小さな庭の小さな幸せ・・・チャッピーのバラ庭より

小さな庭でバラと遊びながら、日々の風景や花の美しさに 小さな幸せを見つめています。オールドローズとリーフ類が、メインの庭

ミニミニ ネットオープンガーデンの①・・・門扉周り&ガレージガーデン

2020-05-31 08:32:28 | 庭風景

 

今春の 庭のハイシーズンは

新型コロナウイルス蔓延のために 
花友様たちに見ていただく事もなく もうすぐ終わろうとしています


 ささやかな日陰庭の 今春の輝き 花々の頑張りを 
ネットで見てやって下さいね

 


( アフロディーテ エレガフミナ )

 

まずは 門扉周りから

我が家では一番お日様に当たるスペースなので
花色の濃いバラやクレマチスが 多いです
(濃い花色の植物ほど たくさんの日差しを欲しがるのでネ)

 

 

次は ガレージガーデンへ
狭い庭では ガレージスペースもガーデンで~す(笑)

 

 

ガレージ入口のクレマチス「カシス」と「ダフネ」⇅
どちらも それなりの耐陰性があると個人的には高評価していますよ

 

 

ガレージの側面は 
クレマチス「ベル・オブ・ウオッキング」と「テイカカズラ」

 

 

ガレージの中から 周りのバラを眺めるのも ♪

 

 

日々 日陰の庭で一人奮闘している私なので

華やかな花々ではなく
「ホスタ(ギボウシ)」が素敵ねと 声をかけて下さった方には
ついつい嬉しくて オシャベリしています

 

 

 

 

コメント

期待大だった 5月のローコストでローメンテナンスな花壇の様子

2020-05-29 08:58:10 | 花壇造り応援隊

バラのお茶会仲間で
「5月には それなりに咲かせたいねぇ~」と
昨年の11月からスタートした
「ローコストでローメンテナンスな花壇」

 

 

残念な事に

ちょうど 一番見頃の5月が
新型コロナウイルスの蔓延防止の為の 緊急事態宣言発令中
「ステイ ホーム!」「お家に いよう!」で

メンバー様と 揃っての鑑賞はできませんでした😢

 

 

デ 拙い写真だけれど
この5月の様子を 共に楽しんで下さいね

 

5月の初旬には 「シラー ペルビアナ」や ↑

「フロミス パープレア」に

「デンタータ ラベンダー」

「ベニバナツメクサ」と咲きそろい
春の花壇らしくなりましたよ

 

 

ところが あまりにも晴天続きで 超カラカラに!
(雨水以外 水遣りはしない予定なので)
 かなり枯れだして

5月11日には
大部分のビオラを抜いて 「インパチエンス」に植え替えました

 

 

その後 長く咲いてくれた「ノースポール」も撤去して

5月下旬の様子は・・・

 

「ニゲラ」

「ペンステモン」

 

ピンクと白の「リクニス」と 咲き進み なかなか華やかです ♪

 

 

ただ 予定では
「オルレア」がメインの オシャレな?ホワイトガーデンでしたが・・・

意外と「ギリア・トリコロール」↑ の 発芽率が大変良くて
ブルーが輝く(ギリアが人気の)花壇に なっていま~す♪

 

 

 

 

 

 

コメント

今春は バラ&小春(ワンコ)でお家カフェ♪

2020-05-27 08:48:31 | 3代目の柴犬・こはる

やっと
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための
全ての地域の緊急事態宣言が 解除になりましたが

今春のバラのハイシーズン中は「お家に いよう!」でした

 

デ ほぼ毎日
満開のバラたちと 愛犬小春ちゃんとの ティー・パーティー遊び ♪

 

 

「お茶しよう」の声に 庭へ猛ダッシュ!

 

 

ピョーンと椅子に飛び乗り スタンバイ

 

 

しばらくは お茶につきあっているのですが・・・

 

 

「小春ちゃんのご褒美は まだかなぁ~?」と ソワソワ

頑張っていると
 時々は 大物もゲットできます
(日頃は もっと小さなご褒美ですよ)

 

(大きい物は 前足で挟んで食べるのも
ちょっぴり太短い脚も 超可愛い~♪ ← 親バカ)

 

小春ちゃんとのお家カフェも とても楽しいのですが
来春こそは
コロナウイルス騒ぎが終息し

バラやガーデニング好きの方々と
ゆっくり花をめでて おしゃべりできる日々になる事を
切に 切に祈り 待っています!

 

 

 

コメント

小さな日陰庭で 今春素敵だったバラとコラボさせたブルー系の花々・・・「ギリア・トリコロール」他

2020-05-25 09:22:58 | 花・宿根草など

毎年 毎年
「どのブルーの花が 素敵にバラとコラボレーションするかな?」と
懲りずにトライし続けています

広くて 日当たりの良いお庭だったら
本に紹介されている花で 即OKなのでしょうけれど
日当たりの悪い庭では
くねくねと徒長するばかりで 花が咲かず ガッカリした事数えきれずで~す

 

 

今春 庭のリノベーションで
かなり日照が改善されたのですが・・・
それでも
 日が当たるのは、5時間以上にはなりませんでした

 

 

そのような庭で 一番嬉しい結果を出してくれたのが
一年草ですが、発芽率(昨年の自家採種)も バツグンだった
「ギリア トリコロール」⇅

 

軸もそれなりの強度で 支柱ナシでもOKかな?
そして なりより開花期間が長く
我が家の 春のバラシーズン中は ず~と咲いてくれています

 

 

少し改善した日照時間に期待した
「サルビア ネモローサ カラドンナ」は ↓

やはり我が家では △ですねぇ~
花穂も少なく 真っ直ぐには伸びられませんでした

 

 

やはり 日当たりの悪い庭には
過去の実績からの「リナリア」 ↓ が、安定した◎でしたね

 

 

植えるスペースを かなり増やした「ウツボグサ」は ↓
たくさん 花穂が出ているのですが
バラとコラボするには 少し開花時期が遅いかも?
5月下旬頃 素敵なブルーの花穂になって来るようですね

 

 

バラとの ベスト(花期が一致)としては
この「ベロニカ」が とても気に入っています ↓
「ベロニカ クレーターレイクブルー」かな?と思っている品種です

長らく、色々な「ベロニカ」を植えてみて
開花時期と花色から この株を増やしてきたので、品種名不明

 

我が家では 少しくねくねしているけれど
(やはり日照不足かな?)
それはそれで 可愛いと、高い所から枝垂れさせて咲かせています

 

コメント

マジェンタ色(赤紫)のバラに魅了されています・・・「ザ・ダーク・レディ」ほか

2020-05-23 09:14:43 | バラ

近年 ここ数年は
マジェンタ色(赤紫)のバラに とても心惹かれていま~す♡

 

年を取ったから?
年齢が上がると 赤系のバラが好きになるようですが・・・
真赤や 朱赤や 黒赤は、やはり苦手

少しピンク色が隠れ込んだ マジェンタ色に
一番心トキメキますよ(笑)

 

 

この「ザ・ダーク・レディ」は

20年近く昔
地方都市では、イングリッシュローズが珍しく とても高価な事も有り
売れ残り 半額処分になっていました
かなり弱っていた苗を
頑張って復活させた 思い出深いバラです

そんな由来だからか?
本などには ダマスク系の強香と書かれていますが
香りは あまり感じられません

 

 

デ 
よく似た雰囲気のイングリッシュローズの
「ヤングリシダス」を ↑
すぐそばに 植えているのですが

こちらは 強い良香なのですが、どうも調子が良くありません

 

 

そこで ついに・・・思わず?
香りのコンテストで受賞したバラたちの中に

よく似たマジェンタ色のバラを見つけ 育て始めてしまいました!
(バラの断捨離をしなくてはならないのに!)

デルバール社の「プラリーヌルージュ」↑
初開花の一番花は 強い良香♪で
只今 他の蕾の開花を待っているところです

 

 

ここまで 写真をアップしてきて
素敵な 大好きなマジェンタ色も マジェンタ色ばかりだと疲れますね
木々の緑や 他の花色があって、初めて美しいと反省しつつも・・・

 

 

近頃の 朝起きて 一番初めに眺める
最大の喜びが、この風景 ↓

小さいけれど マジェンタ色に包まれた世界~(笑)

 

 

 

コメント