アナゴに嫌われた


      <マコガレイ>

 10月11日仮宿漁港稲荷丸で15時出航でカレイ釣り、アナゴ釣りをしました、天気予報では風強く波は2,5mで心配したが波も風もなく釣り日よりとなった。今回は桜井さんと二人だけで他にメンバーを集めることが出来なかった。
 アナゴ釣りはあまりやる人が居ないみたい。何時も組む八木、田村氏は午前にカレイ釣りをしてマコガレイの良型を36枚、26枚とアイナメも多く釣り大漁でマコガレイの40cmオーバーも数枚釣りご機嫌でかえったそうだ。

 私も期待を込めて仕掛けを投入、間もなくアタリ、合わせるとごつごつと引く、アイナメか?と巻き上げると大型のフグが二匹上がって来た、針が一本取られていた。もう一本取られたら仕掛けを交換しようとそのまま餌を付け替えて下ろす、今度はカレイの引きだ、30cm位のマズマズサイズだ。3枚順調に同じサイズが釣れカレイ大漁と思ったら、フグが釣れ針も一本取られ仕掛け交換する。
 フグに邪魔されなければマコガレイは釣れる、今日は時間が短いのでイソメは500円で良いかと思ったが、フグに取られるからと1000円持ってきたが正解でであった、午前のメンバーも1500円のイソメが9時過ぎには無くなり両石に買いに行った来たそうだ。

 航海灯を忘れて来たと4時少し過ぎに港に戻った。もう少しカレイをやろうかと思ったがメインはアナゴなのでアナゴの準備に入る、数えてみるとカレイは7枚あった。朝の方が食いが良いと言うので、フグ対策するとカレイは相当釣れそうだ。

 今日は三回目なので前回までの教訓を生かし大漁を期す。餌は前回の残りを冷凍したものを使用、自信をもって仕掛け投入。桑浜の生簀周りは釣れなくなり仮宿前が良かったとその場所で釣る、日が沈み今かと待つが中々来ない、船頭が小さなのを一本釣ったが後が続かない。大仮宿に行く、船頭が最初に小振りなアナゴを釣る、続けて私にも来たがやはり小振りだ、直ぐに私に少し大きくなって釣れる、それまで音なしだった桜井さんが大きいと叫ぶ、タモですくう、私のと比較にならない大物だ。直ぐに桜井さんにアタリ又大物でタモを使う、船頭にも釣れる。私にはびくともアタリが無い、こんな筈は無いと思うが全然食ってこない。桜井さんは超大物の連続で笑いが止まらない、船頭が見かねて餌が悪いのでは桜井さんのを貰って付けてみてはと言うのでスルメを腑でまぶしたのを付ける、間もなく私にアタリ、マズマズサイズが釣れる、この頃は超大物が終わり桜井さんも並サイズになった、三本釣った所でアタリが止まり終了となった。7時半前でした。


     <アナゴ>
 今日の釣果はマコガレイ 7枚、アナゴ 5匹でした。船頭が明日釣りが入っているのでさばけないので皆持って行けと7本貰って12本持ち帰り。桜井さんおおものばかり10本以上でした。前回良かったチカとやりイカだが冷凍のせいか全く駄目だった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )