カフェテラス

テラスの片隅で一人心に呟くように

5万人の森

2021年05月09日 | 我が町

 

4月30日撮影

もう5月の半ばになろうとしていますのに、今頃のアップです。

PCの不調でなかなか立ち上げることができなくて、撮りためた写真を、

今日やっとあげました。

月の終わりに、明日に神棚、仏壇に供える、サカキヤ仏花を買いに行った日の

春の最後の春らしいお天気の。5万人の森の色どりです。

今やっと立ち上がったPCがっまたいつご機嫌斜めになるか分からないので、

黄砂で周りが白く霞んだ今日、こんな美しい日があったのだと、思い出しながら

長らくのご無沙汰は、PC不調のためだったこと、お知らせとお詫びです。」

 

山藤の開花が美しい日でした。

シモツケノ垣根が花盛りでした。

隣接の文化博物館の斜面には、彩のいいツツジが咲いていました。

林の間から見たツツジ園です。

どうかPCのご機嫌が悪くなりませんように

 

コメント (1)

チーちゃんの黄色い花

2021年04月27日 | 季節の花

 

4月の初めごろから、ぼつぼつ咲き始めた、我が家の庭の一部を占めているいる黄色い花が今年も

満開になりました。

この花には、PC友達の、チーちゃんが、もう10年以上も前に、広島から送ってくれたお花です。

遠い昔の頃のように思いますのは、いつの頃からか、ブログの交流も途絶えてしまったのですが。

このように花だけは途絶えた年月を紡ぐように庭に根づいています。

広島からお売られた当時は、5㎝ほどのマッチ棒のような花の茎が3本ほどでした。

濡れた紙に包まれて、ナイロン袋の中に入っていました。

名前も教えてくれたのですが、「チーちゃんの黄色い花」とだけしっかり覚えて花の名は

忘れてしまいました。

今アップするにつけて、名を調べてみました。

 

・木犀(もくせい)科。
・学名
  Jasminum primulinum
   Jasminum : 
    ソケイ(ジャスミン)属
   primulinum : 
    サクラソウ属に似た

 Jasminum(ジャスミン)は、
 アラビア語の
 「yasmin(マツリカ)」
 の名に由来する。
 学名 J 


・3月から4月頃にかけて開花。
・つる性植物。
 枝は枝垂(しだ)れる。
・春先に鮮やかな黄色の花が咲く。
・「黄梅」より花は大きい。

・別名
 「雲南素馨」(うんなんそけい)
 「黄梅素馨」(おうばいそけい)
 「黄梅擬」 (おうばいもどき)
   いろいろ似たような名前が
   ついている。

どうしているかしら。

この花を送ってくれた優しい友達のことを、花が咲く度懐かしく思い出します。

                   

コメント (5)

金剛寺 牡丹園 ⑤ 最終編

2021年04月26日 | 我が町

 

牡丹園の中心に、白い雲のかたまりを思わせるような、オオデマリの木があります。

見上げるような高さから、四方に枝を広げ、上から下(地面)まで大きな純白の花を

いっぱいつけています。

下に咲く花たちとの語らいをしているように見えます。

モモイロタンポポも、毎年優しい色のグループを作っています。

よく似たお花は、ミヤコワスレです。

もうすっかり、花の時期の終わりの姿を見せているのは、紫の藤の花です。

終わりであっても、ボリュームがあって存在感があります。

牡丹園を出て、再び山門の白藤を眺めました。

いい香りを楽しみました。

駐車場から見た、藁屋根の厚みが、威厳のようなものを、感じさせてくれました。

5編にも分けてアップした金剛寺の牡丹といろんな花々でした。

長く引っ張ってご覧くださったこと、ありがとうございました。

明日(4月27日)の夕方NHKテレビで、金剛寺についての放映があるとのことを、今夜の

お知らせにありました。

コメント (4)

牡丹園の小花たち 金剛寺④

2021年04月24日 | ちょっとおでかけ

 

金剛寺では、牡丹園を彩る小花や木々に咲く花も、牡丹の華やぎを

演出する楽しい役目を果たしています。

このジュウニヒトエも一塊になって、牡丹にない紫が目を惹きます。

少しずつ色の違うエニシダが、牡丹園の周りに咲いて、小さい花の枝が賑やかです。

オダマキを見ると、いつも思うのですが、可愛い小人のダンスのイメージが

今年も見ることができて、嬉しくなります。

でも、花丈が短いので、膝を痛めている私の足が、しゃがむのを拒んで、思うように

撮れなくで悔しいです。

白花ヤマブキとその実です。

キバナヤマブキには実が付かないと聞いていますが、白花の方は、こんな実が沢山ついていました。

 

 

コメント (7)

金剛寺 牡丹園 ③

2021年04月23日 | 我が町

 

早く開花しすぎた花を、少しでも長持ちして、いい姿を訪れる人に見てもらえる工夫が、

この簾です。

趣きがあります。

③でも、写し撮った華麗な花たちを、順次アップします。

 

 

 

コメント (2)