カレイ釣り

 7月28日(土)越喜来湾小石浜漁港よりAM5時出航でカレイ釣りをした。
今日の船はいつものK丸でなく、鶴君が昨年乗ったことのあるR丸であまりお客を乗せないが釣らせる船頭だ言う、船頭の手違いで釣り客がダブったためとのこと。
 港を出て、イワシ生簀に寄り後半のヒラメ用のイワシを積んで最初の筏に繋ぐ、船頭の話では海水は濁っているから鶴君はケミボタルを付けると言う、私はエッグボールを片方に付けケミは付けないで直結仕掛だけの2本竿で釣ることにした。


  <波静かな海>
 竿を下ろし太鼓叩きみたいに小突いて、ここには魚が居ないのではと思われる頃左のエッグボール仕掛けに当たりが来た、1度目は合わず2度目は少し待って合わせると良い引きをする、上げてみると31,2cmと22,3cmのマコガレイのダブルだった。魚の姿を見て皆元気付く、専門の釣り船でないのでコマセを掛けてないので魚が寄ってくるのに時間がかかったようだ。直ぐに右の竿にチビアイナメがかかり、左にカレイ、右にアイナメと忙しいくらい釣れる。隣の柏さんにもカレイが釣れた。船頭は少しづつ船を動かしている、向かいの浮き玉を見てると右に行ったり左に行ったりしたる、後ろの鶴君当たりがないと泣いているケミを外したらとアドバイス、天気も良いので海底も明るいのでは?

 鶴君にもカレイが釣れ、隣の鶴君の職場の後輩の高橋君にも釣れてる様だ、船尾に一人乗ってる初参加の渡辺さんは当たりが一回も無いと言う、私は出だしはエッグボール付きの仕掛けにカレイが来てたが次第に右の付かない方にカレイが釣れる様になってきた。型も36,7cmの良形のマコガレイが2枚釣れて5枚、アイナメもチビばかりだが3匹有る。30cmオーバーのカレイを持って渡辺さんにクーラーに入れてと持っていく、不思議なことだがクーラーに魚を入れてやると釣れる様になる、ボーズでいると焦りから釣れないのではないかと思われる。やはり渡辺さんも釣れ出してカレイ3枚とアイナメを何匹か釣ったようだ。


  <浅場のヒラメ釣り>
 場所移動を何度か繰り返したがあまり釣れず10時前にイワシの生餌釣りに変える、カレイ釣りをしながら船の無線を聞いてるとヒラメ釣りの船同士の交信では釣れないボヤキ話が多く苦労してるようだ。K丸からの携帯では港の近くでは当りは有るが型が小さいため釣れない、沖はヒラメは少ないがソエやアイナメが釣れてるとの情報が入る。


 湾内の浅場を攻めるが当たりがない、次第に湾の外に出て行く、波も高くなってくる、その間、高橋君にだけ2度ほどヒラメの当たりが有ったが釣れず。高橋君にハリスを聞くと4号のソフトだと言うので3号のパワーズに変える。
外洋の波を受けてる岩場の前でイワシを付けて投入、海底に着いて直ぐに当たりが来た、待てよ合わせたい気持ちを抑えて待つ、竿先が海中に入る、今だ!!竿を思い切り引き上げる、重い手ごたえが来る。ヒラメか?残念、30cmオーバーのソエだった。皆の竿に次々と当たりが出る、ソエやアイナメが釣れるが型は良くない。私は快調に釣れ5cm(リリース)の小物を含め6匹のソエとアイナメ2匹を釣ることが出来た。
 イワシでのヒラメ、ヒガレイ釣りで何時も大敗してる鶴君に勝てたのは次のヒラメ釣りに生きればよいのだが。


  <今日の釣果>
 今日の釣果はマコガレイ8枚、アイナメ8匹(人間用1匹、他猫用)ソエ5匹
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

欲張り釣り

 7月20日(金)越喜来湾崎浜漁港からスルメ、カレイ、ヒラメ狙いでの欲張り釣り4名で行った。5時出航でスルメ釣り、釣り方は鶴君、柏さん、船頭はテンテンで、私と河合さんは竿でのシャクリ釣りだ。
 私はスルメ釣りと生きイワシでの釣りは下手である、鶴君は経験は浅いが得意としてるので私をいじめるチャンスである。先週私の行かない釣りで一人釣りをしたと意気が上がっている。なんとなく生き生きしてるなと見える。


  <テンテンでのスルメ釣り>
 湾の中では専門のイカ釣船が釣りをしてるところから少し離れたところで仕掛けを下ろす。間もなく河合さん柏さんにスルメが乗る、柏さんに2匹付いてた、下ろすと直ぐにこの二人に乗る、河合さんは1匹ずつだが柏さん今度は3匹だ。棚を聞くと底だと言う。錘を底に着けしゃくりながら少し上げるとズシッと竿に重みがかかった。やっと俺にも来た!!自信がなかっただけに嬉しさがこみ上げてくる。自信のある船頭と鶴君が遅れてるが船頭は棚を掴むとその後は次々と上げる。鶴君は焦りで仕掛けを絡ませたりで結局2匹止まりで終わる、私は6匹釣ったところで腕が疲れたので終了、柏さん10匹、河合さん12匹船頭の釣ったのは3人に2匹づつ廻り釣れなかった鶴君が何故か1番多く持ち帰った。

 2時間でカレイ釣りに切り替える、養殖棚に船をつけ竿を下ろす、竿は2本出し仕掛けはどちらも直結仕掛けで片方にエッグボールを付けた。先に何も付けない方に当たり、良形のマコガレイが釣れる、直ぐに反対の竿に当たり。左右どちらの竿にも同じくらいの釣果だが何も付けない方が先に当たりが来る。
 4,5枚釣れると当たりがなくなる、場所を移動しながら釣るが数では私がダントツだが隣で釣ってる柏さんはナメタの46cm、43,4cmマコガレイ、53cmのアイナメと大物ばかり釣り上げる。


  <雨中での釣り>
 最後の生きイワシでの釣りに換える。生簀に行ってイワシを積み込みヒラメ狙いで下ろすが全然当たりがない、そのうちに雨がしとしとと降ってきた。場所を変えるが当たりが来ない、何時も下ろすと直ぐに当る鶴君にも全然無い。
雨が次第に強くなる、諦めて早めに止めようかと話をしてると河合さんに乗る、しばし皆が注目してたが終わる、歯形が付いたイワシが上がって惜しかったねと言うながらも皆、元気付く。鶴君に当るがいつもながらの早合わせでバラス。
 私の竿にガツガツとした当たりが来た、ヒラメが乗った!!竿先が突っ込むこと数回、竿先が海中に引き込まれる、合わせるとグイグイと引き込まれる!!釣れた!!これが本日のこの船での唯一のヒラメでした。
 その後2,3回当たりがあったが終了となった。


 今日の釣果は、ヒラメ1枚、タコ1枚、ナメタ2枚、ヒガレイ4枚、マコガレイ11枚、アイナメ1匹、スルメ6匹であった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

鶏頭山登山

 
<登山口>
 7月8日(日)カメさんグループで早池峰山系の鶏頭山に登りました。6時釜石を出発、大迫町岳部落の早池峰山登山口駐車場前を通って登山口へ、すでに到着していた遠野のヨッチャンと合流、今日は釜石組5名と計6名のメンバーだ。7時55分出発、直ぐに楢林の急な坂道となる。
 早池峰山は登山口からナンバーが打ってあり1番から山頂が100番で中岳、鶏頭山を縦走して終点鶏頭山登山口が二百三十数番か?山頂の番号を知ってれば自分の位置を知ることが出来るようだ。次回は番号を確認する!!


  <林の中の急登>
 1時間半で避難小屋に着く、出発した頃はセミの鳴き声が煩かったが、ここら辺に来るとセミの声はしなく鶯の鳴き声に変わっている。

 
  <偽鶏頭山頂はもうすぐ>
 小屋を過ぎるとまた急登になる、ゴロゴロとした石が岩に変わると周りの木も背の低い榛松などに変わる、岩の間にハクサンフウロ、ヨツバシオガマ、ウスユキソウなどの花が現れてきた。ウラジロヨウロクツツジやその枝に絡まってミヤマサンショウツルが咲いている。植物博士の白ジーに聞くと他にヤマブキショウマ、ハクサンチドリ、ゴゼンタチバナ、コバイケソウ、ミヤマアズマギク、等等の高山植物が今を盛に咲いていた。11時03分偽鶏頭山着、今日は天気が良く周囲の山々が良く見える。

  <中岳、早池峰山、薬師岳>
岩手山、焼石連峰、五葉山とぐるっと見渡せる。目の前は中岳の陰に早池峰山、離れて薬師岳が良く見える。早池峰山からの縦走者が何組かとすれ違ったが今日のメンバーならこのコースをやれただろう、秋にでもやろうかと思う。


  <下山路>
 10時36分鶏頭山山頂着ユックリとした昼食を取り12時05分下山開始、時間に余裕があり天気も好いで花を眺め、景色を堪能し林の中で野いちごや桑のみを食べながらののんびり山行をとなった。13時52分車に戻り途中温泉に入って汗を流して帰路に着いた。
 次回カメさん企画は8月19日石上山です
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

マコガレイ釣り

 7月4日(火)越喜来湾小石浜港からカレイ、ヒラメ両方狙いの欲張り釣りに出航した。5時の出航時には霧雨が降っていたが間もなく晴れて、波も2.5mの予報であったが湾内のせいか気にならない。



 今日のメンバーの渋君は私が何時も行ってる理髪店主でその娘さんが鶴君と弓道場で一緒になり、父も釣りに行きたがってるので宜しくと頼まれセットされたのだ。3人は同じ中学の同級生なので、同じ年の金さんを誘って同級生大会となった。



 渋君と金さんはあまりヒラメはやってないので確実なカレイ釣りをしてひらめをやることにする。
 棚に着け竿を下ろす、2本とも直結仕掛けで一方にエッグボウルを付けた、今日は雲が低く、ガスも近くまでかかっているので光物の効果があるかもと試した。
 コズキ始めて間もなくエッグボウル付きに当たりがきた、手応えは有る、32,3cmのマコガレイが釣れた。下ろしてコズクと反対の竿に当る、同サイズのカレイが交互に釣れる。
 釣れるのはマコガレイだけ、他の人はヒガレイやアイナメが釣れる、6枚釣ったらピッタリと当たりが止まる。移動時に刺身用のアイナメが欲しいのでエッグボウルが付かないほうの仕掛けを短い天秤の柔らら仕掛けに換えるがこれは全然釣れなかったので、短いテンビンの硬めの仕掛けに変える。

 場所を移動しながら釣る、ぽつぽつとは釣れるが最初の場所ほどではない、私のコーヒーサービスタイムを終え、鶴君のスイカを食べ終えて、そろそろヒラメにするかと竿を上げ、遅れて巻き上げていた渋君が何か付いてる、大きいと言うのでタモを持って待ってると大きなカレイがユックリと上がってきた。45cmのマコガレイで今日一番の大物であった。


  <岸辺のヒラメ釣り>
 カレイ釣りでおとなしかった鶴君途端に元気になる。相当自信があるようだ、今日こそ鼻を明かしてやろうと思うが当たりが来るのは鶴君だ。錘までの長さは40cmハリス60cmだと言うので先日の藤原さんとの中間の60cm、70cmでやってみる。最初の当たりは待っていたが止まってしまったので上げるとイワシが無くなってた、次のは食い込んだのでシメタ!!と巻き上げたら型の良いソエだった。これがイワシでの唯一の釣果である、その後2度ほど当たりが有ったが食い込みかで行かなかった。

 ヒラメは鶴君が30cmにも満たないのを1枚釣っただけでその他は鶴君と渋君がヒガレイを1枚づつと金さんがソエの小2匹だけで不漁であった。
 錘下を短くしてるとヒガレイが来るようだ。それにしてもイワシの餌釣りは下手だなと思う。


  <今日の釣果>
 今日の釣果はマコガレイが11枚、ヒガレイ1枚、アイナメ3匹、ソエ1匹であった。マコガレイの数は1番多かったようで他の人は5~8枚か。仕掛けは直結仕掛けが釣れた。


 
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

マイボートでのカレイ釣り

 7月1日両石湾でマイボートでのカレイ釣りを楽しんだ。船長は遠野の人なので8時半船着場集合、準備が終わって出航が9時だった。
予報では天気は曇り、波は1.5m後1mで穏やかな釣り日和と思われる。


  <三貫島前で>
 マイボートは時間が自由で気ままに安く釣りを楽しめるがホタテなどの養殖棚に入れないハンデイがある。
 船長の菊池さんは鶴君が県庁のお役人時代の知り合いで、私はそれに便乗させてもらってるわけでロープ繋ぎやシーアンカーの出し入れ係りである。
 船は三貫島に向かって走る、釣り船が意外に少ない。今日から鮎が解禁になったところがあるせいか?
 黒崎、仮宿前に釣り船がいた、大仮宿の沖にマイボートが集まっていた。うねりが結構あって前かがみになって膝のクッションでバランスをとらないとひっくり返りそうだ。
 三貫島の直ぐ近くのロープに繋ぎ竿を下ろす、当たりが全然無い。岸寄りに移動して下ろすと直ぐに当たりが来る、大きなコチガ釣れる。
次々にコチガ上がる、皆、型が良い。カレイを求めて移動する、何か胸がむかむかする、”ヤバイ”時間に余裕がありすぎて薬を飲むのが遅れて出航間際に飲んだのでまだ薬が効いてないのだ。


  <船酔いした船長>
 やっとカレイが釣れ始めたが船中2~4枚上がるとそれ以上は釣れない、小刻みな移動を繰り返す、船長が船尾でゴロット横になる、「釣れなくなったら声を掛けてください」でも、竿はチャンと持ってる。グウーンと電動リールの音がする、寝ててもしっかりと釣りをしてる。
 鶴君は調子が出ないようで仕掛けを頻繁に交換してる、やたらと交換しても駄目でないか?少しは考えろ!忠告する。
 私は、最初から竿を2本出して両方に直結仕掛けを付け一方にエッグボールを付けてその効果をテストした、効果は見られず、むしろ付けない方が釣れてるようだなので、柔らかテンビン仕掛けに換える、直結の方が釣れる。手作りテンビンの短めのに換える、ヒガレイが続けてくる。

 少し前まではヒガレイは長めの柔らか仕掛けに来てたが水温の上昇で食いが変わったみたいだ。
 浅場のマガレイ、マコガレイは直結仕掛けが良かった。


   <今日の釣果>
 私の今日の釣果はナメタガレイ1枚、マコガレイ2枚、マガレイ1枚、ヒガレイ11枚、リリース5枚 アイナメ5匹、コチ17匹
 船長カレイ15枚、プラス アイナメ、コチ
 鶴君 全部で10(コチ除き)
 鶴君”このお返しは明後日ヒラメで返すから” 
このプログを書き終えたら明日のヒラメ対策だ!!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )