ナメタがやっと釣った


         <今日のメンバー>
 12月29日花露辺漁港から6時半出航で久しぶりの釣りをした、この間何度も釣り行を企画したが悪天候のため中止続きでした。先月ナメタを釣ったがまだ日があるから大丈夫と食ってしまったが、白内障の手術が入ったりしたがこんなに行けないと予想もしなかた。
27日が中止になった時秀明君に29日に一人だけ空きがあるよと言われやっと釣りが出来た。来てみたら三人なのでもう一人入れて欲しかったな!と思ったが少ない人数でやりたい人もあるので黙る、桜井さんには明日海物語号から誘いの電話が昨日有ったので、こちらの方がナメタが釣れる確率が高いのでナメタは明日に掛けようと思った。

 漁港を出てすぐの所で棚に付けた、仕掛けを下して直ぐに小さな当たり、合わせて巻き上げるも手応えなし、バレタかとそのまま釣りを続ける、何かがいる感じなのでエサ点検を兼ねて上げてみると20cmに満たないヒガレイが付いていた、誰か欲しい人いませんかと聞くが返事がないのでリリースしたら船頭がここではそんなのしか釣れないよ、と言われてがっくりとする。


      <ナメタが釣れた所>
 移動したのが死骨崎横の定置で仕掛けを下して十数回小突いたら突然グイっと強い当たり、合わせたらいい感じの当たり!!巻き上げるとグイグイと手ごたえがある、タモ使うと船頭が言うので素直にお願いしますと頭を下げる、ナメタか?と皆が聞くのでナメタなら小物だなと答える、上がってきたのはナメタで内心これで正月はナメタが食えるぞとと喜びがわいてくる。43,4cmで腹を見ると赤く卵が見えたので一安心。
 此処はナメタは出ないよと言われてたので儲かった気がするが釣れるはずのマコガレイが全然見えない、釣れるのはヒガレイだけでこっちもポツリポツリしか来ない、それでも2,3か所移動したとき佐々木さんに私より少し大きいナメタが釣れた、風が強まり白波が立ってきた、何時もの私たちなら止めるか中に入るのだが頑張る、風はますます強くなり中に移動することにする、ゆっくり走っているが波が船の中に入って来る、防寒具なので防水が弱いので濡れる、ズボンがひどくてパンツまで染み通る、漁港近くで釣るが小さなヒガレイとアイナメしか釣れない、12時過ぎたので竿をたたむ、皆も続く。


    <今日の釣果>
 今日の釣果はナメタがレイ 1枚、ヒガレイ 6枚 アイナメ 4匹 リリース 6枚でした、秀明君が此処でこんなに釣れなかったのは初めてだといてたが今日は釣れない日だったようだ。ヒガレイは33cmが1枚で後のは25~27cmでした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )