BIN山本の『映画にも程がある』

好きな古本との出会いと別れのエピソード、映画やテレビ、社会一般への痛烈なかくかくしかじか・・・

元映写技師

2018年11月16日 | 古本
月刊雑誌・小説新潮に昨年連載されていた10本の連作短編をまとめた単行本。桜木さんホントに上手くて舌を巻く。
日常使う国語辞典で事足る語彙の中で、難しい単語などないのにこれほどの表現ができ、それを捻り紡ぎだす。
夕方読みだして深夜に読み終えた。後半2編はやや緩慢で眠くて記憶をなくしたが、翌日読みなおした。

ある1組の言わば二人暮らしを交互に事情を連ねた。女は30半ば、男は特に記述が無かったが同じくらいだろう。
女は看護師、男が驚いたことに元映写技師で今はフリーで月に何回かのフィルム上映に地方などから声がかかる。して
札幌の大通リにある映画資料などを展示しているNPO法人「北の映画館」で、週に1日2日留守番ボランティアを
している。どこが驚きかというと、今年に知り合った〔M〕さんがモデルになったのではというくらい似た人物設定だ。
ひよっとして桜木さんから取材など受けたのかもと想起させる。(今度会ったら直接聞いてみたいが。笑)
桜木さんの登場人物の職業描写はややくどいきらいがあるが、今回もそれなりにリアルだ。映写室でのフィイルムの扱い、
映写機2台の交互上映や1本に繋いだターンテーブル式など、これらの所作は専門の知識や経験がないと表現できない。
そんな中、小説の男はシナリオを書いて応募などしているがモノにはならない。アタシの知る〔M〕さんも元映写技師で
いまは新聞に画の連載を持っている。どちらも表現行為をしていること、画とシナリオ、違いはその辺だけだ。そして
〔M〕さんも「北の映像ミュージアム」でボランティアをしているのだ。
ただアタシは〔M〕さんのプライベートな部分は何も知らない。
それにしてもホントに誰が桜木さんに35mmフィルム上映の状況や現場を教えたのか、その意味でも興味が尽きない。

 「ふたりぐらし」 著者 桜木 紫乃  新潮社 定価1450円+税
  ( 2018年7月30日 発行 )
コメント

酒呑み作家

2018年11月14日 | 古本
いつものJR北海道特急列車車内小冊子に書かれたエッセイをまとめたもの。そろそろ過去の内容に
重複する話が多くなってきているが、何回読んでも味わい深い。さすがにプロの書き手ではある。
小檜山さんの本は相当読んで持っているが、結構サイン本が多い。それも落款付きでだ。
同じ西区の西野より奥の平和地区に住んでいて、近くにはファンも多いのだろう。して近くの本屋さん
などでサイン会で売られ、BOOK OFFへと売られてしまう。それをこの地区にあるBOOK OFF
でアタシが買うのだからこの地域において多く読まれて、言わば地書地読で誠に合理的というべきか。
毎日酒を呑み、時にカラオケを歌い、1日1度は原稿用紙に向かうらしい。誠に健康的な生活、長生き
して書き続けてほしい。
 「人生という夢」 著者 小檜山 博  河出書房新社 定価1600円+税
  ( 2016年7月30日 初版発行 )
コメント

あの時の深夜

2018年11月13日 | 古本
札幌に戻った翌々日にいつものBOOK OFFへ行った。疲れているので単行棚だけに目を通した。
収穫は単行本で5冊、〆て2260円。文庫まで探す気力はなかった。

そんな中、中田美知子さんのがあった。別な棚にもあったので比べるとこれが安い。しかも帯付きだ
った。つまりは売れた証拠だ。18年6月末に出たばかり。だが売価が違う。当然安い方を手にした。
もう35年程前のことだ。彼女がHBCを辞してフリーのころだ。よくアタシが属していた会社の録音
スタジオに時々来てCMなど読んでいた。
ある日のいつものように遅い帰り道だった。信号待ちで止まると横にライトエース的1BOXカーが止
まっていた。中をみると中田さんがハンドルを握っていた。そしてその中に3人の齢の近い幼子が座席
に立ったりしてはしゃいでた。中田さんはかまうことなく毅然としてハンドルを抱えていた。
その頃のアタシは夜目遠目がまだ問題なかった。だがなにかアタシはイケないものを見てしまった様な
気がして誰にも言わなかった。低く艶があり滑らかな喋りとはイメージがあまりにも違う。シングルマ
ザーとなっていた彼女には仕方のない深夜の帰宅だったに違いない。
その後中田さんはFM北海道に入り、常務取締役にまでなって退職された。あの時に見たお子達はもう
それぞれの道に進んで社会人になっているだろう。そのことの言及は特にこの本には書かれていない。
 「少女は、いまでも海の夢を見る」 著者 中田 美知子  亜璃西社 定価1500円+税
  ( 2018年6月30日 第1刷発行 )
コメント

十字架

2018年11月01日 | 新 刊
この本も再読だ。「キャパ その青春」「キャパ その死」「ロバート・キャパ写真集」の3冊を再読すると
出た直後に新刊で買った「キャパの十字架」も再読したくなった。(しかし沢木さんはタイトルの付け方がうまい)
前回〔CAPA〕で書いたこれはやらせ写真ではというアタシの推察は違っていて、どうやら偶然性によって
ゲルダ・タローが使っていたローライフレックスによって撮られたものではないか、という推論が正しいように
思える。それはキャパが使っていたライカの35mmフィルムサイズやゲルダ・タローの使っていたローライ
フレックスカメラのサイズなどの比較、さらにはキャパ自身が仕事仲間に「あれはゲルダが撮った」という意味
を言ったことにも伺える。サイズの大きいカメラはいかようにでもトリミングして横長のライカサイズにできる
のだ。ただそれも100パーセントそうだとの断言は出来ない。ゲルダは暴走戦車にひかれて死に、キャパも
あの「崩れ落ちる兵士」については多くを語らなかったようである。
沢木さんはその問題のスペインの地を調べ、ライカとローラィフレックスを持ち、あらゆる人脈を探し検証した。
当初その現場がスペインのセロ・ムリアーノではなくエスペホ地方であることによって、撃たれたとする兵士も
別人であることになった。これは写真界にとって重大な事件である。この本、世界中に翻訳出版されるべきだ。
キャパはその後も優れた〔戦争写真家〕であったことは疑いようがない。「崩れ落ちる兵士」という正に十字架
を背負い、地雷を踏んだのだ。
キャパより3歳年上だった〔ゲルダ・タロー〕は1937年7月26日、27歳の誕生日を迎える少し前の、
理不尽な戦死となった。

 「キャパの十字架」 著者 沢木 耕太郎  文藝春秋 定価1500円+税
  ( 2013年2月15日 第1刷発行 )
コメント

CAPA

2018年10月25日 | 古本
1954年5月25日午後3時、北ベトナムの戦闘取材中、地雷を踏み死亡した。ロバート・キャパ 40才。
左足が吹き飛び、内臓が深くえぐれた。
再読だが、その白黒写真の陰影がキャパそのものを表しているかのようだ。(カラー写真も後年少しは撮った)
「崩れ落ちる兵士」に代表される戦争写真家だが、意外にも戦闘そのものの写真は少ない。その戦争の裏側に
ある市井の人々の生活をより多く撮った。ライカなどの35mm小型カメラが出てくると、大袈裟にならない
自然な戦争の裏側状況を数多くとらえた。性格やそのユーモアのせいか、多くの女性とも浮名を流した。要す
るに女性にモテた。一瞬にして人を引き付ける何者かをもっていたのだろう。
「崩れ落ちる兵士」だが真贋論争が面白い。キャパの同士であり恋人になった〔ゲルダ・タロー〕が撮ったもの
ではないかという考察は、沢木耕太郎の「キャパの十字架」に詳しい。その瞬間を行動を共にしていたゲルダが
撮ったものとするほうが、その場のタイミングや持っていたカメラの種類から推測する事が自然だと。またその
ときに撮った戦闘場面は完全なやらせ写真だとも、それなりの説得力があり興味が尽きない。
 「キャパ その青春」「キャパ その死」 著者 リチャード・ウィーラン 訳 沢木耕太郎 文藝春秋
 ( 定価 1500円 1988年6月25日 第1刷 )
 ( 定価 1442円 1988年12月20日 第1刷 )※ どちらもBOOK OFFで105円だった。

ロバート・キャパ写真集 解説 沢木耕太郎  文藝春秋 定価3400円
 ( 1995年5月20日 第11刷 ※1988年5月が第1刷 ) ※ こちらは新刊で買った。
  
コメント

本コロとスマホ

2018年09月24日 | 古本
随分ご無沙汰してしまった。忘れているワケでも、本を読んでないワケではない。だが以前と比べると
格段に減ってしまったことは事実。ここで生活していると隣町にある新刊書店に行く気も、BOOK
OFFに行く気もそう起きないのだ。このあいだ軽い気持ちで〔佐藤愛子〕のベストセラー本を借りら
されて読んでしまい、激しく後悔などしてしまった。時間を返せだなもし(笑)

札幌に戻ると、少しの間をぬって勝手の知ったBOOK OFFへ。そこで見つけた本2冊、あと2冊は
しょうがないので面白かったここに在る既読をだ。

ある古くからの写真館一家にまつわる、著者本人のノンフィクション。祖父は写真館を営み、いわゆる
写真家とは名乗らない。だがまぎれもなく、昭和の市井の人々を撮った写真師だった。著者とその祖父
がどこで結ばされた話になるかを、気をもたされる。そしてあとがきでそれが明かされると、なるほど
そうかと思わせる仕組みが成功している。写真はしっかりと昭和を捕えていたのだ。
 「本所区東両國 工藤写真館の昭和」 著者 工藤 美代子  朝日新聞社 定価2350円
  ( 1990年10月30日 第1刷発行 )

2002年に発行で以前の「本コロ」2001年刊の1年後の〔延長戦〕とある。ややこやしい言い方
だがつまりは2001年2月に出した『だれが「本」を殺すのか』の刊行後、1年3ヶ月後に出したのが
この『だれが「本」を殺すのか 延長戦 PART-2』ということになる。まあ言い足りなかったことや本人
の講演などを文章化したもの。延長戦が出ていることは知らなかったし、しかも186円だった。それだけ
でも嬉しい。して2018年の今はどうなのか知りたい。増々の増々なのか、また「本屋大賞」なども出て
きたが、本どころか新聞さえ読まない世代が出現している。あれだけスマホのメールやラインが好きなら、
本など読む時間はない。夜の地下鉄、若者はみなスマホをいじるか耳にイヤホンだ。アタシはその様子を
見ると気味が悪くなる。あれほどに他者と繋がりたいのなら、目の前にいる他者はどうして観察しないのか、
本でも読んで世界を広げようとしないのか不思議だ。簡単に手に入る情報は軽いしなんのリアリティも無い
だろうに。
 『だれが「本」を殺すのか 延長戦 PART-2』 著者 佐野 眞一  ブレジデント社 定価1600円+税
  ( 2002年5月9日 第2刷発行 )

あとは既読だった佐藤 優さんの「獄中記」と 森 達也さんの「下山事件」これは何度読んでも面白い。 
コメント

柏 艪 舎

2018年08月19日 | その他
出版社「柏艪舎」で時々行うシンポジウムに登録してチケットを予約した。それ以来柏艪舎から出版される
刊行物のカタログが来るようになり、イベントなどの案内はメールで来るようになった。
先月は作家丸山健二さんの15年かけて全集をだすというカタログ案内と、そのほか硬めの小説群のカタログ
が入っていた。ベストセラー本やビジネス書などとはない。そして柏艪舎の社長の「お願い」なるA4で2枚
の文章も同封されていた。それがどうにも心を打つのだ。勿論規模や背景、趣旨はここの博物館とは大いに違
いがあるが、運営の厳しさにおいては同じだ。「お願い」の一部をここに抜粋させていただく。

 私こと山本光伸は、故郷の神奈川県逗子市から五十三歳で札幌に居を移し、早くも二十数年が過ぎようとして
います。私の生業は文藝翻訳家で、これまでに二百五十冊ほどの小説を翻訳して参りました。そのようなわけで、
およそ四十五年間にわたり、出版界の近くにいたことはいたのですが、出版業はまた別物で、その事を等閑視し
て、十七年前に勢いに任せて(株)柏艪舎を始めたのがそもそもの間違いでありました。
 私の能力不足が最大の原因ではあるとはいえ、出版業界は予想以上の荒れ海で、この十数年は苦しい日々の連
続で、心の休まる暇もなく、大勢の方に支えられながら、同時に大勢の方にご迷惑をお掛けしてしまいました。
慚愧に耐えません。

私自身、老後資金にと用意した二億円余りを出版業に使い果たしてしまい、個人としては今は手の打ちようがあ
りません。ただし、お断りしておきますが、私はそのことを後悔しているのではなく、そのお金を取り返したい
ともまったく思っておりません。好きでやったきたことですから。私はただひたすら、地方に出版文化を根付か
せたいと心から願っているだけなのです。

一部の抜粋だがアタシと重なるところも有りの、また重ならないところも有りだ。二億円でもないし二百万円で
もない。じつはその半分程度の資金でここを始めた。いわばそれがアタシの資力のすべてだった。予想外にかか
った設備やあっちこっち傷んでいた補修には泣かされたが、なにより助けられたのは同級生たちだ。毎日のよう
に来てくれ、そのままだったパチンコ店内設備を壊し、作り変えた。設計図はアタシの頭の中にしかなく、みんな
には概略図面しかなかった。それでもなんとかオープンに間に合わせた。誤算は本棚の不足で、後で徐々に何段も
増やした。未知の人からの機材提供や、昔の仕事仲間がいろんなカメラやVTR,その周辺機材を提供してくれた。
そして何より嬉しいのは、この齢であたらしい出会いがあることだ。何もかも一人の運営や補修や掃除は大変だが
新しく機材が増える。それがアナログ機材なら1日いじっていても飽きない。夜は一缶のビールか、コップ一つに
山盛り入れた氷へ並々と盛った焼酎を呑み、本を読むのが最高というものだ。
コメント

活動写真

2018年07月06日 | 古本
古い移動用35mm映写機が手に入ったので、そもそも映画の発明となっている歴史的なものを調べてみた。
一応映写機的なものを発明したのは、アメリカではエジソン、フランスではリュミエール兄弟となっているが、
当初においては一人が覗いて見える程度のもので、今のように劇場で大勢が一同で見るという概念のものでは
なかった。いずれも1900年前後のことだ。それがトーキー(音入り)にまでに発展したのはおよそ100
年前の1920年頃で、その前後は一部分の音や同期する音声装置などを使っての上映だった。その間、その
後活躍したのが活動弁士だった。(その当時映画は活動写真と言われていた)
映写機は手回し方式で、弁士と映写技師の呼吸を合わせたものだったが、名調子でしゃべりたい所はゆっくりと
説明が面倒な所は早回しでと、呼吸を合わせるのが難しかった。ゆえに弁士と映写技師の仲はあまり良くなく、
お互い反目する立場でもあった。
やがて映画フィルムに音声トラックが焼き付けられ、同期する映像から安定してスクリーンに映写される時代が
やってくるのだが、それとて1930年代のことで、ある意味歴史としてはたかが百年で、そう長くない。
映写機そのものの技術的な発達とか、実物の歴史を詳しく知りたいと思ったが、それらを網羅する書籍はみあた
らない。(あれば是非手にい入れたいが)映画内容における評論的な雑誌や同人誌、書籍が発展するなかで機材
としての映写機材に焦点をあてた書物が調べてもない。すでにフィルム映写機材メーカーはもう日本にはなく、
札幌に戦後一社あったというが、信じられないことだ。(三和精機製作所というのが札幌駅近くに在ったという
証言はあるが、ネットで調べても出てこない)

この2冊も大雑把な映写機の歴史には触れているが、専門的な構造や回路の事までは当然ながら書かれていない。
「札幌と映画」は北海道新聞社が出している〔さっぽろ文庫49〕で道内の1900年代の劇場のことからの映画史。
近年の映画サークルから自主製作・上映活動など多岐にわたっている。知った名前が沢山出てきて面白い。こんな
ことならもう少し早く読んでおけばよかったが、それも昭和時代のことまでで、発行が平成元年6月27日だ。

「日本映画100年史」の著者は西川 昭幸氏でアタシも良く知る人物、以前にも「活字の映画館 明治・大正・昭和編」
を出したが、これは誤植だらけで資料にもならなかったが、今回のは改まっている。北海道・札幌の劇場史などが
詳しく書かれ、アタシも思い出深いことが一杯書かれている。西川さんは現在東京にお住まいだが、以前は札幌に
長くいた方で、お世話になった。 ごま書房新社 2016年3月30日 第1刷発行
コメント

不惑を昔に過ぎて

2018年06月23日 | 新 刊
不惑を迎えた探検家〔角幡 唯介〕氏の小市民的日常的事情的みたいな。角幡さん結婚して子供もできて
今後の探検はどうなるんだと心配したが、しかし文章を書いている人はタダでも転ばない。そこはそれな
りに書くことが尽きないのだ。まあ奥さんとも折り合いをつけて、またどこかに旅立つ。
不惑の事情ばかりかと思ったが、過去の頓珍漢も満載。前エッセイ「探検家、36歳の憂鬱」の方が断然
面白かったが、少なくとも古本市場には出回らない作家さん。新刊を買って応援しよう。
 「探検家、40歳の事情」 著者 角幡 唯介  文芸春秋 定価1250円+税
   ( 2016年10月20日 第1刷 )

森さんの2冊目の小説か?名前は〔緑川 南京〕と書いてなんきょうと読むが、中学の先生に「大虐殺くん」
と冗談で呼ばれて抗議したと。まあ森さんの小説だ。今まで書いて来たことや、撮った映画のことなど小説
風にすると言いやすいのかも。森さんも3人の子持ち、時には新刊を買って励まそう。
 「虚実亭日乗」 著者 森 達也  紀伊国屋書店 定価1700円+税
  ( 2013年1月17日 第1刷発行 )

アタシはてっきり「日航123便 墜落の新事実」の続編かと早とちりした。読んでからよくよく帯をみると
前作の前作をリニューアルしたものだと分かり、落胆。それ以後またなにか新事実が再度発見かと期待した
のにやられた。まあしかしこれはこれで分かったこともあったので仕方なし。
ところでみなさん、墜落現場発見のあの空白の10時間に何が隠されているのか、してまた事故の原因が後部
圧力隔壁だなんてこと、まだ信じていませんよね。
結局巨大な圧力が米国から隔壁ではなく、日本政府にかかっていたのだ。ケネディ大統領暗殺がりー・ハイベィ
・オズワルド1人の犯人にしてしまう国だから、なんでもアリ、か。にしても当時の日本首相、中曽根康弘は
その前後箱根の別荘で水泳やゴルフに興じてた。あ~、なんて目出度い国なんだ。
 「日航123便 疑惑のはじまり」 著者 青山 透子  河出書房新社 定価1800円+税

ここのブログは久し振りです。読書や映画をみたりがちょっと縁遠くなってますが、なにかと気忙しく、決して
サボっている訳でも忘れている訳でもありません。いつも来訪していただいている皆様には感謝しております。

コメント

生き抜く

2018年05月20日 | 古本
はて?〔おろく〕とはと読んでみると「南無阿弥陀仏」の6文字から市井の人々はろくにおを付けて
死人をおろくと言ったらしい。してその今でいう検察法医学監察医のことを「おろく医者」と言った
らしい。ただ宇江佐さんもあとがきに書いてあるが、本当に江戸時代、そのような医者が居たかどう
かは定かではないようだ。しかしこの連作短編では奉行所検屍役〔美馬 正哲〕というおろく医者が
本当に居たがのごとく説得力がある。あの時代にも、いかにもありそうな死体事件を他殺か自殺かの
謎ときに挑み、犯人にも迫っていく。もちろん医学的にも今の医学の理にかなったものだ。
参考文献として上野 正彦氏はもちろんほか4名の著作のタイトル・著者名が書いてある。読んでいる
途中、あれこれ上野さんの「死体シリーズ江戸版」かと思ったくらいで、そこは宇江佐さんの筆力だ。
 「室の梅 おろく医者覚え帖」 著者 宇江佐 真理  講談社文庫 定価514円+税
  ( 2006年12月1日 第15刷発行 )

佐藤 優さんについてはもう語るまでもないだろう。意外にも外交官の研修時代、最初はイギリスへの
語学研修だったようだ。そこで英語の基礎とロシア語の基礎をしっかりと身に着ける事だったらしい。
(ただ基礎と言っても日本のそれとは違うレベルだ)14ヶ月間の研修留学時代、数カ月はホームステイ
で過ごした。そこの家族にいた12歳のグレン少年、彼はなかなか頭のいい少年で、英語での聴くこと
も話すことも会話訓練には丁度いい相手だったようだ。それは対等な相手としてお互いを啓発した。
それが終わりを告げ、モスクワへの赴任となる。
しかしだ、天才とはかのごときものという見本、その細部にわたるグレン君や他の生活の佐藤さんの記憶力
には当時からICレコーダーでも有ったのかというくらいだ。
ムネオ事件に連座し投獄の身となったが、裁判が終わって出獄したら北海道に渡って中学生には英語と数学
を教え、大人にはロシア語を教える事で生活は何とかなるだろう考えたとあるが、そこが面白い。もしそう
なったらは無いが、あの才能は周りの誰もほっておくはずが無い。本当に誰の人生もこんなに面白い。
 「紳士協定 私のイギリス物語」 著者 佐藤 優  新潮社 定価1600円+税
  ( 2012年3月20日 発行 ) 
コメント