aya の寫眞日記

写真をメインにしております。3GB 2006/04/08

031102 社台滝

2018-10-14 20:11:18 | 山歩き
IMGR243-01



IMGR243-23



IMGR243-26



IMGR243-04



IMGR243-06



IMGR243-07



IMGR243-08



IMGR243-09



撮影機材
Nikon F100



コメント

031005 樽前山

2018-10-10 19:58:41 | 山歩き
IMGR240-01



IMGR240-03



IMGR240-04



IMGR240-07



IMGR240-11



IMGR240-14



IMGR240-16



IMGR240-18



IMGR240-19



IMGR240-22



IMGR240-23



IMGR240-24



IMGR240-26



IMGR240-28



IMGR240-30



IMGR240-31



IMGR240-32



IMGR240-35



撮影機材
Nikon F100



コメント

180929 PENTAX K-3

2018-10-02 09:00:46 | カメラ
DSC_6628

PENTAX K-S2を買って使っていたのだが、今ひとつ画像に精細感が足りない。
カスタムイメージのシャープネスをファインシャープネスにしてみたのだが、もう少しなんとかならないかと・・・。

PENTAXのAPS-C上位機種は2015年5月発売のK-3Ⅱであるが、これは2013年11月発売のK-3にリアル・レゾリューション・システムと簡易天体追尾撮影機能などが追加されたもので、私には不要な機能なのでK-3の中古品を入れることにした。




DSC_6633

K-S2とどう違うのか。

大きな違いは、画像処理エンジンがK-S2はPRIME MⅡに対してK-3はPRIME Ⅲであり、カスタマイズ機能の設定がK-S2のファインシャープネスに対してK-3はもっと精細なエクストラシャープネスまでが入っている。

これは、カタログに項目として記載がないだけでなく、性能諸元にも載っていない。
このことはPENTAXとしてもっと積極的に宣伝しても良いのではないかと思う。

撮影素子はK-S2の20M CMOSに対してK-3の24M CMOSではあるが・・・。




“DSC_6636”

S2よりボディが大きいので右肩に表示パネルがある。



DSC_6638

K-7の時からグリップの形状を追い込んだという開発時の情報を発信していたが、私は特に重要視していない。

S-2のバッテリーより大きくなっている。




DSC_6639

レンズ内モーターがないレンズ駆動のためのギアが見えるマウント。



DSC_6640

フラッグシップモデルというだけあって、ボタンをたくさん付けている。



DSC_6641

ペンタ部に曲線を用いたカメラもあるが、直線的な形は飽きがこなくて好ましく感じる。



DSC_6642

この組み合わせが雨の日の私のメインカメラとなればよいのだが。



撮影機材
Nikon D200
Micro-NIKKOR55mmF2.8


コメント

180924 樽前山 リンドウ

2018-09-28 14:34:28 | 山歩き
IMGK0472

今日もいい塩梅に雨が降り出している。


IMGK0473

登り始めてすぐにエゾオヤマリンドウが目に入る。


IMGK0475

小雨は降っているものの湖面は見えている。


IMGK0476

風の通り道に波が立っているのが見える。


IMGK0477

ほら、あれですよ。
名前がなかなかか出てこない。
ヒカゲノカズラ



IMGK0478



IMGK0479

こうして見ると、何かの遺跡に見える。


IMGK0480

落し物か、鹿の子どもか。


IMGK0481



IMGK0482



IMGK0483

雨で一段と乱れてきたようだ。


IMGK0484



IMGK0485



IMGK0486



IMGK0488



IMGK0489



IMGK0492



IMGK0493



IMGK0495



IMGK0496

シラタマノキの白い実が目に付く。


IMGK0497



IMGK0498

雨に濡れて木目が楽しめる。


IMGK0500



IMGK0501



IMGK0502



IMGK0505



IMGK0507

画面中央からやや下の橙色の右に大きい蚊のようなものがとまっている。


IMGK0508



IMGK0509



IMGK0510

これもヒカゲノカズラの仲間か。


IMGK0511

今日はリンドウが見つかる日だ。


IMGK0512



IMGK0513



IMGK0516



IMGK0517



IMGK0520



IMGK0522



IMGK0526



IMGK0527



IMGK0528

木が雨にぬれていい感じ。


IMGK0530



IMGK0531

今日も静かな樽前だった。


IMGK0533

雲がかかり、いつもとは違う風景に見える風不死方面。


撮影機材
RENTAX K-3
DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR




コメント

180915 樽前山 雨のちキノコ

2018-09-17 15:06:10 | 山歩き
IMGK0335

14:40 登り始める。
丁度背負子に2歳くらいの子供を乗せたお父さんが降りてきたところ。
子供は気持ちよさそうに眠っていた。



IMGK0337

リンドウが一輪イソツツジのなかに花をつけていた。



IMGK0339

今日は晴れていて良い眺め。


IMGK0345

雨のちキノコか。


IMGK0347



IMGK0348

これからキノコがよく目に入った。


IMGK0349



IMGK0351



IMGK0352



IMGK0354



IMGK0355



IMGK0356

すでに枯れた茶色や枯れ始めて黄色味を帯びている草の中に深緑を見つける。


IMGK0357



IMGK0358

深緋の実を見つける。
なんの実だろう。



IMGK0359



IMGK0360

シラタマノキの実が現れる。


IMGK0361



IMGK0366

だんだんと増えて群落を作っている。


IMGK0369

ヒカゲノカズラ


IMGK0370



IMGK0373

春にはモウセンゴケが見え始めるところ。


IMGK0375

今日はここまで。


IMGK0380



IMGK0381



IMGK0382



IMGK0383

子供たちも登っていた。
今日は土曜日だったのだ。



IMGK0384

15:50 土曜日で天気も良いので、まだ下山していない人が多い。


IMGK0389

16:10 帰路に就く。



撮影機材
PENTAX K-3
DA16-85mmF3.5-5.6 ED DC WR



コメント