aya の寫眞日記

写真をメインにしております。3GB 2006/04/08

佐伯選手のドラム缶越え

2007-09-30 21:48:56 | バイク


こんな時はどんな事を考えるのだろうか

ギアは2速か、アクセルはどの位開けるか

頭の中でカチャカチャンとセットが終わる

>佐伯選手
>あのドラム缶の写真の方向から走るのは初めてでした。
>しかも、置き石がして有るんですよね~

>ギヤは2速で進入。
>石の事を忘れて、無い方向と同じ速度で進入・・・




よし、フロントが超えた
リアブレーキをかけて



おっと、ドラム缶が動いた



>佐伯選手
>速度が早すぎ、しかも上で滑ってます




バイクのリアが流れたか

リアフェンダーが肩越しに斜めに見える

どうなっているんだ



>佐伯選手
>マシンが少し斜めになり体重移動してこらえる。。。
>少し斜めなったままで、速度が速く滑って斜めになった時に、
>少し刺さり気味でクリア。





流れるバイクをコントロールして着地する

何があって、どうしたのか
佐伯選手にコメントしてもらわなければわからない。



もどる







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ベトナムのバイク

2007-09-28 23:19:27 | バイク

 

 

車体が二人乗り用に設計されているのかライポジに余裕があるんだよねー


エンジンは低速トルクがある100cc位らしい

ホンダのカブにダイハツのハイジェット

 

白いアオザイの娘さんも

 

高校生か カブタイプだがスポーティなスタイルだ

日焼け止め用スカーフと長い手袋

サングラスをすると月光仮面?だが前後に荷物を積んでいる

中華街を走るお母さん

 

おっと!あそこにあるのはCS90か

 バックミラーがないバイクってカッコ良いんだよねー

もどる

 

 


 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スペインで見たバイク

2007-09-25 22:53:35 | バイク




高速道路



自分が乗ったバイク以外は車名がわからない。
このページにでてくるバイクの車名をご存知の方は雑記帳に書き込んで教えていただければありがたい



バイクで出勤する人達



ヤマハSR250





これもヤマハSR250
結構日本車が目につく。



バイクに乗っている人は
3~40歳代が多い。
若い人には買えないのかも…



バイクで帰り支度をしている二人を見つけ
”ペルミソ ウン レクエルドフォト 
フォト フォト ポル ファボール”
と片言で話しかけ撮影させてもらった。
撮影した後、グシアスと言われ、
私もグシアスとお礼を。

通じたのかな~





日本の白バイだと思う



XT250?





BMW 外車が多い。プジョーのスクーターもあった。







ピザ配達のバイク



スズキ



これもBMWだったと思う





ヘルメットホルダー?







こんなボックスを荷台に付けているのが目に付く。何を入れるんだろう。
ヘルメットだろうか?





手前の赤いバイクはカワサキ
奥のは?





ホンダXLR250だと思うが…
高速道路網が整備されており80%が無料。
400Kmは無給油で走れるガスタンクが必要。





大型スクーターも結構走っている。



高速道路での火災。
タイアがバーストして車体に引火。
積荷のレタスが温野菜に…
事故処理の警察車両と白バイ



ヤマハ





モンテッサだと思う



ヤマハTZR





四輪バギーも走っている



タンデム用のステップがついているところを見ると、改造車か



なつかしきナイトホーク
旅行中、ほかに3台くらい見かけた。



バイクもヘルメットもチェーンロック
この地方も盗難が多いのか。
奥に見えるのはベンツのトラック。 







エンストした車を押す白バイ隊員

もどる






 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

北海道トライアル選手権 ニセコ大会

2007-09-24 22:33:14 | バイク


9月23日 ニセコでトライアル大会があった。
天候は晴れ
気温は20度くらいで観戦するには
丁度良かった。

トライアルウェアに身を包み
ヘルメットをかぶると
年齢は分からない。

お腹周りの体格が良い人が
結構いたように思う。

当然ヘルメットを脱ぐと
ロマンスグレーや胡麻塩頭である。

このスポーツは
若い人にはあまり人気がないようである。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

富良野岳 07/09/01

2007-09-11 22:36:50 | 山歩き


富良野岳の登山口に着いた。



登山者への注意書きがある。



ヒグマによる被害を防ぐために、犬など動物の持込を禁止している。



子供と犬を連れた登山者が入山届けを書いている。
犬が熊を呼び寄せて、子供を襲ったらこの親はどうするのだろうか。
私が襲われたら、どうするつもりなのであろうか。

熊は人間を恐れるが、犬を恐れはしない。
犬は自分のテリトリーを侵す敵なのだ。
犬が入り込むと、自分のテリトリーを侵されたと思い
防衛のために出てくるのだ。

この人は、多くの登山者に危険を提供する機会を作っている。
皮の登山靴を履いているから、相当の山屋なんだろうけれど
犬と熊の関係には明るくないらしい。
見たところこの犬は熊に歯向かうアイヌ犬とは思えない。



あれが目指す富良野岳だ。



正面に八つ手岩が見え出した。




エゾオヤマリンドウ だろう



左手に三段山が見える。
三段山は、ここから崖を登っても行ける。



安政火口が見えてきた。
あの前を歩いてみたかったのだ。



正面が上ホロカメットク山だろうか、



D尾根にたどり着く。
富良野岳はまだ先にある。





D尾根を下り始めると、目の前に三峰山が見える。



右手に富良野岳へと続く道が見える。



ガレ場が現われる。





ナナカマドの実がもう赤く色付いている。
山頂はまだはるか、



三峰山への分岐に出る。
ここで小休止



富良野岳への上りは木製の階段が設置されている。



右手から雲が湧きだしている。
あの頂が頂上だ。



眼下に見えるのは原始が原か



振り返ると、山の重なりが見えて登山の気分が味わえる。



頂上に着く。
生憎の曇り空となった。



登る時には気が付かなかったトリカブト
キキョウと同じ色なので見過ごしたか、



下山し始めると天候は雨になった。
予報では曇であったが、小雨中雨小雨
雨具の上を出して着たが、雫がたれてズボンが濡れる。
ザックカバーを持ってこなかった。 濡れて重くなった。

下山後、凌雲閣で汗を流す。
露天風呂から安政火口の正面が見えて、
山の温泉につかる実感を味わった。


GPSトラック



コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

来馬岳 07/08/25

2007-09-04 22:23:24 | 山歩き


オロフレ峠から来馬岳へ上ります。
花の時期は終わって、実を付けていた。
濃い青色をした実で、綺麗である。



黒ぶどうのような実でおいしそうだが、
止めといた。



途中、バケモノ山1077mという標識のあるところへ出た。



雪が多いところなのであろうか、
いじめられたカンバが、怪しげである。



よくもここまで複雑に曲がりくねったものだ。



カンバの林を過ぎると、ほどなく頂上に着いた。
もう少し登り返しがあるかと思ったが、そうでもなかった。



この頂上の標識は年期が入っている



スキー場へ下山する途中できのこを見つけたが、
いままで食べたことのないきのこなので
採らずに通った。



この花の名前を調べたのだが、
分からなかった。



この花も調べたが分からなかった。
3合目付近だと思うが、このきつい下りには参った。



下山してすぐのカルルス温泉で湯に飛び込んだ。
汗で身体がべたべたしていたので、気持ちが良い。
入浴料は500円であった。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする