aya の寫眞日記

写真をメインにしております。3GB 2006/04/08

夢のあとに / ゲリー・カー

2007-02-26 21:39:10 | CLASSIC


コントラバスの名手 ゲリー・カー である。
オ-ケストラのための楽器としてではなく
独奏楽器として、演奏している。

プレイヤーについても収められている曲についても
詳しくは知らない。
オーディオマニアの家に遊びに行って、そこでこの楽器の
響きを聞いて、低音を聞くために買ったレコードである。

唯一知っている曲は、
ジョージ・ガーシュインの「サマータイム」


A面
1 夢のあとに (G.フォーレ)
2 ガヴォット (J.A.ロレンツィーティ)
3 マドリガル イ短調 (E.グラナ-ドス)
4 精霊の踊り (Ch.W.グルック)
5 サマータイム (G.ガーシュウィン)

B面
1 夕星の歌(歌劇「タンホイザー」より) (R.ワーグナー)
2 プレイフル・ロンド (W.グリーン)
3 コントラバスとピアノのためのソナタ (P.ヒンデミット)




コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

四季 / ヴィヴァルディ アカデミー室内管弦楽団

2007-02-20 21:04:20 | CLASSIC


日本で1番売れているレコードだという。
多くの録音があるのだろうが、
たまたま買ったこの盤は、気に入っている。

ヴィヴァルディ作曲 四季
ネヴィル・マリナー 指揮
アカデミー室内管弦楽団
ヴァイオリン アラン・ラヴディ

ゆっくりしたい日曜の朝、これをかける。
小音量で、
アンプが温まっていないから、力なく音が漂う。
それが良い。
JBL CONTROL 1 は、弦楽器も品良く再生する。

大袈裟でなく、情緒的過ぎず抑え目な演奏は
多くの日本人に好まれているであろう。

さて、このジャケットの絵であるが、
スキャンしながらあらためて眺めると
草か作物のような印象を受けるが、
人間の手や足、鷲の頭、骸骨様の物、
どう見ても花や実に見えない妖しい物体
そして裸の女の下半身などがあるのだ。

どうも曲の印象からは程遠い、おどろおどろしい
さまで、バルセロナオリンピックの開会式に出てきた
妖怪と相通じるものがあるように感じる。

曲を聴きながらこのジャケットを眺めていると
当時の人々の生活に興味が出てきて、色々とあれこれ
想像する。

朝聴く1枚でなく、夜聴く1枚でも良いのではないか。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする