小さな庭の小さな幸せ・・・チャッピーのバラ庭より

小さな庭でバラと遊びながら、日々の風景や花の美しさに 小さな幸せを見つめています。オールドローズとリーフ類が、メインの庭

狭い庭ほど頑張りたい つるバラの夏剪定(ランブラーローズ)

2018-06-18 07:19:34 | バラの作業

雨の止み間の 涼しい日に

是非 是非頑張りたいのが、つるバラたちの夏選定ですね!

 

 

つるバラの剪定って 冬のイメージが強いですが

年数が経った 狭い庭では
夏の強剪定こそが 全て! 一番大切!って感じますよ

 

 

デ 今回は

この春 ガレージの周りを華やかに彩ってくれた
白花のランブラーローズ「アルベリック・バルビエ」↑ の 夏剪定

 

 

これで1株とは思えない程 成長していますが・・・
(一株で ほぼガレージを取り囲んでいます)

 



新しいシュートも 順調に伸びてきたので

株もとから60センチぐらいの所から バッサリとカット
( 手が届く範囲で、ノコギリで切っていますよ )

 

 

その後
分厚い皮手袋をして 引っぱり 外しています

 

 

凄い量の 剪定ゴミですが
ビニールシートで包むと おかたずけも楽々ですね
(狭い庭も スルスルと移動&自然乾燥でかなりの減量などetc.)

そして
切り取った太枝は 今後 花の支柱などに再利用していま~す 

 

 

アフター(剪定後)の写真 ↑ 

例年 これぐらい思い切って 切り戻していますが
翌春には
何事もなかったかのような 咲きっぷり

コメント

今は せっせとバラの花後選定 → 夏選定へ

2018-05-29 08:25:00 | バラの作業

我家での 一番の遅咲きのバラ
「エクセルサ」も咲き出し

 

 

2018年の春のバラシーズンも そろそろ終盤

 

 

空が見えないほど 咲いていたスペースを ↑
シッカリ切り戻し 日照と風通しを確保したり ↓

 

 

四季咲きバラの 2番花へのスタートを後押しするために

 

 

残っている花も ドンドン切っていますよ
モチロン
花後のお礼肥も あげてネ

 

狭い庭なので・・・今回は 軽く切り戻し
1ヶ月後ぐらいに、シュートが上がったのを確認した後
大きく 夏選定する予定です

 

 

そして

今春最後の花となる 一季咲きのバラの花々を身近に置いて
 心行くまで 今年の春を満喫していますよ

 

 

 

部屋いっぱいの ダマスクス系の馥郁とした香り♪に

ありがとう! そして来年もよろしくね!

コメント

バラのハイシーズン中の 雨の日対策

2018-05-21 08:32:44 | バラの作業

当地では
今年の春のバラシーズンも そろそろ終盤ですが

 

 

シーズン初期の 異常な暑さから 一転して
 肌寒い日もあったりで 意外と長期間“フル開花”の状態が続いています

 

 

そんな時に 困るのが
3~4日ごとの 雨 
それも 激しい雨は困りものですねぇ~

 

 

大輪系のバラが 水を含んだ重さで
枝元から ポキリと折れてしまいがち

 

 

で 思い切って
開花している大輪系の花は 全てカット カット カットです
(蕾だけだと かなりの強風も激しい雨も耐えられますね)

 

まだ キレイで捨てるに忍びない花は
水盤に浮かべたり ↑

 

 

ある限りの花瓶に活けて 楽しんでいます

 

 

イギリス旅行の マイお土産だったマグカップも
今では すっかり花瓶として愛用中

 

 

そして バラ以外の 背の高い草花には
コッソリ支柱作戦 ⇅

最近は、お手軽な値段の 緑の麻紐も市販されてきたので
シーズン中の誘引選定に 使っています
緑色だと あまり目立たないのが嬉しいですねぇ~

 

コメント

今の季節に頑張りたい庭仕事・・・バラの芽かき&蕾のピンチ 

2018-04-16 08:00:00 | バラの作業

3月下旬に 
「バラの芽かき」の事を お伝えしたくて
この記事を書いていました

 

ところが 
急に 例年以上に早く桜が満開になり 桜を求めてお出かけ三昧

今はもう 八重桜が満開に!

 

 

そして 例年ならば
桜 → ハナミズキ → 藤 → バラと咲き進んで行くのに
ナント 八重桜とハナミズキと藤が同時開花です!

しかも 条件の良いお庭からは
「もう バラが咲きましたよ!」との声が届いています‼


 

デ 仕方なく でも重要なので
ここからは 過去に書いていたところです。
その後 今日の追加部分で・・・

 

ほんの数日の間に
バラの新芽も ドンドン伸びだしてきました

 

 

環境の良い 広い庭なら
そのままで 成長させてあげても良いのですが・・・

 

 

狭くて 日当たり風通し共に悪い我家なので
芽かきをして(不要な芽を 手でとって)

少なくした枝に、光と風を 当てるようにしています ↑

 

小輪系や 高い位置に誘引したバラには、あまりしていません
大輪系をメインに そのバラの雰囲気が良く出るようにとしていますよ 

 

 

どの芽を残すか迷う時や 芽が小さすぎて取りにくい時は
後日にするようにしています

 

そして ここからが 今日の内容

今春の異常なまでの 花々の早咲きぶりに・・・
それでも 5月の庭では、バラを楽しみたいので「蕾のピンチ」です!

「蕾のピンチ」・・・バラの開花調整の1つです
ピンチの位置で 1週間~3週間程開花が遅れますよ

 

 

ただこれは 四季咲きのバラや 返り咲き性のあるバラ限定ですが・・・
そして 必ず自己責任でおこなってくださいね!

全蕾の 4分の1から半分ぐらいまでを
ソフトピンチ(手で摘み取り)しています

 

コメント

オベリスクの再塗装&バラの誘引剪定

2018-02-06 08:06:17 | バラの作業

 

庭奥に 新しく造った「フェイク小屋」を
洋風庭のベースカラー「ブルーグレー」に ペイントした関係で

オベリスクもフェイク小屋も 同じ色になり
共に同化? 埋没してしまいました‼

 

デ 来シーズン用に
さんざん悩みつつも・・・庭中央のオベリスクだけを ホワイトに再塗装する事に 

 

 

 ベージュホワイトと 書かれていた品でしたが
塗ってみると・・・真っ白! 

ドキドキで 所定の位置に置いてみると・・・

心配したほどの 違和感が無かったので
(ヤレヤレです)


お気に入りのオールドローズ「コンテ・ドゥ・シャンポール」を
誘引剪定してみました

 

 

まずは
1センチ以下の細枝を 切り落とし

 

 

見る時 正面になる面(方向)を意識して
約10~20センチ幅で
ぐるぐると 巻き上げています

 

 

このオベリスクは
トップの飾りが チャームポイントなので

花枝が伸びても 上部が隠れない位置までの誘引にしていますよ

 

 

誘引剪定終了後のこの風景が ↑ 
花のピークには どうなるのかな?と想像しつつ

最後の残り花を
オベリスクに飾ってパチリ・・・春が待ち遠しいですね

 

コメント