今、出発の刻(たびだちのとき)

車中泊によるきままな旅
<名所旧跡を訪ねる>

即興ライブアート 水墨画×和楽器<日本体育大学>(東京都世田谷区深沢)

2016年11月13日 | 伝統芸能他

コラボレーション即興ライブアート 水墨画×和楽器

日本体育大学同窓会主催のイベントに参加する機会に恵まれた
「はせみきた」さんの和太鼓で開演。上手袖には水墨画家「渡邊ちょんと」さんが控えている



和太鼓に「山田路子」さんの笛が加わる



渡邊ちょんとさんが舞台に登場。最初の一筆は作者にとっても観客にとっても緊張の瞬間
もちろん、何を描くのか観客には知らされていない



情感のこもった笛の音が会場に響く



会場となっている日本体育大学のシンボルでもある獅子の姿が現れてくる



奏者は写真を見て曲のこの部分だとわかるらしいが、そのような写真になっているだろうか



獅子の奥には富士山。獅子に近づく渡邊さんが呑み込まれるような感じがする



和太鼓を叩き続けている、はせさんの体にも汗が光輝いてきた



更に筆が進んでいく。彩色画より水墨画に魅力を感じていただけに、制作過程まで見ることができ嬉しい



和楽器の演奏を聴くのも初めてで心揺さぶられる力があるように感じた



右側の部分に筆が入る






感動的な演奏に心から拍手



白黒の世界に桜吹雪が…なんて素晴らしい。桜は日本体育大学の校章



花びらを丁寧に貼り付けている



左下にchontoさんの名前が記され完成



はせみきたさんと山田路子さん。笑顔がとても印象的でした



オリンピアンから記念品が贈られました



渡邊ちょんとさんから作品についての説明がありました
作品制作にあたり、日本体育大学の歴史などを調べたとお話しされていました
獅子、富士、桜をモチーフにしたこの作品は日体魂の核心をついています。ありがとうございました
 


はせみきたさんは美人オリンピアンから記念品が渡され、握手されたことが嬉しかったのか終始笑顔でした
男ですね。その気持ちよくわかります
 


山田路子さんはこちらが笑顔になるような魅力に溢れた奏者



撮影 平成28年11月4日
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

阿波おどり会館、眉山(徳島県徳島市新町橋)

2014年03月17日 | 伝統芸能他
徳島といえば阿波おどりが頭に浮かぶ
阿波おどりの季節は8月だが、市内に「阿波おどり会館」があり、毎日阿波おどりが披露されている。さっそく足を運んでみることにした

阿波おどり会館(昼の部)
まさに「百聞は一見に如かず」、阿波おどりの考え方が変わった



「男おどりに女おどり」 見ているだけでも楽しいが、ここでは舞台にあがり「踊り体験」もできる



体験して初めてわかるのが、踊りの楽しさと難しさだ



阿波おどり会館から眉山行きのロープウェイが出ていたので流れで乗ってしまった



徳島市のシンボル的存在として親しまれているそうだ



どの方向から眺めても眉の姿に見えることからその名がついたそうだ



 





「眉のごと 雲居に見ゆる 阿波の山 懸けて漕ぐ舟 泊り知らずも」 船王(ふなのおおきみ)



太平洋戦争戦没者を慰霊するパゴダ(ミャンマー式の仏塔)



ホテルまでの帰り道に「新町川公園」があり立ち寄ってみた



光が水面に映りとても美しい



撮影 平成16年11月17日

阿波おどり会館(夜の部)
徳島市最後の夜はやはり「阿波おどり会館」
夜の部は「阿波おどり有名連による夜の阿波おどり公演」



さすが有名連だけあり迫力がまったく違う



どの写真を見ても全員の形が指先に至るまで揃っている



個人情報の保護から顔が判別できない失敗作の写真しか掲載できない
とても残念だ  




撮影 平成16年11月19日
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安来節演芸館(島根県安来市古川町)

2013年11月11日 | 伝統芸能他
雨続きで元々計画的ではないのだが、今回の旅で行こうと考えている比叡山延暦寺には、まだたどり着いていない。
琵琶湖周辺をさまよってすでに1週間になるというのに。
さて、今日はこの旅で警察官の職務質問以外で、初めて人に声を掛けられた気がする。
寺に詳しいかと聞かれ、次に善水寺の屋根についての質問である。
もう外に出ていたのではっきりしたことはわからなかったが、檜皮葺でないかとその女性に答えた。
その女性は娘と寺を廻っていたようで、その後、会話がはずみ旅用の名刺を渡してしまった。今後、ブログを見てくれると嬉しいのだが。

昨日紹介した足立美術館のすぐ近くに安来節演芸館がある



安来節演芸館
平成18年にオープンした民謡・安来節の殿堂。






安来節保存会の会員がローテーションで演技を披露している。



この日最後となる4回目の公演だが、観客は私含めて7名と盛り上がらない。



それでも、民謡に踊りと目の前で見るのは初めてということもありとても楽しかった。






最後は楽しみにしていた「どじょうすくい」



一つひとつの動作に意味があることを、詳しく説明してもらえる



最後は希望する観客を交えての「どじょうすくい」がおこなわれる 




撮影 平成25年11月1日 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする