aya の写真日記

写真をメインにしております。3GB 2006/04/08

150708 樽前山で救急活動

2015-09-01 20:37:52 | 山歩き
DSCF1247

狭い砂利道を救急車と指令車と作業車?2台が登ってきた。

DSCF1248

何事が起きたかと思っていると

DSCF1245

登山道から白いヘルメットを被った自衛隊員が列を作って下山してきた。
救急車からストレッチャーを出している。
どうやら登山中に登山者が事故にあったらしい。


DSCF1250

救急隊の大隊長と指揮隊長がストレッチャーの側で自衛隊員らと話している模様。

DSCF1251

登山口から3~400メートル上で転倒して足を骨折し、訓練中の自衛隊員が担架で搬送してきたところらしい。
幅の狭い急な段差のある登山道なので担架搬送は大変だったであろう。
苫小牧の救急車に収容するところである。


DSCF1257

自衛隊と救急隊との間で引き継ぎが行われていると思われる。

DSCF1267

ややあって、患者を多分自分たちが乗ってに来た車に移し替えているところ。
救急車は苫小牧市に搬送するが、事故者は多分苫小牧以外から来たもので、応急処置をしてもらい自分の地元の病院へ行くことを希望したのだろう。


DSCF1268

樽前ヒュッテは苫小牧市の管理で、駐車場の整理も苫小牧のシルバーセンターから派遣されていると聞いた。
救急要請も苫小牧市になされたことは明白で、大型車は事故者を駐車場まで搬送するための人員を乗せてきたのだろうか。

転倒で骨折とのことだが、段差で靴が固定されて転倒したのだろうか。
自分も更に気をつけなければーと思いながら登り始めた。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 951010 ニセコアンヌプリ 1... | トップ | 950304 紋別岳 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
樽前山で救助活動 (ayaG)
2017-01-28 14:06:30
岩田浩介 様

拙ブログにお越しいだだきありがとうございます。

当該ブログの文中にもありますが、この件は、自衛隊の訓練場所の近くで転倒骨折した登山者が訓練中の自衛隊員に登山口まで担架搬送されたものらしいです。

自衛隊の災害救助活動は、通常、都道府県知事や市区町村長などの公的要請により出動するように聞いております。
今回の件は、たまたま訓練場所付近での事故であったため担架搬送したものと推測します。
活動した自衛隊は、当方、所属隊名などを把握しておりません。

また、救助活動は、事故発生地を管轄する地方自治体や警察署が担当し、捜索・救助活動に関する費用は要救助者には請求していないと聞いています。


このようなことから、今回のお申し越しの件につきましたはお役に立てないと存じます。
悪しからずご了承下さい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

山歩き」カテゴリの最新記事