が張り付いて高下駄状態である。
削っても削っても雪はスキー板にくっついてくる。
駄目だこりゃ!


DMC-FT1

暖気で雪がべたべたとスキーに付く。
シールに付くのなら分かるが、板に付くのだから始末に負えない。
ツーリングなら赤いワックスを塗る場面であろうが、持ってきていない。
今日は帰ろうー。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

丸山遠見・七条の滝 100214

2010-02-15 19:43:44 | 山歩き

LUMIX DMC-FT1

この三叉路の付近の除雪してある所に車を置かせてもらう。


LUMIX DMC-FT1

営林署?の建物付近から林道へ入る。
支笏国道276から来る林道から除雪車らしい車の通った跡があり、歩きづらい。


LUMIX DMC-FT1

1時間半ほどで丸山遠見の櫓が見えてくる。


LUMIX DMC-FT1

「望楼は施錠してあった」との情報があったが、いつも通り入れる。
晴れていたので樽前・風不死がはっきりと見えた。
帰路は最短距離を下ることにした。
望楼で会った多摩ナンバーの男性が登ってきた足跡をたどって下ったが、途中から林の中へと向かっていたので、足跡とは分かれて林道を下って樽前国道276号線に出た。


LUMIX DMC-FT1

早い昼食後、第一縦断林道を通って七条の滝へ


LUMIX DMC-FT1

ツアー客?が沢山通るからか、立派な踏み跡ができており、ツボ足で行ける。


LUMIX DMC-FT1

案内標識も設置されており、迷うことはない。ここまで31分かかった。


LUMIX DMC-FT1

階段がジグを切って付けられており、15分かけてゆっくりと沢を下りる。


LUMIX DMC-FT1

落差は20m位だろうか。


Nikon D200/Micro105mmF2.8

歩き始める前にGPSのスイッチを入れたが、「測位中お待ち下さい」の表示が出たまま衛星状態ページが現われなかった。
'09/10/04以降使っていなかったし、前回は札幌岳だったから位置の修正に時間がかかるのか、はたまた故障かと気が重くなったがしょうがない。
ザックの裏蓋に突っ込んでしまった。
丸山遠見の望楼で確認すると、途中からトラックが付いていた。
ご無沙汰してはいけないのだ。



右上のトレースが七条の滝、左下のトレースが丸山遠見

blogramランキング参加中!
投票ボタン
blogram投票ボタン




コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

インプレッサアネシス特別記念車

2010-02-09 21:28:57 | 

すべてLUMIX DMC-FT1

陽が落ちてから走行距離等の記録をするのに手元ランプがないので不便であった。
V30Eグランツーリスモには、ルームミラーの上にスポットランプが全車共通装備で付いていた。
アネシスはオプションか、とアクセサリーカタログを見ると載っていないではないか。
改めてアネシスのカタログを注意して見た。
なんと、全車標準装備としてスポットマップランプは付いていることになっている。

特別記念車の装備について説明があったのは、
エアコンはマニュアル、コンソールボックスの色、フロントドアトリムとリアドアトリムの色、スピードメーター等のデザイン、フォグランプなし、トランクリッドトリムなし、サイドシルプレートなし、ということでその他は1.5iと同じということであった。これについては何度も念を押して確認したのであった。

改めて、カタログの装備と実車を照合した。
助手席シートバックポケットがない。
リヤシートセンターアームレストがない。
フロント2+リヤ2の4スピーカーだが、リヤ2スピーカーがない。
私が見つけられたのは、スポットマップランプを含め4点であった。



この点について、担当セールスに尋ねたら、「私も知らなかった」との返事。
会社として商品の内容について説明して販売し、説明と違う商品を渡したことは分かりやすく言えばどういう事なのか。

私は、説明のあった仕様の車を私に渡すべきだ、との考えである。
連れは、会社の情報提供の不手際はあるが、担当セールスが説明した仕様の車を渡す訳はない。
会社とやり取りしても不愉快になるだけだから、必要なものはこちらがお金を出して付けてもらいましょう、と言う。
私は不満であったが、連れの精神状態の安定を優先して、そうする事にした。



今私が不便に感じることは、手元ランプがない事と、夜エンジンキーを挿す穴を見つけられない事である。
室内灯は点くのだが、光が照射される所にキーの穴はない。陰になるのである。



ルームランプは付いているが、身体が硬く腕が後ろに回らないので運転席からは操作しづらい。



V30Eグランツーリスモでは、特に記載していなかったがキー照明は全車共通装備であった。
ので、マップランプとアクセサリーカタログに載っていたキー照明の取り付けを依頼した。



マップランプ取り付けについては料金の請求がなかったが、キー照明についてはカタログ記載通りの金額の請求があり支払いした。


blogramランキング参加中!
投票ボタン
blogram投票ボタン


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする